【2021年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー10選!釣り方や仕掛けもご紹介

ヒラメのルアーフィッシングは、サーフや船釣りにおいて人気がとても高いです。今回、釣りラボでは、ヒラメの釣り方、時間帯、ルアーの選び方、必須タックル、仕掛け、人気メーカー別おすすめ商品、2021年の新製品をご紹介。ぜひご覧ください。 ルアー

スポンサーリンク

ヒラメのルアーフィッシングのやり方・釣り方

シマノ シンキングルアー 熱砂 スピンドリフト90HS 27g 90mm

高級魚として知られているヒラメですが、近年ではゲーム性の高いヒラメのルアーフィッシングが人気を集めています。

釣り方をマスターすれば1m近くのざぶとんヒラメと呼ばれる大物も狙うことができます。
早速、詳しくヒラメのルアーフィッシングのやり方・釣り方を紹介していきます。

ヒラメのルアーフィッシングにおすすめの場所

ヒラメは北海道から九州南部まで生息しているので、日本列島各地どこでも狙うことができます。
中でも場所によって釣り方が異なってくるので、きちんと釣り場所にあったタックルで釣りに臨むようにしましょう。

ヒラメ釣りの場所1:サーフ

ヒラメは砂にもぐって獲物を狙う習性があるので、海底が砂地のサーフがメインフィールドとなります。

特に波が押し寄せて沖に戻っていく離岸流と呼ばれるポイントは水深があるので、ヒラメが潜んでいる確率が高いです。
集中的に狙ってみるようにしましょう。

なお、ヒラメではなく、マゴチが釣れることも多いです。

ヒラメ釣りの場所2:船・オフショア

船からのオフショアの釣りでは、東京近郊では千葉の外房や常磐での船釣りが有名です。
メタルジグを使ったジギングや、生餌を使ってヒラメを狙う泳がせ釣りが一般的です。

ヒラメ釣りの場所3:河口

河口付近は淡水と海水が混じりあうのでプランクトンが豊富に発生し、それをエサとする小魚やヒラメが多く集まるポイントです。
砂の流れによって地形の表情が豊かに形成されているため、ヒラメが隠れていることも多いです。

ヒラメ釣りの場所4:堤防

堤防からヒラメを狙うときには外海に面し、潮がぶつかるポイントを選ぶようにしましょう。
テトラがあるような場所ではヒラメのエサとなる小魚がテトラに潜んでいるので、その小魚を狙ってヒラメが集まっていることもあります。

また、沈み根を狙ってのキャスティングも狙いめです。

ヒラメ釣りにおすすめの時期・時間帯

続いて、ヒラメのルアーフィッシングに適した時期・時間帯を紹介します。

【春夏秋冬いつでも釣れる】メインは春〜秋

ヒラメは15~22度の水温であれば捕食活動のために活動しているので、春夏秋冬ほぼ1年を通じて狙うことができます。

その中でも、産卵を控えて接岸してくる春から産卵準備のためにエサを多く捕食している秋はヒラメ釣りのメインシーズンともいえます。

ヒラメは夜行性

ヒラメは夜行性なので、朝マズメと夕マズメの時間帯が最も狙いやすいといえます。

夜は大型のヒラメが常夜灯の周りの小魚を捕食ために集まってくることもあるので、ナイトゲームのときには灯の下を狙ってみましょう。

スポンサーリンク

ヒラメルアーの選び方・ポイント

それでは実際にヒラメルアーの選び方とポイントについて詳しく紹介していきます。

選ぶポイント1:ルアーのタイプ・種類

ヒラメのルアーフィッシングにはさまざまなルアーのタイプや種類があります。
それぞれ特徴が異なるので、自分に合ったルアーを見つけられるようにしましょう。

ヒラメルアーのタイプ1:ミノー

ミノーには、制止時に水に浮かぶフローティンミノーと水に沈むシンキングミノーの2種類があります。
ヒラメを狙うときにはアピール力がより強いシンキングミノーが使用されることが多いです。

【シマノ】シンキングルアー 熱砂

風の抵抗を抑えた設計で、コンパクトながらも飛距離が出る優秀なルアーです。
このルアーを使ったヒラメの釣果も多く報告されています。

ヒラメルアーのタイプ2:ワーム・ジグヘッド

ワームは、ほかのルアーには出せないナチュラルな動きを出せるのが特徴です。
基本的にジグヘッドと組み合わせて使用しますが、最近はジグヘッドとセットになって販売されているものもあります。

【ダイワ】フラットジャンキー ロデム4

ジグヘッドとボディの装着が簡単なので初心者でも扱いやすいワームです。
ヒラメのエサとなるベイトフィッシュそっくりの見た目とリアルな動きでヒラメに猛烈にアピールします。

ヒラメルアーのタイプ3:メタルジグ

メタルジグを使ったヒラメのルアーフィッシングは扱いが難しいですが、動きをマスターすれば、状況に合わせてヒラメを誘うことができるので最も釣果をあげられることができるとも言えるでしょう。

色や重さなどさまざまなタイプがあるので、自分に合ったメタルジグを選んでみましょう。

選ぶポイント2:ルアーの色

メタルジグの色は海底でも目立つようなゴールドが多く採用されていますが、潮の状況によって見え方は異なるのでさまざまなカラーバリエーションを用意しておくのがよいでしょう。

選ぶポイント3:ルアーの重さ・サイズ

ルアーフィッシングでは、風や波が高く潮が悪い状態でもしっかりと底取りをできるくらいの重さが必要です。

外洋のサーフでは水深が5m以上あれば40gの重さを、それ以下の水深であれば30gのメタルジグを使用するのがひとつの基準です。
あまり大きすぎるサイズだとルアーの動きが不自然になるので、タックルのサイズに合ったルアーを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめヒラメルアーのランキング10選

ダイワ(DAIWA) ヒラメ ワーム フラットジャンキー ロデム4 21g ヒラメイワシ ルアー

それでは、ヒラメルアーおすすめランキング8選をご紹介します。

ダイワのおすすめヒラメルアー2選

まずは、ダイワのおすすめヒラメルアーを2つご紹介します。

【ダイワ】フラットジャンキー

フラットフィッシュ用に設計されたシンキングペンシルです。
重さがありながらもしっかりした浮力を搭載し、リフト&フォールでは抜群の効果を発揮します。

【ダイワ】ミノー ヒラメ用 ヒラメハンター

レンジキープ力と安定したアクションが特徴のシンキングタイプのミノーです。
高波や強烈な離岸流にも流されない安定した動きでしっかりとヒラメを誘います。

シマノのおすすめヒラメルアー2選

次に、ダイワのおすすめヒラメルアーを2つご紹介します。

【シマノ】熱砂 ドリフトスイマー

シマノ独自のホログラムカラーでヒラメに猛烈にアピールをします。
障害物があるところでも安定した泳ぎを見せ、Amazonや楽天でも評価が高いシンキングタイプのルアーです。

【シマノ】ワーム 熱砂 グランデシャッド

耐久性が高く、繰り返し使えるのでコスパがよいルアーです。
じっくりとヒラメにアピールし、数多くの釣果が報告されています。

デュオのおすすめヒラメルアー2選

続いて、デュオのおすすめヒラメルアーを2つご紹介します。

【デュオ】ビーチウォーカー フリッパー

しっかりした重さを備えていながらも扱いやすいメタルジグです。
初めてメタルジグを扱う方にはおすすめです。

【デュオ】ビーチウォーカー アクシオン

重心が固定されており、安定した泳ぎが特徴のシンキングタイプのミノーです。
圧倒的なキャスト性能で広範囲を狙うことが可能です。

バディワークスのおすすめヒラメルアー1選

バディワークスのおすすめヒラメルアーを1つだけご紹介します。

【バディワークス】メタルジグ オフベイト

スピード・レンジ・アクション、全てにおいてヒラメに最も効果的な設計がなされた高性能なルアーです。
こちらのルアーを1軍にしている、という方も多いと思います。

ジャクソンのおすすめヒラメルアー3選

最後に、ジャクソンのおすすめヒラメルアーを3つご紹介します。

【ジャクソン】メタルジグ 飛び過ぎダニエル

後方に重心を置いた設計で、圧倒的な飛距離を実現します。
同じウエイトのルアーと比較すればその差は歴然です。

【ジャクソン】ミノー ピンテールチューンルアー

リトリーブ時のナチュラルな動きでヒラメを誘います。
コンパクトなサイズですが圧倒的な飛距離を実現する魅力的なミノーです。

【ジャクソン】メタルバイブ 鉄板ロング

抜群の飛距離と高いフッキング性能を搭載し、わずかなバイトも逃しません。
日中のデイゲームでも高いアピール力を発揮します。

スポンサーリンク

【2020年〜2021年新作】おすすめヒラメルアー1選

ダイワ(Daiwa) ルアー ミノー ヒラメ用 ヒラメハンター 115LDS ルアー ミノー ヒラメ用 ヒラメカタクチ

続いて、2020年に発売された新製品のヒラメルアーを1つご紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【ダイワ】バーティス R125F

2020年にダイワのバーティスがフルモデルチェンジされ、飛距離が大幅にアップして帰ってきました。

キャストした際のルアーの姿勢が安定しており、マグロックシステムという重心移動システムが改善されたことによって、着水後の泳ぎ出しがスピーディかつナチュラルになっています。

アクションも水の流れに沿った自然なアピールができるので、ヒラメはもちろん、シーバス釣りにもおすすめです。

スポンサーリンク

ヒラメのルアーフィッシングに最適なタックル・道具

シマノ(SHIMANO) ルアー フラットフィッシュ 熱砂 ドリフトスイマーII 100HS OL-210Q 002 キョウリンピンク

最後に、ヒラメのルアーフィッシングに最適なタックル・道具をご紹介します。

ヒラメのルアー釣りにおすすめのロッド

ヒラメ用のロッドを選ぶときには広範囲を探ることができるように遠投性のある9.6フィート以上の長さのロッドを選ぶようにしましょう。

わずかなバイトも逃さないしなやかな穂先の調子と、重さのあるルアーでもしっかりと扱えるパワーを備えているかどうかもポイントです。

また、軽めのルアーを使うのであればジギングロッドでも代用が可能です。

【ダイワ】シーバスロッド スピニング ラブラックス

超軽量・超高感度のハイスペックなロッドです。
耐久性の高いカーボン素材で、ヒラメゲームには十分なパワーを備えています。
上級のアングラーからも高い評価を受けているので、ロッド選びに迷ったときにはこのロッドを選べば間違いないでしょう。

ヒラメのルアー釣りにおすすめのライン

ライン選びでは、強度があり伸びの少ないPEラインを選ぶようにしましょう。
風や潮の影響を受けにくい細めの1号前後のラインがおすすめです。

【よつあみ】ラインG-soul スーパージグマンX8

耐久性とパワーを備えながらも感度が高く、わずかなバイトも明確に捉えます。

ヒラメのルアー釣りにおすすめのリール

ヒラメのルアーフィッシングでは4000番台のハイギアタイプのリールが、汎用性が高くおすすめです。

ハイギアタイプは巻取りが早く、ルアーのコントロールもしやすいため根がかりを防ぐこともできます。

飛距離を重視するのであればスピニングリールを、感度の高さを重視するのであればベイトリールを選ぶのがよいでしょう。

【ダイワ】スピニングリール 4000 フリームス

高い耐久性を備え、長時間の使用や悪条件での使用にも耐えることができます。
スプールが軽く、疲れにくい設計のため長時間のファイトにもおすすめです。

ヒラメのルアー釣りにおすすめのスナップ

数キロのヒラメの重さにも耐えうる、耐久性のあるスナップを選ぶようにしましょう。
弱いスナップだとヒラメのパワーに負けて曲がってしまうこともあります。

【カルティバ】P-20 耐久スナップ

ワイヤーの開け閉めをしても金属疲労が起きにくく、耐久性が高いのが最大の特徴です。
パワーがありながらもワイヤーが細いのでルアーの交換がしやすく、初心者でも簡単に扱うことができます。

スポンサーリンク

ヒラメルアーまとめ

シマノ(SHIMANO) ワーム 熱砂 グランデシャッド 4インチ (5本入) OW-140R 04T ヒラメキウイ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー10選!釣り方や仕掛けもご紹介」というテーマに沿って、

  • ヒラメのルアーフィッシングのやり方・釣り方
  • ヒラメルアーの選び方・ポイント
  • おすすめヒラメルアーのランキング10選
  • 【2020年〜2021年新作】おすすめヒラメルアー1選
  • ヒラメのルアーフィッシングに最適なタックル・道具

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヒラメ釣りのコツや仕掛けを徹底解説!ルアー/泳がせ釣りの攻略方法・時期
ヒラメは、釣期が長く、ほぼ一年中釣れる魚です。今回、釣りラボでは、そんなヒラメの釣り方について、ルアー・泳がせ釣りの釣り…
【2021年】ヒラメワームおすすめ8選!選び方や人気のジグヘッド・リグをご紹介
ヒラメ釣りにワーム(ソフトルアー)を使うという方も多いと思います。今回、釣りラボでは、そんなヒラメワームの選び方、おすす…
【2021年】ヒラメロッドおすすめ8選!コスパ最強の製品や代用ロッドもご紹介
ヒラメ釣りは、近年専用のタックルも続々と登場し、人気が高まっています。今回、釣りラボでは、ヒラメロッドの選び方や、サーフ…
【2021年最新】ヒラメ用リールおすすめ8選!選び方や人気商品を紹介!
ヒラメはサーフでのルアー釣りで釣れる魚です。一年中釣れる魚であり、その釣果を上げるコツは、リールの選び方。今回、釣りラボ…
ヒラメの泳がせ釣りにおすすめの餌を紹介!餌の付け方や選び方もご紹介
ヒラメ釣りは堤防やテトラポットなど身近な場所で釣ることができ、気軽に楽しむことができます。そんなヒラメ釣りにはどんな餌を…