【2021年】ジギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング9選!メリットは?

ジギングにハイギアリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、ジギング向けハイギアリールの特徴、おすすめのジギング向けハイギアリール、2021年シーズンに向けた新製品のジギング向けハイギアリールをご紹介します。

リール ジギング
スポンサーリンク

そもそもギア比とは?

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 16 BG 4000H (2016モデル)

ギア比と言われても、初心者の方にはなんとなくとしか分からない方もいますよね。
説明してと言われてもなかなか表現しにくいものです。

今回は、そもそものギア比とは何か、ということからご説明していきます。

ギア比とは、ハンドルを1回転した際にローターが何回ラインを巻き取るかと言う比率のことです。
ギア比1:5となっている場合は、ハンドル1回転につきローターが5回転ということになります。

その中で「ローギア」「ノーマルギア」「ハイギア」「パワーギア」と一般的に4つ分類されています。

重いギアで、ハンドル1回転の巻き取りが長いものをハイギアと言います。
軽いギアで、巻き取りが短いものをローギアと言います。
それぞれ良さがあるので、特徴を理解してどのタイプを使うか見極めると良いです。

スポンサーリンク

ジギングにハイギアリールを使うメリット

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 セドナ 4000XG エギング フラットフィッシュ 青物 シーバス 初心者向け

ここでは、ジギングにハイギアリールを使うメリットについてお話します。
どんな釣りも同じですが、なぜそのリールやロッドを使うのかはメリットがあるからです。
メリット、デメリットを理解しご自分のお好きなリールを手に入れましょう。

メリット1:コントロール性

遠投や魚がヒットした時などに発生する糸のたるみをすぐに巻き取れるのがハイギアリールです。
巻き取りが早いとコントロールしやすく、アタリの時も操作性が上がり釣りやすくなります。
そのため、より巻き取りが早いハイギアリールはおすすめです。

メリット2:ルアー回収の速さ

巻き取りが早いハイギアリールはルアーの回収も早いため、手返しが良くなります。
ルアーを早く回収し、次のポイントを狙えるのでその分アタリの可能性もアップします。
もちろん近距離での釣りではメリットを感じずらいですが、遠投する可能性の高いジギングでは重要なポイントです。

スポンサーリンク

ジギング向けハイギアリールおすすめ人気6選

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 16 キャタリナ 4000 (2016モデル)

ここからは、ジギング向けハイギアリールのおすすめをご紹介致します。
オフショア、ショアジギングをそれぞれ3つずつご説明します。

是非参考にしてみてください。

オフショアジギング向けハイギアリール人気3選

まず初めに、オフショアジギングに向いているハイギアリールをご紹介致します。

【ダイワ】16BG 4000H

2016年発売のスピニングリールです。
エアローター搭載で強度と軽量化を実現しています。
高性能でお手頃価格なので、コストパフォーマンス抜群です。

【シマノ】セドナ 4000XG

安定した操作性で初心者の方にもおすすめのハイギアリールです。
最初の1台に、予備としての1台にと様々な用途が期待できおすすめです。

【ダイワ】キャタリナ 4000H

2016年発売のダイワのジギング向けスピニングリールです。
巻き上げスピードや手返しの良さが抜群でおすすめの1台です。
価格は少し上がり初めての購入には勇気がいりますが、納得の高性能です。

ショアジギング向けハイギアリール人気3選

ここからは、ショアジギング向けのハイギアリールを3台ご紹介します。
ポイントを抑えつつ、お手頃価格や高品質なものまでご説明します。

【シマノ】ステラ4000XG

2017年発売のハイギアリールです。
サイレントドライブを採用し、気になる音を最小限に抑え快適な釣りを実現しております。
防水性、耐久性も向上し長く使用することができます。

【シマノ】ストラディックSW 4000HG

ライトショアジギングにも対応できるハイギアリールです。
インフィニティドライブを搭載し、軽い巻上げと力強いファイトを可能にしています。
防水性や耐久性も良く、高品質なリールでおすすめです。

【ダイワ】セルテートLT 4000CXH

2019年発売、ダイワのジギング対応スピニングリールです。
軽量化に特化したダイワですが、同時に耐久性も備えることに成功しています。
手返しが良く長く使用できる商品です。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのジギング向けハイギアリール3選

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 18 ステラ 4000XG サーフ ヒラスズキ ショアジギング・キャスティング

最後に、2021年発売の最新や新製品をご紹介致します。
高品質なリールが更に進化し魅力満載となっております。

【シマノ】アルテグラ C3000HG

2021年発売のコストパフォーマンス抜群なジギング向けリールです。
この価格で?と驚くような性能を搭載しており、基本の要素は全て備わっています。
初心者の方はもちろん、2台目や予備として購入するのもアリです。

【ダイワ】フリームスLT 4000-CXH

軽量化にこだわったダイワの新製品です。
巻取りの早さも特徴で体の負担も少なく、長時間のファイトが可能となっております。
ゴールドが映えるデザインもおすすめの1つです。

【ダイワ】21 セルテートSW 10000-H

2021年、ダイワから発売の大型スピニングリールです。

21 セルテートSW 10000-Hは、オフショアジギング標準番手でありながら、同番手以上の剛性とパワーを併せ持った、ハイギア搭載のスピニングリールです。
イナーシャを抑えたタフデジギアは、高速巻き上げで発生する空転による疲れを防いでくれます

深場を狙うオフショアジギングでは、巻き上げパワーと同様に、低イナーシャ化が必須搭載技術です。

スポンサーリンク

ジギング向けハイギアリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 4000HG ライトショアジギング プラッギング オフショアキャスティング サーフ 青物

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】ジギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング9選!メリットは?」というテーマに沿って、

  • そもそもギア比とは?
  • ジギングにハイギアリールを使うメリット
  • ジギング向けハイギアリールおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめのジギング向けハイギアリール3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

ハイギアなジギングリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ショアジギング向けハイギアリールおすすめ人気ランキング9選!メリットは?
ショアジギングにハイギアリールを使うメリットは何なのでしょうか?今回、釣りラボでは、ショアジギング向けハイギアリールの特…
【2021年】ショアジギングリールおすすめ人気ランキング14選!選び方やコスパ最強製品も
大物を狙うことができるショアジギング。今回、釣りラボでは、ショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、コスパ抜…
【2021年】ジギングリールおすすめ人気20選!初心者から上級者までコスパ最強製品をご紹介
ジギングをする際に活躍するジギングリール。今回、釣りラボでは、ジギングリールの選び方(番手・種類・ギア比)、人気メーカー…
【2021年】ライトショアジギングリールおすすめ11選!ダイワ・シマノのコスパ最強製品も
海釣りで人気の高いライトショアジギング。今回、釣りラボでは、ライトショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、…
コスパ最強のライトジギングリールおすすめ人気7選!ベイト・スピニングのどっちを選べば良い?
ライトジギングは、比較的軽いジグを使用した釣り方のことで、中型の青物やシーバス、根魚などを狙う釣り方として人気です。今回…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン