【2022年】ライトヒラメ釣り用のリールおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

近年注目のライトヒラメ釣り!使って欲しいリールはこちら!今回、釣りラボでは、ライトヒラメ釣り用のリールの特徴、おすすめのライトヒラメ釣り用のリール、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のライトヒラメ釣り用のリールをご紹介します。

リール ライン・釣り糸
スポンサーリンク

ライトヒラメ釣り用のリールの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール BLUEMAX船3

ライトヒラメとは、船釣りの一種で、通常のヒラメ釣りに比べ軽いおもりと、細いラインを用いる釣りです。
ライトヒラメ釣り用リールの選び方について解説します。

選ぶポイント1:リールのタイプで選ぶ

ライトヒラメ釣り用リールを選ぶ際にはリールのタイプに注目しましょう。
ライトヒラメは船から、真下に仕掛けを落とすので両軸リールが最適でおすすめです。

両軸リールとしては手巻きタイプの他に電動リールもありますが、ライトヒラメの場合には、水深の浅い場所で行うので、手巻きタイプが十分活用できます。
他の船釣りとの兼用を考えるのであれば、電動タイプももちろん使うことができます。

選ぶポイント2:ラインキャパで選ぶ

ライトヒラメ釣り用リールを選ぶ際にラインキャパについて考えてみましょう。
ライトヒラメには主として1.5号のPEラインを200m程度巻くことができるリールがおすすめです。

少し余裕がほしい場合にはPEライン2号を200m程度のラインキャパがあれば十分でしょう。

選ぶポイント3:ギア比で選ぶ

ライトヒラメ釣り用のリールを選ぶ際にはギア比は大切なポイントです。
ライトヒラメは、それほど深い場所で行う釣りではないので、ギア比はノーマルタイプで良いでしょう。

もちろんハイギアでも十分活用できます。
ハイギアは、仕掛けの回収も早いので、仕掛けを落とす回数を増やすことができます。

選ぶポイント4:カウンターの有無で選ぶ

ライトヒラメ釣り用のリールを選ぶ際にはカウンターの有無について考慮しましょう。
ヒラメは、海底に生息する魚なので特にカウンターは必要ありません

ただし、他の釣りとの共用を考えるのであれば、カウンターは水深を知るのに便利な機能なので、カウンター付きを購入するのをおすすめします。

スポンサーリンク

ライトヒラメ釣り用のリールおすすめ人気6選【コスパ最強】

シマノ(SHIMANO) 船・手巻リール 両軸 18 ベイゲーム 150(右) カワハギ マルイカ タコエギ ヒラメ タチウオ タイラバ ジギング

ライトヒラメ釣り用のリールおすすめ人気6選についてご紹介します。
コスパ最強のものもあるので参考にしてみてください。

アブガルシア(Abu Garcia)

【アブガルシア】ブルーマックス船

小型の船用の小型両軸リールで、価格設定も低くなっており、コスパ最強の製品です。
Magtraxブレーキシステムやロケットクラッチなどの装備も充実しておりおすすめです。

ブルーマックス船は、ギア比6.4のノーマルギア仕様となっています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ベイゲーム 150

巻き心地、パワー、そして剛性と両軸リールに求められる仕様を揃えたリールで人気がありランキングにあがることもあります。
マイクロモジュールギアやHAGANEボディなど、シマノ独自の技術も採用されています。

PRO MARINE(プロマリン)

【プロマリン】デジタルフォースDX DF200P

プロマリン発売の、船からのライトゲームに適した軽量コンパクトの両軸リールで、ICカウンターも搭載しています。
ライトヒラメの他に、イカメタル、タイラバなどにも活用できる汎用性の高いモデルです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】プリード 150H

さまざまな小物釣りに対応する高いパフォーマンスの小型両軸モデルで、価格も安く初心者にもおすすめです。
ワンプッシュクラッチや、スーパースプールフリーなど使いやすい装備も搭載しています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ゲンプウXT 150

船からの小物釣りに広く対応できる両軸リールで、コンパクトなボディで人気のコスパモデルです。
150は、ギア比6.3のノーマルギアとなっており、ライトヒラメに向いた仕様となっています。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】フネXT 150HL

スーパーメタルフレームを採用した力強い両軸リールで巻き上げ力が強く、広いターゲットに対応できます
スーパースプールフリーシステムにより滑らかな仕掛けの落下を可能としています。

スポンサーリンク

【2021年〜2022年新作】おすすめのライトヒラメ釣り用のリール3選

プロマリン(PRO MARINE) リール デジタルフォースDX DF200P DF200P プロマリン 釣り リール スピニングリール

2021年新作、おすすめのライトヒラメ釣り用リール2選をご紹介します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】バサラ 150

2021年新製品の両軸タイプのリールで、最新コンセプトのハイパードライブデザインにより基本性能が長く続きます。
船用手巻きリールのフラッグシップモデルにふさわしい性能と外観を有しておりおすすめです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】バルケッタ 150HG

2021年新作のライトゲーム用船釣りリールで、ICカウンターやエキサイティングドラグサウンドなど、使い勝手の良い機能も充実しています。
150HGは、ギア比7のハイギア仕様となっており、仕掛けの回収も素早く行うことができます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】PR100

PR100は、2020年にダイワから発売になった、ショアからのフィネスゲームやオフショアでのライトな落とし込み釣りに適した両軸リールになります。

リーズナブルな価格でありながら、機能は本格派でありますので、オフショアではバチコンからヒラメやカレイの小物釣りなど、浅場を狙う釣りを主体に活躍出来る両軸リールです。

スポンサーリンク

ライトヒラメ釣り用のリールについてまとめ

ダイワ(DAIWA) 両軸リール 16 プリード 150H (2016モデル)

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ライトヒラメ釣り用のリールおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ライトヒラメ釣り用のリールの選び方
  • ライトヒラメ釣り用のリールおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年〜2022年新作】おすすめのライトヒラメ釣り用のリール3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2023年最新】ヒラメ用リールおすすめ11選!選び方や人気商品を紹介!
ヒラメはサーフでのルアー釣りで釣れる魚です。一年中釣れる魚であり、その釣果を上げるコツは、リールの選び方。今回、釣りラボ...
【2022年】ヒラメ釣り用ハイギアリールおすすめ人気ランキング10選!メリットやコスパ最強製品も
ヒラメ釣りに挑戦したい方必見!ヒラメ釣り用ハイギアリール厳選集!今回、釣りラボでは、ヒラメ釣り用ハイギアリールの特徴、メ...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2023年】ライトショアジギングリールおすすめ13選!ダイワ・シマノのコスパ最強製品も
海釣りで人気の高いライトショアジギング。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、...
コスパ最強のライトジギングリールおすすめ人気9選!ベイト・スピニングのどっちを選べば良い?
ライトジギングは、比較的軽いジグを使用した釣り方のことで、中型の青物やシーバス、根魚などを狙う釣り方として人気です。今回...
【2022年】電動フォームローラーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
自宅で手軽に筋肉のセルフケアをしたい方はこちら!今回、トレウィズでは、電動フォームローラーの特徴、おすすめの電動フォーム...
【2022年】おしゃれなサウナスーツおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
「サウナスーツでもおしゃれなものがほしい!」という方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、おしゃれなサウナスーツの特徴...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

リール
釣りラボマガジン