【2022年】ナブラ撃ちルアーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

ナブラ撃ちルアーを使うことで、釣果を上げることが期待できます。今回、釣りラボでは、ナブラ撃ちルアーの特徴、おすすめのナブラ撃ちルアー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のナブラ撃ちルアーをご紹介します。

ルアー
スポンサーリンク

ナブラ撃ちルアーの選び方

Jackson(ジャクソン) メタルジグ ギャロップアシスト ロングキャスト 45mm 22g ゴールドグリーン GGD ルアー

ショアジギング・オフショアジギングのソルトフィッシングにおいてナブラの発生は、アングラーにとって最もエキサイティングな時間と言っても過言ではないです。

決して長くはないナブラ撃ちのチャンスタイムは、適したルアーを投入しなければ魚からの反応は得られません。

そこで今回は、ナブラ撃ちルアーの選び方や、おすすめの商品をご紹介していきます。
まずは選び方のポイントを説明します。

選ぶポイント1:ルアーの種類で選ぶ

ナブラ撃ちは対象魚によってルアーは違いますが、主に「メタルジグ」と「トップウォーター系プラグ」で攻略します。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

メタルジグ

メタルジグとはタングステンや鉛素材を採用して作られているルアーです。
遠投性能に優れ、圧倒的な飛距離を出すことができます。

そのことから、ナブラが発生した時にスピーディーにその場所へ届けることが可能なので、ナブラ撃ちではよく使用されます。

トップウォーター

トップウォーターとは、ルアーが水中に沈むことなく、水面でアクションをするという特徴があります。

メタルジグで魚からの反応を得られない時に、ペンシルベイトやポッパー等のルアーが投入されます。
魚が高活性で表層を意識している時は、トップウォータープラグが大いに活躍します。

選ぶポイント2:ルアーのサイズで選ぶ

ナブラ撃ちを攻略するには、ルアーのサイズの選択はとても重要です。
最も重視すべきポイントは、ナブラのベイトフィッシュのサイズに合わせることです。

ベイトフィッシュのサイズが大きい場合は、トップウォータプラグが有効です。
一方で、ベイトフィッシュのサイズが小さい時は、メタルジグの出番です。

メタルジグの中でも、タングステン素材を採用したジグは高比重なため、ボディシルエットがコンパクトで、遠投性能が高くキャスタビリティに優れているのでおすすめです。

スポンサーリンク

ナブラ撃ちルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】

タックルハウス(TackleHouse) ポッパー コンタクト フィードポッパー 135mm 45g ピンクバック・スリットHG #03 CFP135 ルアー

ここからはおすすめの「ナブラ撃ちルアー」をご紹介していきます。
人気ランキング上位のものから、コスパに優れた商品を6つご紹介します。
購入を検討している方は是非チェックしてみてください。

ジャクソン(Jackson)

【ジャクソン】ギャロップアシスト ロングキャスト

ウェイトのラインナップが豊富なナブラ撃ちルアーです。
圧倒的な飛距離を叩き出すのでナブラ撃ちに最適なジグと言えます。

ボディサイズはコンパクトなので、ベイトのサイズが小さい時に有効になります。
また、さまざまなリトリーブスピードに対応するので扱いやすく、初心者の方におすすめしたいアイテムです。

タックルハウス(Tacklehouse)

【タックルハウス】フィードポッパー

使いやすさに定評があるため、多くのアングラーに愛用されているナブラ撃ちルアーです。
独特なカップ形状を採用しているので、甘い魅惑のポップ音で魚を魅了しバイトに持ち込みます。

遠投性にとても優れているので、ショアジギング、オフショアジギング問わずどのフィールドでも活躍してくれます。

オーナー(OWNER)

【オーナー】GJ-40 撃投ジグ

青物専用として開発されたナブラ撃ちルアーです。
そのため高耐久性なので、大型の魚に対しても問題なくファイトすることができます。

ボディから発せられるフラッシングアピールが強く、広範囲から魚を呼び寄せるパワーを持っています。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】コルトスナイパー ロックスプラッシュ140F

重心移動システムを採用したナブラ撃ちルアーです。
このシステムを採用することにより、抜群の遠投性能を誇り、遠いナブラに対しても対応することができます。

またアピール力も高く、ダイブからスプラッシュまで幅広いアクションをしてくれます。
メタルジグで反応が悪い時に、おすすめのルアーです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】ビッグバッカー

青物で抜群の実績を誇るナブラ撃ちルアーです。
ボディはスリムなので、水をよく切り高速リトリーブにも対応します。

手返し良く釣りができるので、短いチャンスタイムのナブラ撃ちには最適なジグと言えるでしょう。

【ダイワ】ソルティガ TGベイト

タングステン素材を採用したナブラ撃ちルアーです。
高比重の特性を活かしコンパクトなサイズなので、従来のメタルジグではサイズが大きすぎて反応がない時に釣果が期待できます。

ウェイトのラインナップが豊富なので、さまざまなベイトフィッシュに合わせることができるところもおすすめのポイントです。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのナブラ撃ちルアー2選

オーナー(OWNER) メタルジグ GJ-40 撃投ジグ40g #35 きびなごいわし No.31844

最後に2021年以降に発売された「ナブラ撃ちルアー」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年のナブラ撃ちを攻略してみてはいかがでしょうか。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】サムライジグR

重心バランスが優れているため、圧倒的な飛距離と安定した飛行姿勢を実現するナブラ撃ちルアーです。
水流抵抗も最適化され、エビるといったラインがフックに絡むトラブルを軽減させます。

ナブラの短いゴールデンタイムをものにするためには、トラブルは避けたいので、このアイテムは非常に有効になるでしょう。

DUEL(デュエル)

【デュエル】バレットダイブ

爆発的な飛距離と、ボディに内蔵されたボールによるラトルサウンドで、広範囲にアピールができるナブラ撃ちルアーです。

太めのヘッド形状を採用しているので、水押しが強いウォブリングアクションを得意とします。

アピール力を重視したい方におすすめしたいルアーです。

スポンサーリンク

ナブラ撃ちルアーについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ルアー コルトスナイパー ロックスプラッシュ 140F AR-C OT-140Q パープルカタクチ 03T

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ナブラ撃ちルアーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ナブラ撃ちルアーの選び方
  • ナブラ撃ちルアーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのナブラ撃ちルアー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者...
【2022年】おすすめの定番シーバスルアー18選!ダイワ・シマノの人気商品も
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスルアー。今回、釣りラボでは、シーバスルアーの選び方、種類、人気メーカー、定...
【2022年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー14選!釣り方や仕掛けもご紹介
ヒラメのルアーフィッシングは、サーフや船釣りにおいて人気がとても高いです。今回、釣りラボでは、ヒラメの釣り方、時間帯、ル...
【2022年】バス釣りルアーおすすめ14選|選び方・種類・人気メーカー
バスのルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは、バス釣りルアーの選び方、人気ルアー(メガバス・デュオ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ルアー
釣りラボマガジン