【渓流ルアー釣り入門】おすすめの渓流ルアー4選!2020年の新作や人気タックルもご紹介

渓流ルアーフィッシングは、広大な自然の中で楽しむことができる釣りとして、大人気です。今回、釣りラボでは、渓流ルアーの釣り方、選び方、2020年の新製品、楽しめる時期、おすすめの仕掛けやタックル(ロッド・ライン・リール・スナップ)をご紹介。ぜひご覧ください。

ルアー
スポンサーリンク

渓流ルアー釣りとは?

渓流ルアー

出典:写真AC

渓流に生息するトラウト類をルアーで狙うのが、渓流ルアー釣りです。
渓流という言葉を聞くと、釣りの中でも取っつきづらい感じがしますが意外と手軽に始めることができます。

どういった魚が釣れるの?

渓流ルアー釣りで釣ることのできる代表的な魚は、次の4種類です。

  • ニジマス
  • ヤマメ
  • イワナ
  • アマゴ

渓流ルアー釣りの釣り方・コツ

渓流ルアー釣りは、渓流を移動しながら行う釣りです。
なかなか最初は釣れないかもしれませんが、しっかりと釣り方・コツの基礎を学んでおけば、それほど難しくはありません。

コツ1:アップストリームキャストが基本

アップストリームキャストとは、自分の立ち位置よりも上流側にキャストすることです。
流れの中にいる魚は上流側に頭を向けて泳いでいるため、アップストリームキャストだと魚に気配を悟られにくく、警戒心をあまり抱かせることがありません。

また、ルアーも上流から下流に向かって動くため、魚が捕食するエサと同じ動きになります。

もし、キャスティングのコツが分からなければ、こちらの動画で確認してみてください。

初心者必見!!渓流ルアー釣りで使う3つのキャスト方法!!

コツ2:ルアーアクション

ルアーアクションとは、ルアーをリトリーブする時につける変化のことで、トゥイッチング(ルアーに不規則な変化を持たせる)やストップアンドゴー(動かすことと止めることを繰り返す)などのことをいいます。

渓流ルアー釣りにおいても、魚を誘うためのルアーアクションは必須です。

なかなか釣れないような時には、ルアーアクションをいくつか覚えて、それらをローテーションで試してみたりすると良いでしょう。

コツ3:場所の選び方

渓流ルアー釣りでターゲットとしている魚は、上流から流れてくる餌を下流で待ち構えています。

ですので、渓流において比較的流れが緩やかな箇所や「瀬」と呼ばれる川の流れの中で落差があり白泡がたっているような箇所が狙い目です。

また、堰堤付近や河川が合流する付近も魚が集まりやすく、良いポイントといえます。

注意点:立ち入り禁止区域に入らない

渓流ルアー釣りを行う場所は、河川管理者等により立ち入り禁止区域に指定されている場合があります。

立ち入り禁止区域となっている理由は、事故が多発している場所であったり、漁業者専用の場所であったりと様々ですが、立ち入り禁止となっている以上は立ち入らないでください。

釣り人としてのマナーを守り、釣りをする場所を減らさないようにしましょう。

渓流ルアー釣りに最適な時期

渓流ルアー釣りは、河川が釣り解禁となる早春の3月頃~産卵期前後の9月頃がシーズンです。
その中でも、ターゲットとなる魚のエサとなる虫や小魚の動きが活発となる5月~6月頃が最適な時期です。

冬は河川が禁漁期間となる季節であるため、おすすめできません。

スポンサーリンク

おすすめの渓流ルアー3選をご紹介!

渓流

出典:写真AC

ルアーといっても種類は様々ありますが、渓流ルアー釣りで使用するルアーは主に、スプーン・スピナー・ミノーです。

渓流ルアー1:スプーン

スプーンは、その名のとおりスプーンのような形状をした金属に針がついているシンプルなルアーです。
扱い方もシンプルで、基本的にはタダ巻きで巻くスピードに変化をつけて魚を誘います。

【スミス】PURE

渓流ルアー釣りで使用するおすすめスプーンは、SMITH(スミス)のPURE(ピュア)です。
癖のない形をしているので、場所を選ぶことなく使用することができます。

渓流ルアー2:スピナー

スピナーは、先端に回転するブレードがついているルアーです。
ルアーをリトリーブする時に、先端のブレードを回転させることで魚を誘うため、キャスト後のアクションも特になく、スピードを一定に保ちながらリトリーブすることができます。

【Rublex】CELTA

渓流ルアー釣りで使用するおすすめスピナーは、Rublex(ルブレックス)のCELTA(セルタ)です。
どんな流れの中でも高い安定性を保ちながら、リトリーブすることができます。

渓流ルアー3:シンキングミノー

ミノーには様々な種類がありますが、渓流ルアー釣りにおいて主に使用するルアーはシンキングミノーです。
シンキングミノーは、キャスト後一定速度で沈んでいくため、底につくまでの時間を数えておくことが必須です。

底につくまでの時間を元に、巻き始めるタイミングを調整し、ルアーを動かすレンジを変えることで魚を探ります。
巻いている間は、ストップアンドゴーやトゥイッチングといったアクションいれることで魚を誘います。

【ダイワ】ドクターミノー

渓流ルアー釣りで使用するおすすめのシンキングミノーは、ダイワのドクターミノーです。
ミノーは、価格が他のルアーと比べるとと高めですが、ダイワのドクターミノーは安価であり、しっかりと釣ることができるので、特にルアーロストを心配する初心者におすすめします。

スポンサーリンク

【2020年新作】おすすめ渓流ルアー

続いて、2020年に発売された新製品の渓流ルアーを1つご紹介します。

【DUO】スピアヘッド リュウキ 50S RPアメマス

北海道限定カラーのアメマスを模した小型プラグです。
長さ5cm、重さ4.5gのヘビーシンキングミノータイプで、山間の細い渓流部で、キャスト後の短い間隔でのトゥイッチに素早く反応し、左右に頭を振りながら、強い流れの中でも安定したスイム姿勢を維持する低重心構造となっています。

キャスト時の飛行のブレが少ないため、ピンポイントでキャストしなければならない源流域では特に重宝します。
渓流に限らず、本流やレイクなどでも、広範囲で活躍できる万能ミノーです。

スポンサーリンク

渓流ルアー釣りにおすすめの仕掛け・タックル

渓流ルアー

出典:写真AC

渓流ルアー釣りは、1箇所に留まることなく場所を次々に変えながら行う釣りです。
そのため、動きやすい仕掛け・タックルを準備することが重要です。

また、タックルの他にも服装・ウェアやルアーケース・ランディングネット等の準備も必要です。

渓流ルアー釣りにおすすめのロッド

渓流ルアー釣りでは、川幅や釣りをする場所によって適しているロッドが異なります。

例えば、ロッドの長さは、川幅が狭い源流付近では4フィート程度の短めのロッドが適しています。
一方、川幅が広くなり、サイズの大きい魚が潜んでいる本流付近では6フィート程度のロッドが適しています。

長さ以外のロッドの選定基準として、硬さや調子もあります。

初心者には、万能は4.5~6フィートの長さで柔らかく、大きくしならないロッドが万能に使えるためおすすめです。

【Turing Monkey】鱒レンジャー改

渓流ルアー釣りで使用するロッドの中でおすすめなのは、Turing Monkey(ツリモン)の鱒レンジャー改です。
ロッドの扱いやすさや優れたコストパフォーマンス等、この1本があれば渓流ルアー釣りを楽しむことができます。

渓流ルアー釣りにおすすめのライン

渓流ルアー釣りでは、ナイロンラインを使用することが一般的ですが、最近はPEラインを使用する人も増えています。
太さは4lbが基本で、大きい魚を狙う場合は5lbを使用することもあります。

【サンヨーナイロン】アプロード GT-R スーパーリミテッド

渓流ルアー釣りで使用するラインでおすすめするのは、サンヨーナイロンのアプロード GT-R スーパーリミテッドです。
強度が高く、1個あたりの長さも十分あるので初心者から経験者まで幅広く使用することができます。

渓流ルアー釣りにおすすめのリール

リールは大きく分けてスピニングリールとベイトリールがありますが、渓流ルアー釣りではスピニングリールが基本です。
渓流用に開発されたベイトロッドを使用する人は、ベイトリールを使用します。

【ダイワ】レガリス LT2000S-XH

渓流ルアー釣りで使用するリールでおすすめするのは、DAIWA(ダイワ)のレガリスです。
リールの基本的な性能が高く、コストパフォーマンスにも優れています。

渓流ルアー釣りにおすすめのスナップ

スナップとは、ルアーの取り外しがしやすいようにするための器具のことで、移動しながら釣りをする渓流ルアー釣りには必須のアイテムです。

【ダイワ】エイトスナップ

渓流ルアー釣りで使用するスナップでおすすめするのは、DAIWA(ダイワ)のエイトスナップです。
スナップといっても種類は多岐にわたりますが、エイトスナップは取付け方が簡単で、手元が多少暗くても手間取ることなく取り付けることができます。

渓流ルアー釣りにおすすめの装備・服装

渓流ルアー釣りをするのであれば、以下のような装備・服装を準備しておくようにしましょう。

  • 防水ジャケット
  • 帽子
  • シャツ(速乾性)
  • ズボン(速乾性)
  • ゲイター
  • ウェーディングシューズ
  • ソックス
  • ウェーダー
  • フィッシングベストまたはショルダーバッグ
  • リュック
スポンサーリンク

渓流ルアー釣りまとめ

渓流ルアー

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【渓流ルアー釣り入門】おすすめの渓流ルアー4選!2020年の新作や人気タックルもご紹介」というテーマに沿って、「渓流ルアー釣りとは?」「おすすめの渓流ルアー3選をご紹介!」「渓流ルアー釣りにおすすめの仕掛け・タックル」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…
【2020年】おすすめのルアーケース8選!人気のメーカー別に選び方もご紹介
釣りには必要不可欠ともいえるルアー。ルアーの数が増えていくほど、収納に困ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣…
【2020年】おすすめの定番シーバスルアー14選!ダイワ・シマノの人気商品も
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスルアー。今回、釣りラボでは、シーバスルアーの選び方、種類、人気メーカー、定…
【2020年】釣れるおすすめの最強ヒラメルアー10選!釣り方や仕掛けもご紹介
ヒラメのルアーフィッシングは、サーフや船釣りにおいて人気がとても高いです。今回、釣りラボでは、ヒラメの釣り方、時間帯、ル…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣り方・コツ
釣りラボマガジン