【2021年】キジハタロッドおすすめ人気9選!スピニング・ベイト別にご紹介

高級魚であるキジハタはハードロックフィッシュゲームのターゲットとして人気がある魚です。キジハタ釣りを楽しむにはロッド選びが重要。今回、釣りラボでは、キジハタロッドの選び方やおすすめロッドも厳選して紹介します。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

キジハタロッドの選び方

メジャークラフト ロックフィッシュロッド スピニング 3代目 クロステージ 根魚 CRX-802MH/S 8.0フィート 釣り竿

キジハタのルアーフィッシングは、ハードロックフィッシュの中でも近年専用ロッドが出るほど人気の釣りです。

キジハタロッドの選び方について解説します。
リールの種類や、長さ、硬さ、重さなど、選ぶ際のポイントについて解説しますので参考にしてみてください。

1.ロッドのタイプで選ぶ

キジハタロッドを選ぶ際は、スピニングリールを使うかベイトリールを使うかによって、ロッドをどちらのタイプにするかが決まってきます

スピニングリール、ベイトリールのメリットとデメリットを考慮して、ロッドを選びましょう。

スピニングロッド

スピニングリールの特徴は、遠投ができることや、ライントラブルが少ないことが特徴になります。

遠投の多いフィールドでキジハタを狙う場合や、初心者はスピニングリール装着するスピニングロッドがおすすめです。

ベイトロッド

ベイトリールは、バックラッシュというトラブルが発生しやすく、キャスティングにコツが必要です。

ただし、ベイトリールの最大の特徴は、スピニングリールに比べて巻き取る力が強いことです。

大物狙いの場合には、ベイトロッドを選択すると良いでしょう。
ベイトリールの場合でも、遠投ができ、またバックラッシュを低減した製品もあります。

パワーを求める場合には、初心者の方でもベイトリールを装着するベイトロッドを選んでみても良いでしょう。

2.ロッドの長さで選ぶ

キジハタロッドを選ぶ場合には、ロッドの長さも重要なポイントになってきます。
キジハタの生息域は、岩場やテトラポット近辺、あるいは漁港などになります。

岩場や少し高い場所で、キジハタを狙う場合や、遠くの岩礁などを狙う場合には、8ft~9f程度の長めのロッドがおすすめです。

堤防や漁港など比較的近い場所に生息するキジハタを狙う場合には、7ft台のロッドを選択しましょう。

7ft台を一本持っておけば大抵のフィールドでキジハタ釣りを楽しむことができます。
また堤防の壁付近など、ごく近距離でキジハタを狙う場合には6ft台のロッドも使い勝手が良いので候補の一つに上げてみてください。

3.ロッドの硬さで選ぶ

キジハタロッドを選ぶ際には、どのような硬さのロッドを選ぶのかは大切な点です。
ロッドの硬さは、狙うキジハタの大きさやルアーの重量によって選択します。

大型のキジハタ狙いの場合には、MH~XHの硬いロッドを選択します。
ルアー重量が大きい場合も同様です。

小型のキジハタ狙いの場合や、軽いルアーをキャスティングする場合には、L~M程度の硬さを選択しましょう。

4.ロッドの重さで選ぶ

キジハタ釣りに限らず、ルアーフィッシングをする場合には、ロッドの軽さは大切なポイントです。

軽いロッドの方が、疲れが少なくキャスティングの正確性も高くなり、おすすめです。
ただし軽いロッドの場合には高機能素材が使われている場合が多く、値段も高くなります。
自分で考えている予算も考慮して、最適なロッドを選択しましょう。

スポンサーリンク

キジハタロッドおすすめ8選

シマノ(SHIMANO) ロックフィッシュロッド ハードロッカー スピニングモデル S76M ライト系オールラウンダー カサゴ アイナメ キジハタ

キジハタロッドおすすめ8選をご紹介します。

キジハタ用スピニングロッドおすすめ3選

キジハタ用スピニングロッドおすすめ3選をご紹介します。

【メジャークラフト】3代目クロステージ ハードロック

ルアーフィッシングの初心者や、少し慣れた中級者が気軽に利用できることを目的としたロッドで、コスパに優れています

三つのモデルがあり、CRX-802MH/Sは8ftの長さを利用して、沖を回遊するキジハタの他にソイやアイナメなどを狙います。

【シマノ】ハードロッカーS76M

リールの種類や、硬さ、長さによって9つのバリエーションで、あらゆるコンディションにも対応するロックフィッシュ専用モデルです。

S76Mは小型から中型のキジハタを狙うライト系のオールラウンドロッドで、キジハタの他にカサゴやアイナメなどにも適しています。

【ダイワ】HRF KJ 85MS

キジハタをターゲットにして調子を設定した専用モデルで、徹底的に軽量化を図り、扱いやすさも追求しました。

85MSは遠投を主体として広い範囲を探索できる遠投モデルで、小型や中型のキジハタがバイトした際も、しっかりととらえることができる柔らかいティップを使用しています。

キジハタ用ベイトロッドおすすめ3選

キジハタ用ベイトロッドおすすめ3選をご紹介します。

【アブガルシア】ソルティースタイル ロックフィッシュ

手軽に使えるロッドとして提供されているソルティースタイルは、比較的安い価格でキジハタゲームを楽しむことができるロッドです。

STRC-732H-KRは遠投性と操作性を両立させたスタンダードモデルで、大型のキジハタが棲息するポイントに正確にキャストできます。

【ダイワ】HRF AGS 89MHB

パワーと軽さをあわせ持つロックフィッシュロッドで、ブランクスにはX45を用いネジレを抑えました。

89MHBはゴロタや磯で有効なパワーバーサタイルモデルで、パワフルかつ繊細な操作を実現しています。

【シマノ】ハードロッカーBB B76M

中層からボトムまで対応できる汎用性を追求したハードロッカーBBは、力強さと粘りのあるロッドでコストパフォーマンスも最高です。

B76Mはキジハタの他にカサゴ、アイナメなどを堤防やテトラポットの近辺で狙うライト系のロッドです。
軽めのリグとの相性が良く、必要十分なパワーも持っています。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめキジハタロッド3選

ダイワ(DAIWA) ロックフィッシュロッド HRF KJ 85MS 釣り竿

2021年新作のおすすめキジハタロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】HRF AIR 83MB

中級者や上級者も満足できるスペックを持ったキジハタロッドで、2021年シーズンには必携です。

遠投性能と操作性、そして感度をあわせ持っており、長さや硬さの異なる8つのバリエーションがあります。

83MBは、ルアーを選ばないバーサタイルロッドで、キジハタ以外のロックフィッシュにも対応しています。

【シマノ】ハードロッカーエクスチューン S78MH

最新技術のスパイラルXコアを採用し、ネジレやつぶれなどの少ないロッドを実現しています。

ロッドの長さや硬さ等によって7つのバリエーションを持ち、キジハタ以外の魚種にも対応しています。

S78MHはキジハタの他にアイナメやソイにも対応したオールラウンドロッドとなっており、扱いやすい長さと硬さに設定してあります。

【アブガルシア】ERSS-94EXH アクセラレーター

2020年度、アブガルシアから発売の大型ロックフィッシュ対応のスピンニングモデルです。
スピンニングモデルには珍しくEXHのブランクスを搭載し、沖に潜む大型ロックフィッシュを視野に入れたロッドです。

沖根のサラシ下に着いている大型のキジハタやアイナメ等の釣りに焦点を置いた、専門性の高いロッドであり、EXHのブランクスで根に潜ろうとする魚を強引に引き剝がす能力を兼ね備えた、ハイパワーロッドです。

スポンサーリンク

キジハタロッドについてまとめ

アブガルシア(Abu Garcia) ロックフィッシュ ロッド ベイト ソルティースタイル ロックフィッシュ STRC-732H-KR. ベッコウゾイ アイナメ キジハタ アカハタ オオモンハタ 2ピース

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】キジハタロッドおすすめ人気9選!スピニング・ベイト別にご紹介」というテーマに沿って、

  • キジハタロッドの選び方
  • キジハタロッドおすすめ8選
  • 【2021年新作】おすすめキジハタロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

キジハタ(アコウ)ってどんな魚?レシピ・値段相場・釣り方・さばき方を解説
【人気の魚図鑑】キジハタ(アコウ)は、釣りのターゲットとしてだけでなく、食用としても人気の高い高級魚です。今回、釣りラボ…
キジハタの釣り方を徹底解説!時期・時間帯、おすすめの仕掛けやタックルもご紹介
キジハタ、別名アコウと呼ばれ、高級食材として釣れた時の達成感が大きい人気のあるターゲットです。今回釣りラボでは、キジハタ…
【2021年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
【2021年】ベイトロッドおすすめ14選!バス・トラウト・ソルト別にコスパ最強の人気製品をご紹介
ベイトロッドは、とてもパワーがあるロッドで、バス釣りやシーバス釣りなどで大活躍します。今回、釣りラボでは、ベイトロッドの…
【2021年】ロックフィッシュロッドおすすめ人気ランキング14選!ダイワ・シマノのコスパ最強製品も
ロックフィッシュロッドは、人気の根魚を狙うことができます。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュロッドの特徴、選び方、人気…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン