【釣り用語】ジャークってどういう意味?種類・やり方・おすすめジャークベイト7選

【釣り用語】ルアーフィッシングで重要になってくるジャーク。今回、釣りラボでは、そんなジャークの意味、種類、それぞれのやり方、おすすめのジャークベイト5選、2020年の新作2選をご紹介。ぜひご覧ください。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

ジャークとは?一体どういう意味?

とは?

出典:写真AC

ルアーフィッシングを行っているとよく耳にするのがジャークという言葉です。
ジャーク単体で使われることもありますし、○○ジャークやジャーキングという言葉としても使われます。

ジャークとはルアーの動かし方のことです。
ロッドをあおるように素早く動かしてルアーを大きくスライドさせて動かすテクニックです。

ジャークは動きを大きくすることが求められるため、より大きく動くようなジャークベイトというルアーがあります。
また、ジャークを多用するとラインに負荷がかかるため、専用のタックルを用意しておくのが一般的です。

スポンサーリンク

ジャークにはどんな種類がある?やり方をご紹介

出典:写真AC

ジャークはロッドアクションの大きさや早さ、リールの巻取りスピードによって様々な種類があります。
それぞれのジャークアクションについてご紹介します。

ジャーク

まずは基本のジャークです。
やり方はロッドを大きくしゃくり、ふけた分のラインを巻き取ります。

基本のアクションなので、幅広いルアーフィッシングに使えます。
バス釣りには必須のテクニックだと言えるでしょう。

ロングピッチジャーク

ロングピッチジャークは通常のジャークと比べてロッドのしゃくり幅を大きくしたものです。
やり方は通常のジャークと同様ですが、より大きくロッドを動かします。

通常のジャークより速い速度で大きく動かすためルアーを見切られにくいという特徴があります。
船からのマグロやヒラマサ狙いの釣りには適したアクションです。

ショートピッチジャーク

ショートピッチジャークはロングジャークとは逆に、ロッドのしゃくり幅を小さくしたものです。
非対称型のジグを使用すると短いジャークでも大きくアクションを取ることができます。

細かい動きを連続して行うため、リズムよくしゃくり・巻取りを行う必要があります。
ショートロッドを使うことで負担が少なくなります。

沿岸部でのジギングでは主流のアクションとなっており、根魚やシーバスを狙う釣りに向いています。

ワンピッチジャーク

ワンピッチジャークは一定のリズムでロッドを動かしてジグに動きをつけるアクションです。

ショア・オフショア問わず使用するアクションになっています。
ジギングでは基本のアクションになりますので必須のアクションと言えるでしょう。

ハイピッチジャーク

ジャークの基本はロッド1しゃくりにつきリール1回転ですが、ハイピッチジャークはリールを1回転以上巻き取るアクションのことです。
ラインを巻き取るスピードが早いため、ジグの動きも早くなります。

アクション自体は少なくなりますが、早い動きに食いつくブリやヒラマサといった青物狙いの釣りには効果的な方法です。

スローピッチジャーク

スローピッチジャークはスロージギングとも呼ばれ、ジグの縦方向への動きを抑えたジャークを行いたいときに使います。
ロッドのしゃくりをゆっくりと行い、リールの巻取りもスピードをゆるめて行います。

同じレンジをキープできるためレンジが決まっている場合や、根魚を狙う釣りに向いています。
ロッドの性能も大切になってくるテクニックですので、スローピッチロッドおすすめのロッドを使うと良いでしょう。

スラックジャーク

スラックジャークはエギングでのテクニックの一つです。
移動距離を短く、でもアクションは大きくしたいときに使います。

先にある程度糸ふけさせた状態でジャークを行うことでこの動きになります。
長い間その場にいるので、イカの活性が低い状態でもアピールできるテクニックになります。

スポンサーリンク

おすすめのジャークベイト5選!

出典:写真AC

ジャークを多用する釣りでおすすめのジャークベイトを紹介します。

【デュオ】レアリス 120f

数多くのジャークベイトをリリースしているデュオのフラッグシップモデルです。
多くのサイトでジャークベイトのランキング上位を占めている人気の商品です。

扱いやすさと強力なアクションで誰にでも薦められるジャークベイトです。

【ウォーターランド】ジャークソニック

飛距離が出せるジャークベイトとして有名なのがジャークソニックです。
海でも川でも使える万能ジャークベイトとなっています。

【オーエスピー】ヴァルナ

大き目なリップがついているのが特徴のジャークベイトです。
そのリップを利用した大きなアクションが売りになっています。

【エバーグリーン】フェイス

独特のボディ形状やリップの角度により複雑でトリッキーな動きでアクションを行うジャークベイトです。
アメリカのトーナメントでも使用されている釣果が期待できるモデルです。

抵抗少なく引くことができるので、長い時間ジャークを継続することができます。
しかし、その軽い操作感は半面手ごたえのなさにも繋がるので上級者専用ジャークベイトとも言えるでしょう。

【メガバス】ビジョン

左右へのアクションがどのジャークベイトより強いことが特徴です。
強力なアクションで大型魚にしっかりとアピールしてくれることでしょう。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめジャークベイト2選!

出典:写真AC

ここでは2020年に発売されたジャークベイトの新商品でおすすめのモデルを紹介します。

【デュオ】レアリス 130SP

デュオの定番モデルであるレアリスが130mmへサイズアップして登場しました。
フラッシング性能がさらに強化されてよりアピールが強いモデルとなりました。

【シマノ】バンタム ワールドミノー115SP

シマノの3つのテクノロジー技術を全部乗せたモデルです。
技術のサポートによって初心者でも狙ったところに飛ばせて、簡単にアクションを起こすことができます。

スポンサーリンク

ジャークについてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【釣り用語】ジャークってどういう意味?種類・やり方・おすすめジャークベイト7選」というテーマに沿って、「ジャークとは?一体どういう意味?」「ジャークにはどんな種類がある?やり方をご紹介」「おすすめのジャークベイト5選!」「【2020年新作】おすすめジャークベイト2選!」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワカサギ釣りのコツを徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・スポットもご紹介
ワカサギ釣りは、冬の名物として、多くの人に人気です。今回、釣りラボでは、ワカサギ釣り初心者の方に向け、ワカサギ釣りのコツ…
ショアジギングとは一体何?釣り方のコツやおすすめのタックル・仕掛けもご紹介
ショアジギングとは、メタルジグを使い、ショア(岸)から遠投して行う釣りのことです。今回、釣りラボでは、ショアジギングで釣…
FGノットの強度はどれくらい?簡単に強く結ぶ方法を動画付きでご紹介
FGノットは、PEラインとリーダーの結束方法として人気があります。今回、釣りラボでは、FGノットを簡単に結ぶやり方・結び…
サビキ釣りのコツを徹底解説!最適な時期やおすすめの仕掛け・タックルをご紹介
サビキ釣りは比較的簡単に始めることができ、釣り女子や初心者に人気のある釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなサビキ釣りに…
渓流釣りの始め方|仕掛け・餌・装備・服装・竿・ルアー【初心者必見】
渓流釣りは、自然の雰囲気を味わいながら様々な魚を釣れることができ、とても人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン