トップウォーターの基礎知識|釣り方・タックル・ロッド・リール・シーバス

バス釣りの定番とも言えるトップウォーター。今回、釣りラボでは、トップウォーターの基礎知識として、釣り方やトップウォーターに最適なタックル、ルアー(プラグ)をご紹介します。

バス
スポンサーリンク

トップウォーターとは

トップウォーター

出典:写真AC

トップウォーターとは、水面・水面直下でルアーをアクションさせる釣り方のことです。

バスフィッシング用語だというイメージが強い方も多いかもしれません。
しかし、バスだけではなく、海釣りでヒラマサやクロダイ、ショアジギングで青物、淡水でナマズ、渓流でヤマメやニジマスを狙うこともできます。

ターゲットの活性が高い時期はもちろんですが、活性の低い場合も方法によっては水面に引き寄せることが可能です。

水面のルアー目掛けて豪快に食いつく瞬間は、他の釣りにはないエキサイティングな魅力があり、夢中になるアングラーも少なくありません。
自らルアーをアクションさせ、ヒットを目視できる点が醍醐味です。

難しい釣り方だという印象があるかもしれませんが、特性を抑えれば思うほどハードルの高い釣り方ではないのです。
場合によってはヒラメや、メバルなどの根魚すら狙えます。

シーバス・バス釣りにおすすめ

トップウォーターでバスを釣った場合の迫力は印象的で、大物がヒットした瞬間は水柱が上がることもあるほどです。
トップウォーターと言えばシーバス釣り、オカッパリからのバス釣りだというイメージがあるのも納得の魅力があります。

これから挑戦してみたい、興味があるという方には、是非シーバス・バス釣りからトップウォーターに入ってみてください。

バス釣りにトップウォーターが向いている理由に、バスの縄張り意識が強く空腹でなくとも敵意を抱けばルアーに食いつくという点があげられます。
バスは好奇心が旺盛なので、珍しいものに食いつくこともあります。
これは市販のルアー、自作のルアーでも同様です。

さらに、バスにはまぶたがありません。
逆光によって水面にある物を動きやシルエットでしか認識できないため、簡単にルアーを餌と誤認してしまいます。

以上のことから、トップウォーターはシーバス・バス釣りにおすすめです。

>>>こちらの記事も読まれています
バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル

>>>こちらの記事も読まれています
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方

トップウォータールアー・プラグの種類

トップウォータールアーは、各メーカーからプラグと呼ばれる多くの種類のルアーが販売されています。
小魚を模したものや、羽のついたもの、プロペラのついたものなど様々なタイプがあるので、使用する際には特徴を確認しておきましょう。

多くの種類があるルアーの中で、トップウォーターに使用できるプラグをお伝えします。

  • ペンシルベイト
  • ポッパー
  • スイッシャー(プロップベイト)
  • カップ型ノイジー
  • ウィング型ノイジー(クローラーベイト・羽根モノ)
  • ウェイクベイト・ライブリー
  • ダーター
  • フロッグ
  • バズベイト

主に使われるプラグは以上のものです。
ルアーは本当に多くの形・色・サイズがある上、ハンドメイドのものを使う場合もあります。

種類によってアクションも異なってくるので、特に代表的なものは後ほど紹介します。

スポンサーリンク

トップウォーターの動かし方・アクション

トップウォーター

出典:写真AC

トップウォーターの動かし方には、いくつか代表的なものがあります。

ただ巻き

最も単純なアクションは『ただ巻き』です。

バズベイトやスイッシャーといったプラグを使う場合の動かし方で、ただリールを巻くだけで十分にターゲットを誘うことができるので『ただ巻き』と呼ばれています。

ストップ&ゴー

『ストップ&ゴー』はその名の通り、巻いて止める動きを繰り返すものです。

トップウォーターは、アクションの最中かアクションを止めた時に魚が食いつくことが多いため、『ストップ&ゴー』のようなルアーの動かし方をします。
ルアーを動かしている時に注意を誘い、止めた時にバイトさせるという狙いがあります。

ドッグウォーク

『ドッグウォーク』とは、ルアーを左右に揺らしダートする動かし方です。
犬が散歩中に左右を見ているような動きなので、ドッグウォークという名前がついています。

また、夜行性のターゲットを日中に狙う場合は、ルアーに派手なアクションをさせることを心掛けると良いでしょう。
対して夜行性の魚を夜釣りで狙う場合は、ルアーを認識しやすいため比較的ゆっくりとしたナチュラルな動きがベストです。

スポンサーリンク

おすすめのトップウォータールアー・プラグ

トップウォーター

出典:写真AC

トップウォータールアー・プラグの中で、出番が多い代表的なものとおすすめのアイテムを紹介します。

ペンシルベイト

ペンシルベイトは鉛筆のような形状から名前が付けられました。
広範囲向けのルアーで、ドッグウォークのアクションが得意です。

エバーグリーン コンバットペンシル ジャスティーン

フッキング性能と遠投性能を兼ね備えた、小型で細かなアクションが得意なペンシルベイトです。
バリエーション豊富な色展開も魅力です。

バズベイト

バズベイトは、金属製のプロペラを回転させることにより水面で派手にアピールするルアーです。
金属製のため放っておくと沈んでしまうので、巻き続けることが必要になります。

ノリーズ(NORIES) バズベイト ボルケーノ

バズベイトと言えば『ノリーズ』という程の王道メーカーの傑作シリーズです。
大きな4枚フィンを搭載しアピール力も十分で、深場のターゲットも誘い出します。

ノイジー

金属カップが大きな音を立てる仕組みのカップ型ノイジーと、『羽根モノ』とも呼ばれるウィング型ノイジー(クローラーベイト)があります。

魚を怒らせることが目的のルアーで、どちらも派手で力強いアピール力を持っています。

HEDDON(ヘドン) タイニークレイジークローラーX0320YRH

名作を多数生み出しているへドンのウィング型ノイジーです。
狙ったポイントへキャストし、ゆっくりと巻きとるアクションをおすすめします。

ポッパー

口を開けた形が印象的なポッパーは、口が水を受けることによってでるポップ音や、スプラッシュアクションで、ピンポイントにターゲットを誘います。

【メガバス】POPX

日本オリジナルのPOPXはポッパーの定番です。
繊細なアクションも可能で、ポップ音も強すぎず、様々な魚種に対応できます。

スイッシャー

スイッシャーには、ルアーの前か後ろ、あるいは両方に金属やプラスチックのプロペラが付いています。
アクションに強弱が付けやすく、活性の高い魚でも活性の低い魚でも誘い出すことができるルアーです。

【JACKALL】チョップカット

前のプロペラが水泡を、後ろの刃が金属音を出す仕組みです。
更にプロップが左右非対称であるため異なる遠心力で回転し、まるで生きているかのような動きを演出します。

フロッグ

フロッグはカエル形のルアーで、ソフト素材のためボディが空洞で隠れるようにフックが付いています。
ゲームのff14でも登場したルアーです。

SPRO ブロンズアイフロッグ 65

フックが隠れているので、根掛かりしにくいのが最大の魅力です。
扱いやすく色も様々、基本的に場所を選ばないので汎用性があります。

スポンサーリンク

トップウォーターにおすすめのタックル

トップウォーター

出典:写真AC

トップウォーターの特性を理解した上で、ターゲットとする魚、使用するルアーによってタックルを選びましょう。

ロッド・釣竿

トップウォータールアーには糸フケ管理が必須である点から、ある程度柔軟性のあるロッドが最適です。

長さは6フィート前後で、長すぎないものが良いでしょう。

【シマノ】ゾディアス VERSATILE 1610ML

ゾディアスは、シマノのバス釣り向けエントリーモデルです。
軽さも柔軟性もあり、細かいアクションやフッキングも自由自在の高コスパロッドと言えます。

>>>こちらの記事も読まれています
ロッドおすすめ人気ランキング23選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介

リール

トップウォータールアーを使用する際には、糸フケ管理のしやすいハイギアリールを選びましょう。

【シマノ】メタニウム MGL HG

ハイギアで巻き心地も良く、バス釣り向けの万能リールです。
飛距離もコントロール性能の良さも兼ね備えており、何より軽いのが嬉しいポイントです。

>>>こちらの記事も読まれています
【リール】おすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方

ライン

トップウォーターにおけるラインは、浮力と伸縮性を考えて選ぶことが重要です。
重いフロロカーボンや、伸縮性がなく切れやすいpeラインは不向きです。

浮力と伸縮性の両方を満たすナイロンラインを選ぶか、peラインにショックリーダーを付けて使いましょう。

【サンヨーナイロン】ライン APPLOUD GT-R ULTRA

フロロカーボンよりも強靭で、スレにも強く巻きグセも付かないナイロンラインです。
価格は少し高めですが、それだけの価値のあるラインとしておすすめします。

グリップ

トップウォーターのロッドは着脱式グリップのものが多く、好みのグリップを探すのも楽しみの一つです。
素材は主にコルク、ラバー、ウッドがあります。

ブライトリバー アイスポット ウォルナットシングルGrip

グリップメーカーの中でも有名なブライトリバーのウォルナット素材のグリップです。
高い品なので余裕があればロッドに合わせたものを道楽で揃えたいところですが、中古で手に入れるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

トップウォーターについてまとめ

トップウォーター

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「トップウォーターの基礎知識|釣り方・タックル・ロッド・リール・シーバス」というテーマに沿って、「トップウォーターとは」「トップウォーターの動かし方・アクション」「おすすめのトップウォータールアー・プラグ」「トップウォーターにおすすめのタックル」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ルアー釣りの始め方|仕掛け・道具・竿・リール・コツ【初心者必見】
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
バス(ブラックバス)釣りの始め方|おすすめの仕掛け・タックル
釣り初心者で、バス釣りに挑戦したいが難易度が高いと考えてる方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、バス釣り初…
シーバスとは?その生態・釣り方を徹底解説|ルアー・リール・食べ方
シーバスとは、スズキをルアーフィッシングする際の通称で使われる用語です。今回、釣りラボでは、シーバス(スズキ)について…
夜釣りの始め方|道具・仕掛け・ライト・ランタン・ルアー【初心者必見】
普段は明るい時間帯に釣りを楽しむ人も多いですが、実は夜釣りには多くの魅力があることをご存知ですか?今回、釣りラボでは、そ…
ショアジギング入門|釣り方・ロッド・リール・ライン・ジグ【初心者必見】
ショアジギングとは、メタルジグを使い、ショア(岸)から遠投して行う釣りのことです。今回、釣りラボでは、ショアジギングで釣…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン