【2021年】スロージギング向けベイトリールおすすめ人気9選!選び方や新製品も

スロージギングにベイトリールを使う方が増えていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか?今回、釣りラボでは、スロージギング向けベイトリールの特徴、おすすめのスロージギング向けベイトリール、2021年シーズンに向けた新製品のスロージギング向けベイトリールをご紹介します。

ジギング リール
スポンサーリンク

そもそもスロージギングにベイトリールを使っても良い?

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 16 グラップラー BB 200HG 右ハンドル ライトジギング

そもそもスロージギングにベイトリールを使っても良いのでしょうか。
スロージギングは、速いスピードのリトリーブではなく、メタルジグをゆっくりと動かしてターゲットを誘う釣法です。

基本的に、ジャークやリフト&フォールなどを行いながら、フォールでターゲットを狙います。

フォールの間にアタリを感じやすいベイトリールのほうが、スピニングリールに比べてスロージギングに向いています。

メタルジグの着底を取りやすいという点も、ベイトリールがスロージギングに向いているポイントになります。

スポンサーリンク

スロージギング向けベイトリールの選び方

シマノ(SHIMANO) 両軸リール 21 オシアジガー 1500XG

スロージギング向けメイトリールの選び方を解説します。

選ぶポイント1:番手で選ぶ

スロージギング用ベイトリールを選ぶ際には、リールの番手に注目しましょう。
基本的には、スロージギングをするフィールドや深さによって必要なラインキャパから考えればよいでしょう。

ラインキャパは、水深の2倍以上の長さのラインが巻けるものを選択することをおすすめします。

近海の水深100程度のポイントでスロージギングを行う場合には、PEラインの1号から1.5号、ナイロンラインの場合には16lbから24lbが200m程度まけるものを選びましょう。
ダイワでは10番、シマノでは2000番手となります。

100mから200mの深さでスロージギングを行う場合には、PEラインではPE3号から4号、ナイロンラインでは、48lbから64lbが400m程度巻くことできるものとなり、ダイワでは20番、シマノであれば2000番程度の番手のものとなります。

200m以上の深海でスロージギングを行う場合には、PEラインの場合はPE6号から10号、ナイロンラインの場合には96lbから160lbを超えるものを500m以上巻けるもので、手巻きよりも電動リールがおすすめです。

メーカーやシリーズによっては、番手の表記が異なる場合もあるので、ラインキャパを目安にしてみてください。

選ぶポイント2:ギア比で選ぶ

スロージギング向けベイトリールを選ぶ際には、ギア比は重要なポイントになります。
海の表層面ではなく、深い場所で行う場合が多いスロージギングは、ラインを多く巻き取る必要があります。

ギア比は、ハイギアがおすすめです。
ハイギアの方が、巻き取り速度も速くなり、手返しも良くなってきます。

ただしパワーはローギアに劣りますので、パワー重視の場合にはローギアやノーマルギアでも良いでしょう。

スポンサーリンク

スロージギング向けベイトリールおすすめ人気7選

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 キャタリナ 15H-SJ (2019モデル)

スロージギング向けベイトリールおすすめ人気7選をご紹介します。

【シマノ】グラップラーBB 200HG

オフショアジギングに最適なベイトリールで、ボディにはカーボン強化素材を用い軽量化を行い、疲労軽減を図っており人気でランキングにあがることもあります。

200HGは、ギア比7.2のハイギア仕様で、ロングクランクハンドルも備えており、スロージギングに最適です。

【シマノ】オシアジガー 1500XG

シマノ独自のHAGANEボディで剛性感を高め、パーミングしやすいボディ形状で扱いやすくおすすめです。

1500は、7.3のエクストラハイギア仕様となっており、高速巻き上げと手返しの良さで扱いやすくなっています。

【ダイワ】キャタリナ 15H-SJ

パワフルな巻き上げ性能を持つ、ジギング用ベイトリールで、ハイパーデジギアやオートマチックドラグで高い基本性能を有しています。

15H-SJは、中深海などのターゲットを狙うスロージギングに最適な仕様に仕上げてあり、おすすめです。

【シマノ】トリウム 2000HG

シマノから発売されているオフショアベイトリールのエントリーモデルで、スプールロック機構や、クラッチオートリターン機構など、ジギングを行いやすい設計となっています。

2000HGは、ギア比6.2で、素早い巻き上げと手返しが特徴となっており、コンパクトなボディで扱いやすさも抜群です。

【シマノ】オシアコンクエスト 300HG

オフショア用ベイトリールのフラッグシップモデルの一つで、強く、滑らかでかつ扱いやすいシマノの技術の集大成ともいえるモデルです。

300HGは、パワーに加え滑らかな巻き上げ感が特徴で、想定外の大物がヒットしても安定して巻くことができます。
スロージギングにも適したベイトリールです。

【ダイワ】ソルティガ 15H-SJ

大型のターゲットにも余裕で対峙できる堅牢が自慢のジギング用ベイトリールで、オールカットマシンボディや、ハイパーデジギアなど耐久性を向上させています。

15H-SJは、巻き取り速度をスロージギングに最適化し、ロングハンドルをT型ノブを採用しています。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめのスロージギング向けベイトリール2選

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 20 トリウム 2000HG(右) ジギング 初心者向け

2021年新作、おすすめのスロージギング向けベイトリール2選をご紹介します。

【ダイワ】ソルティガIC 300H-SJ

2021年新製品の、ダイワの最新のジギングリールで、ハイパードライブデザインをコンセプトとし、購入時の能力が長く続きます。

300H-SJは、スロージギング対応モデルで、ギア比7.3のギア比で高速ライン巻き取りと手返しの良さが特徴です。

【シマノ】バルケッタ 300HG

2021年新作の、シマノのベイトリールで、幅広くオフショアライトゲームに対応するバリエーションがあります。

エキサイティングドラグサウンドや、ICカウンターなどスロージギングに向く仕様となっています。

300HGは、PEライン3号を200m巻くことができ、ハイギア仕様で近海でのスロージギングに向いています。

【アブガルシア】ソルティーステージ コンセプトフリー

2019年、アブガルシアから発売のソルト対応ベイトリールです。

ソルティーステージ コンセプトフリーは、ジギングからタイラバやその他ゲームまで、幅広い釣りに対応しているベイトリールになっています。
交換スプールが付属されてきますので、ターゲット変更の際にも即座にライン変更が可能です。

ロングパワーハンドル搭載ですので、シャローからディープまでバチコンゲームを楽しめます。

スポンサーリンク

スロージギング向けベイトリールについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 18 オシアコンクエストCT 300HG(右) ジギング 青物 フォールレバー 船 手巻

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】スロージギング向けベイトリールおすすめ人気9選!選び方や新製品も」というテーマに沿って、

  • そもそもスロージギングにベイトリールを使っても良い?
  • スロージギング向けベイトリールの選び方
  • スロージギング向けベイトリールおすすめ人気6選
  • 【2021年新作】おすすめのスロージギング向けベイトリール2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スロージギング用ベイトリール
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】スロージギングにおすすめのリール10選!選び方やコスパ最強製品も
青物や根魚をメインターゲットとしているスロージギング。そんなスロージギングに用いるリールはどんなものを選べばよいのでしょ…
【スロージギング入門】アクションのコツやおすすめのタックル・ジグをご紹介
スローピッチなジャークでジギングを行うスロージギングは、とても人気のあるジギングのやり方の一つです。今回、釣りラボでは、…
ジギングとは?釣り方のコツ・おすすめのタックル(ロッド/リール/ジグ)を徹底解説!
ジギングは、ルアーの一種である「メタルジグ」を使用した釣り方のことで、非常に人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボで…
【2021年】ジギングにおすすめのベイトリール人気10選!コスパ最強の製品をご紹介
オフショアジギングには、一般的にスピニングリールが使われますが、近年ベイトリールを使う方も増えています。今回、釣りラボで…
【2021年】スロージギングロッドおすすめ16選!コスパ最強の製品をご紹介
スロージギングでは、最もスタンダードなジギングを楽しむことができます。今回、釣りラボでは、スロージギングロッドの選び方、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン