バショウカジキの遊泳速度は時速100キロ?釣り方・レシピをご紹介

【カジキ類最速と言われる人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、バショウカジキの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

バショウカジキとは?その特徴・生態をご紹介

バショウカジキ

出典:写真AC

皆様は『バショウカジキ』という魚をご存知でしょうか?

槍のように長く鋭く伸びた上顎を持つ『カジキ』の一種です。
ただ、他のカジキに比べて非常に大きく発達した第一背びれを持っており、それがバショウカジキ最大の特徴と言えるでしょう。

面白いのは、バショウカジキの稚魚も成長したバショウカジキと同じ姿をしているということです。
手のひらサイズでありながら、長い上顎と大きく発達した第一背びれという特徴は変わりません。
誰が見てもバショウカジキの稚魚であると判る姿をしています。

そんなバショウカジキの稚魚も、体長最大3.5m、体重100kg程度まで成長することが可能です。
ただ、釣りあげられるバショウカジキは、大抵2m前後であることが多い傾向にあります。
それでも、その容姿と大きさから、釣り上げれば相当なインパクトであること間違いありません!

今回は、そんなバショウカジキの特徴と生態を深堀していきます。

バショウカジキの呼び方

実はバショウカジキには様々な呼び方があります。
学名、英語表記が存在することはさることながら、地域によって様々な呼び名があるのです。
そうしたバショウカジキの呼び方を一挙にご紹介します。

漢字名

バショウカジキを漢字名で表記すると『芭蕉梶木』となります。
バショウカジキの特徴の一つである、大きな第一背びれが芭蕉の葉に似ていることから、このように名付けられました。

別称・別名

バショウカジキの別称は地域によって様々です。
以下にその内容をまとめました。

  • 富山県・石川県:ビョウブサシ
  • 神奈川県:ミノカジキ
  • 三重県・和歌山県:スギヤマ
  • 高知県:バショウ、バンバ
  • 山口県・福岡県:バレン
  • 長崎県:ハウオ
  • 鹿児島県:秋太郎(アキタロウ)、ゲンバ

英語・外国名

バショウカジキの英語表記は、一単語で『sailfish(セイルフィッシュ)』と表記することが一般的です。
ただ、後述の生息地の項目でも触れますが、主な生息地がインド太平洋地域であるため、正式には『Indo-Pacific sailfish』と表記されます。

学名

バショウカジキの学名は『Istiophorus platypterus(イスティオフォラス パラプティアラス)』です。
Istiophorusは生物分類上の”属”における「バショウカジキ属」を指し、platypterusは同じく生物分類上の”種”における「バショウカジキ」を指しています。

遊泳速度は時速100キロを超えるって本当?

バショウカジキの遊泳速度は時速100キロを超えると言われ、カジキ類最速と名高い存在です。
この速度は、バショウカジキが針掛かりした際に100ヤードのラインを出すのに3秒の時間がかかったことから算出されました。

ところが、後日別の研究チームが科学論文執筆用にバショウカジキにセンサーを付けて計測してみたところ、なんと時速10キロにも満たないというデータが観測されてしまったのです。
このため、バショウカジキの遊泳速度が時速100キロ越えであるというのは事実ではない可能性が非常に高いというのが、現在の定説となっています。

生息地

前述の英語・外国名の項目でも触れましたが、世界的に見た時のバショウカジキの主な生息地は、インド太平洋地域です。
インド太平洋地域とは、インド洋から西太平洋まで暖流域のことを指します。

日本においては、東北地方以南で生息し、特に多く生息しているのは九州近海です。
前述の別称・別名の項目でバショウカジキの別名が日本の南半分に多いのは、こうした生息地の関係にも起因しています。

値段・相場価格

バショウカジキの相場価格は、平均すると1kgあたり4,000円です。
水揚げされるバショウカジキが1本25kg程度であるとすると、1本あたり100,000円程度で取引されます。

スポンサーリンク

バショウカジキを使った料理・食べ方

出典:写真AC

ここまではバショウカジキのプロフィールをご紹介しました。
ここからは、そんなバショウカジキを使った料理や食べ方のご紹介です。
バショウカジキの魅力を余すところなくお伝えします!

どんな味がするの?

バショウカジキの身に繊維質が多く、筋が多い赤身が特徴であるため、バショウカジキの味は基本的には淡白でクセがありません。
ただ、バショウカジキの旬である秋には身に脂が乗り始め、筋の印象も弱くなり、赤身のさっぱり感と脂分のバランスが取れた、絶品とも評される味わいに変化します。

栄養素・カロリー

バショウカジキは高タンパク質低カロリーな魚です。
そのため、三大栄養素の構成としては、タンパク質:脂質:炭水化物 = 230:20:1という比率になっています。

また、気になるバショウカジキのカロリーは100gあたり100~150kcalであることが一般的です。
身に脂が乗る旬であっても魚種全般の平均値程度であるため、ヘルシーな食材であると言えます。

旬な時期・季節

前述の通り、バショウカジキの旬は秋です。
冬を前にすると水温が徐々に下がり、バショウカジキの身に脂が乗ってくるため、秋が丁度食べ頃となります。
このことが由来となり、鹿児島県ではバショウカジキが「秋太郎」という通称で親しまれているのです。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

バショウカジキの身に関する概要はおわかりいただけましたでしょうか?

ここからは、いよいよバショウカジキを使ったおすすめ人気のレシピ・調理方法を3つに絞ってご案内します。

刺身

また、刺身で食べることが危険である場合は、必ずそのことを記載するようにしてください。
]

1つ目のレシピは刺身です。
なんと言っても魚本来の味を楽しめる食べ方ですよね。
「どんな味がするの?」の項目で紹介させていただいた味わいをそのまま楽しむことが出来ます。

ただ、注意していただきたいのは寄生虫です。
その名は『アニサキス』。
このアニサキスは他の魚種にも寄生が見受けられるので比較的有名な寄生虫ですが、それはバショウカジキも例外ではありません。

釣り上げてから時間が経ち、身の鮮度が落ちてくるとアニサキスが発生しやすくなります。
アニサキスは冷凍や過熱を行えば死滅しますが、バショウカジキを刺身として食べる場合は、その鮮度にくれぐれもご注意ください。

ステーキ

2つ目のレシピはステーキです。
身が大きいバショウカジキはステーキとしても愛されています。

作り方はとても簡単です。
まずはフライパンにバターとニンニクを入れて加熱します。
その間にバショウカジキに塩コショウで下味を付け、フライパンの加熱が十分になったところでフライパンに投入し、バターニンニクソースをよく絡めて完成です。

手軽に作れるのにバショウカジキの美味しさが十二分に活かされているおすすめの一品と言えます。

煮付け

3つ目のレシピは煮付けです。
その中でも「あら煮」をご紹介させていただきます。
通常は捨てられてしまいがちな「あら」も、バショウカジキではあら煮として立派な料理になるのです。

作り方としては、「かま下」や「ひれ際」といった部位をさっと湯通し、冷水に晒して鱗や汚れ、滑りを除去した後、酒、砂糖、醤油、みりん、生姜と一緒に煮込みます。
また、あっさりタイプがお好みの方は、煮込む際の材料として酒と塩のみで煮込むのもおすすめです。
煮込むことで「あら」から出汁も出るため、ご飯が進む一品となっています。

バショウカジキを楽しめる人気のお店・レストラン

ご家庭で作れるバショウカジキのレシピをご紹介しましたが、やはりお店で本格的なバショウカジキ料理を食べてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、バショウカジキを楽しめる人気のお店をご紹介します。

鮨匠 のむら

バショウカジキが「秋太郎」の愛称で親しまれている鹿児島県のお寿司屋さんです。
シーズンになると名物の秋太郎を様々な調理方法で提供してくれます。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

魚の薫りに酔いしれた夜(ふひと@広島)-鮨匠 のむら
魚の薫りに酔いしれた夜…

すし処 志喜

こちらは東京・銀座にあるお寿司屋さんです。
「こちらのお寿司屋さんに来れば日本全国グルメツアーが出来る」と評されるほど全国各地の旬の魚が取り添えられており、バショウカジキも例外ではありません。
また、料理やお寿司のクオリティは言わずもがな、銀座という立地を考慮してもリーズナブルな価格設定がポイントであり、知る人ぞ知るお店です。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

すし処 志喜 (東銀座/寿司)
★★★☆☆3.12 ■銀座に位置する「すし処志喜」 ■予算(夜):¥15,000~¥19,999…
スポンサーリンク

バショウカジキにおすすめの釣り方・仕掛け

出典:写真AC

バショウカジキはカジキ類の中でも比較的沿岸までやってくるいう特徴があります。
そのため、カジキ類の代表的な釣り方であるボートからのトローリングに加えて、磯からルアーで釣り上げることもできます。
ここからは、バショウカジキ釣りにおすすめの釣り方や仕掛けをご紹介します。

釣竿・ロッド

釣竿のおすすめは、『シマノ ロッド オシアプラッガー フレックスリミテッド S83MH』です。
10kg超のヒラマサやブリ、更にはマグロにも対応できる釣竿のため、繊細さとキャスタビリティを両立し、身体への負担が少ない製品となっています。

リール

リールのおすすめは、『シマノ リール 19 ステラ SW 14000XG』です。
バショウカジキは大型かつ動きが激しい魚であり、その負荷に耐えるためにはこちらのリールが必要となります。

ルアー・ワーム

ルアーのおすすめは、『メジャークラフト ルアー メタルジグ ジグパラ ショート』です。
バショウカジキはイワシ等の小魚を餌とするため、イワシをはじめとする小魚を模したルアーを使用することが推奨されます。

釣り餌

釣り餌のおすすめは、『ヒロキュー 新鮮冷凍イワシ』です。
前述の通り、バショウカジキはイワシ等の小魚を餌とするため、釣り餌にはイワシの利用をおすすめします。

スポンサーリンク

バショウカジキの基本情報まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「バショウカジキの遊泳速度は時速100キロ?釣り方・レシピをご紹介」というテーマに沿って、「バショウカジキとは?その特徴・生態をご紹介」「バショウカジキを使った料理・食べ方」「バショウカジキにおすすめの釣り方・仕掛け」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…
【2020年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン