【2021年】渓流トラウトロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品もご紹介

自然の中で楽しむことのできる渓流トラウトゲーム。どのようなロッドで挑戦すると良いのでしょうか?今回、釣りラボでは、渓流トラウトロッドの特徴、おすすめの渓流トラウトロッド、2021年シーズンに向けた新製品の渓流トラウトロッドをご紹介します。

ロッド・釣竿
スポンサーリンク

そもそも渓流トラウトゲームとは?

ダイワ(DAIWA) ネイティブトラウトロッド シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 51UL-4 釣り竿

そもそも渓流トラウトゲームとはどのようなものなのでしょうか。
渓流トラウトゲームとは、河川の上流域である、渓流でネイティブトラウトを狙うことをいいます。

スポンサーリンク

渓流トラウトロッドの選び方

アブガルシア(Abu Garcia) トラウトロッド ベイト トラウティンマーキスナノ 5本継ぎタイプ TMNC-575L MB 釣り竿 ネイティブ トラウト イワナ ヤマメ アマゴ

渓流トラウトロッドの選び方について解説します。

選ぶポイント1:ロッドの種類で選ぶ

渓流トラウトロッドを選ぶ際には使用するリールにあったロッドの種類について検討しましょう。

渓流での釣りには、スピニングリールやベイトリールが選ばれます。
スピニングリールは扱いやすく、飛距離も稼げますがキャストの正確性に欠けます。

ベイトリールは、狙ったポイントに正確にキャストできますが、飛距離を稼ぐことができず、またバックラッシュが起こりやすいというデメリットがあります。

ロッドはスピニングリールとベイトリールそれぞれ専用となるので、使用するリールに合わせてロッドを選択しましょう。

選ぶポイント2:長さで選ぶ

渓流トラウトロッドを選ぶ際には長さについても考えてみましょう。
源流域はでは、ポイントも近く、また草木も茂っている場合があるので取り回しの良い4ft台のロッドを選びましょう。

源流域から渓流域になり、川幅が広くなってきたら5ftから6ft程度のロッドを選択することをおすすめします。

選ぶポイント3:硬さで選ぶ

渓流トラウトロッドを選ぶ際には硬さについても考慮しましょう。
源流域や渓流域では、飛距離よりもキャスティングの正確性や、操作性そしてフッキングについて考えて柔らかめのロッドから選んでいきます。

硬さはULやLとなりますが、少し川幅が広くなってルアーが大きくなり飛距離が欲しい場合にはMLやMの硬さを選択しましょう。

スポンサーリンク

渓流トラウトロッドおすすめ人気6選

メジャークラフト トラウトロッド ベイト ファインテール マルチピース(穂先2種) FTX-B46/505UL 釣り竿

渓流トラウトロッドおすすめ人気6選をご紹介します。

【ダイワ】シルバークリーク ストリームトゥイッチャー 51UL-4

ネイティブトラウトを狙うロッドで、源流域から中流域をカバーする多くのバリエーションがあり、ミノーイングを中心としたアクションに向く仕様となっています。

51UL-4は携帯性に優れたパックロッドで、ULの硬さは小さな動きでのキャスティングができ、かつ予想外の大物にも対峙できるバットの強さを持っており、おすすめです。

【アブガルシア】トラウティンマーキスナノ TMNC-575L

アブガルシアから発売されている渓流トラウト用のパックロッドで、切れのあるキャスティング感覚と粘りのあるブランクスを持っています。

TMNC-575Lは、ミノーを中心としたベイトフィネスを楽しむことができるロッドで、渓流の広い領域で使用することができ人気があります。

【メジャークラフト】ファインテール FTX-B46/505UL

一本のロッドを状況に応じて、長さを変えて使うことのできるファインテールのトレッキング&トラベラーシリーズは人気があります。

FTX-B46/505ULは使用しやすい5ftのレングスをメインにして、狭いポイントでは4.6ftの長さにして使用することができるパックロッドです。

【シマノ】トラウトワンNS S63L

シマノのネイティブトラウトロッドのスタンダードモデルで価格も比較的安くランキングでも上位にあります。

ブランクスにハイパワーXを用いねじれが少なく、高い精度でキャスティングすることができます。

【天龍】レイズスペクトラ RZS51LL

軽いプラグを操作することを主眼として、キャストの正確性を徹底的に追求した渓流トラウトロッドです。

アングラーのアクションに対し、きちんと反応するようにロッドのブレを排除し、軽量プラグを繊細に取り扱うことができます。

【ダイワ】ワイズストリーム 60TL

携帯性が良く、キャスト時の感覚が良好なパックロッドで、バックパックやバイク釣行に気軽に持ち出すことができます。

60TLは7cmまでのシンキングミノーを扱うことができ、汎用性も高いのでサブロッドとしてもおすすめです。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめの渓流トラウトロッド2選

シマノ(SHIMANO) ロッド トラウトワン NS スピニング S63L ライト

2021年新作、おすすめの渓流トラウトロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】シルバークリーク グラスプログレッシブ 53L-G

2021年新作の渓流トラウトロッドでSVF GLASSはレジン量を減らしてグラス繊維を多く入れ軽量に仕上がっています。

源流から渓流域で活躍する渓流トラウトロッドで、機敏なキャスティングとロングキャストが可能となりました。

【シマノ】カーディフNX S43UL-4

2021年新製品の渓流トラウトロッドで最新の技術を搭載しており、細身で軽量の上に強度も十分です。

S43UL-4は4本継ぎのパックロッドで、山深い源流域にもコンパクトにして運ぶことができる携帯性の高いロッドです。

スポンサーリンク

渓流トラウトロッドについてまとめ

天龍(TENRYU) レイズ スペクトラ RZS51LL 5'1"

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】渓流トラウトロッドおすすめ人気ランキング8選!選び方や新製品もご紹介」というテーマに沿って、

  • そもそも渓流トラウトゲームとは?
  • 渓流トラウトロッドの選び方
  • 渓流トラウトロッドおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめの渓流トラウトロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】渓流ベイトフィネスロッドおすすめ12選!選び方や自作方法もご紹介
渓流釣りで近年ベイトタックルを使う人が増えており、専用のロッドも次々と登場しています。今回、釣りラボでは、そんな渓流釣り…
【2021年】渓流ルアーロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方や新製品もご紹介
渓流釣りに欠かせないタックルであるルアーロッド。どのようなロッドを選ぶべきなのでしょうか?今回、釣りラボでは、渓流ルアー…
【2021年】渓流ベイトフィネスロッドおすすめ13選!選び方や代用ロッドもご紹介
渓流ルアーフィッシングには、軽量ルアーを使って繊細な釣りが楽しめる専用のベイトフィネスロッドの使用がおすすめ。今回、釣り…
渓流釣りの始め方|仕掛け・餌・装備・服装・竿・ルアー【初心者必見】
渓流釣りは、自然の雰囲気を味わいながら様々な魚を釣れることができ、とても人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、…
【丸形・ロープロ型】渓流ベイトリールおすすめ最強11選!特徴や選び方も解説!
渓流ベイトフィネスではスピニングリールが主流でしたが、ベイトリールが高性能化したことによって注目を浴びつつあります。そこ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン