【2021年】7ft台のシーバスロッドおすすめ人気ランキング8選!メリットやコスパ最強製品も

7ft台のロッドを使って、シーバスゲームに挑戦したいと考えている方必見。今回、釣りラボでは、7ft台のシーバスロッドの特徴、メリット、おすすめの7ft台のシーバスロッド、コスパ最強製品、2021年シーズンに向けた新製品の7ft台のシーバスロッドをご紹介します。

シーバス ロッド・釣竿
スポンサーリンク

7ft台のシーバスロッドを使うメリットとは?

OGK(オージーケー) 海のルアー竿カーボン ULSC70ML 70ML

7ft台のシーバスロッドを使うメリットについて解説します。
7ft台のシーバスロッドは、シーバスロッドとしては短い方になります。
この短いという特徴によって様々なメリットが生まれます。

メリット1:扱いやすい

ショートロッドのはんちゅうとなる7ft台のシーバスロッドは、扱いやすく取り回しも良くなります。

メリット2:キャスティングが正確にできる

7ft台のシーバスロッドは、キャスティング時のロッドのブレも少ないので狙った場所に正確にキャスティングすることができます。

メリット3:持ち運びがしやすい

7ft台のシーバスロッドは、ロングレングスのロッドに比べて軽いので、持ち運びしやすく、釣行での移動や、ランガンをする際にも疲労が少ないというメリットがあります。

メリット4:汎用性がある

7ft台のシーバスロッドは、小規模河川や堤防、港湾のほかボートシーバスにも使用できる汎用性の高さがあります。

スポンサーリンク

7ft台のシーバスロッドの選び方

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ディアルーナ MB シーバス S706L-4 湾奥 運河 小規模河川

7ft台のシーバスロッドの選び方について解説します。

選ぶポイント1:硬さで選ぶ

7ft台のシーバスロッドを選ぶ際には硬さに注意しましょう。
7ft台のシーバスロッドの硬さは、主として使用するルアーの重量によって決まります。

重量の大きなルアーを使用したい場合にはMからHなどの硬めのものを、重量の軽いルアーを用いる場合には、ULからML程度の柔らかめのロッドがおすすめです。
ロッドの仕様表には適合するルアーの重さが記載されているので参考にしてみてください。

選ぶポイント2:リールの種類で選ぶ

7ft台のシーバスリールを選ぶ際には、ベイトロッドかスピニングロッドかについて考えてみましょう。

スピニングリールは遠投性が良く、ライントラブルも起きにくいので、初心者にもおすすめです。

ベイトリールは、正確なキャスティングに加え、パワーがあるので、ピンポイントで狙いたい場合や、大型のシーバスを狙う場合には向いています。
自分の釣りのスタイルや技術も考慮し選ぶことをお勧めします。

スポンサーリンク

7ft台のシーバスロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】

プロックス 湾岸ウォーカーポータブル WWP763ML 763ML

7ft台のシーバスロッドおすすめ人気6選をご紹介します。
コスパ最強のものもあるので参考にしてみてください。

【OGK】海のルアー竿カーボン 70ML

OGKから発売されている海でのルアーフィッシングの万能ロッドで、2000円台で手に入れることができ、コスパ最強でおすすめです。

シーバスのほかに、サゴシ、サバ、太刀魚、アオリイカなど多彩なターゲットに対応します。

【シマノ】ディアルーナMB S706L-4

気軽にルアーフィッシングを楽しむためのモバイルロッドで、4ピースの逆並継モデルとなっています。
軽量化により、電車のほかに自転車での釣行にも気軽に持ち出すことができます。

【プロックス】湾岸ウォーカーポータブル763ML

3ピースのソルトゲーム対応ロッドで、湾岸などからシーバスを狙うのに適したモデルでおすすめです。
ライトショアジギングなどにも活用可能です。

【ダイワ】モバイルパック 705TMLS

汎用性の高い万能タイプの振出ロッドで、人気がありランキングにあがることがあります。
705TMLSは、遠投にも向くタイプで小型から中型のシーバスから、バスまで幅広く活用できるロッドです。

【ダイワ】ラテオボートシーバス 73HB

ボートシーバスモデルで、レングスが短めになっていますが、ショアからも十分に活用可能です。

軽さ、感度、キャスティングなど全体として性能をアップしています。
73HBは、ビッグベイトを用いたランカーシーバスなどに対応するハイパワーモデルです。

【アブガルシア】クロスフィールド XRFC-732H

さまざまなフィールド、釣法、ターゲットに対応するオールラウンドロッドで、どのロッドを選んでよいか迷っている初心者におすすめです。

XFRC-732Hは、シーバスのほかにロックフィッシュ、バス、ナマズなど多くの魚種に対応しています。

スポンサーリンク

【2021年新作】おすすめの7ft台のシーバスロッド2選

ダイワ(DAIWA) 万能振出ルアーロッド モバイルパック 705TMLS 釣り竿

2021年新作、おすすめの7ft台シーバスロッド2選をご紹介します。

【ダイワ】セブンハーフ 76MB

2021年新製品のロッドで、長さは同じで硬さを変化させ様々な魚種や釣り方に対応する最新のコンセプトで作られました。
シーバス狙いとしては、MBの他にMLB、MHBなどがおすすめの硬さです。

【フィッシュマン】ブリストコモド 7.5H

2021年新作の7ft台のシーバスロッドで、30gから120gといったビッグベイトをキャスティングすることを目的として作られました。
仕舞寸法は85.5cmとコンパクトになっており、携帯にも便利です。

スポンサーリンク

7ft台のシーバスロッドについてまとめ

ダイワ(DAIWA) ボートシーバスロッド ラテオ BS 73HB 釣り竿

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】7ft台のシーバスロッドおすすめ人気ランキング8選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 7ft台のシーバスロッドを使うメリットとは?
  • 7ft台のシーバスロッドの選び方
  • 7ft台のシーバスロッドおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2021年新作】おすすめの7ft台のシーバスロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

シーバスのロッドの7ft
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】シーバスロッドおすすめ人気14選!コスパ最強の製品から万能竿まで
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ…
【2021年】ダイワのおすすめシーバスロッド11選!スピニング・ベイト・振出しロッドをご紹介
釣具の総合メーカーとして多くの釣り人に愛用されているダイワ(DAIWA)。今回、釣りラボでは、ダイワのシーバスロッドにつ…
【2020年最新版】シマノ(SHIMANO)のおすすめシーバスロッド10選!選び方もご紹介
シマノ(SHIMANO)は数多くの釣り人から支持を集める釣具ブランドの一つです。今回、釣りラボでは、そんなシマノのシーバ…
【2021年】ボートシーバスロッドおすすめ17選!ダイワ・シマノ・アブガルシアの人気商品をご紹介
シーバスはショアからの釣りが定番ですが、ボートから狙うボートシーバスも初心者でも釣りやすくとてもおすすめです。今回、釣り…
【2021年最新】万能シーバスロッドおすすめ15選!特徴や選ぶポイントも紹介
シーバスロッドは万能で海釣り、エサ釣り、ルアー釣りに適しています。まずなにを準備したらいい?といった釣り初心者にもおすす…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン