釣りにおすすめの服装とは?季節・場所別にご紹介【初心者・釣り女子必見】

釣りにおすすめの服装とは?季節・場所別にご紹介【初心者・釣り女子必見】

釣りに行く時、どういった服装をすると良いのでしょうか?釣りラボでは今回、釣りに最適な服装を【春夏秋冬】【釣り場所】別に解説します。釣り初心者〜上級者、そして釣り女子必見の内容になっていますので、最後までぜひご覧ください。



釣りの服装は何が良い?

釣り服装

出典:写真AC

釣りを行う際の服装ですが、基本的には動きやすく、汚れてもいいものを選ぶべきです。

釣り場に移動するまでに堤防やテトラポット、山道なども通る可能性があるためです。
また、通気性ががいいものや、防水、防風機能のあるものなどもあると釣りを行う時に活躍してくれます。

機能性のあるものを選ぶ

釣りに行く際は必ず動きやすい服装を選んでください。
釣りを行うまでの道のりもそうですが、動きにくい服装で釣りを行うと、すぐに疲れてきてしまいます。

動きにくい服装で疲れる場面として、船上で釣りをする際、足元が安定しない時や、渓流釣りを行う際に、川辺が砂利や岩場で動きがもともと取りずらい時などがあります。

また、自然の中で釣りは行うものなので、いつ服装が汚れてしまうかわかりません。
そのため、汚れてもいい服装を選ぶのも大事になります。

動きやすいもの

動きやすいものですが、ジャージやストレッチのきく素材のものを選んでいただければ問題ありません。

逆に、スキニーのデニムなどの足が圧迫されるものや動きが制限されるものは釣りに集中できなくなる可能性があるので注意してください。

汚れても良いもの

釣り場では汚れることが多いです。
魚を触る時はもちろんですが、潮によって服が痛んでしまう場合もあります。

必ず汚れても良いものを選ぶようにしましょう。

そのほかにも、海や魚の匂いは一度ついてしまうと取れにくいので、お気に入りのおしゃれな服装では行かないようにしましょう。

基本的な服装

釣りに行く際に、必須の服装をまず紹介したいと思います。

季節や場所に関係なく基本的に必要なものになるので、ぜひ持っていない場合は購入を考えてみてください。

帽子

釣りは外で行うのが基本になります。
そのため紫外線防止のためにも帽子は必須アイテムになります。

また、帽子は投げ釣りなどをする際に、仕掛けや針から頭を守ってくれるという役割もあります。

自分のだけでなく、他人の仕掛けが飛んできてしまうというハプニングも起きる可能性があるので帽子はしましょう。

偏光サングラス

偏光サングラスも、あると非常に便利です。

釣りを始めたての初心者の方やこれから始めようと考えている方は、もしかしたら偏光サングラスと言う単語を聞いたことがないかもしれません。

普通のサングラスと違う点としては、水面の反射、いわゆるギラつきを抑える効果があるということです。
水面のギラつきを抑えることにより、魚影が見やすくなり釣りをより楽しんで行うことができるようになります。

またそれだけでなく、帽子と同じように身を守るためにも役立ちます。
ルアーや針が目に入ると大変なのでサングラスで保護し、安全に釣りを行いましょう。

長袖・長ズボン(Tシャツ・短パン)

基本的には長袖、長ズボンを履いて釣りをしましょう。
こちらも針や仕掛け、渓流釣りに行く際の岩場から身を守り、ケガを防止するためです。

また、特に海では紫外線を遮るものがないため、肌を守る目的もあります。

もし、Tシャツや短パンを着て釣りを行う際はアンダーシャツや何か肌を露出しない対策を取ることをおすすめします。

釣りベスト(フィッシングベスト)

釣りベスト(フィッシングベスト)は、万が一海や川に落下してしまった時に、ライフジャケットの代わりとしてウキの役割をしてくれるベストです。

また、釣りベストにはポケットが多数あるものが多く、餌や予備の仕掛け等を収納でき、大きなバッグを持ち歩かずに住む便利なものです。

>>>こちらの記事も読まれています
釣りベスト人気ランキング8選!レディース・子供向けもご紹介|収納・装備

スニーカー・長靴

釣りに行く際は必ず運動に適したスニーカー、もしくは長靴を履いてください。

長靴の場合は大丈夫ですが、スニーカーを履く場合は汚れてもいいものを選び防水スプレーを振っていくと万が一濡れてしまっても心配ないのでおすすめです。

おしゃれはしてもいいの?

もちろんおしゃれをして気分を高めて釣りをした方が楽しいので、おしゃれはしても大丈夫です。
ただし、普段着るオシャレな服ではなく、釣り用の服装でおしゃれしましょう。

特にウィンドブレーカーや防寒、防風用の服は可愛いものやかっこいいものが多いので、ぜひお気に入りのデザインやブランドを見つけてみてください。

男性ならかっこいいサングラスなんかもかっこよくオシャレに見えるポイントになると思います。

釣り女子初心者が避けたほうが良い服装

釣り女子を目指そう!としている初心者の方は、やはり釣りの服装を可愛くしたいと思いますが、あくまでも最初から書いてる通り、まずは機能性を見て選ぶようにしましょう。

いくら可愛くても、動きにくい服装や重たい靴などは絶対にやめておきましょう。
疲れが溜まりやすくなり、釣りに集中できずに終わってしまう原因になります。

ここからは釣り女子初心者の方が避けるべき服装を紹介していきます。

肌の露出が多い服装

まずは、肌の露出が多いものです。
屋外で紫外線にさらされることになるので日焼けや、シミの原因になります。

また怪我の原因にもなるのでなるべく肌は隠すようにしましょう。

スカート

スカートも釣りをするのには適していません。

動きにくいことはもちろんですが、スカートがひらひらすると、針などが引っかかりやすく、トラブルの原因にもなりますので避けるようにしましょう。

ヒール

最後にヒールは絶対にはかないようにしてください。
魚がかかった場合、足で踏ん張らないといけません。

なので、ヒールを履いていると、バランスが悪くなりとても危険になります。

最適な服装を【春夏秋冬】別にご紹介

釣り服装

出典:写真AC

ここまでは釣りに適した服装を紹介してきましたが、ここからはさらに具体的に季節や場面に応じて最適の服装を紹介していきます。

春・秋(3月〜5月・9月〜11月)の服装

春や秋に釣りに行く際は、気温に十分注意しなければなりません。

暖かくなり始めた時や、涼しくなり始めた時に油断し、薄着で釣りに行くと予想以上に寒いことが多くあります。

またそれだけではなく、春や秋は風が強いことが多いです。
そのため気温は暖かくても体感温度はかなり低くなることも多いので防寒や防風対策はしっかりとして釣りに行きましょう。

ウィンドブレーカー

防寒や防風対策としてウィンドブレーカーを一枚持っておくと体温調節がしやすく、春や秋には便利です。

また風を通さないので、風が強い日にもしっかりと体温を保ってくれる優れものです。

レインウェア

春や秋には、レインウェアも非常に大事になります。

気圧の関係で非常に天気の変わりやすい季節なので、雨が降ってきても大丈夫なように用意しておくといいでしょう。

夏(6月〜8月)の服装

夏に釣りを行う際は、必ず紫外線対策を行ってください。

また川釣りや渓流釣りに行く時は、虫が多くいる可能性が高いので虫除けアイテムもあると非常に役立ちます。

日焼けしにくい服装

まず、夏といえば紫外線対策ですよね。

もちろん長袖、長ズボンで釣りを行うのが一番いいのですがどうしても夏は暑いと思います。
なので、UVカット機能があるアンダーシャツがおすすめです。

紫外線も抑えることができる他、夏用のアンダーシャツは速乾性がありひんやりとした肌触りのものもあるので暑さをしのぎつつ日焼け対策ができます。

虫除けができる服装

夏に蚊に刺されるのは嫌ですよね。
川辺とかには蚊だけでなく、アブや蜂といった虫もいるので虫対策も大事になってきます。

最近では、インセクトシールドといって、虫が寄りつきにくい加工のされた服があるので試してみるのもいいかもしれません。

もしそのような服を持っていなくても、虫除けスプレーや虫除けリストバンドなどを利用して虫対策をして釣りに行きましょう。

ベスト・Tシャツ・短パン・サンダル

また場所にもよりますが、ベスト、Tシャツや短パン、サンダルをうまく利用しましょう。
堤防や漁港内で釣りをする場合は、怪我をするリスクが低いのでサンダルで釣りをすることも可能です。

しかし、少なからずスニーカーよりは確実に怪我のリスクが高まるので気をつけてください。
またTシャツや短パン、サンダルは川釣りでは絶対に止めるようにしましょう。

冬(12月〜2月)の服装

冬は海、川ともに非常に寒さが厳しくなります。

また、北から非常に冷たい風も吹くので防寒対策をしっかりとしていきましょう。

防寒着

防寒着ですが、温かいシャツや、フリースなど軽くて温かいものを中に着込むとジャケット等で動きにくくなることを避けることができます。

ユニクロの超極暖のシャツやタイツが非常に温かいので防寒着として最適です。
そのほかにフリースもユニクロからお手頃な価格で出ているのでこちらも非常におすすめです。

またアウターは風を通さない性能のものを選ぶことをおすすめします。

ニットキャップ・手袋

ニットキャップや手袋も冬の釣りには必須のアイテムです。

特に、手は非常に冷たくなり、手の指先の感覚がなくなってくる場合があるため、細かい作業が難しくなってしまいます。

そのためしっかりと対策が必要です。

おすすめの服装を【釣り場所】別にご紹介

釣り服装

出典:写真AC

釣りの服装は、季節だけでなく釣り場によっても最適なものが変わってくるのでここからその場所に応じた服装を紹介していきます。

船/ボート釣りの服装

船釣りをする際の服装で抑えておくべきポイントは三つあります。

ライフジャケット

まず一つ目は、ライフジャケットを必ず着用しなければいけないということです。

ライフジャケットは乗る船で無料貸し出しを行っているところがほとんどですが、有料の船もあるので注意が必要です。
もし船釣りをよくするのであれば、今後のことも考えて、マイライフジャケットを購入するのもいいかもしれません。

>>>こちらの記事も読まれています
【コスパ最強】桜マークつきのおすすめライジャケット5選|ダイワ・シマノ

>>>こちらの記事も読まれています
船釣り・沖釣りの始め方|釣り方・持ち物・服装・仕掛け【初心者必見!】

防寒

二つ目は防水、防寒です。

海上での釣りはいつ濡れるかわかりません。
もしかすると波が高く、水しぶきがかかる場合もあります。

また、船の床も濡れていることが多いので服だけでなく、靴も濡れてもいいものにしましょう。
もちろん濡れると寒いですが、海の上は濡れなくても、思っている以上に寒くなることがあります。

そして夏でも風が吹くと肌寒くなります。
海に出る際は必ず、一枚防寒できるものを持っていきましょう。

紫外線対策

三つ目は紫外線対策を考えて服装を選びましょう。

海に出てしまうと紫外線や日差しを遮るものが船の影以外になくなってしまいます。
なので肌はなるべく隠すような服装でいきましょう。

帽子やサングラスなども忘れずに着用しましょう。

海釣りの服装

海釣りは一番カジュアルな服装で行える釣りになります。

堤防や漁港で釣りを行うのであれば夏場はTシャツやサンダルでもできないことはありません。
しかし、海釣りでも針やテトラポットなど怪我をする恐れはあるのでおすすめはしません。

基本の動きやすく、汚れてもいい服装であれば何を選んでも大丈夫です。

>>>こちらの記事も読まれています
【初心者必見】海釣りの道具・仕掛け・釣り方をご紹介|釣竿・仕掛け

川釣りの服装

川釣りでの服装のポイントも2つあります。

虫対策

一つ目は虫対策です。
川辺には非常に多くの虫が生息するため、虫除けスプレーやインセクトシールド加工の服装を選ぶといいです。

汚れても良い服装

二つ目は、汚れてもいい服装や靴にしましょう。
海に比べ、地面が砂利になることや森や草むらの中を抜けていく場合が多くなります。

そのため汚れてしまう確率が非常に高くなります。
汚したくないものは持っていかないことをおすすめします。

>>>こちらの記事も読まれています
川釣りの道具や仕掛けをご紹介|場所の選び方・竿の使い方【初心者必見】

渓流釣りの服装

渓流釣りは基本的に川釣りに行く時と同じ格好でいいと思います。

断崖や渓谷で行う川釣りを渓流釣りと呼ぶので、通常の川釣りより岩場が多く怪我をしやすいです。
なので渓流釣りに行く際は必ず、長袖長ズボンで行くようにしましょう。

またポケットの多いフィッシュベストも岩場などで荷物を下ろす場所があまりないため非常に活躍してくれます。

>>>こちらの記事も読まれています
渓流釣りの始め方|仕掛け・餌・装備・服装・竿・ルアー【初心者必見】

釣りに持っていくべき持ち物

釣り服装

出典:写真AC

釣りに持っていくべき持ち物としては、以下のものが挙げられます。

項目備考
クーラーボックス釣った魚を持ち帰る時に使います。
釣竿、仕掛けレンタルなどでも問題ありません。
飲み物、軽食船釣りや渓流釣りは特に飲み物を変える場所がない場合が多いので、多めに持っていくことをおすすめします
日焼け止め日差しを遮るのが難しいので、特に夏は必ずしましょう。こまめに塗りなおすことも大事です。
虫除けスプレー夏は、虫除けスプレーも必須です!
ゴミ袋自分の出したゴミはしっかりと持ち帰りましょう!そのほかにもクーラーボックスを汚したくない場合、魚をゴミ袋に入れて持ち帰るといいです!
タオル汗を書くのであると便利です。
ウェットティッシュ汚れた時や魚を触った後に使います。

釣りに最適な服装についてまとめ

釣り服装

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「釣りにおすすめの服装とは?季節・場所別にご紹介【初心者・釣り女子必見】」というテーマに沿って、「釣りの服装は何が良い?」「最適な服装を【春夏秋冬】別にご紹介」「おすすめの服装を【釣り場所】別にご紹介」「釣りに持っていくべき持ち物」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。


スポンサーリンク

釣りの服装に関連する記事一覧

釣りの服装に関する記事一覧です。釣りラボマガジン(TSURI LABO)では、釣りの服装に関連する様々な記事を多数掲載しておりますので、必要な情報を集めることができます。

【初心者必見】海釣りで使える餌を徹底解説!付け方・仕掛け方も紹介

海釣りは、子供・初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、そんな海釣りに使う餌に注目し、エサの種類やオススメの餌、付け方・仕掛け方などを詳しく解説していきます。 餌 海釣りとは? 出典:写真AC...

キス釣りで使うおすすめの餌を紹介!餌の種類や付け方を解説します

キス釣りは、初心者でも簡単に釣れることに加え、調理しても美味しいため人気の釣りの一つです。今回、釣りラボでは、そんなキス釣りに使う餌に注目し、おすすめの餌、付け方などを詳しく解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。 餌 ...

バスロッドのおすすめメーカー13選!選び方や初心者向けも紹介

おすすめメーカーや目的にあったバスロッドはどのように選べばいいでしょうか?釣りラボでは今回、バスロッドについて【人気メーカー】【初心者向け】【コスパ最強】別に解説します。釣り初心者も必見の内容になっていますので、最後までぜひご覧ください。 ...

ブドウ虫が成虫になるとどうなる?成虫になるまでの期間や保管方法を解説

ブドウ虫は、渓流釣りにおいて大活躍する人気の釣り餌です。そんなブドウ虫の成長した姿をご存じでしょうか?今回、釣りラボでは、ブドウ虫の成虫について成虫になるまでの期間や成虫してしまったブドウ虫の取り扱い方などを解説します。 餌 ...

ハゼ釣りで使うおすすめの餌を紹介!付け方やコンビニで買える代用餌も解説

ハゼ釣りは、初心者でも簡単に釣れる釣りの入門編と言えるものです。今回、釣りラボでは、そんなハゼ釣りに使う餌に注目し、オススメの餌、付け方などを詳しく解説していきます。初心者の方必見の内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。 餌...

夜釣りの始め方|道具・仕掛け・ライト・ランタン・ルアー【初心者必見】

普段は明るい時間帯に釣りを楽しむ人も多いですが、実は夜釣りには多くの魅力があることをご存知ですか?今回、釣りラボでは、そんな夜釣りについて、おすすめの時間帯やコツ、仕掛けなどについて解説していきます。 餌 夜釣りとは...

ブラクリ釣りの始め方|おすすめのブラクリ仕掛け5選と釣り方をご紹介!

根魚・ロックフィッシュの釣りに非常におすすめなブラクリ仕掛け。今回、釣りラボでは、ブラクリ仕掛けを使った釣り方テクニックやおすすめのブラクリ仕掛けを5選ご紹介します。 餌 ブラクリとは 出典:写真AC ...

川釣りの道具や仕掛けをご紹介|場所の選び方・竿の使い方【初心者必見】

川釣りでは、実に様々な種類の魚を釣ることができます。今回、釣りラボでは、川釣りで釣れる魚の釣り方や、釣りのために必要な道具・装備・服装・餌だけでなく、竿やルアーの使い方や場所の選び方などもご紹介。ぜひご覧ください。 餌 ...

エリアトラウトにおすすめの最強タックル|釣り方・ロッド・ライン・ルアー

エリアトラウトとは、管理釣り場でトラウトを狙うゲームフィッシングのことを指し、初心者・熟練者問わず人気があります。今回釣りラボでは、そんなエリアトラウトの釣り方テクニックやおすすめのタックルをご紹介します。 初心者 ...

ランディングネットのおすすめ商品5選|折りたたみジョイント・ホルダー

釣りを始めるなら、ランディングネットは必ず持っておきたいアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、ランディングネットの選び方や使い方を解説した上で、おすすめのランディングネット5選を紹介します。 シーバス ランディング...