ルアー釣りにはどんな釣り糸が最適?釣り糸の種類や選ぶポイントを解説

様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りに必要不可欠な釣り糸(ライン)について、釣り糸の種類や結び方などを詳しく解説していきます。

ルアー

スポンサーリンク

ルアー釣りとは?

ルアー

出典:写真AC

ルアー釣りとは、エサ釣りのように生き餌を使わずに、プラスチックや金属でできた疑似餌(ルアー)と呼ばれるものを使用して魚を釣る方法です。

エサ釣りと違って準備も簡単で、釣り竿と釣り糸を巻いたリール、ルアーさえ持っていれば、気になるポイントですぐに釣りを始められる手軽さが魅力です。
またルアーを自分で動かして魚を誘い出して釣る為、ゲーム性が非常に高く魚との駆け引きが楽しい釣り方です。

ルアー釣りで釣れる魚

ルアー釣りでは湖や川ではブラックバスやニジマスを始めとしたトラウト類、海ではマグロからアジまで様々な魚種を狙う事ができます。
他にもブリ、カンパチ、ヒラメ、真鯛などなど、お寿司屋さんでもお馴染みの高級魚が釣れてしまうかもしれません。

釣りたい魚が川にいるのか、海で船から狙うのか、はたまた離島に行って釣るのか、使う状況や魚種によってルアーと釣り糸を変える事で、対象魚をより釣りやすくなる近道にもなります。

ルアー釣りのやり方

ルアー釣りのやり方は、基本的にはルアーを投げて巻くの繰り返しになります。

ルアーには投げて巻くだけで魚が釣れるものや、投げてからそのルアーに最適な動き(アクション)をさせて魚を釣るものと、いろいろな種類があります。

現在、多くの魚種を狙うために多種多様なルアーが売っていますので、わからない場合は釣具屋さんに行って、店員さんにおすすめのルアーを聞いてみましょう。

スポンサーリンク

ルアー釣りで使うの釣り糸の種類

糸

出典:写真AC

ルアー釣りで使われる釣り糸にはいくつかの種類があり、それぞれ違う素材が使用されていて、異なる特性を持っています。
対象魚の種類や使うルアーによって釣り糸を使い分ける事が、釣果アップに繋がる重要な要素になります。

一般的に使われている釣り糸の種類はナイロンライン、フロロカーボンラインとPEライン、そして数年前から登場したエステルラインも現在人気を博しています。
この4種類の釣り糸は、単体で使うものもあれば、2種類を組み合わせる事でより効果的に使えるものもあります。

具体的にはナイロンラインとフロロカーボンラインは単体で使うことができ、PEラインとエステルラインはラインの先端にナイロンラインかフロロカーボンラインを結んで使用します。

PEラインやエステルラインの先端に結ぶ釣り糸の事をショックリーダーと呼びます。

それぞれの釣り糸には一長一短があり、それを理解して使い分ける事でより快適にルアー釣りを楽しむことができるでしょう。

ナイロンライン

ナイロンラインは4種類の中で最も一般的な釣り糸で、値段も安く取り扱いもしやすいです。

メリット

ナイロンラインのメリットは

  • 柔らかくしなやかなので、釣り糸が絡まるなどのトラブルが起きにくく扱いやすい
  • 比較的安く買える
  • 適度に伸びるのでショックに強く、魚がかかった後にバレにくい
  • 水に浮くので、水面付近を狙うのに向いている

などが挙げられます。

デメリット

逆にデメリットとしては

  • 紫外線によって劣化しやすい
  • 水を吸いやすい(吸水性が高い)ので劣化が早い
  • 伸びる糸なので、フロロカーボンラインと比べると魚のアタリがわかりにくい

とても扱いやすいですが、劣化が早いのでこまめに交換する事をお勧めします。

フロロカーボンライン

フロロカーボンラインは、ナイロンラインのデメリットを補う事ができる特性を持っています。

フロロカーボンラインのメリットは

メリット

  • ナイロンラインと比べると伸びないので、魚のアタリがわかりやすい
  • 紫外線に強く吸水性もほとんどないので、長持ちしやすい
  • 耐摩耗性が高いので、岩などに擦れても切れにくい
  • 水に沈むので、深場を狙うのに適している

などです。
ちょうどナイロンラインのデメリットを改善したような釣り糸になります。

デメリット

デメリットは

  • ナイロンラインより硬く糸にクセがつきやすいので、トラブルが起きやすい
  • ナイロンラインと比べると少し高価
  • ハリがあってゴワつくので、ルアーが飛びにくい

魚からのコンタクトがわかりやすく劣化もしづらいですが、扱いには慣れが必要になってきます。

>>>こちらの記事も読まれています
フロロカーボンライン&リーダーおすすめ人気6選|結び方・選び方・太さ

PEライン

PEラインは、細い糸を何本も編み込んで作られています。
その為値段は高くなりますが、それを補って余るほどのメリットが沢山あります。

メリット

PEラインのメリットは

  • ほとんど伸びない釣り糸なので、魚のアタリがとてもわかりやすい。
  • ナイロンラインやフロロカーボンラインと同じ太さでも、2倍以上の強度がある。
  • 細くて軽いので、ルアーの飛距離が出せる
  • 細い糸を編み込んでいるので、非常に柔らかくしなやか
  • きちんと手入れをすれば、劣化しづらく長持ちする

とルアー釣りには非常に適している釣り糸です。

デメリット

しかしデメリットは当然あります。

  • 他の釣り糸と比べて、値段が非常に高価
  • 耐摩耗性が低く、岩などに擦れると切れやすい
  • 糸が軽く風の影響を受けやすいので、向かい風の時などは糸が絡まりやすい
  • リーダーの結び方にコツが必要

擦れに非常に弱いので、PEライを使用する場合にはショックリーダーが必須になります。

海でのルアー釣りでは、飛距離も出て感度も良いPEラインを使っている人が非常に多いです。

>>>こちらの記事も読まれています
PEラインおすすめ4選【コスパ抜群】|結び方・選び方・太さ・下巻き

エステルライン

エステルラインは数年前から注目を浴びるようになった新しい釣り糸です。

名前の通り素材にはポリエステルが使用されていて、対象魚によってはとても使い勝手の良い糸になります。

メリット

エステルラインのメリットは

  • ナイロン、フロロカーボンラインよりも細いので、軽いルアーが遠くまで飛ばす事ができる。
  • ナイロン、フロロカーボンラインよりも伸びないので、アタリがわかりやすい。
  • PEラインよりは少し伸びるので扱いやすい。
  • 他のラインよりも安価なものが多い。
  • PEラインよりもリーダーの結束が簡単

デメリット

ナイロン、フロロカーボンラインとPEラインのいいとこどりのような糸ですが、もちろんデメリットはあります。

  • 瞬間的な衝撃に弱く、切れやすい。
  • 他のラインと比べると劣化のスピードが非常に速く、定期的にリーダーの巻替えをしなければならない。
  • エステルライン特有のコシがあるので、ライントラブルが起きやすい。

瞬間的なショックに弱く切れやすい糸なので、こちらもショックリーダーは必ず使用してください。

>>>こちらの記事も読まれています
おすすめの最強エステルライン5選|特徴・アジング・トラウト・メバリング

>>>こちらの記事も読まれています
釣り糸の基礎知識【初心者必見】|種類・選び方・結び方・おすすめ6選

スポンサーリンク

ルアー釣りのラインの選ぶポイント

ルアー

出典:写真AC

ルアー釣りでは、まず対象魚を狙うのに適しているルアーを選び、その釣り方によってラインの種類を選びます。

ラインを選ぶポイントは

  • ルアーの飛距離
  • ルアーの重さ
  • 狙いたい深さ
  • 狙いたい場所

を考えて選ぶとよいでしょう。

例えば軽いルアーを遠くまで飛ばしたい場合はPEライン、もしくはエステルラインを選ぶと良いでしょう。
また足元にいる魚を釣りたい、しかし足元には岩が沢山沈んでいるといった場合にはフロロカーボンラインを使うと良いです。

前述のラインのメリットとデメリットをうまく組み合わせて、状況やルアーによってラインを使い分けましょう。

釣り糸の太さ

一般的に釣り糸の太さは「号」で表記されています。

太さの選び方は、対象魚の大きさによって変わってきます。
アジやメバルといった比較的小さな魚を狙う場合は細く、ブリやマグロといった大きな魚を狙う場合は当然太くします。

釣り糸の強度

釣り糸の強度は「ポンド(lb)」で表される事が多いです。
このポンドという値は、これ以上の重さ(負荷)をかけると切れます、という釣り糸メーカーの基準値と言えるものです。

1ポンドが約0.45kgなので、例えば20ポンドの場合は約9キロ以上の負荷がかかると切れるという事になります。
しかし近年では釣り糸製造の技術も向上しており、同じポンド数でもより強いものも発売されています。

釣り糸の長さ

釣り糸の長さは、リールの道糸(メインライン)を巻ける量によって変わってきます。

スピニングリールであれば、糸を巻く部分(スプール)に〇号200mや〇lb100mという風に表記されていると思います。
対象魚や使う状況によって必要な長さは変わってきますが、一般的には150m~300m程度巻いていれば良いでしょう。

また、ショックリーダーの長さは使うメインラインによって変わる場合が多く、エステルラインでトラウトを釣る場合は15~20㎝で十分ですが、PEラインで船からブリを釣る場合には4~6m必要になります。

釣り糸の色

釣り糸の色については、使用するラインによって変わってきます。

ナイロンラインとフロロカーボンライン、エステルラインには透明のものと色付きのものがあり、PEラインには透明のものはありません。
透明なラインは当然魚から見切られにくく、色付きのラインは水中でも目立ってしまいます。

しかし最初は自分が見やすい色付きのラインを選ぶと良いでしょう。
ルアーを沈めて底に着いた時、巻いていて魚のアタリがあった時などは、ラインに変化が現れます。

ラインがおかしな動きをしている事に気づき、違和感を覚える事がルアー釣りではとても重要です。
ただし目立つ色のラインを使用する場合は、必ず透明なリーダーをつける事をおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめのルアー釣り糸を紹介!

糸

出典:写真AC

それではルアー釣りにおすすめの釣り糸を紹介したいと思います。

【モーリス バリバス】ゲーム 165Y

厳しい世界基準に限りなく近づいた強度を持ちつつ、同じ強度のナイロンラインよりも1ランク下の細さを実現しました。
ラインカラーもクリアブルーなので、魚に警戒心を与えることなく口を使わせる事ができます。

【ダイワ】プレッソ タイプN 2.5lb 100m

視認性の良いファインオレンジを纏った低伸縮ナイロンラインでトラウトの小さなアタリも見逃しません。
耐摩耗性も高く、ストラクチャー周りでのヒットや不意の大物との強引なファイトにもしっかりと対応できます。

【クレハ】シーガー R18 フロロリミテッド 4lb 100m

ソルトウォーターからバス、トラウトフィッシングまで幅広く使用されているフロロカーボンラインの代名詞とも言えるライン。
優れた強度、しなやかさや強い結束強度と耐摩耗性などで、多くのジャンルのアングラーから支持を得ています。

【よつあみ】X-BRAID スーパージグマン X8 200m

近海ゲームにおいて必要な直線性、高強度、耐摩耗性を高次元で実現した、新基準とも言えるPEライン。
太さも0.6号から6号までと、防波堤でのメバリングからオフショアでのマグロ、ヒラマサゲームまでカバーできます。

【よつあみ】チェルム アンバーコード S-PET 150m

繊細さが求められるライトゲームにおいて、優れた直線性と感度、結束強度を持つラインは必要不可欠です。
それらを高次元で実現したおすすめのエステルライン、財布に優しい値段も嬉しいです。

スポンサーリンク

簡単な釣り糸の結び方

糸

出典:写真AC

糸の結び方はルアー釣りにおいてとても重要なポイントの一つです。
せっかく魚が掛かっても、キチンと結べていなければそこから切れたりして逃げられてしまいます。
ルアー釣りで使う結び方は様々なやり方がありますが、ここでは簡単でなおかつ強度も高い結ぶ方を紹介します。

ルアーとラインの結び方

いろいろと応用のききやすいユニノットです。

ユニノットの結び方

慣れればとても早くて強いハングズマンノットです。

最速ノット【ハングマンズノット】ルアーとラインの結び方(※バス釣り入門)

釣り糸とリーダーの結び方

2本の釣り糸を結ぶ場合は、電車結びが簡単でおすすめです。

電車結び

電車結びよりも強度が強く、コツを掴めば早く組める堀田式FGノットは万能です。

[初心者オススメ] 素早く簡単最強ノット!【堀田式FGノット】※公式最新版

>>>こちらの記事も読まれています
【初心者必見】釣り糸の結び方を徹底解説|簡単・最強の基本ノットをご紹介

スポンサーリンク

ルアー釣りの釣り糸に関するまとめ

糸

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ルアー釣りにはどんな釣り糸が最適?釣り糸の種類や選ぶポイントを解説」というテーマに沿って、「ルアー釣りとは?」「ルアー釣りで使うの釣り糸の種類」「ルアー釣りのラインの選ぶポイント」「おすすめのルアー釣り糸を紹介!」「簡単な釣り糸の結び方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

釣り糸の基礎知識【初心者必見】|種類・選び方・結び方・おすすめ6選
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方…
ルアー釣りの始め方|仕掛け・道具・竿・リール・コツ【初心者必見】
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
PEラインおすすめ4選【コスパ抜群】|結び方・選び方・太さ・下巻き
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ…
フロロカーボンライン&リーダーおすすめ人気6選|結び方・選び方・太さ
釣りで使われるラインの一種であるフロロカーボンライン。今回、釣りラボでは、そんなフロロカーボンラインの素材の特徴、PEラ…
おすすめの最強エステルライン5選|特徴・アジング・トラウト・メバリング
アジングやメバリングに使用されることが多いエステルライン。今回、釣りラボでは、そんなエステルラインについて、PEラインや…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン