【2021年最新】コスパ最強のスピニングリールおすすめ10選!選ぶポイントも解説

スピニングリールが欲しい方の中にはコスパを重視したい方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、コスパの良いスピニングリールの選び方やおすすめの人気商品、2020年〜2021年に発売された最新商品までご紹介します!

リール
スポンサーリンク

スピニングリールの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) スピニングリール スーペリア Superior 3000MSH

スピンニングリールは、淡水・海水のどちらでもよく使われているリールです。
特にブラックバスやシーバスなど、ルアーをキャスティングしてポイントを広く探る釣りには最適です。
また、コスパの良いエントリーモデルからプロユースの高性能なリールまでラインアップが非常に幅広いのも魅力です。

選ぶポイント1:ターゲット・用途

スピニングリールは、どのような用途で使うのか、どんな魚をターゲットとしているのかで選ぶのが大切なポイントです。
ショアなのはオフショアなのかや、ターゲットの大きさなのがスピニングリール選びのポイントです。

選ぶポイント2:番手

スピニングリールは、同じシリーズのものでも番手で、糸巻量やドラグ力が変わります
ターゲットの大きさによって、番手を選ぶことでスピニングリールが大きすぎたり、小さすぎたりすることが防げます。

選ぶポイント3:ギア比

ギア比は、特にルアーフィッシングをする場合に大切なポイントです。
ハンドルの一回転で何センチの糸が巻かれるのかで、ルアーアクションの付け方が変わるので注意しましょう。

選ぶポイント4:ハンドル

スピニングリールは、左ハンドルか右ハンドルか、またシングルハンドルかダブルハンドルかが選べます。
基本的には右利きの場合は左ハンドル、左利きの場合は右ハンドルを選びますが、どちらかか使いやすいほうを選べば良いでしょう。
シングル、ダブルについては好みで選んでも問題ありません。

選ぶポイント5:ドラグの性能

シロギスなどの小物釣りでは、コスパの問題もあるのであまり気にする必要はありませんが、大物を狙う場合や、時折大物が釣れる場合にには、ドラグ性能が大変重要になります。
特に最近は細いラインを使うことが多く、大物を細いラインで狙う場合は、多少コスパが悪くともドラグ性能が良いスピニングリールを選ぶことが大切です。

選ぶポイント6:価格・コスパ

スピニングリールは、エントリーモデルからプロユースのものまで実に幅広いラインアップがあるリールです。
ターゲットや用途などを考えながら、適切なスピニングリールを選ぶことが大切ですが、高性能はスピニングリールは価格も高価で、コスパ的には悪くなってしまう場合もあります。

どのようなシチュエーションで使うのかをよく考えて、ハイエンドモデルを選ぶのではなく、コスパのよい価格のスピニングリールを選ぶことも大切です。

スポンサーリンク

【コスパ最強】おすすめスピニングリール8選!

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 17 エクセラー 2500 (2017モデル)

スピニングリールを発売しているメーカーでは、ダイワ、シマノ、アブガルシアなどが有名です。
各社とも、エントリーモデルからハイエンデモデルまでさまざまな種類のスピニングリールを発売していますが、その中でもコスパのよいスピニングリールを紹介します。

ショアジギング向きのスピニングリールおすすめ4選

各社から発売されているスピニングリールの中から、ショアジギング向きのコスパの良いスピニングリールを紹介します。

【アブガルシア】スーペリア Superior 3000MSH

アブガルシアから発売されているスピニングリールです。
1万円を切る価格ですが、他メーカーのリールと遜色のない性能でコスパもよくおすすめです。

【ダイワ】エクセラー 3012H

ダイワから発売されているライトショアジギング用のスピニングリールです。
2017年モデルですが、ダイワならではの品質の良いスピニングリールが7,000円以下となっており、大変コスパの良いスピニングリールです。

【ダイワ】レブロス LT3000-CH

ダイワから発売されているレブロスシリーズです。
2020年モデルながら7,000円台で購入することができる高コスパのスピニングリールです。

【シマノ】セドナ 4000/4000XG

シマノから発売されている高コスパのスピニングリールです。
4,000円台ながら、エギング 、シーバスなどから青物などにも十分に対応できます。

オフショアジギング向きのスピニングリールおすすめ4選

各社から発売されているスピニングリールの中から、オフショアジギング向きのコスパの良いスピニングリールを紹介します。

【シマノ】スフェロス SW8000HG

最大ドラグ力が12kgと高く、大型の青物などにも十分に対応できる性能を持つリールです。
価格も1万5,000円を切っており、大変コスパの良いスピニングリールとなっています。

【ダイワ】ブラスト LT5000D-CXH

2万を超える価格となっており、価格の安いスピニングリールと比較すると若干高めとなっていますが、その分性能の高くおすすめのスピニングリールです。

【アブガルシア】オーシャンフィールド 3000H

アブガルシアから発売されているオフショアジギングにおすすめのスピニングリールです。
他のスピニングリールと比較すると性能は若干低いものの、1万円を切る価格で購入することができる高コスパのスピニングリールです。

【ダイワ】BG4500H

ダイワから発売されているオフショアジギングにおすすめのスピニングリールです。
ワラサやブリ、ヒラマサなどの大型青物に十分対応できる性能を持ちながら、1万5,000円を切る価格となっており大変おすすめのスピニングリールです。

スポンサーリンク

【2021年最新】コスパ最強のおすすめスピニングリール2選!

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 レブロス LT3000-CH (2020モデル)

コスパの良いスピニングリールなかでも、最新かつ人気のスピニングリールを紹介します。

【シマノ】ツインパワー C3000XG

2020年に発売されたシマノのツインパワーシリーズです。
2021年シーズンにも十分に対応した最新の性能を備えたスピニングリールです。

【シマノ】ヴァンフォード2500SHG

2020年に発売されたシマノのヴァンフォードシリーズです。
ツインパワーシリーズよりも価格帯が低く設定されており、コスパの良いおすすめのスピニングリールです。

スポンサーリンク

コスパの良いスピニングリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ 4000/4000XG エギング フラットフィッシュ 青物 シーバス

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年最新】コスパ最強のスピニングリールおすすめ10選!選ぶポイントも解説」というテーマに沿って、「スピニングリールの選び方」「【コスパ最強】おすすめスピニングリール8選!」「【2021年最新】コスパ最強のおすすめスピニングリール2選!」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】スピニングリールおすすめ10選!特徴・選び方・使い方もご紹介
スピニングリールは、初心者でも使いやすいリールとして人気が高いです。今回、釣りラボでは、スピニングリールについてその種類…
【2021年】バス釣り用スピニングリールおすすめ8選!コスパ最強の製品をご紹介
バスゲームではベイトリールが使われることも多いですが、一方でスピニングリールを使う人も多いです。今回、釣りラボでは、バス…
メンテナンスでスピニングリールを長持ちさせる!やり方・おすすめグリスをご紹介
潮を被ったり、時には砂も付いたりとスピニングリールは過酷な環境にさらされています。今回、釣りラボでは、過酷な環境で使用さ…
【2021年最新版】ジギング用スピニングリールおすすめ9選!特徴や選び方も詳しく解説!
オフショアジギング向けのスピニングリールは種類がたくさんあって迷ってしまいます。今回、釣りラボでは、初心者・中級者・上級…
【2021年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン