【2021年最新】シーバス用パックロッドおすすめ10選!選び方のポイントも解説!

パックロッドはコンパクトで持ち運びがしやすくとても便利!そこで今回、釣りラボでは、シーバスパックロッドの選び方のポイントやおすすめパックロッドを【コスパ重視・性能重視・最新】のカテゴリー別にご紹介します。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

シーバス用パックロッドとは?

ダイワ(DAIWA) 振り出しルアーロッド CROSSBEAT SW 907TM 釣り竿

シーバス用パックロッドとは、どのようなロッドのことをいうのでしょうか。
パックロッドとは、仕舞寸法が短く、気軽に携行できるロッドのことで、仕舞寸法が短いほかは通常のロッドと遜色は無く、十分に使うことができます。

パックロッドの中には、シーバス用パックロッドと銘打ったものや、十分シーバス釣りに使う機能を持ったものも多く提供されています。

スポンサーリンク

シーバス用パックロッドの2つのメリット

アブガルシア(Abu Garcia) フレッシュ&ソルトウォーターロッド スピニング クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFS-835M-MB パックロッド 5ピース 釣り竿

シーバス用パックロッドの2つのメリットについて解説していきます。

コンパクトで持ち運びに便利

シーバス用パックロッドのメリットのひとつは、コンパクトで持ち運びに便利であるということです。

例えば9ftクラス(約2.7m)のパックロッドの仕舞寸法は、継ぎ数にもよりますが、バイクや電車での釣行でもコンパクトに携行できる長さのものがあります。

短いものであれば旅行鞄の中にもしまうことができるので、旅行先で釣りがしたくなった場合でも釣りを楽しむことができます。

シーバス以外の釣りでも使える汎用性がある

シーバスロッドは硬さはM~ML程度、長さはショアであれば9ft程度がおすすめですが、このスペックは色々な釣りに使える汎用性の高いものです。

シーバス釣りに飽きたら、フラットフィッシュのルアーフィッシング、エギングやショアからの投げ釣りなど、シーバス以外の釣りでも使える汎用性がシーバスロッドにはあります。

スポンサーリンク

シーバス用パックロッドの選び方のポイント

プロックス(Prox) マイクロソルトSE 80MLTC MSS80MLTC

シーバス用パックロッドの選び方のポイントについて解説していきます。

長さで選ぶ

シーバス用パックロッドの選び方のポイントのひとつめは長さで選ぶというものです。
シーバス用パックロッドは、ショアからのキャスティングを想定した場合、比較的狭い港湾等であれば7ft~9ft程度、サーフからの遠投であれば8ft~9ft程度が良いでしょう。

ボートでシーバスを狙う場合には、7ft程度の短めを選択すると船内での取り回しが楽になります。

硬さで選ぶ

シーバス用パックロッドを選ぶポイントのふたつめは、硬さで選ぶというものです。
シーバス用パックロッドの硬さはMLを中心として考えましょう。

MLを中心として、シーバスが比較的小型の場合にはLを、遠投が多く大型のシーバスを狙う倍にはMとします。
迷ったらMLを選ぶことをおすすめします。

仕舞寸法で選ぶ

シーバス用パックロッドを選ぶポイントのみっつめは仕舞寸法で選ぶというものです。
シーバス用パックロッドの仕舞寸法は50cm~1m程度までありますので、他のタックルとのバランスも考え、持ち運びやすいサイズの物を選ぶとよいでしょう。

なおパックロッドのケースを用いると仕舞寸法よりも若干長めになるので、ケースに入れた際の長さも考慮することをおすすめします。

スポンサーリンク

【コスパ重視】シーバス用パックロッドおすすめ3選

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド 20 ワールドシャウラ ドリームツアーエディション 1602RS-5 ブラックバス ボートシーバス

コスパ重視のシーバス用パックロッドおすすめ3選をご紹介していきます。

【ダイワ】クロスビートSW 907TM

ダイワのシーバス用パックロッドで比較的安い価格で入手でき初心者にもおすすめのパックロッドです。

比較的重いプラグをショアから遠投できる機能を持ちながら仕舞寸法は50cmとコンパクトに持ち運ぶことができます。

【アブガルシア】クロスフィールドXRFS-835M-MB

一本でさまざまな場所で釣りができることを目的に開発されたアブガルシアのクロスフィールドはオールラウンド仕様のロッドです。

クロスフィールドのモバイルパックは仕舞寸法54cmと、とてもコンパクトで専用のハードケースもありおすすめです。

【プロックス】マイクロソルトSE MSS80MLTC

プロックスのマイクロソルトSEは仕舞寸法約40cmのパックロッドでスピニングタイプとベイトタイプがあります。

仕舞寸法を短くするために、グリップが延長できるなど様々な工夫がされ、旅行などにも気軽に携行できるシーバス用パックロッドです。

スポンサーリンク

【性能重視】シーバス用パックロッドおすすめ4選

メジャークラフト 釣り竿 3代目クロステージパックロッド シーバス CRX-964M 964M

性能重視のシーバス用パックロッドおすすめ4選をご紹介します。

【シマノ】ワールドシャウラ ドリームツアーエディション 1602RS-5

性能を重視したシマノのシーバス用パックロッドで6ftの長さを持つ、特にボートでのシーバスジギングを想定したモデルです。

5本の並継タイプで、仕舞寸法は約40cmと旅行鞄にも入り、海外での釣りにも対応しています。
ロゴの入った専用ケースも魅力のひとつになっています。

【メジャークラフト】3代目クロステージ パックロッド CRX-964M

4ピースの継ぎ数のパックロッドで操作性の良さが特徴になっており、2ピースと同じ機能を持つシーバス用パックロッドです。

40g程度のルアーに対応するスピニングモデルで、サーフからのフラットゲーム、小型青物やタチウオなどにも対応しています。

【ダイワ】モバイルパック 967TMHS

価格と性能を兼ね備えた汎用性の高いシーバス用パックロッドで、仕舞寸法は約50cmとコンパクトになっています。

967TMHSは飛距離も稼ぐことができるモデルで、ライトショアジギングにも対応することができます。

【テイルウォーク】アウトバックNS886L

並継タイプのシーバス用パックロッドで仕舞寸法は約48cmとコンパクトで持ち運びが容易になっています。

ロックフィッシュにも対応しており、ミノーやジグヘッド、バイブレーションの操作もしやすくなっています。

スポンサーリンク

【2021年最新】シーバス用パックロッドおすすめ3選

ダイワ(DAIWA) 万能振出ルアーロッド モバイルパック 967TMHS 釣り竿

最後に、2021年最新のシーバス用パックロッドおすすめ2選をご紹介します。

【シマノ】エクスセンスMB S96-ML6

シマノのシーバス用パックロッドのハイエンドモデルのひとつで、2020年以降に発売されたスピニングモデルです。

並継タイプを採用し、バッドパワーを高めたことで、メインロッドになりうる可能性を持たせています。

【ダイワ】ラテオモバイル 90-ML4

シーバスのルアーフィッシングで人気のラテオのモバイルモデルで、4ピースの並継タイプで2021年シーズン必携のシーバス用パックロッドです。

90-ML4は都市付近の港湾や河川に適した汎用性の高いロッドで仕舞寸法は約70cmとコンパクトに持ち運びできます。

【フィッシュマン】ブリスト コモド 7.5H

ベイトロッドメーカー、フィッシュマンのビッグベイト対応パックロッドです。
30~120gのルアーを想定して開発されたビッグベイトモデル。
バットのハリからティップの粘りまで細部にこだわった設計となっています。

仕舞寸法85.5㎝で遠征などにも持ち運びできるサイズです。
ビッグベイトのシーバスはもちろん、ロックフィッシュやバス、ナマズなど様々なターゲットも狙えるので遠征先でのプランも臨機応変に立てられそうですね。

スポンサーリンク

シーバス用パックロッドについてまとめ

テイルウォーク(tailwalk) OUTBACK NS886L 16087

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年最新】シーバス用パックロッドおすすめ10選!選び方のポイントも解説!」というテーマに沿って、

  • シーバス用パックロッドとは?
  • シーバス用パックロッドの2つのメリット
  • シーバス用パックロッドの選び方のポイント
  • 【コスパ重視】シーバス用パックロッドおすすめ3選
  • 【性能重視】シーバス用パックロッドおすすめ4選
  • 【2021年最新】シーバス用パックロッドおすすめ2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】シーバスロッドおすすめ人気9選!コスパ最強の製品から万能竿まで
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2021年】ダイワのおすすめシーバスロッド11選!スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介
釣具の総合メーカーとして多くの釣り人に愛用されているダイワ(DAIWA)。今回、釣りラボでは、ダイワのシーバスロッドにつ…
【2020年最新版】シマノ(SHIMANO)のおすすめシーバスロッド10選!選び方もご紹介
シマノ(SHIMANO)は数多くの釣り人から支持を集める釣具ブランドの一つです。今回、釣りラボでは、そんなシマノのシーバ…
【2021年】ボートシーバスロッドおすすめ14選!ダイワ・シマノ・アブガルシアの人気商品をご紹介
シーバスはショアからの釣りが定番ですが、ボートから狙うボートシーバスも初心者でも釣りやすくとてもおすすめです。今回、釣り…
【2021年最新】万能シーバスロッドおすすめ15選!特徴や選ぶポイントも紹介
シーバスロッドは万能で海釣り、エサ釣り、ルアー釣りに適しています。まずなにを準備したらいい?といった釣り初心者にもおすす…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン