磯遊びの楽しみ方!おすすめの持ち物・道具・スポットや注意点を徹底解説

磯遊びは、自然の中で子供と一緒に楽しむことができ、ファミリーのお出掛け先としてとてもおすすめです。今回、釣りラボでは、磯遊びが楽しめるおすすめスポットや道具について紹介します。磯遊びでの注意点も解説するので、ぜひ参考にしてください。

初心者
スポンサーリンク

磯遊びの楽しみ方

出典:写真AC

気候が良くなり、夏が近づくと外に出かけたくなりますね。
キャンプでのBBQや山登りも楽しいですが、海のレジャーの一つ磯遊びはいかがですか?

泳げなくても、水に足をつけたり、タイドプールと呼ばれる岩と岩の間に出来た潮溜まりで、貝や魚、エビ・タコといった様々な生き物と触れ合えます。

大自然の中での体験は、子供にとっても最高の学びの場となるはずです。
この記事では、レジャー初心者でも安全に楽しめる、磯遊びの楽しみ方をご紹介します。

磯遊びができる時期(春・夏・秋・冬)

磯遊びは、春から冬まで季節を問わず楽しめますが、気温が上がりだす3月から10月頃に出かけるのがいいでしょう。

その中でもベストシーズンは夏です。
夏は日中の干満差が大きく、また満潮と干潮の差が大きい大潮は、潮溜まりが出来やすく、生き物の観察に適しています。

磯遊びの注意点

親子で気軽に楽しめる磯遊びには、危険もあります。
観察場所の岩場は滑りやすく、足元が不安定です。
転倒して怪我をしないように、足元をよく確認しながら移動しましょう。

また、潮溜まりと言っても、そこは海です。
遊びに夢中になっている間に潮が満ちてきた、なんてことにならないよう、当日の天気や潮見表で潮の満ち引きを調べてから出かけるようにしましょう。

全国各地の潮見表は、こちらから探すことができます。

さらに、触ると怪我をしたり毒を持っている危険な生き物もいます。
事前に図鑑や漫画・インターネットを使えば写真やイラストで、詳しく危険生物を知ることができます。
知っておくことで危険は回避できるので、危険生物をいくつかご紹介します。

磯の危険生物1:ウツボ

ウツボはたくさんの鋭い歯を持っています。
岩陰などに隠れているので、不用意に手を入れると噛まれて怪我をする恐れがあります。

磯の危険生物2:ギンポ

食べると美味しいギンポですが、背びれは硬く棘のようになっており、触ると怪我をする恐れがあります。

磯の危険生物3:ハオコゼ

磯に多いハオコゼは背ビレ・臀ビレ・腹ビレに毒トゲがあります。
ハオコゼは岩間や海藻の中に隠れていることがあり、刺されると大変痛むので注意しましょう。

スポンサーリンク

磯遊びにおすすめの道具・服装

磯遊び

出典:写真AC

安全に磯遊びをするには、適切な服装と装備が必要です。
また生き物を観察したり、触れ合ったりする為の道具を準備しておけば、より楽しむことができます。

釣具・タックル

潮溜まりにいる魚やカニ、捕まえてみたいと思うのではないでしょうか。
そんなとき釣具を持っていれば、釣る楽しみと達成感も味わえます。

【TOISTAX】釣り竿 セット

基本的な道具が揃っています。
釣竿はコンパクトで初心者でも扱いやすく説明動画もついているので、子供でも理解しやすいです。

【つり具TEN】サビキ釣り ちょい投げ釣り 完全釣りセット

撒き餌・仕掛け餌もついているので、すぐに釣りが出来ます。
ガイドブックと動画もついてて初心者にも使いやすいです。

手袋・グローブ

ゴツゴツとした岩場では、フジツボなどで手を怪我する危険性があります。
そのため手を保護する手袋や、グローブを用意していくと安心です。
家に軍手があれば、軍手でも良いでしょう。

【monoii】ぴったりフィットする ダイビンググローブ

伸縮性のある素材で手にフィットするので、泳ぐ際にも邪魔になりません。

ダイビンググローブ 厚さ 3mm

3mmと厚手ですので、保湿性もあり手をしっかりと保護してくれます。
滑り止めがついているのも嬉しい点です。

帽子

海の強い日差しから頭を守るため、帽子も必要です。
特に首後ろは焼けやすいので気をつけましょう。
顎紐がついていれば、風で飛んでいく心配もありません。

リーフツアラー 子供用 UVキャップ

軽い素材で通気性がよく、ムレにくい造りです。
UVカットで首回りもしっかり保護してくれます。

【ハンキンズ】サファリハット ブーニーハット

広めのツバが顔まわりを紫外線から守ってくれます。
メッシュ素材で快適なので、季節を問わず使用できます。

マリンシューズ

湿っている岩の上は滑りやすく、岩で足を怪我する恐れがあります。
サンダルなどは避け、歩きやすく足を保護できるマリンシューズがあると便利です。
長靴でも代用できます。

【SIXSPACE】マリンシューズ

軽量で通気性が抜群です。
足全体をしっかりと覆い、底には滑り止めが付いているので、磯でも安心して歩けます。

【MISIKEKE】ウォーターシューズ

柔らかく、排水性に優れた快適な滑りにくいシューズです。
すぐ乾くので、多目的シューズとしても有能です。

バケツ

海の中では落ち着いて観察出来ない魚なども、透明なバケツがあればじっくり観察出来ます。
バケツは生き物観察に便利な、便利グッズです。

【イノマタ化学】なるほどバケツ

透明でしっかりした作りのバケツです。
広めの注ぎ口は、水を捨てやすいです。

【AceCamp】折りたたみ式 バケツ

軽量で、子供でも持ち運びしやすいバケツです。
小さく折りたためるので、災害時にも役立ちます。

タモ網

素早く動く生き物を、素手で掬うのは難しいもの。
網があれば子供でも簡単に掬えます。

玉網 折りたたみ 釣り網

コンパクトで収納袋も付いているので持ち運びも便利です。
子供でも扱いやすいサイズ感です。

【オルルド釣具】ワンタッチネット

なんと言ってもワンタッチで折りたためるので、便利です。
網目も細かく小魚も掬いやすいです。

シュノーケリング

海の中の世界はとても神秘的なものです。
シュノーケリングを持って行けば、海の生き物を観察しやすくなります。

【リーフツアラー】シュノーケリング2点セット

割れにくい素材の子供用シュノーケリングセットです。
着脱もワンタッチで扱いやすいです。

【DIZA100】シュノーケルマスク

フルフェイスマスクで、水中でも息を楽に吸える初心者向けのシュノーケリングマスクです。
カメラを取り付けることもできます。

ライフジャケット

もしもの時に備えてライフジャケットも準備しておくと安心です。
つけておけば万が一転んでしまっても、体を守ってくれますし、楽に水に浮くこともできます。

【リーフツアラー】スノーケリングベスト 大人用

浮力が安定しており、安全性を重視して設計されています。
装着はシンプルで、体型にフィットします。

【キャプテンスタッグ】シーサイドフローティングベスト 子供用

子供でも着脱しやすく、動きやすい安定感のある設計です。

ここで紹介したものは一例です。
高価なものを買わなくても、バケツや網等は100均で揃うものもあります。
他にも箱メガネや虫かごなど用途に合わせて、是非自分にあった磯遊びグッズを探してみてください。

スポンサーリンク

関東近郊でおすすめの磯遊びスポット

磯遊び

出典:写真AC

関東近郊でも磯遊びが出来るスポットは多くあります。
参考にしてください。

関東近郊のおすすめ磯遊びポイント1:東京

まずは、東京のおすすめ磯遊びポイントをご紹介します。

お台場海浜公園

カップルから家族連れまで楽しめる観光名所ですが、磯遊びもできます。
近くにはランチの出来る場所もあるので安心です。

葛西臨海公園

江戸川区にある葛西臨海公園の西なぎさは、遠浅なので子供を遊ばせるのにも適しています。
駅近で、近くには観覧車や水族園もあるので親子連れにおすすめです。

関東近郊のおすすめ磯遊びポイント2:神奈川

続いて、神奈川のおすすめ磯遊びポイントをご紹介します。

海の公園

横浜市にある海水浴もできる公園です。
波も穏やかなので、家族で楽しむことができ、人工的に作られた砂浜には多くの生き物が生息しています。

稚児ヶ淵

神奈川県屈指の観光地・江ノ島の西南にあるので、観光も磯遊びも両方楽しむことができます。
夕日の名所とも知られ、美しい夕日を楽しむこともできます。

関東近郊のおすすめ磯遊びポイント3:千葉

千葉のおすすめ磯遊びポイントをご紹介します。

沖ノ島

館山湾に位置する沖ノ島は、歩いて渡れる無人島です。
流れも緩やかで、水質がとても綺麗な為生き物の観察をするのに適しています。

片貝海水浴場

日本最大級の砂浜で有名な、九十九里浜に位置する海水浴場です。
周辺には施設も充実しているので、名物の焼き蛤を堪能できます。

関東近郊のおすすめ磯遊びポイント4:茨城

茨城のおすすめ磯遊びポイントをご紹介します。

大洗海水浴場

ビーチと岩礁が点在しており、潮溜まりが多く見られます。
透明度も高いので、生き物を発見しやすい場所です。

平磯海水浴場

潮干狩りも出来る波の穏やかな海水浴場です。
沖にはくじら型の滑り台があり、磯遊びと共に子供が楽しめる要素が満載です。

関東近郊のおすすめ磯遊びポイント5:静岡(伊豆)

最後に、関東ではありませんが、関東圏からすぐに行ける静岡伊豆のおすすめ磯遊びポイントをご紹介します。

川名海水浴場

比較的混雑の少ない、小さな海水浴場です。
珍しい玉砂利のビーチで、小魚や海ガメに出会えることもあります。

らららサンビーチ

沼津市にある人工的に作られた白い砂浜のビーチです。
潮溜まりが出来やすく設計されており、水深が浅いので小さなお子様でも安心して遊べます。

スポンサーリンク

磯遊びの楽しみ方まとめ

磯遊び

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「磯遊びの楽しみ方!おすすめの持ち物・道具・スポットや注意点を徹底解説」というテーマに沿って、「磯遊びの楽しみ方」「磯遊びにおすすめの道具・服装」「関東近郊でおすすめの磯遊びスポット」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

磯釣りとは?釣り方のコツやおすすめのタックル・装備・仕掛け・スポットをご紹介
磯釣りとは、磯で行う釣りの総称です。今回、釣りラボでは、磯釣りで知っておくべき仕掛けや、釣れる魚、必要な道具・装備・便利…
海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
釣りにおすすめの車5選!コンパクトカーや軽自動車までご紹介|カスタム・ステッカー
釣りをする時に、大活躍する車。今回、釣りラボでは、釣りに最適な車の選び方やおすすめの車種、そして内装のカスタム方法や車内…
【2020年最新版】おすすめ釣り漫画ランキング8選!大人から子供まで楽しめる作品をご紹介!
釣りを題材にした漫画は、これまでたくさん出版されており、多くの人に愛されています。今回、釣りラボでは、そんな釣りの漫画に…
大潮はなぜ釣りやすいと言われるの?その理由・釣りにくい魚・確認方法をご紹介
大潮は、他の潮回りに比べて非常に釣りやすいと言われています。今回、釣りラボでは、そんな大潮で釣りがしやすい理由、大潮で釣…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣りお役立ち情報・コラム
釣りラボマガジン