ダウンショットリグの作り方と使い方を徹底解説!結び方・アクションもご紹介

ロックフィッシュ、アジング、バス釣りなどにおすすめのダウンショットリグ。今回、釣りラボでは、そんなダウンショットリグについて、リグの特徴、作り方、使い方、結び方、必要なパーツ、タックルに関する説明をご紹介していきます。

ロックフィッシュ
スポンサーリンク

ダウンショットリグとは?

ダウンショットリグとは、フックの下にリーダーをとり、シンカーを取り付けたリグのことです。
元々バス釣りのために考案されましたが、現在ではロックフィッシュなどのソルトゲームにも使われています。

ヘビダンと呼ばれるヘビーダウンショットリグや、メタルダウンショットリグなど様々なパターンにアレンジされ、アングラーに親しまれているリグです。

ダウンショットリグの特徴

ダウンショットリグの一番の特徴は、フックとシンカーの間にリーダーがあり、離れていることです。

フックとシンカーが離れているという特徴をもった、ダウンショットリグのメリットやデメリットはどのようなことか解説致します。

ダウンショットリグのメリット

ダウンショットリグのメリットは、場所によってはノーシンカー状態を作り出すことができること、多彩なアクションができること、ボトム感知能力が高いこと、仕掛けロスト時のダメージが少ないことです。

ノーシンカー状態

ノーシンカー状態になると、ワームがフリーになります。
ワームがフリーになることで、自然な動きを出すことができ、バスや根魚を誘うことができます。

多彩なアクション

ダウンショットリグでは、多彩なアクションを行うことができます。

ヘビダンと呼ばれる5g以上のシンカーを用いてリアクションバイトを誘ったり、直リグといって、リーダーを取り払ってテキサスリグの様に使用したりと、様々な攻め方ができます。

ボトム感知能力の高さ

ダウンショットリグは、シンカーが一番下についているリグなので、ボトム感知能力が高いです。
障害物や底の様子を感じ取りながら釣ることが可能です。

仕掛けロスト時のダメージが少なめ

ダウンショットリグは、仕掛けロスト時のダメージが少なめです。
根がかりをしてしまっても、オモリのみが落ちるだけで、ワームやルアー、フックは失いません。
オモリは失いますが、ダメージが少ないと言えるのではないでしょうか。

ダウンショットリグのデメリット

ダウンショットリグのデメリットは、根がかりしやすいことです。
シンカーが引っかかってしまうと仕掛けをロストしてしまうことになります。

ダウンショットリグで狙える魚・釣り

ダウンショットリグで狙える魚は、バスはもちろんのこと、メバルやキジハタ、アイナメなどのロックフィッシュが挙げられます。
また、アジングやエギング、チヌやシーバスゲームなどの釣りにも用いられています。

根がかりが弱点のダウンショットリグですが、海釣りの場合には弱点無しで使うことが可能になります。

海では、湖沼のように小枝などの障害物は少ないため、ポイントを選べば、根がかりが少ない条件で使うことができるからです。

ロックフィッシュ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ロックフィッシュゲームには、ダウンショットリグが効果的です。

メバル、キジハタ、アイナメなどのロックフィッシュは、岩場や、テトラポッドの隙間、ケーソンなど、込み入った場所に住んでいます。

込み入った場所では、サビキや胴突のようにエダスがたくさんついていると根がかりが心配です。

しかしダウンショットリグなら、オモリとフックが一直線なので、テトラポッドの隙間のようなところにもするっと落としていくことが可能です。

オモリが着底したらワームが自然にふわっと浮き、誘ってくれます。
自然に誘うことができるので、根魚の目に入りやすくなります。

また、ダウンショットリグは、飛距離を出しやすいリグなので、沖の方のロックフィッシュも狙うことが可能です。

ダウンショットリグは、ポイントさえ気をつければ、ロックフィッシュも爆釣できます。

アジング

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

アジはサビキでも釣れることから、似た構造をしているダウンショットリグは、アジングでも効果的です。

エギング

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

エギングでは、底の方のイカを狙うために、ダウンショットリグが用いられています。

最近では、メタルダウンショットリグという仕掛けが話題に上がっています。
メタルダウンショットリグは、メタルジグと、別フックに付けたワームで構成されています。

メタルジグはシンカーと、魚へのアピール両方の役割を果たします。
メタルジグでアピールしながらフォールしていって、ワームに食いつかせるという複雑な仕掛け方ができます。

アジングにも効果的ですし、フックにワームではなくエギを取り付けて、エギングも楽しいです。

このように、ダウンショットリグは、アジングやエギングにも効果的なリグだといえます。

チヌ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

チニングでダウンショットリグを使うメリットは、底の方のスれていないチヌを狙うことができることです。

チニングに使われるリグは通常、ジグヘッドやテキサスリグやルアーなどが多いですが、底の方のチヌを狙うのなら、ダウンショットリグを使う事が有効です。

チヌ用にカスタマイズしたダウンショットリグの使い方が、ブログなどでも紹介されています。

シーバス

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

シーバスゲームでも、ダウンショットリグを使ってシーバスが釣れたと報告しているアングラーがいます。

シーバスに対しては表層を狙っていくことが多いので、ダウンショットリグの弱点である根がかりの心配が少なく、良さだけを活かすことができます。

ただし、チニングやシーバスゲームにダウンショットリグを使っているアングラーはそこまで多くないようです。
シーバスは横の動きに反応するので、ダウンショットリグの得意な上下の動きに反応しにくい事があります。

シーバスでダウンショットリグを使う時は、軽めで、水に入って行きにくいワームを使う時に、ワームを水中へスムーズに沈めるために使うのが効果的です。

ダウンショットリグを使えばスレていないチヌやシーバスを釣ることができるかもしれません。

他にも、マゴチ釣りなどでダウンショットリグは活躍します。

スポンサーリンク

ダウンショットリグの作り方・結び方

出典:写真AC

ダウンショットリグは、アングラー達がこれまで狙ってこなかったような場所を攻めることができる効果的なリグです。
ダウンショットリグの作り方を覚え、作戦に加えてみませんか。

初めての方でも簡単にリグる事ができるよう、ダウンショットリグの作り方や、ダウンショットリグの結び方をご紹介します。

また、仕掛けの材料がシンプルなので、低コストで釣りをすることも可能なのです。
コツを掴めば3分位で作れるので、是非チャレンジしてみてください。

ダウンショットリグの作り方

ダウンショットリグの作り方はメインラインに直接通していくので面倒だという人もいますが、コツさえ掴めばすぐにできます。

作れるリグが増えると、戦略の幅が広がりますから、是非チャレンジしてみてください。

リグの材料

ダウンショットリグに必要な材料は少なく、以下の4つを用意すれば大丈夫です。

  • ライン
  • シンカー
  • フック
  • ワーム

ダウンショットリグのリーダーを別のラインにしたい、などアレンジがしたい場合は、サルカンやリーダー用のラインが必要になることもあります。

リーダーの長さ

ダウンショットリグは作り方は単純ですが、リーダーの長さを変えると、ワームの動きが変わりますので、リーダーの長さを決めることが重要になってきます。

バス釣りでは、リーダーは15〜20cmが一般的です。
狙う魚やポイントによって、リーダーの長さは変わります。

基本的には、シンカーが重めの場合は、長めにすることが多いです。
リーダーの長さは、ルアーやワームの高さになります。

例えば、ロックフィッシュでは30〜40cm程の長いリーダーにするアングラーもいます。
リーダーを長くすると、ワームがナチュラルに動いてアピール力が高まります。

ダウンショットリグ作成の手順

ダウンショットリグの作り方の手順は単純です。
リーダーを取り、フックとワームを取りつけて、シンカーをリーダーの先に付けるだけです。

  1. メインラインからリーダーを取ります。
    ダウンショットリグでは、メインラインからリーダーを取ります。
  2. ラインにフックを結び、ワームを取り付けます。
    マス針にワームをチョン掛けしたり、ワッキーがけをすることが多いです。
  3. リーダーの端にシンカーを取り付けて完成です。

ダウンショットリグの結び方

一般的な結び方はクリンチノットやユニノットですが、最強の結び方はパロマーノットです。

何度も仕掛けを確かめ、直しながら釣りたい人は、クリンチノット、ガッチリとめたい、という方はパロマーノットがおすすめです。

コツは、締め込む時に、締め込み部分を唾液や水で湿らせて、摩擦熱の発生を抑えることです。

クリンチノット

クリンチノットは初めてでも覚えやすく簡単な結び方なのではないでしょうか。

  1. フックのアイに糸を通し、端の糸を長めに取ります。(ダウンショットリグはリーダーを取るので長めにします。)
  2. 糸の端を本線に3〜5回巻きます。
  3. アイの付け根にできている輪に糸の端を通します。
  4. 本線を少し引いて、巻きつけた部分全体を覆うようにできている輪が見えるようにします。
  5. できた輪に、糸の端を通します。
  6. 本線を締め込むと完成です。

こちらの動画ではクリンチノットの結び方が解説付きで説明されています。

クリンチノット 【釣りで使う結び方基礎知識】

ユニノット

ユニノットの結び方も簡単に覚えやすいのでおすすめです。

  1. フックのアイに、ラインの端を通します。
  2. ラインの端を長めに取り、アイ側に向かって、本線と端のラインで輪を作ります。
  3. 輪のラインと、本線2本を巻き込むように、端側のラインをくるくると巻きつけます。
  4. 端側のラインを引っ張り結びコブを作ります。
  5. 本線を引っ張り結びコブをフックのアイにゆっくりと持っていき、締め込みます。

短い動画で簡単に分かるユニノットの動画です。

ユニノット

パロマーノット

パロマーノットは、ラインの強度の100%が出ると言われているほどガッチリした結び方です。

一度セットすれば切れることがないというアングラーもいます。
パロマーノットを覚えて、ライントラブルを減らしましょう。

  1. リーダーを長めに取り、ラインを折ります。
  2. 折ったラインの折り目をフックのアイに通します。
  3. アイに通したラインの折り目側と本線で一度軽く結びます。
  4. ラインの折り目でできた輪に、フックを通します。
  5. フックを通した輪を本線側に持ってきます。
  6. 本線を引っ張り締め込みます。

すぐに分かるパロマーノットの結び方はこちらを御覧ください。

パロマーノット
スポンサーリンク

ダウンショットリグに使用するおすすめのパーツ

出典:写真AC

ダウンショットリグに使用するパーツやタックルはどんなものが良いのでしょうか。
初めてダウンショットリグにチャレンジする人に使いやすい、おすすめのパーツやタックルをご紹介致します。

おすすめのシンカー

シンカーは、コントロール可能な重さでなるべく軽いものがおすすめです。
ダウンショット専用シンカーは、簡単に取り付けできて、根がかりしてもポロッと取れ、仕掛け回収率が高くなるよう作られています。

ダウンショットリグのシンカーの重さは0.9g〜3.5gが一般的です。
重さは水深や沈み方などによって調整します。

ダウンショットリグのシンカーの形状は丸型シンカー、涙型シンカー、棒状シンカーがあります。

丸型シンカーは、底を取りやすい分根がかりしやすいという特徴があります。
大きいものになると、より根がかりしやすくなるので、水深が浅かったり、水流が弱かったりするところで軽いシンカーを使おうという場面におすすめです。

涙型シンカーは、そこそこ底を取りやすく、そこそこすり抜けも得意な形状という特徴があります。
丸型シンカーでは根がかりしてしまうところでは、涙型シンカーがおすすめです。

エサ釣り用のナス型オモリで代用しているアングラーもいます。

棒状シンカーは、すり抜けが得意ですが、底を取りにくいという特徴があります。
根がかりしやすい障害物の多いところでは、棒状シンカーを使うことをおすすめします。

【デコイ】ダウンシンカー コツコツ君

デコイのダウンシンカーコツコツ君は、ハードマテリアル素材を使用しているので感度が抜群の丸型シンカーです。

感度が抜群なので、フォール中のバイトを見逃すことはありません。
比重が軽いので、フォールスピードが抑え気味になっています。
アジングや根魚など、使える幅が広くおすすめのシンカーです。

【バレーヒル】TG SINKER 18 ドロップショット TGS18-10

タングステン素材で涙型ののダウンショット用シンカーです。

比重が重い素材のため、沈みが早く、仕掛けを早く水に沈めたいときや、波や風の強い時にも狙ったところに落としやすいです。
バランスの良いシンカーなので、持っておくと安心です。

【ジャッカル】JKタングステンスティック ダウンショットシンカー

すり抜け重視の、シンプルなスティックダウンショットシンカーです。
ラインの結びコブを引っ掛けられるスイベルがついています。

根がかりが多いところでは、ジャッカルJKタングステンスティックダウンショットシンカーをおすすめします。

おすすめのフック

バス釣りではフックにマスバリを使うのが一般的ですが、ソルトゲームではオフセットフックがおすすめです。

【オーナー針】B-99 マルチオフセットフック

ロングネックの設計が、ワームのズレを激減させてくれます。
ワームがズレにくいため、仕掛けを直す手間を少なくし、手返し良く釣ることができます。

マルチオフセットフックを持っていれば、ダウンショットリグだけでなく、テキサスリグやジカリグなども試せます。
使いやすくお得なフックです。

【ダイワ】ロックフィッシュ用オフセットフック ごん太

SaqSas仕様のためフッキングしやすいハードロック専用フックです。

最大の魅力は驚異の貫通力で、ショートバイトや小さなアタリも見逃さず、硬い根魚にもサクッと刺さり、簡単にアワセられるくらい刺さります。

刺さり性能はダイワの従来品と比べ、40%もアップしました。
サクッと刺さる感覚、体感してみませんか?

おすすめのライン

ダウンショットリグのタックルにおいて、ラインは、PEライン、フロロカーボンライン、ナイロンラインの各種どれでも使うことが可能です。

例えばロックフィッシュなら、メインラインにPE0.6〜1.5号、リーダーにはフロロカーボンラインの8lb〜12lbを組み合わせます。
エギングやチニングなら、フロロカーボンライン8lb〜12lbなどが基準になってきます。

【クレハ】シーガー フロロマイスター 320m

クレハシーガーフロロマイスターは、お得な320m巻のフロロカーボンラインです。

ダウンショットリグには根がかりがつきものですが、シーガーフロロマイスターなら、結び目のアタリでぷちっと切れてくれますので、無駄が少ないです。
ダウンショットリグで釣るなら、おすすめのラインです。

おすすめのワーム(ルアー)

ワームは、釣りたい魚に合わせて選ぶとよいでしょう。
ロックフィッシュやアジング、シーバスゲーム、チニングにおすすめのワームを集めました。

【エコギア】ワーム 熟成アクア バグアンツ

ダウンショットリグなら、着底してワームをふわっと浮かせるだけで釣れるかもしれません。

エコギア熟成アクアバグアンツは、旨味成分の熟成と、バグアンツの形で、甲殻類が大好きなハタやアイナメ、ソイを始めとするロックフィッシュをしっかり引きつけてくれます。
ダウンショットリグでロックフィッシュを狙うならおすすめのワームです。

【メジャークラフト】パラワーム

ただ巻きでも釣れる、とアマゾンでも人気のワームです。
ダウンショットリグのフォールやスイミングに合わせて、ワームがよく動いてくれます。
ダウンショットリグとパラワームフォールイカの組み合わせで爆釣間違いなしです。

【バークレイ】ガルプ!ソルトウォーター バルキーホッグ

チニングをするなら、こちらのワームがおすすめです。
短い距離でプルプルと動きを変化させるから、活性が低い場面でも、魚がぱくっときます。

ぷにぷにもちもちとした触感で、針持ちがよく、集魚力の高い匂いと色なので、ここぞという時に活躍してくれるワームです。

おすすめのロッド・釣竿

ロッドや釣竿は、どんなものでも使用可能です。
軽めのウェイトのロッドだとダウンショットリグとの相性が良いです。
ライトゲーム用などがおすすめです。

硬さはML〜Lくらいだとアタリも分かりやすく釣りやすくなります。
リールはスピニングリールの2000番台を組み合わせると良いでしょう。

【シマノ】ルアーマチック S90ML

コスパよし、デザインよし、操作性良しで、初めてのロッドに最適です。
シマノのルアーマチックは、バスだけでなく、ロックフィッシュやシーバスやイカ、トラウトまで幅広くカバーしている汎用性の高いロッドです。

初心者にも投げやすい設計で、ダウンショットリグを投げるのにもぴったりです。
初めての一本にいかがですか?

【ダイワ】8.6ft エメラルダス アウトガイド 86M

ダイワの8.6ftエメラルダスアウトガイド86Mは、エギングロッドですが、ライトショアジギングも楽しめる汎用性の高いロッドです。

長さを生かしてエギや軽めのメタルジグを遠投しやすい設計になっていて、もちろんダウンショットリグをロングキャストすることも可能です。
初めてのエギング専用ロッドにいかがですか。

【アブガルシア】エラディケーター ロックスイーパー ERSS-811MH

近距離も中距離も遠距離も、テトラ周りのスイミングもケーソンの穴撃ちも、沖のブレイク狙いもなんでもできる、ちょっと背伸びしたロックフィッシュ専用ロッドはいかがですか?

キャスト時、魚とのファイト時にキレイに曲がるしなやかさと、感度や操作性を併せ持った究極のロックフィッシュロッドです。
ロックフィッシュを極めたいあなたに。

スポンサーリンク

ダウンショットリグの使い方・アクション

出典:写真AC

ダウンショットリグの基本的な使い方は、キャストして、沈めていき、着底して糸ふけをとったらシェイクし、底を取りながら巻く、という繰り返しです。
底を取りながらのズル引きは、根がかりに注意しましょう。

ダウンショットリグのアクションは、巻きながらシェイクさせたり、小刻みに揺らしてスイミングさせたり、リフトアンドフォールしたりするのもアピール力が高まります。

ロックフィッシュの場合は、穴に落としこんで底を取り、ワームをふわっと浮かせているだけでも誘いになります。

実際に釣っている動画です。
仕掛け作成から、釣り上げるところまでの釣り全体を見ることができます。

初心者向けダウンショットリグ【とっても簡単】ロックフィッシュ攻略

放置するのも、水流がある程度あるところでは有効です。
エギングでは、キャストして竿を横に動かし、正面に戻すを繰り返すと、フックとエギが水平になり、イカがかかりやすくなります。

スポンサーリンク

ダウンショットリグまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ダウンショットリグの作り方と使い方を徹底解説!結び方・アクションもご紹介」というテーマに沿って、「ダウンショットリグとは?」「ダウンショットリグの作り方・結び方」「ダウンショットリグに使用するおすすめのパーツ」「ダウンショットリグの使い方・アクション」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

テキサスリグの作り方と使い方を徹底解説!おすすめのワーム・シンカーもご紹介
バス釣りやロックフィッシュ釣りにおすすめのテキサスリグ。今回、釣りラボでは、そんなテキサスリグについて、テキサスリグの作…
フリーリグの作り方と使い方を徹底解説|作り方・アクション
近年新たに登場し、徐々に人気を博しているフリーリグ。今回、釣りラボでは、そんなフリーリグについて、リグの特徴、作り方、使…
ネコリグとは?作り方やおすすめのパーツ、使い方・アクションを徹底解説
バス釣りやロックフィッシュにおすすめのネコリグ。今回、釣りラボでは、そんなネコリグについて、リグの特徴、作り方、使い方、…
キャロライナリグの作り方と使い方を徹底解説!パーツ・アクションも解説
ヒラメ、ロックフィッシュ、アジング、バス釣りなどにおすすめのキャロライナリグ。今回、釣りラボでは、そんなキャロライナリグ…
ロックフィッシュとは?釣り方のコツやおすすめタックル・仕掛けをご紹介
ロックフィッシュ釣り(ゲーム)は、近年とても人気が上昇している釣りの一つです。今回、釣りラボでは、ロックフィッシュ(根魚…