アジングにはフロートリグがおすすめ!使い方・注意点・人気商品・自作方法をご紹介

アジングは初心者向けの海のルアーフィッシング!その釣果を上げるためには、フロートリグがおすすめ。とはいえ、どれを選べばいいのか分からないのが本音ですよね。今回、釣りラボでは、フロートリグの使い方、注意点、人気商品を紹介していきます。

リグ
スポンサーリンク

アジングにはフロートリグがおすすめ

アジング

出典:写真AC

最近アジングを楽しむ釣り人の間で話題になっているのがフロートリグです。
名前の通りフロート(ウキ)を使う仕掛けのことです。

フロートを使うことで今まで狙えなかったポイントや、細かいテクニックを省けたりするメリットがあります。
アジングでフロートリグを使うことによってアジングの幅が広がります。

フロートリグがおすすめのシーン

アジングでのフロートリグ使用は、タイミングを見計らって使うと良いと思います。
フロートリグが活躍するおすすめのシーンを紹介します。

沖の表層にアジがいる

まずは沖の表層にアジがいる場面です。
アジングでは超軽量リグを使うのでなかなか飛距離は出ませんが、自重があるフロートを使うことで超軽量リグを使いがらも遠投することができるようになります。

また、フロートが表層部分でのタナのキープを簡単にできるようにサポートしてくれます。
簡単に表層をキープできるので狙ったポイントに落とすことができます。

アジの食いが悪い

アジの食いが悪い時もフロートリグが活躍するおすすめのシーンです。
アジの食いが悪い時はスローに誘う必要があります。

フロートリグを使用することによって、フロートという支点が加わります。
そうすることによって巻かずにリフト&フォールを繰り返すことができ、長時間アジにアプローチをすることができます。

スポンサーリンク

フロートリグでアジが釣れない理由

アジ

出典:写真AC

一方でフロートリグを使っても釣れないという場面もあります。
フロートリグには不向きなシーンを紹介しますので、場面場面にあった仕掛け選びをしていくようにしましょう。

潮が早すぎる

フロートリグはウキが海面に浮いている状態になります。
ですので、潮が早い場面ではウキが流されてしまいます。

同様に風が強い場面でも風に流されてしまいます。
潮の流れと風の流れには注意が必要な仕掛けであることを覚えておきましょう。

アジがボトム付近にいる

フロートリグはウキを使用することから基本的に表層部分を狙う仕掛けです。
その為、アジがボトム付近にいる場合には向かない仕掛けです。

ジグヘッドの重量を増やすという手もありますが、フロートリグのメリットが消えてしまいます。
遠投でボトム付近を狙うアジングの場合はキャロライナリグやスプリットショットリグを選ぶのが良いでしょう。

スポンサーリンク

アジングでフロートリグを使うコツ

アジング

出典:写真AC

アジングでフロートリグを使うメリットデメリットが分かったところで、次はアジングでフロートリグを使うコツを紹介します。
通常のアジングとは少し異なるコツが必要になるので、是非参考にしてみてください。

キャストのコツ

まずはキャスト方法です。
アジングでフロートリグを使う場合は遠投が中心のキャストとなります。

ロッドのしなりを最大限に活かしてゆったりとキャストするのがコツとなります。
キャスト後は表層を引くのか少し沈めるのかによってカウントを変えましょう。

アクションのコツ

フロートリグを使ったアジングの場合、基本アクションは2つになります。
ただ巻き(リトリーブ)とリフト&フォールです。

どちらも食いのタイミング入れてあげることがコツです。
また、フロートリグならではのアクションと言えるのが巻かずにリフト&フォールです。

2~3回アクションを付けたらそのままロッドを下げることでその場でゆらゆらと動いてくれます。

アワセのコツ

フロートリグは中通し式もしくは3点式の2種類がありますが、どちらも感度を邪魔するようなものではありません。
アジのアタリを感じたらロッドを軽く立てることでアタリに合わせることができるでしょう。

スポンサーリンク

アジングにおすすめのフロートリグ4選

アジング

出典:写真AC

ここでアジングにおすすめのフロートリグを4つ紹介します。
初心者向けとコスパが良い商品とに分けて紹介します。

自分の好みや釣り歴に合わせて参考にしてみてください。

初心者向けのアジング用フロートリグ2選

まずは初心者向けのアジング用フロートリグからです。
初心者向けには簡単に取り付け、取り外しができることを考えて選んでいます。

【シマノ】ソアレ アウトシュート

シマノの中通しタイプのウキです。
ラインを切らずに着脱可能な商品なので、仕掛けの脱着に慣れていない初心者におすすめのフロートリグです。

【アルカジックジャパン】シャローフリーク

フロートリグを使ったアジングが人気になった理由の一つにアルカジックジャパンのFシステムというフロートリグシステムがあります。
このFシステム専用のフロートリグの使い方がたくさんアップされているので初心者には使いやすいフロートリグと言えるでしょう。

コスパ優先のアジング用フロートリグ2選

次はコストパフォーマンスを重視したフロートリグの紹介です。
釣りの道具は消耗も激しくロストする可能性もあることから、コストパフォーマンスは大切です。

【ティクト】Mフロート

数あるフロートリグの中でも飛距離が出ると人気なのがティクトのMフロートです。
価格も500円前後で購入できるのでコスパは抜群です。

【ダイワ】月下美人 月ノ雫ⅡF

ダイワのライトソルトゲームブランドである月下美人から出ている飛ばしウキです。
釣りに合わせた6種類のラインナップと500円以下で購入できるコストパフォーマンスの高さが売りの商品です。

スポンサーリンク

【2021年最新】アジング用フロートリグ2選

アジング

出典:写真AC

アジングで人気が出てきているフロートリグに各メーカーも開発に力を入れてきています。
2021年シーズンに向けて、ここで2020年以降に発売されたフロートリグを2つ紹介します。
※2021年の最新情報は、随時更新していきます。

【ダイワ】月下美人 月ノ彼方F

ダイワから発売された新商品のフロートリグは遠投距離を極限まで高めたぶっ飛びモデルとなっています。
夜間に遠くに遠投しても見つけられるように蛍光仕様となっています。

【キザクラ】瀬覇2B

キザクラが発売するウキの特徴は何と言ってもそのバリエーションの多さです。
9種×3カラーのバリエーションの中から自分に合った一つを美津子とができます。

スポンサーリンク

アジングのフロートリグのおすすめタックル

アジング

出典:写真AC

フロートリグを使ったアジングはタックル選びもいつものアジングとは違うものになります。
遠投向けのタックル選びが必要となってきます。

フロート向けのおすすめタックルを紹介していきます。

おすすめのロッド

通常のアジングのロッドはショート&軽量というのが一般的です。
しかし、フロートリグを使ったアジングでは遠投ができる用に少し長いモデルがおすすめです。

【ダイワ】月下美人 AIR AGS AJING Y81M-T

アジングの定番ロッドである月下美人のなかでもA81M-Tは最高クラスのパワーを持つ遠投モデルです。
狙ったところにしっかりとフロートリグを投げ込んでいくことができます。

おすすめのリール・リーダー

リールは通常のアジングと同様に2000番代のモデルを使用すると良いでしょう。
2000番台のスピニングリールにメインラインはPEライン、リーダーはフロロカーボンを使用すると良いでしょう。

【ダイワ】カルディアLT

自重は185gと軽量ながらもLTモデルの名を関したスピニングリールです。
ダイワの技術が詰まったリールであるカルディアはフロートリグを使ったアジングにぴったりです。

おすすめのジグヘッド

フロートリグをを使う際のジグヘッド選びは軽いものを選ぶのが良いとされています。
超軽量ジグを遠投できることがフロートリグの強みなので、フロートの残浮力を計算しながらギリギリ浮いている状態をキープするようにしましょう。

【アルカジックジャパン】ジグヘッドラウンドロック0.4g

ラウンドヘッドを採用した超軽量ジグヘッドです。
軽量ながら大型アジがかかっても曲がらないヘビーワイヤー仕様となっています。

おすすめのワーム

フロートリグを使ったアジングを楽しむ際に、ワームは基本的に好みのものでOKです。
大きすぎるものは空気抵抗が強く遠投しにくくなりますが、そこまで気にする必要もありません。

【ティクト】ギョピン

反り上がった形状をしていることで針先以外の部分をしっかりと隠すことができます。
ケイムラ・夜光・エビ粉入りと3パターンから選べます。

スポンサーリンク

アジングのフロートリグの自作方法

アジング

出典:写真AC

アジングのフロートリグは既製品を買ってくる以外にも、自作するという選択肢があります。
簡単にアジングのフロートリグを自作する方法を紹介します。

材料を選ぶ

まずは材料選びです。
基本的に浮く素材であればよいですが、夜の釣りも意識して蛍光カラーを考えるとスーパーボールなどが加工もしやすくおすすめです。

クリップを加工する

どこにでもあるゼムクリップを一直線に伸ばしてスーパーボールを貫通させましょう。
そして、クリップを元の形状に戻して再度スーパーボールに差し込めばアイが完成します。

アイを繋げる

クリップで作ったアイにラインを繋げればOKです。
材料も手間もかからない簡単自作フロートリグが完成します。

スポンサーリンク

アジングのフロートのまとめ

アジング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「アジングにはフロートリグがおすすめ!使い方・注意点・人気商品・自作方法をご紹介」というテーマに沿って、「アジングにはフロートリグがおすすめ」「フロートリグでアジが釣れない理由」「アジングでフロートリグを使うコツ」「アジングにおすすめのフロートリグ4選」「【2021年最新】アジング用フロートリグ2選」「アジングのフロートリグのおすすめタックル」「アジングのフロートリグの自作方法」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

アジングの始め方|釣り方やおすすめのタックル・仕掛けを解説!
初心者でも比較的始めやすく、人気の高いアジング。今回、釣りラボでは、アジングの魅力や釣り方アクションを紹介した上で、アジ…
【2021年】おすすめアジングロッド12選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方…
【2021年】おすすめのアジングリール16選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
アジングをする際に活躍するアジングリール。今回、釣りラボでは、アジングリールの選び方(番手・種類・ギア比)、人気メーカー…
【2021年】アジングラインおすすめ10選とその選び方|PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…
【2021年】アジングワームおすすめ14選!色やサイズの選び方、付け方もご紹介
アジングをする際に活躍するアジングワーム(ソフトルアー)。今回、釣りラボでは、アジングワームの選び方、付け方、収納ケース…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン