【2024年】アジングにおすすめなPEライン9選!号数などの選び方も紹介

ライトソルトゲームの中でも特に人気のあるアジング。今回釣りラボでは、そんなアジングで使用するPEラインに焦点を当て、おすすめのPEラインや、2024年の新製品、PEラインの失敗しない選び方、リーダーとの結び方まで詳しく解説していきます。

PEライン アジング
スポンサーリンク

アジングにPEラインは最適?

サンライン(SUNLINE) PEライン ソルティメイト スモールゲーム HG 150m 0.3号 5lb サクラピンク

PEラインはアジの特性にあわせた釣りができる為、アジングに適しているラインです。
メリットが多い反面デメリットもいくつかありますので、あわせて確認していきましょう。

PEラインのメリット

PEラインを使用する主なメリットをご紹介します。

アジの繊細なアタリを捉える事ができる

ソルトルアーフィッシングの中でも、アジのアタリはとても繊細です。
PEラインはライン自体がほとんど伸縮しないという特徴がある為、アジの小さなアタリをダイレクトに手元に伝えることができます。

遠投に適している

PEラインは他のラインに比べて引っ張り強度がとても強いため、細いラインを使用することが可能です。
細いラインを使用すると、より遠くへルアーを投げることが可能になりますので、その分アジが食いつくチャンスを増やすことができます。

軽いルアーが扱いやすい

アジングでは軽量のジグヘッドをメインに扱いますので、軽くてもしっかりキャスティングできるライン選びが重要です。
PEラインであれば細い号数を選択する事が可能になりますので、ルアー操作も扱いやすくなります。

PEラインのデメリット

反対にデメリットもありますので、下記注意するようにしてください。

根ズレに弱い

PEラインは引っ張りに対する強度は強いものの、耐摩耗性においては他のラインよりも劣りますので、ショックリーダー をあわせて使用する事が必須となります。

水に浮きやすい

通常のPEラインは低比重のため、ラインが水に浮いてしまい扱いづらい事があります。
PEラインの中でも高比重に作られているものもありますので、商品を選ぶ際にはチェックすると良いでしょう。

他のラインに比べて価格が高い

ナイロンやフロロカーボンなどと比較すると価格が高い傾向にあります。
高価な反面、PEラインは長く使用する事ができますので、その点はメリットとも言えるでしょう。

スポンサーリンク

アジングのPEラインの選び方

東レ(TORAY) ライン ソルトライン スーパーライト PE 0.3号(6lb) F72N

ここからはアジングで使用するPEラインの選び方についてご紹介していきます。

選ぶポイント1:PEラインの太さ・号数

ラインの太さや号数は、狙うアジの大きさや利用するリグによって選ぶと良いでしょう。
アジングにおいては、0.3号程度のPEラインが最も使用されていますが、0.1号以下の極細ラインや0.6号程度も使用されます。

ライン選択の一つの目安として、30センチ以上の大きなアジを狙いたい場合はメタルジグで、PEラインは3号程度を使用し、小アジを狙いたい場合は1g以下のワームで、PEラインは0.1号以下を選択するイメージがおすすめです。

その日の釣果によって狙いを変えられるよう、サイズ別に2種類以上は用意しておくと対応しやすいですね。

選ぶポイント2:PEラインの長さ

ラインの長さは、号数が大きくなるにつれて長いものを用意すると良いでしょう。
目安としては0.3号程度までであれば75m、それ以上の号数のものは100メートル程度がおすすめです。

また一般的にPEラインは長持ちするというメリットがありますので、長めに巻いておいてカットしながら使用しても良いでしょう。
長めに巻いておけばライントラブルにも対応しやすいため、初心者の方は安心ですね。

スポンサーリンク

おすすめのアジング用PEラインを号数別に4つご紹介

ダイワ(Daiwa) PEライン アジング メバリング 月下美人 UVF 月ノ響II +Si 100m 0.4号 7lb ホワイトピンク

アジングPEラインは様々なメーカーから販売されています。
おすすめを紹介していきますので、是非参考にしてください。

HERCULES

【ヘラクレス】PEライン 4本編み 0.2号 100m

コスパ最強のPEライン

コストパフォーマンス重視で、少しでも安くアジングをしたいと考えるのであれば、選択肢のひとつとして候補に入れておきましょう。

海外製の安いPEラインは、品質が安定しないものもありますので、直射日光の下に長時間放置しない、使用後は塩抜きを確実にしてラインスプレーを十分に吹いておくなどなメンテナンスを怠らず、なるべく早いサイクルでラインを交換するようにしましょう。

こんな人におすすめ

  • 予算が限られており、コストパフォーマンスを重視する方
  • PEラインの使い方やメンテナンスについて十分に理解している方
DUEL(デュエル)

【DUEL】PEライン アーマード F+ Pro アジ・メバル|0.1号以下の

こちらは0.06号のPEラインです。
PEラインにフロロ粒子をシリコンでコーティングされており、強度、感度、耐摩耗に優れた作りになっています。

エックスブレイド(X-Braid)

【YGK】Xブレイド アップグレイド ペンタグラム X8

強靭で多機能なPEライン

高密度ピッチ製法、 WX8工法 、GP加工 、 HST加工により、耐摩耗性と直線強力という相反する性能を兼ね備えることに成功したYGKの8本編みPEラインです。

オールカテゴリーのPEラインでアジングには、アジのサイズに合わせて選択できるバリエーションも準備されています。
5色のカラーマーカーで、ラインの出ていった長さも確認できます。

こんな人におすすめ

  • アジングをする際に、ラインブレイクや糸ふけが問題になることがある方
  • ラインの出ていった長さを確認することができた方が安心できる方
エックスブレイド(X-Braid)

【YGK】エックスブレイド アップグレード X4 150m

高性能アジングPEライン

PEフィラメントを高密度に編み上げたアジング用好感度ラインです。

高密度に編み上げたPEラインは、一般的には耐摩耗性が上がるかわりに、直線強度が低下する特性がありますが、アップグレードX4は、高密度ピッチ製法に加え、WX4工法、GP加工、HST加工などの特殊加工により、耐摩耗性と直線強度という、トレードオフの関係である特性の両立を高いレベルで実現した、ハリが強く扱いやすい、ハイパフォーマンスラインです。

こんな人におすすめ

  • アジング釣りで最高の感度が欲しいと思っている方
  • PEラインの耐摩耗性と直線強度の両立を求めている方
DUEL(デュエル)

【DUEL】HARDCORE Super X8

耐久性抜群のPEライン

2021年2月、DUELから発売のPEラインになります。

HARDCORE Super X8は8本圧縮編み込みになり、引っ張り強度・擦れ強度ともに耐久性抜群です。
ボトムをとるアジングには効果的なPEラインです。
原糸には東レ最新のポリ繊維を使用しているため、摩耗性・品質も確保されておりますので、細糸でもフルキャストやアジの締め込みにもしっかり耐えてくれます。

こんな人におすすめ

  • アジングという釣り方に興味があり、PEラインを探している方
  • 軽いルアーでの釣りにこだわり、細糸でもしっかりとした強度を求めている方
サンライン(SUNLINE)

【サンライン】PE ソルティメイト スモールゲーム HG 150m 0.3号 5lb|0.3号の

視認性に優れたサクラピンクのPEラインです。
アジ以外のビッグフィッシュにも対応できるハイグレード素材が使用されています。

東レ(TORAY)

【東レ】ソルトライン スーパーライト 0.3号 F72N|0.3号の

優れた操作性と高感度を実現したPEラインです。
夜釣りでも視認しやすいオレンジのカラーが特徴です。

バリバス(VARIVAS)

【バリバス】VARIVAS 4 ウォーターブルー

強く感じるPEライン

VARIVAS 4 ウォーターブルーは、ワカサギ用ラインなど、細糸ライン製作に定評のあるバリバスが2022年に発売したPEラインになります。

原糸レベルでの強度と感度を充実させ、編み込みバランスと視認性の良いブルーを着色したことで、手感度だけでなく、ラインの走りでバイトキャッチ出来る仕様が施されています。

こんな人におすすめ

  • アジング釣りを始めて間もないけれど、PEラインに興味がある方
  • アジング釣りによく使うPEラインに求める強度と感度のバランスに重視する方
ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】月下美人 UVF 月ノ響II +Si 100m 7lb|0.4号の

アジ・メバルをターゲットに作られたPEラインです。
ダイワ 独自の低伸度設計により、遠くのアタリも高感度にキャッチする事が可能です。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】ピットブル G5

アジングにおいて、ラインの性能最大限に活かすことができるPEラインです。

高比重で沈みやすく、糸ふけが出にくいため、風の影響を受けにくく、正確なキャストが可能です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】UVFエメラルダスデュラセンサーX8+Si2

アジングにおけるPEラインに最適なUVFエメラルダスデュラセンサーX8+Si 0.4号です。

エギング専用に設計され、高強度・高耐摩耗性素材TOUGH PE×UVF加工とNEW EvoSlicone2加工により、飛距離アップとガイドの擦れ音を激減させます。

新原糸TOUGH PEの採用により、耐摩耗性が300%以上向上しており、長時間の使用にも耐える強度を備えています。

スポンサーリンク

PEライン以外にアジングにおすすめなライン

ヘラクレス(HERCULES) peライン 色落ちしない 4本編み 釣り ライン 遠投 PE 釣り糸 高強度 PE釣糸 高感度 釣り用 ライン 柔軟性 伸びない pe 糸 投げ釣り 海釣り 船釣り アジング エギング 汎用性 道糸 劣化しにくい 高耐久性 柔らかい 釣糸 100m 0.2号 (2.7kg/6lb 0.08mm)

PEライン以外の素材でもアジングに適したラインがあります。
それぞれのラインの特徴を把握した上で使用するようにしましょう。

ナイロンライン

ナイロンは根ズレに強いという特徴があります。
アジングで使用する際にはショックリーダーを使用せずルアーを付けることもできますので手軽にアジングを楽しみたい方におすすめです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】月下美人 TYPE-N 煌 150m 2.5lb (0.6号) サイトイエロー

しなやかで高感度な作りになっているナイロンラインです。
ナイロンはよく伸びるという特徴がありますが、こちらは低伸度設計で小さなアタリも逃しません。

フロロカーボンライン

フロロカーボンラインは高比重が特徴で、ルアーが扱いやすいラインです。
ナイロンラインに比べて価格が高くなりますが、耐久性が高いため長く使用できます。

ユニチカ(UNITIKA)

【ユニチカ】ナイトゲーム ザ・アジFC 150m ナチュラルクリアー

こちらはアジングの専用ラインとして販売されている、ユニチカのフロロカーボンラインです。

ポリエステルライン

ポリエステルラインは、ナイロンやフロロカーボンに比べて低伸縮なため、アタリが掴みやすい点がメリットとなります。
また、水に沈みやすいため、ルアーの深度調節がしやすいラインとしてもおすすめです。

サンライン(SUNLINE)

【サンライン】ソルティメイト 鯵の糸 240m 0.35号 1.75lb

特殊エステル製法により、小さなアタリも逃さない「高感度」と耐久性の高い「高強度」を実現したアジング専用ラインです。

スポンサーリンク

アジングにおすすめなリーダー

エックスブレイド(X-Braid) アップグレード X4 150m 0.2号 4lbオーキドホワイト1m15cm毎 ウルゲソピンクマーク

PEラインのトラブルを回避するためショックリーダー は必ず使用するようにしましょう。

DUEL(デュエル)

【DUEL】4〜100Lbs. TB CARBON

こちらはデュエルのショアゲーム全般に使用できるショックリーダーです。

バリバス(VARIVAS)

【VARIVAS】ライトゲーム フロロカーボン 30m

ライトゲーム用のショックリーダーです。
PEラインはもちろん他の素材のラインとも相性が良く、使いやすいリーダーです。

スポンサーリンク

PEラインとリーダーの結び方

ダイワ(DAIWA) ナイロンライン 月下美人TYPE-N2 2.5lb. 150m 煌 サイトイエロー

PEラインとリーダーは解けないようしっかりと結びつけます。
2種類のリーダー結び方を紹介しますので、釣りに出かける前にマスターしましょう。

トリプルエイトノット

ライトライトゲーム全般で使用可能な結び方です。
とても簡単なので、手元が見えづらい夜間でも結ぶ事ができるでしょう。

3.5ノット

こちらもアジングをする際に覚えておくと良い結び方です。
手軽で結び目が小さく仕上がります。

スポンサーリンク

アジング用のPEラインに関するまとめ

ユニチカ(UNITIKA) ライン ナイトゲーム ザ・アジFC 150m ナチュラルクリアー2.5LB ナチュラルクリアー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2024年】アジングにおすすめなPEライン9選!号数などの選び方も紹介」というテーマに沿って、

  • アジングにPEラインは最適?
  • アジングのPEラインの選び方
  • おすすめのアジング用PEラインを号数別に4つご紹介
  • PEライン以外にアジングにおすすめなライン
  • アジングにおすすめなリーダー
  • PEラインとリーダーの結び方

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2023年】コスパ抜群のPEラインおすすめ10選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ...
PEラインの太さと強度の関係を徹底解説!選び方やおすすめ商品もご紹介!
PEラインはナイロンラインややフロロカーボンラインとは異なり、太さと強度が別表記になっているのでどれを購入していいのか迷...
PEラインの強度はどれくらい?選び方のポイントや人気のPEラインランキングも紹介
PEラインは様々な釣りジャンルで使え、今やルアーフィッシングには欠かせない釣りラインです。そんなPEラインを選ぶ際にポイ...
【2024年】シマノ社製PEラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
シマノ社製のPEラインを各種揃えました。今回、釣りラボでは、シマノ社製PEラインの特徴、おすすめのシマノ社製PEライン、...
バス釣りにおすすめのPEライン11選!PEラインのメリットや使い方も解説!
バス釣りでPEラインを使って釣果を上げたいですよね。今回、釣りラボでは、バス釣りでPEラインを使用するメリット・デメリッ...
【2024年】2人用のパップテントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
話題のパップテントの中でも、2人で泊まれるものをお探しの方は必見。今回、キャンプライクでは、2人用のパップテントの特徴、...
【2024年】高速向けルーフバッグおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
車の屋根に荷物を乗せられるルーフバッグは便利ですが、高速に乗るときは落ちないようにしなければなりません。今回、キャンプラ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

PEライン
釣りラボマガジン