【2022年】タコジグおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

タコジグを使用してタコ釣りに挑戦する場合、何を選ぶべきなのでしょうか。今回、釣りラボでは、タコジグの特徴、おすすめのタコジグ、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のタコジグをご紹介します。

ベイト ロッド・釣り竿

タコジグの選び方

マルシン タコジグ タコ掛け ブラブラベイト ピンク 2個入り

そんなたこを釣ってみたいと思いませんか。
「たこって船に乗らないと釣れないんじゃないの?」って思っていませんか。
そんなことはありません。

かんたんにたこを釣ることができるタコジグをご存じでしょうか。
タコジグは堤防の際にいるたこを釣るための疑似餌です。
難しいテクニックは必要なく、堤防の際に沿ってタコジグを落として際に張り付いているタコを狙っていく釣り方です。

堤防の際にタコジグを落として探っていきます。
たこがタコジグに抱きついた時に重くなります。
それがアタリです。

アタリがあったらロッドを立てて合わせます。
基本的にはたったこれだけです。

それでは、そんなタコジグの選び方をご紹介します。

選ぶポイント1:色

ポイントの濁りや日差しによってタコジグの見え方が変わってきます。
濁りがある時は目立つ「白」や「ピンク」、マズメなら「赤」、夜なら「夜行」といった具合にタコから見つけてもらいやすそうな色を選んでみてください。

選ぶポイント2:タコジグの大きさ

狙うタコの大きさによってタコジグの大きさを選んでみましょう。
例えば、マダコなら大きめのタコジグを選び、また、イイダコのような小さいタコには小さいタコジグを選び、釣りたいタコの大きさに合わせてタコジグの大きさを変えてみてください。

選ぶポイント3:重さ

潮の流れが強い場所では重いタコジグを選んでみましょう。
タコジグが潮の流れで流されてしまい、狙ったポイントに上手く落とせないことがあります。
その際は、重いタコジグを使うことで流されにくくなりますので、重いものを選んでみてください。

また、タコジグは40〜80gと重いので、それに耐えられるタックルを選ぶことも大切です。
ロッドは、丈夫なタコジグ専用のものを選びましょう。
リールは、巻き上げるパワーが必要になるので、ベイトリールを使うことをおすすめします。
ラインはPEの4号以上を使うようにしましょう。

タコジグおすすめ人気6選【コスパ最強】

ヤマシタ(YAMASHITA) タコゆらハンター L FK
MARUSHIN

【マルシン】タコジグ ブラブラベイト

タコジグが2つ入りでコスパが良くおすすめです。
2つ入りのため1つを根掛かり等でロストしてしまっても安心です。

【マルシン】ドラゴン ツートンタコブラ

ツートンタコブラは名前の通りツートンカラーが特徴です。
頭と足で色が違い、他のタコジグには無いカラーです。

変わった色をお探しの方いかかでしょうか。

ヤマシタ(YAMASHITA)

【ヤマシタ】タコゆらハンター

カラーが4色とバリエーションが豊富なので、釣り場の条件に合わせたカラーを選択して頂けます。
「連結リング」が付いているので連結して使いたいときに活躍します。

連結することで広範囲にタナを探ることができるようになります。

ヤマシタ(YAMASHITA)

【ヤマシタ】タコゆらハンター 脚長

タコゆらハンターの脚が長いモデルになります。
足が長いことで他のタコジグよりアピール力があります。
脚長モデルにのみ、脚が銀金ベイトを採用しています。

ヤマシタ(YAMASHITA)

【ヤマシタ】タコ好きやねん

キャストして使用できるタイプのタコジグです。
水中で止めた時に立ち上がるので、根掛かりが軽減できます。
広い範囲を探りたいときに使ってみてはいかがでしょうか?

ヤマシタ(YAMASHITA)

【ヤマシタ】タコゆら兄弟

はじめから2つのタコジグが連結されている仕掛けタイプのタコジグで、すぐに使い始めることができます。
連結しているため、一度にタナを広く探ることができます。

【宝福印】タコジグ

変わった性能は持ち合わせていませんが、タコジグのレパートリーを増やしたい方は購入を検討してみてはいかかでしょうか?

タコジグについてまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】タコジグおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • タコジグの選び方
  • タコジグおすすめ人気6選【コスパ最強】

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン