ジグサビキの仕掛けで釣果アップ?!おすすめの仕掛け5選や作り方をご紹介

ジグサビキの仕掛けについてご存じでしょうか。手持ちのタックルで簡単に始められるジグサビキは釣り初心者にもにも人気です。今回、釣りラボでは、ジグサビキでの釣り方や、狙える魚種、作り方まで詳しく解説します。

ジギング
スポンサーリンク

そもそもジグサビキとはどんな釣り?

ハヤブサ(Hayabusa) ジギングサビキ 堤防ジギングサビキセット 3本鈎 HA281 10g S 6-3-4

そもそもジグサビキとはどんな釣りのことをいうのでしょうか。
ジグサビキとは、メタルジグを用いたジギングとサビキ釣りを一緒にした釣りです。

サビキ釣りは初心者にも人気の釣りで、コマセ袋やコマセカゴに撒き餌を入れて、魚を集めながら、スキンと呼ばれる魚の皮を模したものがついたハリに、魚が掛かるのを待つ釣りでアジ釣りなどでよく行います。

このコマセカゴの代わりに、メタルジグを取り付けた方法で釣るルアーフィッシングの一つがジグサビキ釣りで、最近は人気の釣りとなりつつあります。

魚はサビキとメタルジグの両方に掛かる可能性があり、良く釣れるのでボーズを避けたい方は必携の仕掛けです。

ジグサビキ仕掛けで狙える魚は?

さて、ジグサビキ仕掛けで狙える魚はどのようなものなのでしょうか?

ジグサビキはジギングとサビキ釣りを一緒にしたものなので、ジギングやサビキ釣りで狙うことができるターゲットはほとんどが対象となります。

ジグサビキの仕掛けは小型魚から大型魚まで狙えるラインナップが各メーカーから提供されています。

ジグサビキ仕掛けで狙えるのは小型の魚では堤防などからアジ釣り、サバ、カマス等になります。

中型の青物になると、サゴシ、ブリ、カンパチ等ですが、サーフや堤防から遠投で狙うこともできます。
ヒラメ、カレイ等のフラットフィッシュもサーフや堤防から狙うことが可能です。

メバル、カサゴ等の根魚もジグサビキで狙うことができる魚種で、堤防や岩場などから通常のルアーフィッシングと同じように狙うことができます。
サンマやホッケなどもジグサビキの対象魚で人気があります。

ジグサビキはどのような釣りポイントで楽しめる?

ジグサビキではどのような釣りポイントで楽しめるでしょうか。
ジグサビキによる釣りは、基本的にサビキ釣りを楽しめるポイント、メタルジグを使ったフィッシングを楽しめるポイントのいずれでも行うことができます。

堤防・サーフ

堤防やサーフからは、アジ、サバ、フラットフィッシュや中型青物などをジグサビキで釣ることができます。

沖合を狙う場合には、遠投が必要ですが、遠投に向いたジグサビキのセットなども販売されています。

メバルやカサゴなどの根魚は岩場にいることが多いですが、堤防近くのテトラポットや停泊している船舶の下、堤防の常夜灯の近く(夜)などにも潜んでいます。

寒い地方になりますが、サンマやホッケなどもジグサビキを使って堤防から釣ることができます。

船・オフショア

船やオフショアからは、中型の青物の他にアジやサバなどを狙うことができ、もちろんヒラメなどのフラットフィッシュもジグサビキでの釣りの対象です。

船・オフショアからの場合も、サビキ釣りやジギングのターゲットはジグサビキ釣りで狙うことができます。

特に船からのジグサビキは大物が掛かる可能性も高いので、ラインや針なども大物を想定した仕掛けとする必要があります。

スポンサーリンク

ジグサビキの仕掛けおすすめ人気5選

メジャークラフト メタルジグ ショアジギさびきジグ入りセット SABIKI-S-SET S-SET

ジグサビキの仕掛けおすすめ人気5選をご紹介します。

【ハヤブサ】堤防ジギングサビキセット 3本鈎

ハヤブサのジグサビキセットで メタルジグのついた3本鈎のセットです。
針やメタルジグのサイズによってS、M、Lとあるので、ターゲットによって選択できます。

道糸に結ぶだけですぐに使用できる手軽さがポイントとなっており、キャスティングにも適した全長80cmの長さです。

【メジャークラフト】ショアジギサビキ ジグセット

メジャークラフトのジグサビキのセットでメタルジグがセットされたものです。
メタルジグの無いジグサビキのセットも提供しています。

ショアとあるように遠投を前提としており、全長が50cmと短く設定されています。
フックなどのサイズによってS、M、Lがあるので狙う魚のサイズやポイントの状況によって選択すれば良いでしょう。

【オーナーばり】船ジギングサビキ

船からの釣りに適したジグサビキ仕掛けで、太軸の小針を採用し、大型魚から小型魚までが対象となります。

水深の深いところでも魚にアピールするように、夜光フラッシャー仕様のサビキを使っています。
メタルジグは付属しておらず、好みのメタルジグを取り付けることが可能です。

【ハヤブサ】ジギングサビキ 根魚用

オフショアで用いるジギングサビキの根魚用の仕掛けセットです。
二本針で、Sから3Lまであり、ターゲットのサイズによって選択することができます。

メタルジグは付属しておらず、好みのメタルジグを取り付けることが可能です。
ジギングの竿でも扱いやすい70cmの長さに加え、ハリス、ラインともフロロカーボンを使用し強度を高めました。

【ささめ針】特選 SLショアジギングサビキセット

メタルジグが付属しており、ラインにつなげば、すぐに使用できるジグサビキ仕掛けのセットとなっています。

ケイムラフックを採用し、フック自体が水中で光るのターゲットに強力にアピールし釣果をあげています。

スポンサーリンク

ジグサビキ仕掛けは自作やダイソーでの入手も可能

OWNER(オーナー) 船ジギングサビキ M 33591

ジグサビキの仕掛けは自作やダイソーでの入手も可能です。
ジグサビキとは簡単に言えば、サビキの仕掛けとメタルジグを合体させたもので、サビキ仕掛けもメタルジグもダイソーで購入することが可能なので、簡単に作ることができます。

ジグサビキ仕掛けを自作で作る際の作り方を箇条書きでご紹介します。

  • まず針にサビキとなる皮やテンモールを取り付ける。
  • 次にハリスを針に結び枝針とする。
  • 続いて枝針を幹糸に取り付ける。
  • 最後にメタルジグを取り付ける。
    ハリスの結び方などを含めyoutubeを参考にしてみてください。

ジギングサビキ・サビキ仕掛けの作り方 ハーフヒッチと針が結べたら出来ます! How to make jigging sabiki

スポンサーリンク

ジグサビキ仕掛けを使った釣り方

ハヤブサ(Hayabusa) ジギングサビキ 根魚用 M

ジグサビキ仕掛けを使った釣り方について解説します。
ジグサビキの釣り方は基本的には、ジギングと同じとなっています。

狙ったポイントへキャストし、ただ巻きを行なうことでターゲットを誘うか、ジャーク&フォールとなります。

ショアの場合もオフショアの場合も基本的には二つのアクションで魚を誘います。
アタリが来たら合わせて魚をフッキングします。

【ジグサビキ】やり方解説。初心者の方必見です‼釣り方動画です。

スポンサーリンク

ジグサビキにおすすめのタックルとは?

ささめ針(SASAME) TKS50 特選SLショアジギングサビキセット 20g TKS50

ジグサビキにおすすめのタックルとはどのようなものでしょうか。
ジグサビキ釣りにはルアー用のタックルをそのまま流用することができ、道糸の先にジグサビキの仕掛けを取り付けることでジグサビキ釣りを楽しむことができます。

ロッドやリールなどはエギングで使用するものも利用することができます。
ショアから釣りを行うのか、船から行なうのかによってロッドの長さを選択すれば良いでしょう。

ショアから遠投を狙うのであれば9ft程度、船でジグサビキを行なうなら6ft前後となりますが、7ft程度を選択すれば汎用性はあります。

リールは遠投をすることも考慮しスピニングをおすすめします。
ラインはキャスティングを前提に考えると、細く、伸びが少ないPEラインが良いでしょう。

ジグサビキ釣りにはリーダーは比重が大きく、傷つきにくいフロロカーボンが向いていますが、値段や扱いやすさを考慮するとナイロンもおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめのジグサビキ仕掛けについてまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ジグサビキの仕掛けで釣果アップ?!おすすめの仕掛け5選や作り方をご紹介」というテーマに沿って、「そもそもジグサビキとはどんな釣り?」「ジグサビキの仕掛けおすすめ人気5選」「ジグサビキ仕掛けは自作やダイソーでの入手も可能」「ジグサビキ仕掛けを使った釣り方」「ジグサビキにおすすめのタックルとは?」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ジグサビキでの釣り方・しゃくり方を徹底解説!おすすめの仕掛けや自作方法もご紹介!
ジグサビキとは、サビキの針にメタルジグをつける釣り方で、「ボウズ逃れ」とも称されるほど、安定感抜群の釣り方です。今回、釣…
【2020年】釣れるおすすめのメタルジグ7選!選び方・付け方・自作方法もご紹介
メタルジグは海釣りのルアーとして欠かすことのできないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、メタルジグの種類や選び方につ…
【2020年】ジグヘッドおすすめ10選!選び方・付け方・結び方・自作方法もご紹介
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。今回、釣りラボでは、ジグヘッドの選び方、自作の可否、ラインとの結び方、ワームへ…
【2020年】ラバージグおすすめ10選!選び方やおすすめのタックルもご紹介【バス釣り】
ラバージグは、バス釣りや、クロダイ・根魚釣りなどの海釣りで大活躍のルアーです。今回、釣りラボでは、ラバージグの種類や選び…
【2020年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング7選!選び方や結び方もご紹介
アジングの際、欠かせないのがジグヘッドです。今回、釣りラボでは、そんなアジングで使うジグヘッドについて、釣果への影響、選…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン