【2020年】おすすめのジギングリール18選!初心者から上級者まで人気の商品をご紹介

ジギングをする際に活躍するジギングリール。今回、釣りラボでは、ジギングリールの選び方(番手・種類・ギア比)、人気メーカー(アブガルシア・テイルウォーク)、コスパ抜群リール(初心者〜上級者)、2020年の新作までをご紹介。ぜひご覧ください。

ジギング リール
スポンサーリンク

ジギングリールとは?

ジギング

出典:写真AC

ジギングリールとは、名称の通りジギングの際に使用するリール(釣り糸を巻き取る釣具)のことを指します。

ジギングとは魚釣りの手法の一つであり、メタルジグというメタル素材のルアーを使用して魚を釣りあげます。
基本的に釣り糸の先端の方にメタルジグを設置し、メタルジグを海底まで落としてしゃくったりすることで、本物の魚のように見せかけて獲物をおびき寄せます。

一般的な釣りとは違い、ジギングは比較的ルアーが重く体力を使う釣り手法だと言えます。
また、ジギングの中でも船のうえから行うオフショアジギング、海岸から行うショアジギングなど、さまざまな種類があります。

このような釣りに使用するのが、ジギングリールと呼ばれます。

普通のリールとの違い

ジギングは、どちらかというと大物を狙う釣りの手法であり、強い力を必要とします。

そのため、ジギングリールは普通のリールとは違い、太い糸でも比較的扱いやすく、しっかりと力が伝えることができるベイトリールがよく使われます。

ベイトリールを使うことで、大きな魚にも負けず釣りあげることが出来ます。
(ライトジギング・ライトショアジギングのように、軽いルアーを使用するジギングも存在します。)

ただし、初心者には少し扱いが難しく慣れるまでは、スピニングリールと呼ばれるリールを使用する方が良いかもしれません。

ジギングリールの選び方

それでは、ジギングリールを選ぶ際に指標となるものを説明していきます。

リールのサイズ・番手

リールのサイズを表す数値を、番手と呼びます。
しかし、この番手の数値は全メーカーで共通する指標でなく、それぞれのメーカー独自の指標を表したものになっています。

そのため、同じ数値でも多少の誤差があります。

基本的に番手は1000番刻みであり、数値が大きくなればなるほどリールのサイズも大きくなると考えて大丈夫です。
メーカーによっては、500番刻みであるところも少なからず存在します。

1000〜2000番

初心者の方は、ジギングリールはとりあえず、2000番を基準として選定するのがいいでしょう。

細い糸を扱いやすく、小さな魚を釣るのであれば1000番のジギングリールを選ぶこともあります。

3000番

3000番は、かなり種類も多く応用力が高いと言えます。
様々な種類の魚、サビキ釣りにも適応します。

4000番~6000番

4000番~6000番は、中型~大型の魚狙いに使用することをおすすめします。
ジギングリールのサイズが大きく、太い糸も問題なく巻きつけることが可能です。
重たいオモリを使用するジギングには大きな番手を選ぶことが無難であると言えます。

リールの種類

以下には上記でも軽く紹介しましたが、代表的な2つのジギングリールとそれらのメリット、デメリットを紹介します。

スピニングリール

スピニングリールは、初心者の方でも扱いやすく、天候に関係なくキャスティング(ルアーを投げる事)が容易にできます。
また、設置位置を左右で変えることで右利き用、左利き用と使い分けることも可能です。

しかし、スピニングリールで太い糸を使用するとうまく力が伝わらず、パワーロスが多くあります。
ですので、力を要するジギングには、あまりおすすめはしません。

ベイトリール

ベイトリールは、スピニングリールに比べ扱いが難しいと言われています。
しかし、ベイトリールでは釣り糸のフォール最中でも魚の食いつきが分かったり、パワーロスが少なく力が伝わったりするため、大きな魚の巻き上げも力強く出来ます。

また、太い糸でも問題なく遠投することもできるので、よっぽど扱いに慣れていない場合を除き、ジギングにはベイトリール(両軸リール)を選定することをおすすめします。

リールのギア比

ジギングリールにはギア比と呼ばれるものがあり、ハイギア、ノーマルギア、ローギアと大きく3種類があります。

ギア比とは、簡単に説明するならば自転車のギアを想像していただければ分かりやすいと思います。
リールのハンドルを1回転するのにどれだけ糸を巻き取れるかという指標になります。

では、それぞれの簡単な説明をしていきます。

ハイギアのジギングリール

ハイギアは巻き取りが早くなります。
しかし、初心者の方はより早く巻き上げようとする傾向があるので、せっかちな釣りになってしまうというデメリットもあります。

軽いルアーだとそれが顕著に出る為、ハイギアなリールを使う場合は丁寧に巻き上げることを意識することが大事です。

ローギアのジギングリール

それに比べ、ローギアでは巻き取りが早くはありませんが、糸の巻き上げを一定速度に保つのが簡単にできます。

初心者の方にはまずローギアから慣れていくことをおすすめします。

ノーマルギアのジギングリール

ノーマルギアは、ローギアとハイギアの中間にあるリールです。
なお、どちらにするか迷う場合には、ノーマルギアを選ぶというのも1つの手かもしれません。

カウンターの有無

リールに付属されているカウンターとは、糸の出た長さを計測する装置となっています。
これは船で沖の方に出て行うオフショアジギングでは、水深の深い位置で行う為、カウンター付きのジギングリールを使用することは大きなメリットです。

どの位置で魚がヒットしたかをある程度把握することで、魚のいる水深を狙いうちすることが可能となります。
ですので、ジギングを行う際にはカウンター付きのジギングリールを選定することをおすすめします。

しかし、少し金額が高くなってしまうので注意が必要です。

最大ドラグ力

そもそもドラグというのは、魚がかかった時に糸に負荷がかかり限界を超え、糸が切れてしまわないようにするための装置のことです。
規定の力以上の負荷がかかるとラインを放出し、負荷を軽減することが出来ます。

その上で、最大ドラグ力とは、その限界となる力の数値のことを指します。
オフショアジギングでは、最大ドラグ力5㎏以上のジギングリールを推奨します。
5㎏あれば80㎝超えのブリでも釣りあげることができると思います。

しかし、海岸で行うショアジギング等では、最大ドラグ力4kg程度でも問題はありません。
最大ドラグ力が大きければいいということではないので、その日の狙っている魚に合わせてドラグ力を調整することが大事になってきます。

スプールの大きさ・糸巻き量

スプールとは、糸を巻きつける部分を指し、スプールの口径の大きさがそのまま糸巻き量に関係しています。
しかし、一概に口径の大きいものを選べばいいものでなく、それぞれメリット・デメリットがあります。

口径の大きいスプールを選ぶと、巻きつけた糸に癖がつきにくく、ルアーをねげるときに糸がスムーズに放出できます。
特に軽いルアーを使用する時には、この糸の癖が大きく左右します。

それに比べて、標準的なスプールは多くの糸を巻きつけることが出来ます。
太い糸を多く巻きつけながら、リール全体の大きさは小さくでき、糸巻き量とラインの大きさを両立することが可能です。

しかし、細かい糸を巻く場合は、糸が食い込んだり、癖がついてしまうのがデメリットです。

なお、ラインとスプールの巻き方・結びについてはコツが必要なので、事前に学んでおきましょう。

左巻きか右巻きか

右巻きか左巻きか、どちらを選ぶかに関しては好みになってくるかと思います。
そもそもジギングで使用されるベイトリールは、基本的に右利きと左利きが決められています。

利き手にハンドルを構える場合

利き手にハンドル、逆手にロッドとする場合は、利き手でハンドル操作ができるために大きな魚がかかった時も負けずに巻き上げることが出来ます。
ですので、力に自信がない方は利き手にハンドルを持っていき少しでも力が伝わるようにするのがいいでしょう。

しかし、逆手にロッドが来ますので、大事なルアーの動きが疎かになってしまうというデメリットがあります。
ジギングにおいて、ルアーアクションは非常に大事ですので、このポイントには留意しておきましょう。

利き手にロッドを構える場合

また、利き手にロッド、逆手にハンドルとする場合には、上記で挙げた効果と反対の効果があります。
ルアーアクションは、利き手でスムーズに出来ますが、巻き上げ力では少し劣ってしまうでしょう。

ここに関しては、自分に合ったジギングリールを選ぶというのが無難です。

リールのデザイン・色

リールのデザインや色に関しては様々で自分のお好みの物を選ぶのがいいでしょう。
しかし、始めはデザインやカラーよりも、性能を重視してリールを選定することを推奨します。

人気メーカーからリールを選ぶ

ジギングリールであれば、ダイワ、シマノ、アブガルシア、テイルウォークなどのメーカーが有名です。

ここでは、そんな4つの人気メーカーから1つずつ、おすすめのジギングリールを紹介していきます。

ダイワのおすすめジギングリール

ダイワは、非常に多くの釣り人から支持を集めるメーカーです。
非常に多くのジギングリールが販売されており、どの商品も人気が高いです。

【ダイワ】16年式 BG 5000H

こちらのリールは、非常に軽いだけでなく、ハンドルの滑りもよく、巻き取りの際に力を発揮します。
また、凡用性が高く、様々な釣りにも対応しています。

シマノのおすすめジギングリール

シマノは、ダイワと並んで国内で非常に人気の高いメーカーです。

【シマノ】17年式 グラップラー 300HG

こちらのリールは、ライトジギングやスーパーライトジギングなどで使われることも多いです。

また、初心者や経験不足の方にはおすすめです。
しゃくりもゆっくりなスロージギングにお選びください。

アブガルシアのおすすめジギングリール

アブガルシアは、スウェーデンの人気釣り具メーカーで、そのリールの品質には定評があります。

【アブガルシア】ソルティーステージ REVO LJ-3L

こちらはハイギアの大物用リールです。
沖に出て行うオフショアジギングには最適です。

テイルウォークのおすすめジギングリール

テイルウォークも、国内でとても人気の高い国産メーカーです。
特にリールの人気が高いメーカーです。

【テイルウォーク】エラン SW LIGHT 73R

こちらは小さめのサイズで初心者も扱いやすいのが特徴ですが、力強い巻き上げ力も人気のリールです。

スポンサーリンク

おすすめのジギングリール12選【コスパ最強】

タックル

出典:写真AC

次に初心者、中級者、上級者用それぞれ3選ずつおすすめのジギングリールをご紹介します。

【初心者・入門向け】リールランキング

初心者・入門者向けリールを3つ紹介します。

【シマノ】16年式 ナスキー 4000XG

こちらのリールは、非常に安いです。
スプールが深く、巻き取りがすごくいいです。

フォール中のトラブルも少なく、50m近くのジギングも可能なうえ、非常に軽いのが特徴です。

【シマノ】14年式 スフェロス SW 5000HG

全体的に大きな特徴がないのが特徴です。

そのため、初心者の方でも簡単に扱えます。
さらに、50~100mのジギングにも使えることから使用範囲も広いです。

【ダイワ】19年式 エメラルダス LT 2500S-H-DH

ダイワのエメラルダスは初心者向けのコストパフォーマンスの高いリールと言えます。

ジギングではしゃくりの技術が必要となってきますが、こちらのエメラルダスはルアーアクションがしやすいのが特徴です。

【中級者向け】リールランキング

続いて、中級者向けのジギングリールを3つご紹介します。

【シマノ】13年式 バイオマスターSW 8000PG

こちらのリールは、しっかりとした作りで、パワーハンドルの滑り止めが付いているので、非常に扱いやすくなっております。
また、メンテナンスもしやすく長く使えるリールです。

【シマノ】13年式 バイオマスターSW 5000XG

古いモデルですが、いまだに人気の高いリールです。
アフターパーツが豊富な点が今もなお人気の理由の一つだと言えます。

【ダイワ】15年式 ソルティガ 10H

中級者向けで他の2つに比べると値段は少し高くなっておりますが、性能はとびぬけておりコストパフォーマンスは絶大です。

重たいルアーでも問題なくこなせるほどの、巻き上げ力が魅力になっています。
少し大物を狙いたい方にはおすすめになっています。

【上級者向け・最高峰】リールランキング

最後に上級者向けのリール3つをご紹介します。

【シマノ】13年式 バイオマスターSW 8000HG

こちらも少し古いモデルになりますが、その分割引されていてコストパフォーマンスで言えば一番です。
もともと性能は抜群で、最新にこだわらない方はこちらはおすすめです。

【アブガルシア】REVO ビッグシューターコンパクト

軽さが特徴のベイトリールです。
しかし、軽くても大物狙いができるだけの力強いパワーがあります。
ダブルハンドで扱いやすさもありながら、値段も比較的抑えられています。

【ダイワ】ベイトリール 15年式 ソルティガ35NH

最後はこちらです。
オフショアジギングに挑戦したい方はこちらで決まりです。

大物にも負けず力強く巻き上げることができ、耐久性も向上しているため長期戦にも難なく扱えます。
少し値段はあがりますが、大物狙いの方に取ったらちょうどいい価格帯です。

スポンサーリンク

人気のショアジギングリール3選をご紹介

ジギングリール

次はショアジギングにおすすめしたいジギングリールを紹介します。

【ダイワ】16BG 3500H

ショアジギングにしては大きな番手のジギングリールです。
そのため、オフショアジギングにも対応しており、力強さも魅力の一つです。

その割に値段も安くなっておりおすすめです。

【ダイワ】16年式 キャタリナ 3500H

剛性とパワーを兼ね備えたジギングリールです。
長く使い続けられるため愛用者も多くいます。

もちろん5㎏オーバーの魚にも対応しています。

【シマノ】17年式 ツインパワー XD 4000XG

ツインパワーの商品は非常に人気の高く、魅力はその耐久性と力強さです。
ショアジギングリールでもかなりの力強さを誇り、大物狙いにはうってつけです。

中級、上級者向けのリールと言えます。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめジギングリール3選

タックル

出典:写真AC

最新モデルの2020年式ジギングリールを3つご紹介します。

【ダイワ】20年式 レブロス 4000

こちらのジギングリールは、とにかく安いです。
ノーマルギアを採用しており、ラインの巻取りがよく、初心者でもトラブルが少ないのが特徴です。
コストパフォーマンスの高いリールです。

【ダイワ】20年式 アルファス AIR TW 8.6R

ダイワの最新モデルです。
ライトジギングにおすすめするリールになっています。
海水と淡水に対応しており、様々な釣りを柔軟にこなせるので多くの楽しみ方が出来ます。

【ダイワ】ソルティガ 14000-P

2015年以来のモデルチェンジが行われたソルティガは、更に大物をターゲットにできるようパワフルさと耐久性を格段にグレードアップさせて戻ってきました。

番手ごとにキャスティングに向いたモデルとジギングに向いたモデルが用意されており、こちらの14000-Pはヒラマサやキハダマグロ、カンパチなどを狙うジギングに最適です。

ラインローラーがマグシールドによって守られているので、異物の侵入を防ぐと同時にライントラブルも防いでくれます。

スポンサーリンク

ジギングリールまとめ

ジギング

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】おすすめのジギングリール18選!初心者から上級者まで人気の商品をご紹介」というテーマに沿って、「ジギングリールとは?」「おすすめのジギングリール12選【コスパ最強】」「人気のショアジギングリール3選をご紹介」「【2020年新作】おすすめジギングリール3選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き…
ジギングとは?釣り方のコツ・おすすめのタックル(ロッド/リール/ジグ)を徹底解説!
ジギングは、ルアーの一種である「メタルジグ」を使用した釣り方のことで、非常に人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボで…
【2020年】おすすめのショアジギングリール11選!選び方のポイントもご紹介
大物を狙うことができるショアジギング。今回、釣りラボでは、ショアジギングリールで狙える魚、選び方、人気メーカー、コスパ抜…
釣り糸にはどんな種類がある?選び方やおすすめのライン6選、結び方をご紹介!
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方…
【2020年】おすすめのショアジギングロッド12選!選び方やダイワ・シマノの人気商品も
ショアジギングになくてはならないショアジギングロッド。今回、釣りラボでは、ショアジギングロッドの選び方、人気メーカー、お…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン