メバリングの始め方|釣り方・時期・タックル・仕掛け【初心者必見】

メバリングは、メバルをルアーで狙う釣り方のことで、とても人気の高い釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、そんなメバリングについて、メバリングの釣り方やコツ、おすすめのタックル・仕掛けについて解説していきます。

バス
スポンサーリンク

メバリングとは?

メバリング

出典:写真AC

メバリングとは、メバルを小型のルアーで釣るライトゲームの一種です。
メバルは釣れる魚が少ない冬~春に初心者でも手軽に釣ることができるので、多くの釣り人がその魅力にはまっています。
メバリングで使用する釣り道具は他の釣りに比べてコンパクトで持ち運びにたけており、その手軽さも人気のひとつです。

メバリングではメバルの他にカサゴ、クロソイなどの根魚からアジやサバなどの青魚も釣れることがあるので飽きることなくメバリングを楽しむことができるでしょう。

メバルの特徴・生態

そもそもメバルとはどんな魚なのでしょう?

メバルの特徴と生態を簡単にご紹介します。

メバルは北海道から九州地方まで広く分布しており、日本全国の沿岸部どこでも見られる身近な根魚です。
東京湾や相模湾など海藻が茂る場所を好み、中でも和歌山南部や神戸の垂水はメバリングの聖地とも言われています。

体色を由来としてアカメバル、シロメバル、クロメバルの3種類があり、大きな目をしているのが特徴です。
メバルは寝かせると甘みがでて上品な味わいの刺身になり、また小型のサイズでも煮つけにすると美味しく食べることができます。
料理の幅が広いのもメバルの魅力です。

>>>こちらの記事も読まれています
メバル釣りの始め方|仕掛け・餌・時期・ポイント【初心者必見】

メバリングにおすすめの時期・時間帯

メバルは夜になるとエサを探して水面を回遊するため、釣れやすい夜中の時間を狙ってナイトゲームを行う人も多いです。
また初冬になるとメバルが産卵のため岸に近づいてくるので釣りやすくなります。
春の時期も産卵を終えたメバルが活発に泳ぎ回っているためおすすめです。

そのため、最もメバリングにおすすめの時期・時間帯は初冬・春の夜の時間帯といえるでしょう。

メバリングで釣り場を選ぶ際のポイント

メバルは外洋に面した穏やかな海を好みます。
なかでも隠れるところがある場所を好むので、メバリングで釣り場を選ぶ際にはテトラや小磯などで、メバルのエサとなる小魚が集まりやすい場所を狙うのがポイントです。
東京や横浜周辺では護岸やボートから狙うことが多いです。

夜には明かりの元に集まるプランクトンを狙ってメバルも多く集まります。
夜釣りの際は港についたら常夜行の明かりを狙ってポイントを定めましょう。

スポンサーリンク

メバリングの釣り方・コツ

メバリング

出典:写真AC

それでは実際にメバリングの釣り方・コツを紹介します。

メバリングの仕掛けは道糸にスナップを結び、おもりと針が一体となったジグヘッドにソフトワームを装着するだけで完成、いたってシンプルです。

ポイントになるのは水深です。
メバルがいる水深の少し上を通すのがコツです。
表層から落とし、反応がなければ段階的に層を下げて何度もキャストしながら深さを探っていきましょう。

釣り方は大きなアクションは必要なく、投げて同じ速度でゆっくり横に引くだけです。
ただシンプルなだけに、ちょっとした巻き方の変化が釣果に直結します。
同じ速度をキープしながらゆっくりとジグヘッドを巻きあげていくのは意外と難しいテクニックです。

合わせも巻きと同じくらいのスピードでゆっくりと合わせるのがコツです。
メバルのほうから合わせてくれるので、大きく合わせすぎないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

メバリングにおすすめの道具(タックル)・仕掛け

メバリング

出典:写真AC

それでは実際に、メバリングにおすすめの道具(タックル)・仕掛けを紹介していきます。

ロッド・釣竿

まずはロッド・釣竿から見ていきましょう。

メバリングでは7~8フィートのロッドが使われることが主流です。
メバルの当たりをきちんと乗せるためにも、メバルの当たりに対して柔軟に曲がってくれる柔らかいロッドを使うことをおすすめします。

メバリングロッドにはチューブラーティップとソリッドティップと呼ばれる2種類のタイプがあります。
ティップとは、ルアーロッドの穂先部分を意味します。

チューブラータイプはロッド全体がチューブ状になっています。
バイト時の振動が伝わりやすく、高感度のものが多いです。

ソリッドタイプは食い込みが良く、しなやかに曲がるのでショートバイトを弾く心配がありません。
アジングロッドでもよく使用され、初心者にはこちらのタイプがおすすめです。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドおすすめ人気ランキング23選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

【シマノ】ソアレ エクスチューン S706ULT

繊細な感度や尺メバルとのファイトにも対応可能なパワーを備えた、メバリングにおいては最高レベルのロッドです。
メバリングだけではなくヘチ釣りなどでもおすすめです。

リール

続いてリールをみていきましょう。

メバリングでは小型のスピニングリールを使用します。
リールには大きさの指標となる数字が記載されており、数字が大きくなるほどサイズも大きくなっていくのですがメバリングの際には2000番前後のリールの使用をおすすめします。
バス釣りなど他の釣りでもリールを使用する際には2500番前後のリールを選ぶのもよいでしょう。

小さすぎるとラインが絡むトラブルがおきやすくなり、大きすぎるとタックル全体の重さが増すのでメバルの当たりを感じ取りにくくなります。
合わせるロッドを考慮してリールを選びましょう。

【シマノ】19 ヴァンキッシュ

ライトソルトから渓流トラウトまで、幅広い釣りに対応しているシマノのリールです。
ハンドルが軽く、感度も最高レベルのリールといえるでしょう。

>>>こちらの記事も読まれています
【リール】おすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方

リーダー

リーダーは、ナイロン製のものとフロロカーボン製のものがありますが、メインラインが切れるのを防ぐためにショックリーダーを使用します。

ナイロンリーダーは伸びがあり軽いため水に浮きやすいのが特徴です。
伸びきった状態でも強度が落ちないため、シーバスなど大物を狙う際に使われることが多いです。
メバリングにおいては水中でルアーに自然な動きを出したいときに活躍します。

フロロカーボンはナイロンに比べて伸びは少ないですが感度が良く、透明度も高いのでライトゲームにおいてよく使用されます。
メバリングにおいては軽いジグヘッドを効率よく沈めたいときに活躍します。

バリバス ショックリーダー ライトゲーム フロロカーボン

高い強度と根ズレのしなさから、ネットでも高評価を獲得しているリーダーです。

ライン

ラインもリーダーと同様、ナイロン製のものとフロロカーボン製、そしてPEラインとよばれる素材があります。

PEラインだと飛距離は出ますが扱いにくいのでナイロン製のラインでも十分でしょう。
ナイロンはコスパがいい上に伸びやすく巻き癖もつかないのでメバリング入門の方にはおすすめです。

ヤマトテグス スーパーナイロンメバル

表面に特殊加工が施されており、なめらかな滑りが特徴です。
ライントラブルも少なくコスパも良いのでおすすめです。

【ダイワ】ライン 月下美人 アジング メバリング

沈みが早く、根ズレに強いため岩礁など障害物が多い場所でも活躍します。

ジグヘッド

ワームをセットする仕掛けを「リグ」と呼ぶのですが、ワームを使うときはシンカーとフックが一体になったジグヘッドリグを使うのが基本となります。

ジグヘッドの形状には2種類のタイプがあります。
丸型ジグヘッドは泳がせやすく、安定した動きをするのが特徴です。
三角型のジグヘッドは動きがつきやすいので、竿先を動かしながら釣りを行うデイゲームなどで活躍します。

【ダイワ】月下美人 SWライトジグヘッドSS

アジング、メバリングにおいて活躍するコンパクトなジグヘッドです。
風に弱いのでガン玉をつけて補強すれば安心です。

オーシャンルーラー クレイジング レンジキープ

ただ巻きとダート、どちらにも対応したジグヘッドです。
特殊加工が施されており、水を掴んでレンジキープをしっかりサポートしてくれます。

ルアー(ワーム・プラグ)

メバリングではワームとプラグを使用しますが、それぞれデイゲーム・ナイトゲームとで使い分けることで効率よく釣ることができます。
尺メバルなど大型のメバルを狙う際にはメタルジグを使うのも良いでしょう。

日中はワームだとメバルに見切られてしまうことがあり、また日中は低活性のためダート用のワームを使用するなどして動きをつけましょう。
ワームの形状は尻尾がまっすぐでピン状になっているピンテールタイプが基本となります。
カラーは特にこだわる必要はありませんが、クリア、オレンジ、ピンクなどが一般的です。

ルアーを使用するほかに、ウキとイソメを使用するウキ釣りでもメバルを狙うことができるので試してみてはいかがでしょうか。

【エコギア】メバル職人 ストローテールグラブ

メバル釣りに特化しているシリーズです。
様々な種類やカラーがあるので、その日の状況に合わせて選ぶのもよいですね。

プラグを使用するメリットは、水面や水面直下を狙うことができるのでエサを求めて水面に浮上してきたメバルを狙いやすい点です。
またワームに比べて表面積が大きいので潮の流れを感じやすく、ポイントをより深く把握することが可能です。

バスデイ シュガーミノー 50S

メバルの他にシーバス、トラウトなどのライトゲームに使用可能です。
クリアタイプでアレンジが効くこともポイントが高いです。

スポンサーリンク

メバリングの始め方まとめ

メバリング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「メバリングの始め方|釣り方・時期・タックル・仕掛け【初心者必見】」というテーマに沿って、「メバリングとは?」「メバリングの釣り方・コツ」「メバリングにおすすめの道具(タックル)・仕掛け」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

メバル釣りの始め方|仕掛け・餌・時期・ポイント【初心者必見】
メバルは、ルアー釣りの魚として多くの人に人気です。今回、釣りラボではそんなメバル釣りについて、メバル釣りができる時期・時…
ルアー釣りの始め方|仕掛け・道具・竿・リール・コツ【初心者必見】
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
アジ釣りの始め方|おすすめの釣り方4選・道具・餌・時期【初心者必見】
アジは、釣りの対象としてとても人気の魚です。今回、釣りラボでは、そんなアジの釣り方について、代表的なおすすめの釣り方(サ…
夜釣りの始め方|道具・仕掛け・ライト・ランタン・ルアー【初心者必見】
普段は明るい時間帯に釣りを楽しむ人も多いですが、実は夜釣りには多くの魅力があることをご存知ですか?今回、釣りラボでは、そ…
【初心者必見】海釣りの道具・仕掛け・釣り方をご紹介|釣竿・仕掛け
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…