【釣り餌の定番】ゴカイとは?その生態や付け方、保存・飼育・入手方法を徹底解説

ゴカイは、海釣り餌として多くの人に使われています。今回、釣りラボでは、ゴカイの特徴や生態はもちろん、ゴカイで釣れる魚やゴカイの入手方法、飼育・保存方法などについて紹介していきます。

釣り餌
スポンサーリンク

ゴカイとは?

出典:写真AC

ゴカイとは、ミミズと同じ「環形動物」という部類に属している生き物です。
ゴカイは種類も個体数も多く、ゴカイの仲間は磯や干潟、浅場から深海まであらゆる海に生息しています。

釣り餌として使われるゴカイの特徴・生態

釣り餌として使われているゴカイは、ゴカイのなかでも「イソゴカイ」と呼ばれる種のゴカイです。
細長い体と左右対称な多数の体節を持っているのが特徴で、イシゴカイは主に遠浅の干潟に多く生息しています。

イソメとの違い

釣り餌によく使われている虫としてゴカイの他にイソメも挙げられますが、イソメとの違いは一体なんなのでしょうか。

どちらも「環形動物」という大きな分類上では同じで、見た目も同じような形をしているのでわかりにくいですが、ゴカイのほうが若干小さいのが特徴です。
またゴカイよりもイソメの生命力が高いので、長時間の釣りなどではイソメのほうが向いている場合があります。

砂地に潜んでいるキスを狙う際は、ゴカイのほうが向いていることもあります。

釣れる対象魚はどちらもほぼ変わりませんが、人によってはゴカイのほうが魚の食いつきがいいということもあります。

ゴカイを食べる魚・釣れる魚

ゴカイをエサに釣れる魚の種類は多岐にわたり、その種類の豊富さがゴカイの魅力といえるでしょう。
ゴカイを食べる魚・釣れる魚の一例をご紹介します。

「ゴカイといえば」と言われるほど有名なのは、キスです。
投げ釣りで海底を狙えば簡単に釣りあげることができます。
その他にもアジやメバル、カサゴから、大きなものだとヒラメやクロダイなど意外な魚もかかることがあります。

ゴカイが分類される「多毛類」は、普段魚が食べている虫と同じ種類なので、警戒心を与えずにターゲットを誘うことができます。

スポンサーリンク

ゴカイの入手方法

出典:写真AC

そんなゴカイの入手方法をご紹介します。

ゴカイの値段・相場

ゴカイの相場・値段は、店にもよりますが500g1000円前後で売られていることが多いです。
イソメと比べると若干ゴカイのほうが高い傾向にあります。

ゴカイの購入場所・買い方

それでは実際にゴカイを購入できる場所・買い方をご紹介します。

通販

ゴカイは手軽に通販で購入することも可能です。
気軽に買える一方で、ポスト投函タイプは配送の衝撃でゴカイが弱ってしまったり、暑さでゴカイが死んでしまったりする場合があるので気を付けましょう。

また、エサ専門店から直接購入できる場合もあります。
ゴカイは、輸入がほとんどのイソメと異なり国内でも養殖が行われているので、エサにこだわる方はお気に入りのエサ専門店を見つけてみてはいかがでしょうか。

【ボンドベイト】ゴカイ

ゴカイをボンドベイト独自の製法によって乾燥加工し、ゴカイ本来の栄養素や匂いを閉じ込め生き餌と遜色ない乾燥ゴカイです。
常温で約2年間もの長期保存が出来ることから多くの釣り人に使用されています。

ボンドベイトのゴカイは、女性や餌釣り経験の少ない方などにも最適な釣り餌と言えます。

生き餌のように釣行後、余ってしまい泣く泣く処分をしたり、家族の目を気にしながら冷蔵庫の片隅に隠すように保存しなくてもすみます。
噛んだり、ウネウネ動いたりしないので生き餌が苦手な方にもおすすめです。

使用方法は水に10分~30分浸けて戻します。
水で戻した後は、よく水気を切り乾燥を防ぐため保存容器などに入れご利用ください。

針に付ける際は、そのまま通し刺しやチョン掛け、適当なサイズに切り分けて房掛けなどでご利用できます。

釣具屋

日本全国の釣具屋でゴカイは販売されています。
店によって取り扱っているゴカイの産地やメーカーは異なるので、店を回って比べてみるのも良いですね。

自動販売機

場所によっては釣り場の付近や釣具屋の店舗横にエサ用の自動販売機を設置しているところもあります。
早朝や夜釣りなど、釣具屋の営業時間外でもエサを購入できるので大変便利です。

ゴカイの生息地・採取できる場所

ゴカイは全国各地の海に生息しているので、釣り場でゴカイを採取することも可能です。
中でもゴカイは岩場や遠浅の干潟のような場所を好みます。

また、普段は砂の中に生息しているゴカイですが、繁殖の際は産卵のために水面下に浮かび上がってくることがあります。
このことをバチ抜けといいます。
この時期にはゴカイをエサに狙ったシーバスが集まってくるので、バチ抜け用に作戦を練るのもひとつの手です。

海釣りの際は岩場の岩をひっくりかえしてみたり、砂地を少し掘ってみたりするだけでゴカイがうようよと出てくるのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

ゴカイの保存・保管方法

出典:写真AC

ゴカイが余ってしまった際の保存・保管方法をご紹介します。

冷蔵庫での保存方法

ゴカイはきちんと冷蔵庫で保存すれば1週間程度は生かしたまま保存することができます。
保存する前にはまず死んだゴカイを取り除き、生きたゴカイだけを残しましょう。

そのうえで購入時に同封されていた砂の中にゴカイを戻して、冷蔵庫の野菜室など温度が低すぎない場所で保存します。
急に冷やしてしまうとゴカイが弱ってしまう原因になるので、徐々に温度を下げてゴカイが冬眠状態になれるような環境をつくります。
急激な温度変化を防ぐために新聞紙などで保存容器を包んであげるのも有効です。

またゴカイは水を吐くので、保存の際は水漏れに気を付けましょう。

ゴカイの飼育方法

より長くゴカイを持たせたいのであれば、ゴカイを飼育するのもひとつの方法です。

飼育の際は、なるべくゴカイが住んでいた生息環境に近づけた状態で飼育するのがポイントです。
ゴカイが隠れることができるくらいの量の砂を敷き、人工ポンプが稼働している水槽の中で人工海水を用いて飼育しましょう。
水槽のセッティングが終わってもすぐにゴカイを入れず、1週間程度置いてバクテリアが湧くのを待ってからゴカイをいれるのがポイントです。

ゴカイは普段砂底の暗い場所で生息しているので、水槽はなるべく直射日光の当たらない暗い場所に置いておくようにしましょう。

スポンサーリンク

ゴカイの付け方・刺し方

出典:写真AC

実際のゴカイの付け方・刺し方をご紹介します。
ゴカイの付け方によってターゲットとなる魚が異なってくるので、仕掛けの付け方はそれぞれマスターしておきたいところです。

付け方・刺し方の種類

それでは付け方・刺し方の種類をまずはご紹介します。

チョン掛け

最も簡単な付け方です。
釣り針をゴカイの頭部の固い部分に貫通させます。
うねうねとした動きで積極的に魚を誘います。

通し刺し

針の胴部分までゴカイを貫通させる付け方です。
ゴカイが針から外れにくい反面、弱りが早くなるというデメリットがあります。

房掛け

複数のゴカイをまとめて1本の針に貫通させる付け方です。
1匹目は通し刺し、他はチョン掛けにして1本の針に3~5匹程度付けることが多いです。
魚の活性が低い時や大物狙いの時には有効です。

縫い刺し

針をゴカイの体を縫うようにして貫通させる付け方です。
ゴカイが死んでしまうため動きによるアピールはできませんが、体液が多く出るので匂いで魚を誘うことができます。

ゴカイをつける際、手が汚れないように指サックやゴム手袋、エサ専用のピンセットなどを使用するのもおすすめです。

ゴカイに噛まれても大丈夫?

ゴカイには口の先に黒い歯がついており、ゴカイが手を噛むこともあります。
痛さを感じたり出血したりするほどではありませんが、心配な方はハサミを使って頭を切り落としてから扱ってはいかがでしょうか。

虫が苦手な人はルアー(ワーム)がおすすめ

虫が苦手な人はルアー(ワーム)の使用がおすすめです。
見た目はゴカイによく似ているのですが、動くことも手に体液がつくこともありません。
また、魚にエサを食いちぎられる心配もないので効率よく釣ることができます。

【バークレイ】ワーム ガルプ!サンドワーム

生きた虫と同じようにあらゆる魚種をターゲットにした汎用性が高いワームです。
堤防からの投げ釣りから船釣りまで、どんな釣りにも対応しています。
常温保存が可能なので繰り返し使用することもできます。

スポンサーリンク

ゴカイの基礎知識まとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【釣り餌の定番】ゴカイとは?その生態や付け方、保存・飼育・入手方法を徹底解説」というテーマに沿って、「ゴカイとは?」「ゴカイの入手方法」「ゴカイの保存・保管方法」「ゴカイの付け方・刺し方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【釣り餌の定番】ゴカイの付け方や入手・保管・飼育方法、釣れる魚の種類を紹介!
ゴカイは、万能餌として多くの人に使われています。今回、釣りラボでは、釣り餌の定番であるゴカイの付け方のコツや、ゴカイで釣…
石ゴカイの付け方・保存方法をご紹介|釣れる魚・値段・採取方法
石ゴカイ、別名「ジャリメ」と呼ばれる生き餌をご存知でしょうか?主に小型の魚を釣るための万能餌として有名です。今回、釣りラ…
イソメとゴカイの違いを徹底解説します!値段や大きさ、釣れる魚を比較
万能餌として知られるイソメとゴカイの違いをご存じでしょうか?どちらも同じく生き餌でなかなか見分けれない方も多いかと思いま…
ゴカイの保存方法を徹底解説!入手方法や特徴なども紹介します
ゴカイは、万能餌として釣りの際にとても良く使われる生き餌のひとつです。そんなゴカイをできるだけ長く保存するためにはどんな…
ゴカイが噛むって本当?問題はないのか、噛まれないようにするコツを紹介
ゴカイは、万能餌として釣りの際に良く使われますが、そんなゴカイが噛むことをご存じでしょうか?今回、釣りラボでは、ゴカイが…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン