タコエギの自作方法を徹底解説!道具や手順・コツを動画付きでご紹介

タコエギは、実は100円ショップで販売されている道具を使えば、非常に簡単に格安で自作することができます。今回、釣りラボでは、タコエギを自作するために必要な道具をご紹介した上で、その手順や方法を動画付きでご紹介。ぜひご覧ください。

エギング
スポンサーリンク

そもそもタコエギとは?

タコ

出典:写真AC

タコエギとは、イカ釣り用のイカエギをタコ釣りに向くように改造したタコ釣り用の仕掛けです。
現在では釣具メーカーから様々なタコエギが市販されていますが、やや割高なのは否めません。

タコエギは根がかりとロストを頻発する釣りなので、タコエギを自作するアングラーは増えています。

スポンサーリンク

タコエギを自作するために必要な道具

タコ

出典:写真AC

タコエギを自作するために必要な道具を押さえておきましょう。

自作道具1:イカエギ

土台となるイカエギは、100均にあるものでも針が折れた手持ちのイカエギでも構いません。
アピール力の高い赤やオレンジといったカラーリングのエギや、キラキラした素材が自作タコエギにおすすめです。

自作道具2:掛け針

タコエギに使う掛け針は、ボラ用の掛け針かルアー釣り用のワーム針を用意してください。
20号程度のサイズの針が適しています。

自作道具3:エポキシボンド

エポキシボンドは、エポキシ樹脂とポリアミン類という硬化剤を混ぜて使用する接着剤です。
金属の接着に向いており耐水性と強度が高いので、自作タコエギにもってこいです。

自作道具4:PEライン

PEラインは、フックの接着部分の強度を上げるために使います。
少ししか使わないので、手持ちのPEラインの中から太めのものを選んでおきましょう。

自作道具5:キリやドリル、アイスピック

フックを差し込む穴を広げる目的なので、手持ちの物や100均で購入した物で十分です。

自作道具6:ペンチ

ペンチは、フックの不要な部分をカットする際に使用します。

自作道具7:はんだごて

はんだごては、掛け針を加工する際に使用しますが、なくても問題ありません。
最近では100均にはんだごてが並んでいるので、今後も使う機会がありそうなら購入しても良いでしょう。

スポンサーリンク

タコエギを簡単に自作する手順をご紹介

タコ

出典:写真AC

タコエギを自作する際は、イカエギを改造すると手軽です。
材料のほとんどは100均で揃うので安価に仕上げることができ、作り方も非常に簡単です。
以下に解説する自作手順の最後に、アピール飾りやサルカンを使ってオモリをつけるとより釣れるタコエギに仕上がるので、好みでバージョンアップしてみてください。

手順1:イカエギの針(カンナ)を抜く

まず、ダイソーなどの100均購入したイカエギの針(カンナ)を抜きます。
ペンチで針(カンナ)の根本をつまみ、ねじるようにして引き抜いてください。
エギのカンナを外した後は、穴をキリやドリル、アイスピックなどで少し広げて整えます。

手順2:掛け針を作成する

続いて、タコエギに使用する掛け針を作成します。
針は、ボラ用掛け針かワーム針を用意してください。
この工程は、タコエギ自作の際にもっとも重要な手順です。

ボラ用の掛け針を使用する場合は、まずアイをペンチでカットします。
3本の針を指で少しずつ寄せて、取り付けた時にエギの背中から角度違いの3本の針が出るように加工します。
はんだごてを持っていれば、針の結合部を溶かして角度を変えても良いでしょう。

ワーム針を使う場合は、手持ちの者でも良いですし100均のフックでも問題ありません。
最初にアイをカットし、クランクをまっすぐにします。
はんだごてかラインで仮止めし、フックの角度を決めたら根本をしっかりとラインで巻きつけてエポキシボンドで固定します。

【もりげん】ボラ掛 3本パック 20号

タコエギにボラ用掛け針を利用する際は、こちらの針がおすすめです。
フックがシャープでタコがかかりやすく、1袋に3本の掛け針が入っておりコスパも優秀です。

手順3:エポキシボンドをつける

100均で購入したエポキシボンドをしっかり混ぜ合わせ、イカエギの穴と掛け針の両方に付けましょう。
匂いがきついので、換気に気をつけてください。

手順4:掛け針をイカエギに取り付ける

エポキシボンドを付けた掛け針を、イカエギのカンナを抜いた穴に差し込みます。
上からPEラインを巻きつけ、エポキシボンドを使ってラインを固定しておくと一層タコエギの強度が上がります。

手順5:乾燥させる

エポキシボンドが完全に乾燥するまで、置いておきましょう。
使用するエポキシボンドによって乾燥するまでの時間が異なりますが、概ね5分から10分程度です。

自作方法を動画で確認する

こちらは、ワーム針を使った自作タコエギのYouTube動画です。
参考にして、実際にタコエギを自作してみましょう。

格安イカエギをタコエギに改造

スポンサーリンク

タコエギの自作方法についてまとめ

タコ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「タコエギの自作方法を徹底解説!道具や手順・コツを動画付きでご紹介」というテーマに沿って、「そもそもタコエギとは?」「タコエギを自作するために必要な道具」「タコエギを簡単に自作する手順をご紹介」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめのタコエギ7選!釣り方のコツ・仕掛けの自作方法も解説
タコエギは、タコ専用のルアー(餌木)のことを指し、タコを釣る手法の一つとして人気を集めています。今回、釣りラボでは、そん…
【2020年】タコ釣りリールおすすめ8選!スピニング・ベイト・両軸
タコ釣りの釣果を大きく左右するのがリールです。今回、釣りラボでは、そんなタコ釣りにおすすめのコスパ最強リールやその選び方…
タコ釣りにおすすめの餌8選!それぞれの付け方のコツとあわせてご紹介!
タコ釣りは初心者でも楽しめることから最近では若者を中心に人気となっています。今回釣りラボでは、そんなタコ釣りにおすすめの…
アシストフックを簡単に低コストで自作する方法を動画付きでご紹介!
アシストフックは、青物などを狙うジギングの際に必要不可欠なフックです。今回、釣りラボでは、アシストフックを自作することに…
タイラバ仕掛けの自作方法を徹底解説!手順やおすすめの材料・工具をご紹介
タイラバ仕掛けは、実は非常に簡単に自作することができます。今回、釣りラボでは、タイラバを自作するために必要な材料や工具を…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン