アナゴの釣り方を徹底解説!おすすめの仕掛け・餌・時期をご紹介

アナゴは高級食材として知られ、堤防など馴染みのある場所から釣れるため人気の高いターゲットのひとつです。今回釣りラボでは、アナゴ釣りについてオススメの時間帯や時期、仕掛けなどを詳しく解説します。ぜひご覧ください。

釣り餌
スポンサーリンク

アナゴの生態・特徴

アナゴ

出典:写真AC

寿司や蒲焼き、天ぷらなど様々な料理に使用され、日本人にとって馴染みの深いアナゴについて、今回はマアナゴ、クロアナゴの2種類を詳しくご説明します。

マアナゴ

  • ウナギ同様に食用として多く使用されることが多いのがマアナゴです。
  • 体色は、褐色で白い斑点模様が特徴です。
  • 体長は、最大1mほどです。

クロアナゴ

  • そのまま食用に使用されることは少なく、練り物などに加工されることが多いです。
  • 体色は、名前の通り全体が黒一色の見た目です。
  • 体長は、マアナゴよりも大きく1.5mほどに成長します。
スポンサーリンク

アナゴの釣れる場所

アナゴ

出典:写真AC

アナゴは日本国内で多くの地域に生息しており、北海道から九州までの沿岸砂泥底などで釣ることができます。
港や防波堤、消波ブロックなどの身を潜められる障害物がある場所でアナゴがよく釣れます。

スポンサーリンク

アナゴが釣れる時間帯

アナゴ

出典:写真AC

アナゴの釣れる時間帯は、狙う場所にもよりますが防波堤や港などで釣る場合は夜釣りがおすすめです。

日中の明るい時間帯は海底の砂や物陰に潜んでいて活性が低く、沖釣り以外ではおすすめしません。

スポンサーリンク

アナゴ釣りのシーズン・時期

アナゴ

出典:写真AC

アナゴ釣りは四季を通してオールシーズン釣ることができます。

晩春から早秋の水温が高い時期は活性も高く、浅瀬でも釣れやすくおすすめです。
晩秋から早春の水温が低い時期は、水温の変化が少ない深間へ移動するため釣りにくいと言えます。

しかし、水温の低い時期のアナゴは身に脂が乗っているため美味です。
寒さに耐え美味しいアナゴを狙うのもまた、アナゴ釣りでの楽しみ方の一つです。

スポンサーリンク

アナゴの釣り方とおすすめタックル

アナゴ

出典:写真AC

アナゴの釣り方には、ぶっこみ釣りや小突き釣り、チョイ投げ釣りなどの方法があります。
下記にて、各釣り方ごとの詳細や釣り方に合わせたおすすめの仕掛けをご紹介します。

ぶっこみ釣り

アナゴ釣りで多くの釣り人が使用する釣り方が、ぶっこみ釣りです。
ぶっ込み釣りとは、オモリを付けた仕掛けを使用して、海底に生息しているアナゴを狙う釣法です。

ぶっこみ釣りの釣り方

ぶっこみ釣りの釣り方は、アナゴの反応を見て少しずつ投入するポイントを変えていき、アタリを確認できたらゆっくり合わせていきます。
アタリがなくても一度仕掛けを戻してエサの減り具合を確認しましょう。

基本的には、仕掛けをセットし水中へ投入したら後は待つだけのシンプルな釣り方なので、初心者の方でもチャレンジしやすいです。

ぶっこみ釣りのタックル・仕掛け

初心者の方でも取り扱いの簡単なぶっこみ釣りのタックル・仕掛けをご紹介します。

おすすめのロッド

ぶっこみ釣りにおすすめのロッドは、小型のスピニングロッドがおすすめです。

【ダイワ】スピニング ロッド リバティクラブ ショートスイング

小継振出仕様でかさばらず携帯性に優れ、カーボン素材も使用されていて耐久性にも優れたロッドになります。

おすすめの仕掛け

ぶっこみ釣りにおすすめの仕掛けは、夜光タイプの物が良いです。

【SASAME】E-232 ブッコミ夜光 アナゴ 13 5

夜釣りでも安心の夜光素材が使用された仕掛けで、アナゴの他にもウナギなどもにも対応しています。

小突き釣り

小突き釣りとは、名前の通り仕掛けを海底に落として、オモリを上下に動かしリズミカルな音と舞い上がった砂などで魚を誘き寄せる釣法です。

小突き釣りの釣り方

小突き釣りの釣り方は、海底に落としたオモリを1秒間に1回程度の感覚で動かし、潮の流れが早くオモリが流されたり、オモリが砂に埋もれてしまう場合には無理に動かさずオモリが倒れる程度に調節し、立つ、倒すを繰り返しましょう。

食いつきが悪い時は、糸がたわむ程度の小さな動きが効果的な場合もあり、仕掛けを動かすタイミングは、潮の流れや食い付き、水温などによって変わってくるためアナゴが食いつくタイミングを探ってみましょう。

アナゴのアタリは分かりにくいので竿先の僅かな振動を見逃さないようにし、アナゴのアタリを感じた場合は、優しく大きくアワセましょう。
強くアワセてしまうと、道糸が絡みやすくなります。

小突き釣りの仕掛け

小突き釣りの仕掛けには、ナス型のオモリを使用すると小突きやすいです。

【フジワラ】夜アナゴSP1個入 20号 蛍光レッド

潮の流れで流されにくく、小突き釣りには最適なオモリです。
サビキ仕掛けや胴付き仕掛けなどにも使用できます。

チョイ投げ釣り

仕掛けを投げ入れ周囲を探りながら釣る釣法で、食い付きが悪く活性が低い場合にしっかり食い付けさせることができるため、小突き釣りが不漁でもチョイ投げ釣りに変更すると釣れるなど、安定した釣果を得られる釣法です。

チョイ投げ釣りの釣り方

チョイ投げ釣りの釣り方は、仕掛けを投げる際に低い位置から投げ入れ、遠くに投げるよりも広範囲を探るようにしましょう。

アナゴの活性が高く食い付きが良い時は、仕掛けを海底で引きずりながら動かし、時どき止めて誘い、活性が低く食いつきが悪い時は、仕掛けを動かさずにじっくり待つのが良いです。

チョイ投げ釣りでのアタリは、仕掛けが海底に着いているのでアナゴもしっかり食い付きやすく、アタリを感じやすいです。

取込み時はアナゴがクネクネ動くため、頭のすぐ後ろを掴み押さえましょう。
手袋やフィッシュグリップなどがあると便利です。

チョイ投げ釣りの仕掛け

チョイ投げ釣りの仕掛けは、アナゴ専用の仕掛けが多く販売されています。
その中でもおすすめの仕掛けをご紹介します。

【がまかつ】夜の名人 アナゴちょい投げ仕掛 YM002 12-4

アナゴ釣りのために開発されたチョイ投げ仕掛けです。
扱いやすく、これからアナゴ釣りを始める方にもおすすめです。

スポンサーリンク

アナゴ釣りにおすすめの餌

アナゴ

出典:写真AC

アナゴ釣りにおすすめな餌は、キビナゴ、イワシ、または小型のイカ・サンマ・サバなどを小さめにカットしたものを使用します。
アオイソメ、マムシ、オキアミでも高い釣果が見込めます。

アナゴ釣りにキビナゴは使いやすく、餌持ちも良いです。

【マルキュー】くわせきびなご 冷凍釣りエサ

銀色に輝くボディでアナゴを寄せて、釣果が上がること間違いなしのアナゴ釣りには、ぴったりのキビナゴです。

海釣りでの定番釣り餌であるマムシも、アナゴ釣りに用意しておくと安心です。

【ノーブランド】塩マムシ(塩本虫) 約100g 冷凍つりエサ

独特な匂いでアナゴを誘い集魚性も高く、塩漬けなので保存性にも優れた塩マムシです。

スポンサーリンク

アナゴ釣りのポイント・注意点

アナゴ

出典:写真AC

上記でご説明した内容を踏まえて、アナゴ釣りのポイントをご紹介します。

アピール方法を変えてみる

釣果に応じて仕掛けを変更したり、誘い方を変えることが重要になります。
仕掛けを投げてからそのまま放置しても、エサの存在に気付いてもらいにくくアナゴを釣り上げるまでに多くの時間がかかることになります。

釣り餌の工夫

マムシなど虫餌を使用する場合は、一度に数匹針に刺す房掛けなどで集魚性を高めたり、体に切り込みを入れ体液が染み出るようにしたりと工夫をすると釣果が上がりやすく、虫餌とキビナゴなどの切身を合わせて使用するのも効果的です。

安全性の確保

夜釣りなど、足元が不安定な場所での思わなぬ危険を防ぐためにライフジャケットの着用やヘッドライトなどの手元や足元を照らせるものがあると便利です。

以上のことを参考に、充実したアナゴ釣りをお楽しみください。

スポンサーリンク

アナゴの締め方

アナゴ

出典:写真AC

釣り上げたアナゴを食用にする際は、なるべく早めに締め処理をした方が美味しく召し上がることができます。
詳しい方法は下記の動画をご参照ください。

穴子をさばく①<神経ぬきの下処理>How to Clean a Conger-eel(Anago)
スポンサーリンク

アナゴの釣り方のまとめ

アナゴ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「アナゴの釣り方を徹底解説!おすすめの仕掛け・餌・時期をご紹介」というテーマに沿って、「アナゴの生態・特徴」「アナゴの釣れる場所」「アナゴが釣れる時間帯」「アナゴ釣りのシーズン・時期」「アナゴの釣り方とおすすめタックル」「アナゴ釣りにおすすめの餌」「アナゴ釣りのポイント・注意点」「アナゴの締め方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

アナゴ釣りで使うおすすめの餌や付け方を徹底解説!
アナゴ釣りは初心者でも楽しめ、そして食べてもとても美味しいことで人気の釣り方のひとつです。今回釣りラボでは、そんなアナゴ…
【投げ釣り入門】遠投・ちょい投げの投げ方やおすすめの仕掛け・タックルをご紹介
投げ釣りは、様々な魚が釣れることや、初心者でも簡単に挑戦できることから人気のある釣り方の一つです。今回、釣りラボではそん…
【夜釣り入門】釣れる魚や狙う時間帯、おすすめの道具・ライト・仕掛けをご紹介
普段は明るい時間帯に釣りを楽しむ人も多いですが、実は夜釣りには多くの魅力があることをご存知ですか?今回、釣りラボでは、そ…
海釣り初心者必見!おすすめの道具や仕掛け、釣り方のコツ、人気のスポットをご紹介
海釣りは、初心者から熟練者まで多くの人に楽しまれる釣りです。今回、釣りラボでは、海釣りについて、釣りを行う場所や代表的な…
おすすめの釣り餌を種類別に徹底解説!付け方や自作方法、代用餌までご紹介
釣り餌はとても種類が多く、どの釣り餌を使えば良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?。今回、釣りラボでは、釣り餌…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン