【2022年】ネコリグを使うときのロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

ネコリグを使っての釣りに挑戦したい方必見です!ネコリグ釣りに向いているロッドはこちら!今回、釣りラボでは、ネコリグを使うときのロッドの特徴、おすすめのネコリグを使うときのロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のネコリグを使うときのロッドをご紹介します。

ロッド・釣り竿 リグ

ネコリグを使うときのロッドの選び方

OGK(オージーケー) グローバルスティック602MLS GBST602MLS

バス釣りで釣果を上げることができるネコリグは、琵琶湖や野尻湖、檜原湖などでも多く使われているルアーの一つです。

ネコリグを使うときのロッドの選び方について解説します。

選ぶポイント1:硬さで選ぶ

ネコリグを使うときのロッドの硬さは、主として使用するシンカーの重さによって選択することをおすすめします。

軽量なシンカーを使用しフィネスにバスを攻めたい場合には、Lの硬さを、重量のあるシンカーを用いる場合には、Mの硬さを用いることで、ネコリグの操作性が向上します。

選ぶポイント2:長さで選ぶ

ネコリグを使うときのロッドの長さは、概ね6ftから7ft程度がおすすめです。
操作性を重視したい場合には、6ft程度、少し遠投を考慮するのであれば7ftに近いものを、自分の身長なども考慮し選ぶことをおすすめします。

ただし、ショートロッドの扱いやすさを考慮するのであれば、4ft台からの選択肢もあるので、バスフィッシングを行う状況に合わせて選ぶことも考慮しましょう。

選ぶポイント3:リールタイプで選ぶ

ネコリグを使うときのロッドは、スピニングリールを使用するスピニングタイプ、ベイトリールを使用するベイトタイプなどを選ぶことができます。

スピニングリールは、ライントラブルが起きにくくキャスティングが容易なので、初心者におすすめです。

ベイトリールは、キャスティングが正確で、狙ったポイントにルアーを投げ込むことができ、パワーもあるのが特徴です。
自分の熟練度や、どのような釣りをしたいかによってロッドを選ぶことをおすすめします。

ネコリグを使うときのロッドおすすめ人気7選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 682L/MLXSーST 釣り竿

ネコリグを使うときのロッドおすすめ人気6選をご紹介します。
コスパ最強のものもあるので参考にしてみてください。

【OGK】グローバルスティック GBST602MLS

OGKから発売されている万能バスロッドで、キャストが容易な6ftになっており、価格も極めて安くコスパは最強です。
3.5gから14gのルアーに対応しており、おすすめです。

【ダイワ】ブラックレーベルSG 682L/MLXS-ST

質実剛健をコンセプトにし、操作性に加え、感度も向上させた人気のロッドで、ランキングにあがることもあります。

682L/MLXS-STは、レスポンスと、手元での感度を重視した高弾性のトップを採用し、ネコリグに対応しています。

【ダイワ】リベリオン 662MLRB

X45やブレーディングXなどの技術を採用し、ねじれを防ぎかつパワーも手に入れたダイワのバスロッドです。

662MLRBは、パワーベイトフィネスロッドで、ネコリグの他にダウンショットリグなどにも適しています。

【シマノ】ゾディアス 164L/BFS-2

高い感度を持つカーボンモノコックグリップを採用したグローバルスタンダードロッドで、おすすめです。

164L/BFS-2は、軽いルアーに適した繊細なティップを持ち、ネコリグのほかにスモラバや、小型のハードルアーに対応しています。

【ダイワ】バスX 642MLS

ダイワのバスロッドのエントリーモデルで、必要十分な仕様を満足しており、初心者にも向いています

642MLSは、テクニカルバーサタイルモデルで、ライトルアーに対応力が高くなっています。

【メガバス】レバンテ F3-67LV

メガバスが提供するバスロッドのエントリーモデルで、バランスが良く扱いやすいのが特徴です。

F3-67LVは、ネコリグの他に、ライトテキサスやダウンショットリグなどの軽量リグを扱うことができる攻撃力のあるベイトフィネスロッドです。

【2021年〜2022年新作】おすすめのネコリグを使うときのロッド2選

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 662MLRB 釣り竿

2021年新作おすすめのネコリグを使うときのロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】スティーズ C64L-SV・ST

2021年新製品の、バスフィッシング用ロッドで、最新のカーボン素材を用い反発力と飛距離アップを成し遂げました。

C64L-SV・STは、ソリッドティップを採用したベイトフィネスモデルで、ネコリグに適しており、かつジグヘッドリグやノーシンカーリグなどにも活用できます

【シマノ】スコーピオンXV 2601F-2

2021年新作の、ルアーフィッシングのエントリーロッドで、淡水・海水を問わず幅広い魚種に活用できるロッドです。

2601F-2は、バーサタイル性の高いスピニングロッドで、ネコリグのほかにダウンショットリグ、スプーン、クランクベイトなど多くのルアーに対応しています。

【テイルウォーク】FULLRANGE CC S67M+/CC

テイルウォークから2019年発売のFULLRANGE CC S67M+/CCは、操作性抜群のレングスと、巻き物からフィネスゲームにも対応するブランクスを搭載した、バーサタイルなバスロッドです。

操作性を重視した硬めのベリーは、シェイクアクションからジャーキング操作を容易にしますので、ベイトタックルとのペアでランガンするバサーの方であれば、使用出来るリグの幅が広がることで、更に楽しいバスフィッシングをエンジョイ出来ます。

ネコリグを使うときのロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス ベイトフィネス 2ピース 164L-BFS/2 ライトルアー 操作性重視

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ネコリグを使うときのロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ネコリグを使うときのロッドの選び方
  • ネコリグを使うときのロッドおすすめ人気7選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのネコリグを使うときのロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッド・釣り竿
釣りラボマガジン