【2023年】青物向けのpeラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

peラインで青物を狙ってみたい方は必見。今回、釣りラボでは、青物向けのpeラインの特徴、おすすめの青物向けのpeライン、コスパ最強製品、2023年シーズンに向けた新製品の青物向けのpeラインをご紹介します。

ライン・釣り糸 PEライン
スポンサーリンク

青物向けのpeラインの選び方

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 8本編み 150m 1.0号 ライムグリーン 22.4lb PL-M58R 釣り糸 ライン 1号

peラインは、青物釣りで主流のメインラインです。
強度に優れておりラインを細くすることができるため、抜群の飛距離を出せるほか、僅かなアタリを感知して手元にしっかり伝達してくれます。

また、伸縮性がないため、フッキングが決まりやすいといった利点もあります。
ここからは、青物向けのpeラインの選び方や、おすすめのアイテムをご紹介していきます。
まずは、peラインの選び方を簡単にご説明します。

選ぶポイント1:号数(太さ)

青物向けのpeラインの太さは、釣り場や狙うターゲットに合わせて選びます。
小型の青物であれば「1.0号〜1.5号」を基準に選択をし、大型の青物であれば「2.0号〜3.0号」程度を選択しましょう。

選ぶポイント2:カラー

peラインのカラーは「ホワイト」や「グレー」がスタンダードですが、ナイトゲームの際は視認性を高めるために「ピンク」や「グリーン」などがおすすめです。

ラインをしっかり目視できると、ライン軌道が見えやすく、思いのままにルアーコントロール、アプローチを可能にします。

スポンサーリンク

【2023年最新】青物向けのpeラインおすすめ人気8選|コスパ最強

シーガー(Seaguar) ライン PEライン シーガー PE X8 釣り用PEライン 300m 2号 35lb(15.9kg) マルチ

ここからはおすすめの「青物向けのpeライン」をご紹介します。
実績抜群の人気アイテムから、コスパに優れたものを厳選しました。
購入を検討している方、ぜひチェックしてみてください。

シーガー(Seaguar)

【シーガー】PE X8 エックスエイト

絶大な人気を誇る青物向けのpeラインです。
マルチカラーを採用しているため、視認性が抜群に良いです。

強度としなやかさを両立しており、大変扱いやすいアイテムです。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 使いやすく、巻き癖が付きにくくメンテナンス性も良い。
  • 安価で良質であり、使いやすい。
  • 使いやすさに優れ、多彩な釣りに適している。
  • ノットも問題なく組め、十分利用できる。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • たかりやすいようで、期待外れだった。
  • あまり拘る必要性を感じなかった、まあまあの良さ。
シマノ(SHIMANO)

【シマノ】タナトル8

スムーズな飛距離用peライン

しなやかな特徴を持つ青物向けのpeラインです。
極細繊維を採用しているので、質感が滑らかなソフトタイプ仕様になっています。

ラインの表面が滑らかなため、飛距離が向上すると共にライントラブルを軽減してくれます。

こんな人におすすめ

  • 青物釣りで、ラインの太さを抑えたい方
  • 遠投をしているとライトゲームが好きな方

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • PEが進化し耐久性に優れ、ライントラブルが激減。
  • 適度なコシがあり、扱いやすい。
  • 色抜けがあるが、メンテナンスすれば一シーズン使える。
  • 釣果が上がる。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 初めはコーティングが硬めで、摩擦熱で高切れしやすいため注意が必要。
  • 長さに誤差があり、早く切り替える必要がある。
  • 可もなく不可もなくの印象。
シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ピットブル

低伸度・高感度な青物向けのpeラインです。
8本編を採用しているので、強度にも優れており大型の青物でもしっかり対応してくれます。

値段が比較的リーズナブルな点もおすすめのポイントです。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • コスパが良く、安い。
  • 釣具屋で買うより割引が良い。
  • 十分な性能で快適に使える。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 特別何が良いわけでもなく、特徴がない。
  • 1号以下はお勧めできない。
DUEL(デュエル)

【デュエル】HARDCORE X4

強靭で投げやすいpeライン

高強度でコシのある青物向けのpeラインです。
大物に対してもしっかり対応するほか、投げやすく飛距離が出しやすいため、ロングディスタンスアプローチを可能にします。

値段が安いため手軽に入手できる点も魅力の一つです。

こんな人におすすめ

  • 青物狙いの釣りをよくする方
  • コストパフォーマンスに優れた釣り道具を探している方

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • コスパがいい。
  • PEラインで遠投に便利で、強度もあり、大物も安心。
  • 釣りが面白くなる。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 飛距離にやや難あり。
  • 色の配列がよくないため、水に濡れると見分けがつきにくい。
DUEL(デュエル)

【デュエル】HARDCORE スーパー X4

撥水仕様の青物向けのpeラインです。
耐久性に優れており、長い間クオリティの高い状態で使用することができます。

また、優れた強度と適度なハリとコシがあるため、幅広いシーンで抜群の操作性を実現してくれます。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • ベイトリールに使いやすく、問題なく使える。
  • 強度があり、細いため飛距離がよく、ナイロンやフロロより圧倒的に強い。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 赤色の部分が白い。
  • 1.5号で根掛りで簡単に切れた。
ヤマトヨテグス(YAMATOYO)

【ヤマトヨテグス】ファメル

魚を狙えるpeライン

ショアジギングに特化した青物向けのpeラインです。
ラインカラーはグレーを採用しており、水馴染みが良いため魚に違和感を与えません。

超低伸度設計を施しているため、遠投時のアタリも見事にキャッチしてフッキング率を向上させてくれます。

こんな人におすすめ

  • ショアジギングで釣りをする方
  • 遠投を必要とする釣りに慣れている方

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 値段の割にしっかりしている。
  • 気軽に巻き替えができるので、リピート購入できる。
  • トラブルレスで耐久性も良い。
  • 使いやすくて強い。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 扱いにくくすぐにバクリ安くもつれ易い。
  • すぐ切れる。
  • キャストする度にラインに結びコブができてしまう。
  • 最初に投げた時からもつれる。
  • 海水を吸収してしまう。
  • ダマになってしまう。
  • 3回の釣行ですぐに切れてしまった。
ゴーセン(GOSEN)

【ゴーセン】剛戦ジギング 8ブレイド

300m巻き大容量のコスパに優れた青物向けのpeラインです。
急なライントラブルに見舞われても、迅速に対応することができます。

強度に優れているため、青物の強烈な引きに対してもしっかり対応します。

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • どのラインの太さも使いやすく、切れにくく、配色も蛍光っぽくて好き。
  • コスパが良く、別の有名メーカーよりも切れにくい。
  • 切れにくいし、色も綺麗で見やすい。
  • 長持ちする。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • 1.2号300mがない。
  • 購入したラインによっては高切れすることがある。
  • 黄色のラインに白のマーカーが見づらい。
放浪カモメ

【放浪カモメ】アルティメットパワー

自在な釣りを実現するpeライン

種類が豊富な青物向けのpeラインです。
幅広い号数とラインカラーをラインナップしているため、さまざまなターゲットや、フィールドの状況に合わせることができます。

peラインに求められる基本性能を存分に備えており、安心快適な釣りを展開することができます。

こんな人におすすめ

  • 青物をターゲットにする釣りをよくする方
  • peラインの太さやカラーを自分好みに選びたい方

高評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • コストパフォーマンスが良く、強度もあり、使い心地も良い。
  • 水切れが良く、ロッドに張り付くこともなく、根がかりしても中切れしない。
  • 視認性がよく、釣果や飛距離の把握がしやすい。

低評価の口コミ・評判をピックアップ!

  • バックラッシュすると切れる場合がある。
  • 太さが不正確で、実際の太さと説明書記載の太さが違う場合があり、商品説明が信用できなくなる。
  • 糸鳴き、色落ち、スプールの割れなど、トラブルが起きる場合がある。
スポンサーリンク

青物向けのpeラインについてまとめ

シマノ(SHIMANO) PEライン タナトル8 300m 1.5号 31.7lb PL-F78R 釣り糸

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2023年】青物向けのpeラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 青物向けのpeラインの選び方
  • 【2023年最新】青物向けのpeラインおすすめ人気8選|コスパ最強

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2023年】投げ釣り用のpeラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
peラインのなかでも、投げ釣りに使えるものをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、投げ釣り用のpeラインの特徴、おすすめ...
【2023年】メバリング向けのpeラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
peラインのなかでもメバリングに対応したものをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、メバリング向けのpeラインの特徴、お...
【2023年】渓流釣り向けのpeラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
peラインで渓流釣りを楽しみたい方は必見。今回、釣りラボでは、渓流釣り向けのpeラインの特徴、おすすめの渓流釣り向けのp...
【2023年】サーフ向けのpeラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
peラインのなかでも、サーフで使えるものをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、サーフ向けのpeラインの特徴、おすすめの...
【2023年】高比重のpeラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
peラインのなかでも、高比重のものをお探しの方は必見。今回、釣りラボでは、高比重のpeラインの特徴、おすすめの高比重のp...
【2023年】軽量ソロテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンプは一人で気軽に、周りに気兼ねなくできますが、荷物を一人で持たなければならず、少しでも軽くしたいものです。今回...
【2023年】1人用レジャーシートおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
ソロキャンプを楽しんでいるあなたにおすすめしたい!今話題のレジャーシートはこちら!今回、キャンプライクでは、1人用レジャ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

PEライン
釣りラボマガジン