【2020年】釣りでおすすめの偏光サングラス12選!選び方や人気ブランドをご紹介!

釣りの必須アイテムである偏光サングラス。今回、釣りラボでは、グラスによってどれくらい見方が変わるのか?また、その選び方やおすすめのブランドを、高級でおしゃれなものから、安くてコスパの良いものまで網羅的にご紹介。加えて2020年の新製品も2つご紹介します。 

エギング
スポンサーリンク

偏光サングラスとは?

出典:写真AC

偏光サングラスは、光の乱反射を制御して一定方向の光線のみを透過させる偏光レンズを採用したサングラスです。
釣りにおいては、強い日差しや水面の反射を抑えて水中の視界をクリアにしてくれます。

魚影や障害物、ウキの動きなどが良く見えるようになり、釣果アップにつながります。
また、不意に飛んでくるルアーやオモリから目を守る役割も果たしてくれます。
自分に合った効果的な偏光サングラスを見つけて、さらに快適に釣りを楽しみましょう。

見え方はどれくらい変わる?効果はどれくらい?

偏光サングラスを使うと、ぎらつきが抑えられ視界がクリアになります。
また、対象物の輪郭がくっきりと見えるようになります。

その効果は、視力が上がったように感じるほどです。
一度使うと快適さに驚き、多くの人が愛用するようになります。

デイエギングや海・川釣りで重宝される

偏光サングラスは、太陽光の影響を受けやすいデイエギングや海・川釣りで特に重宝されます。
水中の魚影や障害物をはっきりと認識できるようになり、より快適に釣りを楽しめます。

値段相場はどれくらい?安いものはある?

偏光サングラスは、5,000円以下で買える低価格の物から50,000円を超える高級な物まで、さまざまな価格帯のモデルがあります。

値段の違いは、レンズの性能はもちろん長時間使用した際の使い心地や疲れ具合に大きく出てきます。
短時間の使用であれば、試しやすい低価格の物から購入してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

釣りに最適な偏光サングラスの選び方

出典:写真AC

釣りに最適な偏光サングラス選びのポイントを、「レンズの選び方」と「フレームの選び方」に分けて紹介します。

レンズの選び方・ポイント

レンズの選び方の重要なポイントである「可視光線透過率」、「偏光度」、「レンズの色・カラー」、「コーティング」について説明します。

選ぶポイント1:可視光線透過率

可視光線透過率とは、取り込む光の量の割合のことです。
可視光線透過率が低いほど暗く、高いほど明るい視界になります。
例えば可視光線透過率が30%であれば、30%の光を通し70%は遮断する、ということです。

偏光サングラスの可視光線透過率は概ね10~40%の範囲になっています。
釣りに適した可視光線透過率は、30~40%と言われています。

選ぶポイント2:偏光度

偏光度とは、2枚のレンズを重ね合わせた時に反射光と雑光をカットする割合のことです。
「雑光カット率」とも言われ、反射光と雑光をカットする性能を%で表します。
偏光度が高いほど眩しさを軽減でき歪みが少ないため、目が疲れにくくなります。

選ぶポイント3:レンズの色・カラー

偏光サングラスは、レンズカラーによって特性が異なります。
「赤系」、「グレー系」、「イエロー系」の代表的な3系統のレンズカラーを紹介します。

それぞれのカラーの特性を理解して、目的に合った最適な偏光サングラスを選びましょう。
時間帯や天候、釣りの種類によって使い分けるのもおすすめです。

赤系のレンズの特徴

赤系のカラーには、ブラウン、セレン、コパーなどがあります。
特にブラウンは、釣りで最も多く使用されるカラーです。
コントラストが強く出るため、スポーツなどのアクティブなシーンにおすすめです。

魚や地形の輪郭がはっきり見えるため、魚影や障害物をいち早く見つけるのに役立ちます。
ブラックバスのサイトフィッシングや渓流釣り、エギング、アユ釣りなど、水中の魚や地形の把握が重要な釣りに適しています。

グレー系のレンズの特徴

グレー系のカラーには、グレー、ライトグレーなどがあります。
裸眼に近く自然な色合いで見えるため、釣りだけでなく車の運転などの普段使いもしやすい万能なカラーです。

水面の眩しさを確実にカットできるため、サーフのヒラメや青物釣り、船釣りなどに適しています。

イエロー系のレンズの特徴

イエロー系のカラーには、イエロー、グリーン、イーズグリーンなどがあります。
周囲を明るく見せる効果が強く、光量が少なくても視界を確保してくれます。
天候が悪い時や日差しが弱い時に使いやすいカラーです。

太陽光が弱い状況で視界を明るくしてくれるため、朝夕の薄暗い時間帯の釣りや山深い渓流釣りなどに適しています。

選ぶポイント4:コーティング

偏光サングラスのレンズには、さまざまなコーティングが施されている物もあります。
値段は高くなりますが、見やすさや傷つきにくさの性能が向上します。
使用する状況に応じて、必要なコーティングを選択しましょう。

コーティングの種類には、「ハードコーティング」、「マルチコーティング」、「ミラーコーティング」、「撥水コーティング」などがあります。

ハードコーティング

ハードコーティングは、レンズの傷つきを防止するコーティングです。
透明のハード液をレンズ表面に付けることで、レンズを傷から守ります。

マルチコーティング

マルチコーティングは、反射や映り込みを防止するコーティングです。
レンズに後方からの光や自分の目が反射して映り込むのを防いでくれるため、よりクリアーで鮮明な視界が得られます。

ミラーコーティング

ミラーコーティングは、鏡のように物が反射してレンズに映るコーティングです。
外側から自分の目元を見えなくしたり、強い反射を抑える効果があります。
レンズに当たる光を反射することで、より強力に目を保護することができます。

撥水コーティング

撥水コーティングは、レンズについた水をはじくコーティングです。
水滴がさっと落ちたり、汚れがつきにくく落ちやすい、といったメリットがあります。
水しぶきや急な雨に見舞われることのある釣りに、おすすめのコーティングです。

フレームの選び方

フレーム選びの一番のポイントは「フィット感」です。
かけた時に耳やこめかみに違和感がなく、首を振ってもずれ落ちにくい物を選びましょう。
レンズで視野がすべて覆われ、隙間から光が入ってこないことも重要です。

自分の顔の形にフィットする物の中から、好みの素材やデザインの物を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの釣り偏光サングラス12選【ブランド別】

出典:写真AC

釣りにおすすめの偏光サングラスを、ブランド別に紹介します。
偏光サングラス選びの参考にしてください。

ダイワのおすすめ偏光サングラス

ダイワのおすすめ偏光サングラスを紹介します。

【ダイワ】TLX 005

偏光レンズ専門メーカーであるタレックス社製の高性能偏光レンズを搭載したモデルです。
顔のカーブに沿ったフレームで、サイドからの光の侵入を防ぎます。
また、サイドに配置されたチタンパーツで湿気と熱を逃してくれる構造になっています。

【ダイワ】DN-4346

逆光や日差しに強い、フラッシュミラーコートを採用したモデルです。
外側から目が見えにくいため、さりげなく目元を隠したい方にもおすすめです。
5,000円程度の価格帯で、コストパフォーマンスにも優れています。

シマノのおすすめ偏光サングラス

シマノのおすすめ偏光サングラスを紹介します。

【シマノ】バルバロス ウェリントンタイプ LU-101S

誰にでも似合うウェリントンタイプのフレームを採用した偏光サングラスです。
レンズにはハードコートと超撥水コートが施してあり、釣りで使用するのに重宝します。
オーソドックスなデザインで、普段使いもできるモデルです。

【シマノ】フローティングフィッシンググラス HG-064P

水に浮くフロート仕様の偏光サングラスです。
遮光性とファッション性を両立したスポーティーなフレームが特徴です。
6,000円程度の価格帯で、コストパフォーマンスにも優れています。

レイバンのおすすめ偏光サングラス

レイバンのおすすめ偏光サングラスを紹介します。

【レイバン】ウェイファーラー 0RB2140F

ウェイファーラーは、圧倒的な人気を誇るレイバンのアイコンアイテムです。
普遍的でクラシックなデザインで、ファッション性も高い偏光サングラスです。
日本人の顔にフィットするよう設計されたモデルもラインナップされています。

【レイバン】ジャスティン RB4165F

ジャスティンは、ウェイファーラーをよりカジュアルにアレンジしたモデルです。
アジア仕様のフルフィットモデルで、日本人の顔に合うように設計されています。
軽量性・耐衝撃性に優れているのも嬉しいポイントです。

オークリーのおすすめ偏光サングラス

オークリーのおすすめ偏光サングラスを紹介します。

【オークリー】フロッグスキン 0OO9245

フロッグスキンは、一度生産中止になりユーザーの要望で復刻した人気のモデルです。
0OO9245は、オリジナルの素材とデザインはそのままに、日本人に快適にフィットするようフレームが改良されています。

【オークリー】ホルブルック 0OO9244

オーソドックスなデザインとオークリーの最新技術が調和したモデルです。
一部のプロが使用したことで、釣り人に人気を博しています。
機能とデザインの両方を求める方におすすめです。

ブラックフライズのおすすめ偏光サングラス

ブラックフライズのおすすめ偏光サングラスを紹介します。

【ブラックフライズ】フライディメンション 2nd BF-1029

ブラックフライズのロングセラーモデル「フライディメンション」の後継モデルです。
メタルパーツをさりげなくあしらった、よりシンプルで大人な印象の偏光サングラスです。
フィッティングも改良され、掛け心地の良さがさらに向上しています。

【ブラックフライズ】フライメンフィス フォールド BF-1211

フライメンフィス フォールドは、折り畳むことでコンパクトに収納できるのが最大の特徴のモデルです。
付属のケースはストラップ付きで、バッグのショルダーベルトなどに取り付け可能です。

その他メーカーのおすすめ偏光サングラス

その他メーカーのおすすめ偏光サングラスを紹介します。

【ゼクー】ステルス

高い機能性とデザイン美で、多くのプロも愛用する偏光サングラスです。
視線を動かしても揺れや歪みが発生しない、クリアな視界を実現しています。
日本人の骨格に合わせた設計で、軽くて快適な掛け心地です。

【アックス】SG-605P

メガネの上から着用可能な偏光サングラスです。
パノラミックビューレンズ搭載で、メガネの上からでも180度以上の視界を確保できます。
高価な度付きの偏光サングラスに比べ、安い値段で気軽に試せるコスパの良さが魅力です。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめ偏光サングラス2選

偏光サングラス

出典:写真AC

最後に、2020年に発売された新製品の偏光サングラスの中から、おすすめの商品を2つご紹介します。

【ガンクラフト】シールドアイ

こちらのシールドアイは、バス釣り用ルアーで人気のメーカー「ガンクラフト」からリリースされている偏光サングラスです。

メガネの聖地でもある福井県鯖江市の職人がフレームデザインを改良しており、鼻の滑り止め部分は日本人の骨格に合わせてあるので、掛けやすく見えやすくなっています。

セクションスリーと呼ばれる高機能偏光レンズが使用されており、紫外線の量や可視光線の量に応じてレンズの色が変化します。

【ゼクー】サングラス VEGA

アウトドア等に特化した偏光グラスを多数販売している「ゼクー」から、2020年にリリースされたのがこちらの軽量かつ掛け心地の良いVEGAです。

スマートでシャープな印象のフレームがおしゃれで目を惹きますが、デザインだけでなくしっかりと日本人の顔に合わせて設計されています。

レンズの性能も優れており、視界の邪魔となる紫外線や反射のみをカットするので、優しい明るさで鮮明にフィールドを見ることが可能になっています。

スポンサーリンク

釣りに最適な偏光サングラスまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2020年】釣りでおすすめの偏光サングラス12選!選び方や人気ブランドをご紹介!」というテーマに沿って、「偏光サングラスとは?」「釣りに最適な偏光サングラスの選び方」「おすすめの釣り偏光サングラス12選【ブランド別】」「【2020年新作】おすすめ偏光サングラス2選」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

エギングの始め方|時期・タックル・道具・仕掛け【初心者必見】
エギングは、ルアーの一種である「餌木(エギ)」を使用した釣り方のことで、アオリイカを釣る方法として人気です。今回、釣りラ…
【グレ(メジナ)の基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説!
【人気の魚をご紹介】今回、釣りラボでは、グレの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、おすすめのレシピや…
【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
バス(ブラックバス)釣りのコツを徹底解説!おすすめのルアー・仕掛けなどもご紹介
釣り初心者で、バス釣りに挑戦したいが難易度が高いと考えてる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、バス釣り初心…
渓流釣りの始め方|仕掛け・餌・装備・服装・竿・ルアー【初心者必見】
渓流釣りは、自然の雰囲気を味わいながら様々な魚を釣れることができ、とても人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン