【2022年】渓流ベイトフィネス用ラインおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

渓流釣りに挑戦したい方必見!今知ってほしい渓流釣りベイトフィネス用ライン厳選集!今回、釣りラボでは、渓流ベイトフィネス用ラインの特徴、おすすめの渓流ベイトフィネス用ライン、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の渓流ベイトフィネス用ラインをご紹介します。

ライン・釣り糸 ベイト
スポンサーリンク

渓流ベイトフィネス用ラインの選び方

ダイワ(DAIWA) PEライン UVF TATULAセンサー×8+Si2 8lb. 150m ライムグリーン

コントロールの良さが特徴のベイトタックルに、繊細なライン・軽いルアーを使って渓流釣りを楽しむのが、渓流ベイトフィネスゲームです。
手返しの良さと、今まで狙えなかったような繊細なアタリまで狙うことができるとあって人気となっています。

今回はそんな渓流ベイトフィネスゲーム用のラインの選び方を簡単に紹介します。

選ぶポイント:ラインの種類

釣りのラインには大きく3種類、ナイロン・フロロカーボン・PEラインがあります
そのうち、渓流ベイトフィネスゲームに向いているラインは、ナイロン・PEラインです。

ナイロンラインは扱いやすいのが特徴のラインで、乗せる釣りに向いています。
PEラインは強度が高く、ラインの太さを細くできるのでよりフィネスな釣りを行うことができます。

フロロカーボンラインでもベイトフィネスゲームができないわけではありませんが、クセが強いこと、バックラッシュが起きやすいということに注意する必要があります。

選ぶポイント:ラインの太さ

フィネスゲームでポイントとなるのが、ラインの太さです。
ラインの太さは細いほど自然に誘うことができ、感度も良くなります。

一方で細いほど弱くなってしまうので、ラインの太さは永遠の課題とも言えます。
一般的にベイトフィネスゲームのラインの太さは、ナイロンラインで3~6lb・PEラインで0.5号前後が多くなっています。

スポンサーリンク

渓流ベイトフィネス用ラインおすすめ人気6選【コスパ最強】

サンヨーナイロン ナイロンライン アプロード GT-R ピンクセレクション 300m 0.4号 1.5lb スーパーピンク

それでは実際におすすめの渓流ベイトフィネス用ラインを6つ紹介します。
ランキング上位の人気渓流ベイトフィネス用ラインはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6つを選んでいます。

これから渓流ベイトフィネスゲームを始める方も、新しく渓流ベイトフィネス用ラインを購入して快適な渓流ベイトフィネスゲームを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】UVFタトゥーラセンサーX8+Si2

渓流フィネスゲームと言うとどうしても小型中心のイメージが付きますが、このラインを使うことでフィネスなラインであっても大物とファイトすることができます。
UVF加工という特殊な加工を施すことにより、高強力と高感度を両立している渓流ベイトフィネスラインです。

サンヨーナイロン

【サンヨーナイロン】GT-R PinkSelection

ピンクのカラーラインで視認性が高く、渓流ベイトフィネスでもしっかりとラインを確認しながら釣りをすることができます。
柔軟性と高感度を両立しながらもパワーのあるラインです。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)

【ヤマトヨテグス】PEレジン シェラー

特殊樹脂コーティングを行うことで、PE特有のコシのなさを減少させたラインです。
スムーズに糸が出るためライントラブルが少ないので、ライントラブルが多い渓流ベイトフィネスゲームにぴったりです。

東レ(TORAY)

【東レ】バウオ スーパーベイトキャスティングフィネス

しなやかさ・低伸度のバランスを見直し、ベイトフィネスゲームでも使いやすく進化したラインです。
ライントラブルを低減しながら、フロロカーボンの特徴を活かすことができるラインです。

DUEL(デュエル)

【デュエル】ハードコア クイックショットCN

カーボナイロンという、フロロカーボンラインとナイロンラインを組み合わせた複合素材でできているラインです。
浮力があるラインなので、軽いルアーで水面を狙う渓流ベイトフィネスゲームにおすすめのラインです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】レッドスプール ベイトフィネススペック

フロロカーボンラインで渓流ベイトフィネスゲームを楽しみたいという方におすすめなのが、ジャッカルのレッドスプールです。
ライントラブルを防止するためにしなやかなラインとなっているので、岩場などを攻めていくことができる渓流ベイトフィネスゲームラインです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめの渓流ベイトフィネス用ライン3選

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) PEライン PEレジンシェラー 150m 0.6号 10lb 4本編み+コーティング オレンジ

次に2021年、2022年に発売された最新の渓流ベイトフィネス用ラインを2つ紹介します。
渓流ベイトフィネス用ラインは各メーカーが新製品開発に力を入れているジャンルです。

新作の渓流ベイトフィネス用ラインを使って、快適な渓流ベイトフィネスゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ラパラ(Rapala)

【ラパラ】ラップラインPE

高強力ポリエチレン繊維であるIZANASを使用した高感度PEラインです。
適度なハリとコシがあり、ライントラブルが少ないので、渓流ベイトフィネスゲームでも活躍するラインです。

バリバス(VARIVAS)

【バリバス】スーパートラウトアドバンス ベイトフィネスPEX4

バリバスから発売されている、渓流ベイトフィネスゲーム用のPEラインです。
表面が少しザラザラしており、適度に引っかかることでサミングがしやすくなっています

ゴーセン(GOSEN)

【ゴーセン】RooTS×8

2020年に化学繊維メーカーであるゴーセンから発売されたRooTS×8は、高強度な引張強度で、ライトラインでゲームを楽しむ事が出来るPEラインです。

フレッシュやエリアでのトラウトゲーム、ソルトでのライトゲームなど、軽いルアーをコントロール出来るしなやかさと、高密度によるラインの張りで、手返しアップとトラブルレスを実現しています。

スポンサーリンク

渓流ベイトフィネス用ラインについてまとめ

東レ(TORAY) ライン バウオ スーパーベイトキャスティングフィネス 100m 7lb ナチュラル

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】渓流ベイトフィネス用ラインおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 渓流ベイトフィネス用ラインの選び方
  • 渓流ベイトフィネス用ラインおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの渓流ベイトフィネス用ライン3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

渓流ベイトフィネス用ライン
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2023年】ベイトフィネス用ラインおすすめ13選!選び方や素材別の特徴をご紹介
バス釣りなどで非常に人気の高いベイトフィネス。今回、釣りラボでは、そんなベイトフィネスに使うラインの選び方や、渓流やソル...
【2022年】渓流ルアー用ラインおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
渓流ルアーに最適なラインを各種揃えました。今回、釣りラボでは、渓流ルアー用ラインの特徴、おすすめの渓流ルアー用ライン、コ...
【2022年】渓流釣り向けのpeラインおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
peラインで渓流釣りを楽しみたい方は必見。今回、釣りラボでは、渓流釣り向けのpeラインの特徴、おすすめの渓流釣り向けのp...
【2022年】コスパ抜群のPEラインおすすめ8選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ...
【2022年】ナイロンラインおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
初心者でも扱いやすく汎用性の高いナイロンライン。数ある中からおすすめをご紹介!今回、釣りラボでは、ナイロンラインの特徴、...
【2022年】焼き鳥の缶詰おすすめ人気ランキング6選!人気の商品やレシピも
ご飯のおかずにお酒のおつまみに、そのままでもアレンジしても美味しくて保存に便利な焼き鳥の缶詰。今回、ベストハックでは、焼...
【2022年】まぐろの缶詰おすすめ人気ランキング6選!人気の商品やレシピも
今全てのまぐろ好きさんに知ってほしい!近年大注目のまぐろの缶詰はこちら!今回、ベストハックでは、まぐろの缶詰の特徴や選び...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ライン・釣り糸
釣りラボマガジン