おすすめのルアーケース5選と選び方|ダイワ・メイホウ【初心者必見】

釣りには必要不可欠ともいえるルアー。ルアーの数が増えていくほど、収納に困ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、そんな釣り人必見のルアーケースについて、選び方やおすすめ商品を5つご紹介します。

ルアー
スポンサーリンク

ルアーケースの選び方

ルアーケース

出典:写真AC

「気づいたらいつのまにかルアーが増えてしまって…」なんてこと、釣り好きなら誰しも経験したことがあるかと思います。

サイズや性能も様々、自分に合ったルアーケースが見つかれば釣りがもっと楽しくなること間違いなしです。

早速、ルアーケースの選び方とおすすめのルアーケースを紹介していきます。

素材・材質で選ぶ

大事なルアーを入れるものだから、丈夫で長く使えるものが良いですよね。

プラスチック製であれば、そのまま水洗いして乾かすことができます。

メッシュ素材であればコンパクトにまとめることができるので持ち運びも便利で、落とした時の衝撃にも強いというメリットがあります。

使用の用途や目的にあった素材・材質を選んでみてください。

サイズ・丈夫さ・機能性で選ぶ

ルアーのサイズはもちろんですが、バックやポケットにはいるかどうかも大事なポイントです。

まずは、お手持ちのバッグやベストのポケットのサイズを確認しましょう。

なるべくバックやポケットの中での振動が少ないように、ぴったりのサイズを選ぶのがおすすめです。
また、万が一落下してしまった時のために、クッション性のものや割れにくい丈夫な素材を選んでおくと安心ですね。

クッションタイプのものはルアーの針を刺して収納することができるのでルアー同士が絡まらないだけではなく、素早くルアーチェンジが可能になるので釣果アップも間違いなしです。

ルアーの種類で選ぶ

仕切りの多いルアーケースは、整理して収納することができるのでフック絡みが少なく見た目もキレイです。
一方で、長いルアーが入らないなどのデメリットがあるので、その場合は仕切りのないルアーケースがおすすめです。

その際、メタルジグのようなコーティングが施されたルアーだとほかのジグと接触したりケースに隙間があったりすると塗装がはがれてしまう原因にもなるので注意が必要です。

その他にエギやジグヘッド、スプーンなどは専用のケースがあるのでそちらを選ぶとよいでしょう。

お手持ちのルアーの種類に合ったルアーケースを選びましょう。

釣りたい魚で選ぶ

釣りたい魚によって使用するルアーの種類は様々です。
釣りたい魚にあったルアーケースを選ぶようにしましょう。

ワームは塩ビ系素材やスチレン系素材などが使われており、これらの影響でケースが溶けてしまう場合があるのでワームを保管する場合には「ワームプルーフ」のケースを選びましょう。

イカ釣りの場合はエギを1つずつ分けて収納できるエギケース、タイ釣りの場合にはタイラバヘッドを収納できるケースを選ぶのがおすすめです。

アジングやメバリングの際には小型のジグヘッドを収納できるコンパクトなタイプが使いやすいです。

スポンサーリンク

おすすめのルアーケース

ルアーケース

出典:写真AC

それでは実際におすすめのルアーケースを紹介していきます。

シマノ

セフィア エギケースSF

エギの収納には、こちらのルアーケースがおすすめです。

ケースを開くと袋状のポケットになっており、そこに1本ずつエギを収納することができます。
水切れのよいメッシュ素材のため丸ごと洗って乾かすことも可能です。

そしてさらにベルトに装着することもできるので、渓流でランガンなどするときにも便利です。

ダイワ

マルチケース スティーズ

バス釣りの方には、ワームプルーフ素材のこちらのルアーケースがおすすめです。

12枚の仕切り板を自分好みにアレンジして組み替えることができます。
ケース自体もコンパクトなので持ち運びにも便利で、見た目のスタイリッシュさも人気の秘訣です。

マルチケース 205ND

見た目のおしゃれさもさることながら、丈夫で使い勝手も良いです。
蓋が透明なので中身がすぐにわかり、取り出すのにも便利です。

薄くてコンパクトな割に収納力が高いのでルアーだけではなく様々なものを入れられます。

メイホウ

ルアーケースの名門、メイホウからはこちらのルアーケースを紹介します。

リバーシブル (両面ルアーケース)

両面使えるこちらのルアーケース、大量のルアーを収納するのには最適です。
仕切りがついているので種類ごとに収納でき、フックも絡まないのでほかのルアーを傷つける心配もありません。

サイズはライフジャケットのポケットに合うような専用設計となっているので持ち運びに困ることもありません。
両開きなのに蓋がしっかりロックされており間違って開くこともありません。

また水洗い用の穴もついており、文句なしにおすすめです。

バーサス VS-3010NDM

おかっぱりなど、荷物を最小限にしたいときにはこちらのルアーケースがおすすめです。
コンパクトなのに仕切り板の区画を変えられたり開閉がしやすかったりと機能性も抜群です。

コスパも良いのでいくつも購入してその日の用途に合わせて使い分けている人も多いです。

余りの使い勝手の良さにルアーケースとして使うだけではもったいないというユーザも多く、ピルケースやアクセサリー入れなど、あらゆる小物類の収納に最適です。

釣具をまとめられる大型のタックルケースもおすすめ!

圧倒的な収納力で数多くの釣具をまとめて持ち運べる大型のタックルケースもおすすめです。

メイホウVS-7070タックルボックス

海釣りなどでいろいろ持ち込んで試したいときには、このタックルケースひとつで十分です。

上段がトレ―スタンドに早変わりするなど、バスフィッシングだけではなくエリアでも大活躍のタックルボックスです。

頑丈な造りになっているので椅子として腰掛けることができるのも嬉しいところですね。

スポンサーリンク

ルアーケースは自作できる?【100均・ダイソー】

出典:写真AC

ダイソーで売られている「セクションケース」をルアーケース代わりに使用することも可能です。
100均の魅力は何といってもその安さ!

種類ごとに分けて数を揃えて使いたい方にはおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめのルアーケースについてまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「おすすめのルアーケース5選と選び方|ダイワ・メイホウ【初心者必見】」というテーマに沿って、「ルアーケースの選び方」「おすすめのルアーケース」「ルアーケースの自作方法【100均・ダイソー】」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ルアー釣りの始め方|仕掛け・道具・竿・リール・コツ【初心者必見】
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
タックルとは?釣りで大活躍のコスパ最強タックルの選び方|バッカンもご紹介
どのようなタックルを選ぶべきのか?という問題は、釣り初心者が最初にぶつかる壁です。今回、釣りラボでは、タックルの意味、種…
おすすめのメタルジグ5選と選び方を徹底解説|アジング・シーバス・ヒラメ
メタルジグは海釣りのルアーとして欠かすことのできないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、メタルジグの種類や選び方につ…
釣りベスト人気ランキング8選!レディース・子供向けもご紹介|収納・装備
釣りベスト(フィッシングベスト)は、釣りで非常に役立つものです。釣りラボでは今回、釣りのベストの選び方や、おすすめの商品…
釣り針の名称・種類・選び方|おすすめの釣り針5選や自作方法も紹介!
釣り人には必要不可欠なアイテムである釣り針。釣りを始めるなら釣り針に関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン