【エボダイ(イボダイ)の基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方

【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、エボダイ(イボダイ)の特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、味、おすすめのレシピ、人気のお店、釣り方、さばき方などをご紹介します。ぜひご覧ください。

魚図鑑・料理
スポンサーリンク

エボダイ(イボダイ)とは?その特徴・生態をご紹介

エボダイ

出典:写真AC

エボダイ(イボダイ)とは、白銀の透き通るような色と丸くて平べったい形をしたとても愛らしい魚です。
エボダイの成魚は20cmほどの大きさになります。
関東より南の暖かい海域の海底近くに生息しており、底引き網、定置網で水揚げされます。

エボダイを酢で締めて、中に寿司飯を詰め込んだボウゼの姿寿司は、徳島県の郷土料理としても有名です。
エボダイは、西日本ではよく知られている魚ですが、関東地方ではエボダイの鮮魚は滅多に店先に並ぶことがなく、エボダイの干物は高級とされています。

エボダイの呼び方

エボダイの漢字名、別名、英語名、学名をご紹介します。

漢字名

エボダイの漢字名は疣鯛です。

鯛という漢字を使いますが、エボダイは、真鯛と同じタイ科ではなく、正しくはスズキ目イボダイ科となります。
疣(イボ)とは、皮膚にできるイボのことで、エボダイのトレードマークの斑点と関係があります。

別称・別名

エボダイの生物学の分類表に登録されている正しい名称は「イボダイ」です。

エボダイにはエラの斜め上に黒い模様があり、いぼお(疣生)と呼ばれるお灸の痕に似ているため、イボダイと呼ばれるようになりました。

関東地方では、イボダイをエボダイと呼びます。
また、他にも水揚げされる地域によって様々な呼び方があり、全部で18種類もの呼び方があります。

エボダイ以外の呼び方としては、徳島県ではボウゼ、愛媛県ではシズ、長崎県ではモチウオという呼び方などが挙げられます。

英語・外国名

エボダイの英語名は、「Pacific rudderfish」、「Japanese butterfish」です。
エボダイは体の表面から、ねっとりした粘液を出します。
この粘液がバターに似ているため、バターフィッシュと呼ばれています。

学名

エボダイの学名は、「Psenopsis anomala」です。

エボダイの生息地

エボダイは、宮城県、秋田県より南の海域に生息しています。
エボダイの稚魚・幼魚は、敵から身を守るために海面近くのクラゲの触手の近くで過ごします。
成魚になると、エボダイはクラゲから離れ、海の底で生息します。

葛西臨海水族園では、「東京湾の漁業」の水槽で、エボダイが展示されています。
水中で、エボダイがどのような動きをしているのか、じっくり観察できます。
(2018年2月の情報)

エボダイの値段・相場価格

エボダイの相場価格は、平均して939円/kgです。
(この相場は、主な魚市場の年間平均卸価格です。)

エボダイの卸価格は、7月が最も高く、9月が一番安くなります。
通販でエボダイの干物を購入する場合、3枚で約1000円で販売されていることが多いです。

スポンサーリンク

エボダイ(イボダイ)を使った料理・食べ方

エボダイ

出典:写真AC

エボダイは、代表的な魚の調理法、刺身、塩焼き等、どれでも美味しく食べることができます。
調理方法を変えれば、それぞれ異なるエボダイの風味を味わえて、飽きることもありません。

どんな味がするの?

エボダイは、白身魚なので淡泊な味に思えるかもしれませんが、脂が乗っているのでしっとりした甘味があります。
エボダイの身には適度に繊維があり、骨から魚の身が簡単に外れるので、お年寄りや子供でも食べやすいです。

栄養素・カロリー

エボダイの主な栄養素・カロリーは下記のとおりです。

エボダイ1尾66gの場合。

  • カロリー:98kcal
  • タンパク質:10.82g
  • 脂質:5.61g
  • ビタミンB12:1.78μg
  • ナイアシン:3.1mg

旬な時期・季節

エボダイの旬な時期は、夏から秋の季節です。
西日本では、秋の味覚としてスーパーに並ぶことが多いです。

おすすめ人気のレシピ・調理方法

代表的なエボダイのレシピを集めました。
旬の季節になれば、エボダイが安く手に入るので、是非、色々なレシピを試してみてください。

刺身

鮮度がいいエボダイを入手したら、是非、お刺身にしてみましょう。
アニサキスなどの寄生虫がいることがありますので、よく注意してください。

下記のレシピは、刺身用の3枚おろしの方法と、残ったアラを出汁にした味噌汁のレシピです。
エボダイの身から、頭、尾、骨まで味わい尽くせる、とても贅沢な献立となります。

アジの3枚おろしでお刺身とお味噌汁の2品 by 居酒バーたかし
旬のお魚のお刺身と、しっかり出汁の効いたお味噌汁が本当に美味しいです…

塩焼き

エボダイを1尾そのまま焼く場合は、塩をしっかり振って身を引き締めて焼くのがコツです。
食べる前から漂う、パリッと焼ける皮の香りも食欲をそそります。

ウオゼの塩焼きのレシピ・作り方 | 【E・レシピ】料理のプロが作る簡単レシピ
ウオゼの塩焼きのレシピです。…

煮付け

エボダイは白身魚なので、煮付けも美味しくいただけます。
脂が乗った、ふっくらと上品な味わいが楽しめます。

シズ(イボダイ)の煮付け by 明石浦漁業協同組合
酒で蒸して中まで一気に火を通してから味付けする時短煮付け しっとり柔らかいシズは煮付けも美味しいです^^…

干物

関東地方では高級料理として扱われることもある干物ですが、自宅の冷蔵庫で、エボダイの鮮魚を乾燥させて作ることができます。
もちろん、干物用の網のかごを購入して、ベランダ干しで干物を作ることもできます。

冷蔵庫で簡単干物作り(アジの開き) by 釣り好きマサコ
干物用の網がなくても、外気の汚れが気になる方も、冷蔵庫の中で簡単に自家製干物が作れます…

干物の焼き方ですが、まず中火で身から焼きます。
その後、弱火で皮に焦げ目がつく程度焼くと、出来上がりです。

エボダイを楽しめる人気のお店・レストラン

銀座駅に近い 嘉.Yoshi(ヨシドットヨシ)では、日本の旬を取り入れた料理が楽しめます。
エボダイの旬の季節になれば、コース料理にエボダイの刺身が登場します。

銀座 嘉.Yoshi (ギンザ ヨシ ドット ヨシ) - 銀座/割烹・小料理 [一休.comレストラン]
味・コミュニケーション・空間が織りなす絶妙なバランス。銀座駅から徒歩すぐ、「 銀座 嘉.Yoshi(ヨシドットヨシ)」。…
スポンサーリンク

エボダイ(イボダイ)におすすめの釣り方・仕掛け

出典:写真AC

釣りの初心者にとって、エボダイは難易度が高い魚です。
なぜなら、エボダイの成魚は大陸棚の水深20m〜150mの海底付近に生息しているためです。

ですが、夜になるとエサを求めて海面や防波堤の近くまで回遊してきます。

釣る地域の釣具屋さんに聞くと、エボダイが釣れる時間帯や場所の確実な情報を教えてくれるでしょう。

エボダイを釣る場合は、回遊魚を釣るのに向いている「サビキ釣り」がおすすめです。

エボダイ釣りにおすすめの釣竿・ロッド

初心者は、リール付きであまり長くない3m前後の釣竿が扱いやすいです。
磯竿、投げ竿など汎用性が高い竿で十分です。

【シマノ】磯竿 17 ホリデー磯 3号 300 サビキ釣り

このホリデー磯はシマノの人気シリーズです。
軽くて扱いやすく、海釣りの初心者向けの釣竿です。

エボダイ釣りにおすすめのリール

リールのサイズは、シマノで3000番台、ダイワで2500番台がおすすめです。
ラインは3号で100~150mまけるものが良いです。

【シマノ】リール アリビオ C3000 3号150m 糸付

ラインが絡むなどのトラブルが起こりにくく、入門機として最適です。
値段も比較的安く、適したラインも付いているのでおすすめです。

エボダイ釣りに釣り餌

サビキ釣りでは、仕掛けの籠にコマセ(エサ)を入れて、魚を呼び寄せます。
コマセは、冷凍されたアミエビを解凍して使うことが多いです。

【マルキュー】アミ姫 3個セット

このアミ姫は、冷凍ではなく常温保存が可能なタイプで、解凍の手間がありません。
フルーツ系の香りが付けてあるので、生臭い臭いが苦手な女性・子供でも扱えます。

スポンサーリンク

エボダイ(イボダイ)の締め方・捌き方

出典:写真AC

釣りのクライマックスは、魚が釣れた瞬間、あるいは、夕食の時間に家族で釣った魚を料理して食べる時間ではないでしょうか。
自宅に戻って美味しく食べるに、釣った魚の締め方・捌き方をマスターしましょう。

エボダイの締め方

釣ったエボダイは、適切な方法で締めることが重要です。
暴れるまま魚を放置しておくと、魚にとっても苦痛ですし、魚の味も落ちてしまいます。

釣ってから手際よく魚の処理をするために、締め方・血を抜く方法を予習しておくことをおすすめします。

脳の場所が分からなくても魚は絞められます!

捌き方(さばき方)・切り方

釣ったエボダイをすぐに締めて血抜きをし、自宅まで冷蔵でしっかり保存すれば、鮮度も落ちず刺身として食べることができます。

右身、中骨、左身の3枚におろすのが基本のさばき方です。

「えぼだい」さばき方(刺身)
スポンサーリンク

エボダイ(イボダイ)の基本情報まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【エボダイ(イボダイ)の基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方」というテーマに沿って、「エボダイ(イボダイ)とは?その特徴・生態をご紹介」「エボダイ(イボダイ)を使った料理・食べ方」「エボダイ(イボダイ)におすすめの釣り方・仕掛け」「エボダイ(イボダイ)の締め方・捌き方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
サビキ釣りのコツを徹底解説!最適な時期やおすすめの仕掛け・タックルをご紹介
サビキ釣りは比較的簡単に始めることができ、釣り女子や初心者に人気のある釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなサビキ釣りに…
磯釣りとは?釣り方のコツやおすすめのタックル・装備・仕掛け・スポットをご紹介
磯釣りとは、磯で行う釣りの総称です。今回、釣りラボでは、磯釣りで知っておくべき仕掛けや、釣れる魚、必要な道具・装備・便利…
【釣りの始め方】初心者におすすめの釣り方・道具をご紹介!人気の釣りスポットも
釣り初心者にとって、具体的な魚の釣り方や必要な道具など疑問に思う点が多いですよね。今回、釣りラボでは、そんな釣り初心者の…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

魚図鑑・料理
釣りラボマガジン