カワハギ釣りの始め方|仕掛け・時期・シーズン・堤防【初心者必見】

カワハギはとても美味しい食用魚の一つで、釣り人にとても人気があります。今回、釣りラボでは、そんなカワハギの釣り方について、最適な釣り場所や仕掛け、時期・シーズンなどについて解説していきます。

スポンサーリンク

カワハギの生態・特徴

カワハギ

出典:写真AC

カワハギの生息域は北海道から南の海域です。
とても美味しい魚で、名前の由来は捌くときに皮が剥ぎやすい所からきています。
冬は肝が大きく、そちらも絶品です。

カワハギ釣りは幅広い釣り方で、初心者からチャレンジできますが、簡単というわけではありません。
とても奥が深いです。

可愛いおちょぼ口で餌だけを巧みに食べるので、エサ取り名人の異名を持っています。
ゲーム性の高い釣りを楽しめるので玄人にも人気があります。

スポンサーリンク

カワハギ釣りにおすすめの場所

カワハギ

出典:写真AC

カワハギ釣りに適した場所はどこかというと、堤防、磯、サーフ(砂浜)、沖、などです。
砂地と岩礁がある場所は、カワハギの餌が沢山生息しているので、狙い目のポイントになります。

水温の高い場所を好む習性があり、夏は浅瀬、冬は沖に生息します。
具体的に釣ることのできる地域を挙げてみましょう。

関東地方

東京、神奈川県、千葉などの首都圏近郊の漁港からは乗合漁船が出ています。

東京湾、湘南、伊豆は釣果の報告も多く、お勧めのスポットです。

中部地方

中部地方では愛知県で釣果報告が多く、乗合漁船が出ている漁港も沢山あります。

関西地方

関西では大阪、兵庫、和歌山などが代表的です。
大阪湾、和歌山湾などの湾一帯が有名なスポットになります。

特に和歌山は海に面している場所が多いので、エリアが豊富です。

中国地方

中国地方では広島、山口の広島湾、下関などが有名です。

九州地方

九州も海に囲まれているので、カワハギを狙えるスポットが沢山あります。

九州は全域でカワハギを釣ることができますが、特に釣果報告が多いのは、福岡の北九州市と大分、鹿児島です。

こうして見ると、北海道より南であれば、全国的にカワハギが釣れることが分かります。

スポンサーリンク

カワハギ釣りの時期・シーズン

カワハギ

出典:写真AC

カワハギは通年釣ることのできる魚ですが、季節により釣れるポイントが変わってきます。

5月~9月の夏場は堤防、磯、サーフ(砂浜)などで釣ることができます。
身の美味しさは夏が旬と言われていて、特に7月~8月あたりがおすすめです。

10月~3月の冬場は、船釣りがメインです。
沖に出る必要がありますが、釣れるポイントは比較的、岸から近い場所になるので、初心者でも安心してチャレンジできます。

特に11月~2月は肝が大きく、その美味しさは海のフォアグラとも言われるほどです。

スポンサーリンク

カワハギの釣り方

カワハギ

出典:写真AC

カワハギは海底の砂地と岩礁がある場所に生息しています。

海底に生息する甲殻類やイソメ類を可愛いおちょぼ口で突いて食べる習性を利用した釣り方が一般的です。

船釣り・沖釣り

船釣り・沖釣りに適した季節は主に秋、冬です。
関東近郊の漁港から船も出ています。

乗合で7,000~10,000円ぐらいが相場になります。

沖と言ってもカワハギが生息するのは主に水深20~30メートルなので、それほど遠くへは行きません。
せいぜい15~20分程度なので初心者でも船酔いしずらく、おすすめです。

釣り方

釣り方のテクニックを具体的に紹介します。

1~4のテクニックをシフトしながら試していきます。

1、ハワセ釣り

ハワセ釣りでは、海底にオモリが着底したら、海底に仕掛けが添うようにステイさせます。
餌を静止させることで、カワハギが一番餌を食べやすい状態にすることができます。

2、たるませ釣り

たるませ釣りでは、オモリを着底させたまま餌を揺らします。
オモリが着底したらその状態のまま中オモリだけを動かし、餌を揺らし誘います。

3、タタキ釣り

オモリが着底したら、オモリを海底にトントン叩きつけて餌を揺らします。
タタキ釣りだけに挑戦するなら、中オモリは必要ありません。

4、誘い釣り

誘い釣りでは、オモリを海底に着底させたら、オモリを海底から浮かせ、その状態をキープさせたまま竿を細かく上下させ、仕掛けを揺らします。
揺らす速さをカワハギの活性レベルに合わせ、誘います。

その後、誘いを続けたまま海中のタナを探るように仕掛けを上下に大きく動かします。

仕掛け・道具(タックル)

竿(ロッド)

船釣りでは、長時間竿を持つことが多いので、軽量のものをおすすめします。
長さは1.8メートル前後が主流です。

カワハギのアタリはツンツンと繊細なので、先調子(先端が柔らかい)のものを使うことでアタリが分かりやすくなります。
具体的には、「8:2」又は、「9:1」の物を選ぶのが良いでしょう。

カワハギ釣りは人気なので、専用の竿が沢山出ています。
値段はもちろんピンキリですが、安いものですとAmazonで5,000円ぐらいから、購入することができます。

リール

リールは、両軸かつ小型のものを選びましょう。
両軸とは「スプール」糸を巻く部分がリールの内部にあるもののことです。

道糸PEO‐0.8号~1号を150メートル~200メートル巻けるものが物がベストです。
100メートルもあれば十分だと思いますが、高切れ(糸が切れる)する事もあるので、少し不安な長さです。

仕掛け

仕掛けは、市販のカワハギセットを使うことをおすすめします。
自分で仕掛けを作るのは大変なのでおすすめしません。

市販の物で十分です。
3本針のものが主流になります。

仕掛けは予備も必ず持っていきましょう。

おかっぱり・陸っぱり(堤防)

おかっぱり・陸っぱりとは岸から狙う釣りのことを言います。

カワハギをこの方法でで狙うのは暖かい5月~9月が良いでしょう。

釣り方

定番でおすすめの釣り方は、やはりサビキ釣りでしょう。

サビキ釣りでは、オモリの部分にコマセカゴと呼ばれる小さなカゴを付けます。
そのコマセカゴの中にアミエビを詰めます。

仕掛けを海中に投げ入れ、アミエビが海中で散ることでカワハギを集めます。
ハリはアミエビに似せて作ってあり、それにカワハギが食いつく仕組みです。

もちろんほかの魚も寄ってきますが、カワハギはアミエビに反応します。
カワハギは光っているものも好きなためです。
カワハギが群れで寄ってくるので、効率の良い釣り方になります。

>>>こちらの記事も読まれています
サビキ釣りの基礎知識|仕掛け・道具・餌・コツ・時期【初心者必見】

仕掛け・道具(タックル)

竿(ロッド)は量販店でリールとセットで売られている万能竿で十分です。
3,000円程度で購入できます。

セット販売の竿を買うと、ラインも一緒に付いてきます。
仕掛けは市販のサビキセットを買いましょう。

こちらも予備の仕掛けを必ず持っていくようにして下さい。

参考にサビキ釣りの動画を見ると分かりやすいです。

初心者でも大丈夫!簡単・手軽な波止からのサビキ釣り入門! 和歌山釣太郎

おすすめの餌(エサ)

沖釣りの場合

沖釣りの場合、おすすめの餌はアサリです。
船宿には大概ありますが、ない場合は冷凍アサリを持参しましょう。

一日の適正量は300個程度です。
ただ扱う人により消費量に差が出るので、必要量がわからなければ船宿で聞いてみると良いでしょう。

また、餌の食いつきを良くしたい場合は、こちらを振りかけるのがお勧めです。

サビキ釣りの場合

サビキ釣りの場合は、アミエビのコマセを買いましょう。
釣具店では、冷凍のアミエビコマセが売っています。

非常用に常温保存の物も販売しているので、こちらもご紹介しておきます。

カワハギ釣りのコツ・ポイント

カワハギ釣りのコツは、「合わせ」と呼ばれるテクニックにあります。
引きに異変を感じたら、スッと竿を持ち上げて下さい。

カワハギが餌に食い付いたとき、竿を持ち上げる事により、ハリがカワハギの口に刺さります。
カワハギのアタリは繊細で色んな反応がありますが、とりあえず異変を感じたら竿を持ち上げてみましょう。

スポンサーリンク

カワハギ釣りについてまとめ

カワハギ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「カワハギ釣りの始め方|仕掛け・時期・シーズン・堤防【初心者必見】」というテーマに沿って、「カワハギの生態・特徴」「カワハギ釣りにおすすめの場所」「カワハギ釣りの時期・シーズン」「カワハギの釣り方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【初心者必見】海釣りの道具・仕掛け・釣り方をご紹介|釣竿・仕掛け
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
サビキ釣りの基礎知識|仕掛け・道具・餌・コツ・時期【初心者必見】
サビキ釣りは比較的簡単に始めることができ、釣り女子や初心者に人気のある釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなサビキ釣りに…
船釣り・沖釣りの始め方|釣り方・持ち物・服装・仕掛け【初心者必見!】
船での釣りは、堤防釣りとはまた違う魅力があります。子供を連れてファミリーで楽しむのもおすすめです。今回、釣りラボでは、船…
【釣り餌の定番】アミエビとオキアミの違いとは?使い道や入手方法も解説
釣り餌の定番として、多くの釣り人に親しまれているアミエビ。今回、釣りラボでは、アミエビとオキアミの違いやアミエビの使い道…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!|付け方・自作【初心者必見】
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン