【2020年】メバリングにおすすめのリール7選!選び方やコスパ最強の人気商品をご紹介

メバルをターゲットとするルアー釣り、いわゆるメバリング。そんなメバリングにおすすめのリールの選び方をご存じでしょうか?今回釣りラボでは、メバリング向きのリールに関して、おすすめの番手やギア比といった選び方、そして人気のリール、2020年の新製品を紹介します。

リール
スポンサーリンク

メバリングとは?

メバリング

出典:写真AC

メバリングとは、根魚のメバルをルアーで狙う釣りのことで、他の魚が釣れにくくなる冬にも良く釣れるので、人気の高い釣りの一つです。

スポンサーリンク

メバリング用リールの選び方

リール

出典:写真AC

メバリング用リールの選び方を、リールの種類やサイズ等々にわけて解説していきます。

選ぶポイント1:リールの種類

メバリングに使用するリールの種類について解説します。
メバリングに使用するリールには、スピニングリールとベイトリールがあります。

スピニングリールは、ロッドに対してスプール(糸巻)の向きが直角になっており、ベールアームによって、ラインの放出と巻取りをコントロールします。

キャスト時にはラインは開放されており、スプールの回転を伴わないので、遠投に向き、ライントラブルも起きにくいので、初心者向きです。

反面、精密なキャストは少し苦手という点があります。
ベイトリールは、ロッドに対してスプール(糸巻)が平行になっており、ラインを巻き上げる力が強いという特徴があります。

正確なキャストに向いており、ラインを巻き上げる力も強いのがベイトリールの特徴です。

キャストした際に、ラインがスプールに絡みつく、バックラッシュというトラブルが起きやすく、使うのには熟練が必要です。
トラブルの発生が比較的少ないという点からみると、初心者にはスピニングリールがおすすめです。

選ぶポイント2:リールのサイズ(番手)

メバリングに向く、リールのサイズ(番手)について解説していきます。
根魚であるメバルを狙うメバリングでは、ルアーを遠投する必要も無いので、それほど大きい番手は必要ありません。

釣具メーカーのシマノやダイワのスピニングリールの番手でいくと2000番前後となります。
大物狙いで太いラインを用いる場合には、シマノの2500~3000番、ダイワの2500番程度を選択するのをおすすめします。

もう少し番手の低い1000番もありますが、1000番クラスはアジングなどに用いられており、メバリングには少し物足りない番手です。

選ぶポイント3:ギア比

ギア比とは、ハンドルを1回転させた時に、スプールが何回転するかを決めているのが、ギア比です。
はっきりした基準があるわけでは無いのですが、ハイギア、ノーマル、ローギアにわかれており、ギア比が高くなるほど、ハンドル回転数に対するスプールの回転数が多くなります。

ハイギアの場合には、早く巻けるという利点がある反面、巻く際の負担も大きくなります。

比較的軽めのルアーを用い、繊細なルアーフィッシングのメバリングの場合には、ローギアあるいはノーマルギアが、特に初心者にはおすすめです。

選ぶポイント4:リールの重さ

リールの重さは、軽めのものをお勧めします。
メバリングに使うロッド(竿)は比較的軽いものが多いので、ロッドのバランスを考慮すると、軽いリールが良いでしょう。

重さは、使用している材質や番手によっても変わってきますが、概ね200g前後のものが扱いやすいでしょう。

選ぶポイント5:ドラグ性能

リールにおけるドラグ性能とは、ラインが引っ張られた際に、ラインにテンションをかけつつ、スプールを巻き取る方向とは逆方向に回転させる性能のことで、kgであらわされます。

スプールを逆回転させてラインを送り出すことで、急な負荷に対してライン切れを防ぐ効果があります。

比較的細いラインを使うメバリングの場合のドラグ性能(ドラグ力)は最低でも2kg前後ものを選択することをおすすめします。

選ぶポイント6:糸巻量

ロックフィッシュであるメバルを狙うメバリングの場合、糸巻量が多いリールを選択する必要はなく、ラインの太さでナイロンの3~4lb、PEラインの0.6号程度の太さを100m程度巻くことができるものであれば、十分です。

リールの人気メーカーから選ぶという手も

メバリングにも向くリールの人気メーカーをご紹介します。
リールは多くのメーカーが提供しています。

総合釣り具メーカーのダイワ、シマノの他にアブガルシアなどは多くのリールを販売しています。

そのほか、ブロックス、Piscifun、ガストキングなどもメバリングにも使用できるリールを取り扱っています。
中でも、ダイワ、シマノは取り扱うリールのバリエーションの多さや、品質等、総合的に見ておすすめのブランドです。

メバリング向きリールの価格帯

メバリング向きのリール価格帯について解説します。
メバリングのリールは、安いものから、高いものまで様々です。

高いものは、耐久性や剛性そして軽さなどの特徴があり、価格なりの良さはあります。

ただし、リールの特徴など好みもりますので、メバリング初心者はまず1万円以下のモデル、高くても1万5千円前後のものを購入するのをおすすめします。

使いこなしてから徐々に、自分の好みのものに変えていくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

メバリングに人気のリール5選をご紹介

リール

出典:写真AC

メバリングに人気のリール5選をご紹介します。

【ダイワ】月下美人MX

ダイワの月下美人MXは軽快な操作が特徴のライトソルト(スピニング)リールでメバリングの他にアジング等にも適するリールです。

軽くてタフという相反する特徴を持ち、マグシールドやオートマチックドラグシステムなどを採用し、耐久性や使用感を向上させています。

重量も軽く、キャスティングしても疲れが少ないリールに仕上がっています。

【シマノ】サハラ

1万円以下で購入することができ、初心者が初めて手にするのに向いているスピニングリールの1つです。

シマノ独自の冷間鍛造ギア(HAGANEギア)を採用し、スムーズにルアーを飛ばすAR-Cスプール、そして防錆能力を高めた外装など、低価格ながら必要十分な機能を有しています。

【シマノ】ネクサーブ

入門モデルながら、AR-Cスプールを搭載し、メバリングなどの海の他、淡水でも幅広く使用できる汎用タイプです。

高輝度の塗装や、メッキをふんだんに取り入れ、クラス以上の高級感を出しています。

メバリングを始めたばかりで、これからステップアップしたいアングラーには最適のモデルです。

【シマノ】アルテグラ

シマノのスピニングリールの中で伝統的なモデルの1つであるアルテグラは、2000番手で205gと計量モデルとなっています。

コアプロテクトやS A-RBという高耐食表面処理を施し、リールの重心を手元側に近づけるGフリーボディの採用で、抜群の耐久性や操作性を実現しています。

河川から湖沼、そして海釣りなどルアーフィッシングから餌釣りまで広く使えます。

【ダイワ】エクセラー

1万円以下台で購入できるダイワの入門モデルの1つでありながらダイワの最新防錆技術マグシールドを搭載しています。

メバリングの他、アジング、エギング、タイラバなどでも使用できる汎用モデルで、流水での洗浄が可能となっています。

巻取りが滑らかで、剛性も高く使いやすいモデルです。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめのメバリングリール2選

リール

出典:写真AC

2020年新作のおすすめメバリングリールを2つご紹介します。

【ダイワ】20クレスト

高い人気を誇るクレストの2020年モデルで、LTモデルとなり、2000番手で25gと大幅な軽量化を実現しています。

オートマチックドラグシステムにより、魚が引きになめらかに追従させることができるようになり、ロングキャストABSで飛距離アップを図っています。

【ダイワ】レブロス

ダイワのスピニングリールの中でも比較的安価なモデルの1つで初心者にもおすすめです。

2500番台で220gの軽量化を実現し、オートマチックドラグシステムや、ロングキャストABSスプールにより低価格高性能のモデルです。

糸よれも大幅に低減し使いやすいモデルに仕上がっています。

スポンサーリンク

メバリングの釣り方・アクション

メバリング

出典:写真AC

メバリングの釣り方・アクションについて解説します。

メバルは、堤防や岩礁の足元付近にいることが多いので、あまり遠くにルアーを飛ばす必要はありません。

メバルがいそうな場所にルアーをキャストしたら、ルアーを少し沈ませてから、リールをただ巻きします。

ルアーを沈める深さを変えながら、キャストを繰り返しアタリを待ちます。

youtubeの動画でもご紹介します。

メバリング~初心者にもオススメなデイメバリング!昼の漁港で簡単に釣れちゃいます!Japanese rockfish
スポンサーリンク

メバリングのタックル・仕掛け

メバリング

出典:写真AC

メバリングのタックル・仕掛けについて解説します。

ロッドは7ft程度の磯竿で、ロッドの先が柔らかいファースト(先調子)のものを使用します。

ラインは巻き癖のつきにくいナイロンラインであれば3lb~4lb、PEラインであれば0.6~0.8合程度を使用します。

ラインの先にリーダーを使用しても良いです。

ルアーは、ワームやメタルジグ、ミノーなどハード系のルアーなど多く販売されていますので好みで選びましょう。

メバルのルアーは1~3g程度の軽いものが多いので、フロートリグなどの飛ばしウキを使用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

メバリングにおすすめのリールのまとめ

リール

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】メバリングにおすすめのリール7選!選び方やコスパ最強の人気商品をご紹介」というテーマに沿って、「メバリングとは?」「メバリング用リールの選び方」「メバリングに人気のリール5選をご紹介」「【2020年新作】おすすめのメバリングリール2選」「メバリングの釣り方・アクション」「メバリングのタックル・仕掛け」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
【2020年】スピニングリールおすすめ10選!特徴・選び方・使い方もご紹介
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…
【2020年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2020年】シマノ・ダイワのおすすめ電動リール6選!選び方や使い方もご紹介
電動リールは、電動で巻き上げを行うことができるリールのことです。今回、釣りラボでは、電動リールについて、ジギング・ワカサ…
【2020年】おすすめのショアジギングリール11選!選び方のポイントもご紹介
大物を狙うことができるショアジギング。今回、釣りラボでは、ショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、コスパ抜…