エギング釣りにギャフは必須?おすすめのギャフ5選や使い方、自作方法、2021年の新作まで徹底解説!

エギングをしたことがある人であれば、誰もがギャフという言葉を聞いたことがあると思います。今回、釣りラボでは、エギングでギャフを使うことのメリットとデメリット、そして選び方や使い方、おすすめの商品、2021年の新製品をご紹介。ぜひご覧ください。 エギング

スポンサーリンク

そもそもギャフとは?

エギング

出典:写真AC

ギャフとは、エギングや、ヤエン釣り、海釣りでの大きなサイズの青物を取り込みの際に使用される釣具です。

海外では、日本で使用される物より巨大なギャフを使いシイラやカジキを仕留めるようです。
ちなみに英語表記ではgaffと表記します。

エギング用のギャフは、イカが上手く掛かりやすいように加工されている物が多く、魚用のギャフと比べると複雑な作りの物が多いです。

イカを吊り上げる際に、イカをかぎバリ状の針に引っ掛けて使用します。

ギャフを使うメリット

なぜ、普段使い慣れたタモではなく、ギャフを使うのか疑問を抱く方もいるかと思います。

見た目のカッコ良さだけでなく、釣果に関わる大きな理由も含めて、エギングにおけるギャフを使うメリットを下記でご説明します。

タモよりもコンパクトで移動しやすい

船の上や釣り場移動の際に、荷物は最小限に抑えたいものです。
タモではかさばりがちですが、コンパクトで移動もしやすいギャフが便利です。
携帯性に優れ、使用後の手入れも簡単です。

バラシが少ない

ギャフを使うメリットとしてもう一つの理由が、バラシが少ないことです。
イカを取り込む際にイカに警戒されにくく、イカの本体をしっかり捕らえることが出来ます。

ギャフを使うデメリット

エギングの際に、重宝するギャフですが勿論メリットだけではありません。
使用の際に注意してしていただきたいデメリットもあります。
ギャフを使うデメリットを下記でご説明します。

エギング以外で使えない

エギング用のギャフは、あくまでもイカを釣り上げる為に作られており、通常のギャフと異なる形状をしているのでエギング以外の使用は出来ません

ヤエン釣りは使用も可能です。

イカに穴を開けるのでリリースできない

ギャフを使用して吊り上げる際に、針を掛けイカに穴を開けてしまうのでリリースができません

良かれと思いリリースをしても傷ついた体のイカが、自然界で生きていくことは困難です。
ギャフを使用する際は、釣り上げたイカは持ち帰る前提で使用しましょう。

ギャフの選び方

いざ、ギャフを手に入れる為に探してみると種類が多くて何を基準に選んで良いか迷ってしまいます。

これからギャフを購入しようと考えている方に、購入前に知っておいていただきたいエギング用のギャフを選ぶ重要なポイントがあります。
下記でギャフの選び方を詳しくご説明します。

選ぶポイント1:柄の長さや重さ

エギングでは、釣り場によって柄の長さや重さを合わせてギャフを選ぶことも重要です。

釣り場がテトラポットや防波堤の場合は、3m〜4m程度のギャフを、高さのあるストラクチャーの場合は、5m以上のギャフを選ぶと良いです。

重さはなるべく軽量のギャフがおすすめです。
柄の全長が長い程、重量が増すためサイズと重さのバランスが良い物にしましょう。

選ぶポイント2:持ち運びのしやすさ

エギング用ギャフを選ぶ際に持ち運びのしやすさも重要になります。
携行性に優れたショルダータイプのタイプやベルトにぶら下げるタイプ、キャップ付きタイプなど様々な物があります。

自分のスタイルに合ったギャフの購入をすすめします。

スポンサーリンク

エギングでおすすめのギャフ4選

エギング

出典:写真AC

機能性、利便性に優れたエギング用のギャフは多いですが、ここでは数多くある中からエギングでおすすめのギャフをご紹介していきます。

【第一精工】オートキングギャフ 500

釣り人からの支持も多く、リピーター続出の大人気商品。
メーカーも一押し、ギャフケースのロック機能が便利な高性能オートギャフです。

【カンジインターナショナル】CLUTCHコラボ ショートギャフIII

外観も色鮮やかでデザイン性に優れ、6本の針が捕らえたイカも逃しにくい実用性も兼ね備えたギャフです。

超小継 フライデー イカギャフ 300

小型で携行性に優れ、値段もお買い求め易くコスパも良いです。
初心者の方にもおすすめなギャフです。

【ナカジマ】手かぎっ子

シンプルで使いやすいデザインのこちらの商品はコストパフォーマンも良く、初めてギャフを使う方にもおすすめの商品です。

ハンドルがすべりにくい木製になっており、しっかりと握ることができる形状になっているので悪天候下でもおすすめです。

金属部分は鋭くとがって獲物を逃がさない形状になっているので、小さなお子さんが扱うときには怪我をしないように気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】おすすめギャフ1選

出典:写真AC

続いて、2020年以降に発売された最新のギャフを1つご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【SQUID MANIA】KANJI ショートギャフⅢ

2020年限定のKANJIコラボレーションのギャフは、そのスタイリッシュなメタリックカラーとロゴが人気を集めています。
細部までこだわったこちらのギャフは耐久性のみならずコンパクトで軽量化され、扱いやすさも抜群です。

強力な6本のフックを備えた2020年限定のギャフは、数量限定販売でマニアにはたまらない1品となっているので見つけたら即買いがおすすめです。

スポンサーリンク

ギャフの正しい使い方

出典:写真AC

エギングの際に効力を発揮してくれるギャフですが、使い方が難しいと思う方もいます。
確かに、正しく扱わなくてはせっかく釣り上げたイカを逃したり、シャフトが破損してしまい縮まない、など修理に出すはめになりかねません。

そんな悔しい思いをしないために、ギャフの正しい使い方をご説明します。

伸ばすのはイカが足元に来た時

イカが見事にヒットしても焦ってすぐにギャフを伸ばしてはいけません、

警戒されて勢いよく水を吐きながら、逃げられてしまいます。

焦らずにホルダーからギャフを取り出し、ある程度イカを弱らせて足元まで寄せてから伸ばすと良いです。
ギャフを伸ばすタイミングを見逃さないように注意しましょう。

イカの頭の先端に仕掛ける

イカの頭の先端に針を仕掛けるのもポイントです。
他の部分に仕掛けてしまうと、イカの身が切れてしまい逃げられる可能性があります。

さらに、バランスが崩れて過度に負荷が掛かり破損の原因になりかねません。

上手く狙うコツは、胴体の真ん中付近から頭の方に引き上げるようにすると良いです。

引き上げはまっすぐ

上手くイカの頭に仕掛けられても、安心せず慎重に引き上げていきましょう。

引き上げ方は、なるべくまっすぐな状態を維持し同時にシャフトを縮ませていきます
後は慎重に引き上げるだけです。

引き上げの際に、くれぐれもシャフトを伸ばしたまま引き上げないでください。
シャフトがイカの重みに耐え切れず、破損してしまう可能性があります。

スポンサーリンク

エギング釣りに必須のギャフまとめ

エギング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「エギング釣りにギャフは必須?おすすめのギャフ5選や使い方、自作方法、2021年の新作まで徹底解説!」というテーマに沿って、

  • そもそもギャフとは?
  • エギングでおすすめのギャフ4選
  • 【2020年〜2021年新作】おすすめギャフ1選
  • ギャフの正しい使い方

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】シマノのリールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、…
【2021年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング10選!特徴や新製品もご紹介
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、…
【2021年】おすすめコスパ最強のエギングロッド14選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ…
【2021年】おすすめのベイトリール9選!選び方・使い方・投げ方もご紹介
近年進化が目覚ましいベイトリール。今回、釣りラボでは、ベイトリールの選び方、使い方、投げ方、人気メーカー(ダイワ・シマノ…
【2021年】おすすめシーバスロッド7選!コスパ最強の製品から万能竿までご紹介
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン