アジング用メタルジグおすすめ5選!選び方・タックル・仕掛け・アクションも解説

メタルジグは、アジングにおいて欠かせない仕掛けの一つです。今回、釣りラボでは、アジング用のメタルジグを使うメリットや選び方について解説した上で、おすすめのメタルジグやタックル、釣り方・アクションのコツをご紹介します。ぜひご覧下さい。

アジング
スポンサーリンク

そもそもメタルジグとは?

メタルジグ

出典:写真AC

メタルジグとは鉛やなどの金属でできたルアーで、遠投などに優れた仕掛けです。

鉄の塊に色をぬって鮮やかにしたもので、水中でキラキラと光るフラッシング効果を用いて魚をヒットさせます。

スポンサーリンク

アジングでメタルジグを使うメリット・デメリット

アジング

出典:写真AC

アジングというのは小型のスピニングリールを用いてアジをターゲットに行う釣り方です。

基本的に使用するルアーはジグヘッドのルアーでワームルアーを用いることが基本です。
また、手軽に釣りができることでも人気で、遠投して釣りたいという初心者の方にはおすすめの釣り方です。

アジングでメタルジグを用いることに関してはメリット、デメリットが存在するためひとつずつ解説していきます。

メタルジグを使うメリット

メリットは金属であるという点から他のルアーと差別化することができます。
特徴を掴み、メタルジグにあった釣り方を行いましょう。

飛距離を伸ばすことができる

メタルジグは重いために、遠投が可能となります。

遠投できるということは幅広い範囲でターゲットをサーチすることができ、狙いたい場所へのアプローチが容易になります。

大型アジを狙うことができる

メタルジグはあくまでも小魚を疑似餌化したものに対して、ワームはゴカイやイソメなどを疑似餌化したものです。

つまり小魚を食べる魚は大きい個体になるためにワームで釣れる魚よりも必然的にメタルジグで釣ることのできる魚は大きくなります。
中には尺アジと言われる怪物まで存在します。

釣りに関してはどうしても大きい魚をゲットしたいという気持ちが現れるために、大きい魚を欲してる人はメタルジグを用いると良いでしょう。

ボトムまでの到達が早い

重いという点で海底まで到達する時間の短縮ができます。

釣りでは海底をサーチするために一回底までルアーを落とします。
ルアーを落とすまでの時間は無駄な時間だといえるでしょう。

軽いルアーであるとゆらゆらと水中を漂ってから落ちるのに対して、重いルアーであるメタルジグは素早く底着します。

頑丈である

メタルジグは金属であるという点で丈夫です。

ルアー釣りでは岸沿いなどを狙う際に壁にぶつけてルアーを折ったり、壊してしまうトラブルがたびたび生じます。

メタルジグはかたいためにそのような問題はあまり生じません。

せっかく高いルアーを買っても壊してしまってはもったいないために、初心者の方はメタルジグを用いても良いかもしれません。

メタルジグを使うデメリット

遠くに飛んでしまうために遠くの場所が見れないナイトゲームには向いていません。

また、ナイトゲームではフラッシング効果が軽減してしまうためにデイゲームに用いるほうが良いです。

スポンサーリンク

アジング用メタルジグを選ぶ際のポイント

アジング

出典:写真AC

アジング用のメタルジグを購入する際には、ポイントを把握して選ぶことが必要です。
ポイントを意識しないと後から後悔することも多々あるので意識しましょう。

メタルジグの重さ

メタルジグ は20g程度の軽めなルアーから60g程度の重いルアーまで存在します。
1g変化するだけで使い方も大きく異なります。

一般的に30gから40gのルアーを用いることが一般的です。

軽めのメタルジグを用いるメリットとしてはキャストが楽で力の弱い女性でも使用しやすいです。
また、コンスタントにキャストできるために疲れにくいです。

重いルアーの利点としては風などの影響を受けにくいために、悪条件でも活躍できます。

メタルジグの形

大きく分けて3つの形が存在します。
魚に合わせた専用メタルジグもありますが、特殊なため代表的な3つのタイプを把握しておきましょう。

標準タイプ

最もベーシックなメタルジグです。
この後紹介する2種類のメタルジグに比べてフォールスピードや飛距離も中間に位置するため、特に目立った特徴はないものの短所もありません。

初心者でも使いやすく、様々な状況下でも対応できるため必須のタイプです。

スリムタイプ

細身のシルエットのメタルジグです。

細く空気抵抗を受ける面が少ないため、3つの形状の中で最も飛距離が出やすいタイプです。
ポイントが遠い場合や離れた場所で水面が波立っている時に使用すべきアイテムです。

また、空気抵抗だけでなく、水抵抗も小さいためフォールスピードも早いです。
速い動きに興味を示す魚には効果的なメタルジグです。

スロータイプ

平べったい種類のメタルジグです。

飛距離は出にくいことが欠点ですが、ゆっくりフォールすることによって、遊泳力の低い根魚などにもバイトチャンスを長く与えることができるという利点があります。

アジの中でも疲れている魚には有効的なタイプです。

活性の高い時には効果が発揮できないかもしれません。

スポンサーリンク

アジング用メタルジグおすすめ人気5選!

アジング

出典:写真AC

アジングメタルジグからおすすめ人気商品を紹介していきます。

【スミス】CBマサムネ

スロータイプのメタルジグです。
スローが好きな魚には抜群の効果を示します。

カラーバリエーションも多く、選ぶ際にも楽しめます。

【ブリーデン】メタルジグ メタルマル 28シングル

メタルマルも人気のメタルジグです。

特徴はエギ状の形をしている点とブレードとフックを搭載している点です。
これを投げればないか必ずつれるといわれるほどに万能性に優れたルアーであるといえます。

【メジャークラフト】メタルジグ ジグパラ ショート

万能ジグとして有名で、値段も安くコストパフォーマンスの高いルアーです。

ただ巻きでも十分な動きが出るために初心者にもおすすめの商品です。

【NatureBoys】鉄ジグ スイムライダー 260g グローヘッド

スイム系のメタルジグの定番です。

値段は高いですが、釣果の高さが評判なためメタルジグでの釣りに慣れてきた方は良いでしょう。

【マリア】ムーチョ・ルチア

飛距離が売りのメタルジグです。

初心者の方には特におすすめなルアーで風が強い日でも活躍のできる万能ルアーです。

スポンサーリンク

メタルジグを使ったアジングにおすすめのタックル

アジング

出典:写真AC

メタルジグを使ったタックルについて説明します。

タックルというのは釣るための道具、仕掛けというニュアンスがあり、タックル次第では釣果に影響してくる場合もあります。

【メジャークラフト】アジングロッド ファーストキャスト

基礎のソルトウォーターでのロッドのためのシリーズです。

値段も安く、初心者には定番の商品です。

【ダイワ】18 月下美人 MX LT2000S

こちらのリールは、軽量さとタフさを兼ね備えたLTコンセプトを導入しているリールです。

ライトソルト向けのリールで、アジングにも最適です。

【ダイワ】月下美人 TYPE-N 150m 約0.9号 3.5lb ライムグリーン

月下美人はアジングでは有名なシリーズで評判が高いです。

ナイロンラインは細身で丈夫なためにアジングには最適です。

スポンサーリンク

メタルジグを使ったアジングでの釣り方・アクション

アジング

出典:写真AC

メタルジグを使用した細かい釣り方に関して紹介していきます。

フラッシング効果を最大限に意識しながら行うことができれば釣果が期待できるでしょう。

釣りの流れ・アクションのコツ

メタルジグにはワンピッチジャークという有名な釣り方がありますが、アジを食べさせるためにはスピードが早すぎるため、適切な釣り方とは言えません。

アジングではフォールアクションがおすすめで、キャストを終えてからジャークを入れて、その後フォールさせます。
そのフォールでアジを食わせます。

フォールでもフリーフォールやテンションフォールなど様々なフォールが存在するためその日にあった適切な釣り方を選択しましょう。

メタルジグの付け方

リングかスナップのどちらかがおすすめです。
直付けはあまりおすすめはできません。

リングは強度が高いためにメタルジグを失ったりする心配はありません。
メタルジグは重くキャスト時には相当な負荷が接続部分にかかるために、リングを用いたつけ方を把握する必要があります。

釣れない時の対応

釣れない時にはルアーで狙っている水深を変更してみましょう。

深いところであたりがない場合は水面直下でルアーを動かしてみたりすると食いついてくる可能性があります。

様々なパターンを自分で考えながら釣りを行いましょう。

スポンサーリンク

アジングにおすすめのメタルジグまとめ

アジング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「アジング用メタルジグおすすめ5選!選び方・タックル・仕掛け・アクションも解説」というテーマに沿って、「そもそもメタルジグとは?」「アジングでメタルジグを使うメリット・デメリット」「アジング用メタルジグを選ぶ際のポイント」「アジング用メタルジグおすすめ人気5選!」「メタルジグを使ったアジングにおすすめのタックル」「メタルジグを使ったアジングでの釣り方・アクション」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!
初心者でも比較的始めやすく、人気の高いアジング。今回、釣りラボでは、アジングの魅力や釣り方アクションを紹介した上で、アジ…
【2020年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【初心者必見】アジングの仕掛けについて|種類・選び方・作り方を徹底解説
【アジング初心者必見】アジング専用の仕掛けが近年数多く登場しています。今回、釣りラボでは、アジングの仕掛けの種類(ジグヘ…
【2020年】おすすめのアジングリール12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
アジングをする際に活躍するアジングリール。今回、釣りラボでは、アジングリールの選び方(番手・種類・ギア比)、人気メーカー…
【2020年】アジングラインおすすめ10選とその選び方|PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…