【2022年】サーフ用メタルジグおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

釣り師さん必見です!今知ってほしいサーフ用メタルジグはこちら!今回、釣りラボでは、サーフ用メタルジグの特徴、おすすめのサーフ用メタルジグ、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のサーフ用メタルジグをご紹介します。

メタルジグ ルアー
スポンサーリンク

サーフ用メタルジグの選び方

タカミヤ(TAKAMIYA) メタルジグ H.B concept ライトステップ ジグ マイワシ 60g

広いフィールドから、青物やシーバス、ヒラメやマゴチなどといった人気魚種を釣ることができるのがサーフゲームです。
日中はもちろん、夜のナイトゲームも楽しむことができる釣りです。

サーフゲームはエサの仕掛け釣りのイメージがあるサーフの釣りですが、ルアーで行うこともできます。
特にメタルジグを力いっぱい遠投できるので、爽快感がある釣りとも言えます。

そんなサーフゲームで活躍するメタルジグの選び方を簡単に紹介します。

選ぶポイント1:飛距離性能を重視する

サーフゲーム用のメタルジグの選ぶポイントとして最も重要なのが、飛距離性能です。
特に遠浅の海であればポイントまで遠くなりますので、メタルジグの飛距離性能は必須となります。

各メーカーがメタルジグの素材や重心のバランス、ジグの形状などを解析し、飛距離性能を高めたサーフ用のメタルジグを開発しています。
しっかりポイントまで届かせることができる、飛距離性能が高いメタルジグを選びましょう。

選ぶポイント2:重量はタックルバランスに合わせる

サーフゲームはルアーだけで語るのが難しい釣りです。
それは、力いっぱいキャストしてアクションもしっかりと行う必要があるからです。

前述の飛距離性能は重量があるルアーの方が飛距離を生み出しやすいですが、その抵抗に耐えうるタックルが必要となります。

自分のタックルを改めて確認し、適正重量をチェックしてからルアーを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

サーフ用メタルジグおすすめ人気6選【コスパ最強】

メジャークラフト メタルジグ マキジグ スロー 40g シルバー #8 ルアー

それでは実際におすすめのサーフ用メタルジグを6つ紹介します。
ランキング上位の人気サーフ用メタルジグはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6つを選んでいます。

これからサーフゲームを始める方も、新しくサーフ用メタルジグを購入して快適なサーフゲームを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

タカミヤ(TAKAMIYA)

【タカミヤ】H.Bコンセプト ライトステップジグ

スリム形状・センターバランスで飛距離性能に特化させたサーフ用メタルジグです。
飛距離性能を上げながらもフォールはヒラ打ちのスローフォールで、しっかりと喰わせの間を取ることができます。

Major Craft(メジャークラフト)

【メジャークラフト】マキジグ スロー

メジャークラフトの人気ライトショアジギング用メタルジグである、マキジグスローはサーフゲームにおいても最強のメタルジグです。
ジグ後方にブレードが付いており、フォールアクションとブレードアクションで圧倒的なアピール力を誇ります。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】サムライジグ 暴れん坊侍

サーフゲームのアクションは基本的にただ巻きになりますが、そのただ巻きに特化したメタルジグがダイワのサムライジグ暴れん坊侍です。
空気抵抗が少ないスリム形状で飛距離性能が高く、後方のブレードによるアピールで釣果を生み出します。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】コルトスナイパー イワシロケット

イワシを模したデザインで、多くの魚をターゲットとするサーフ用メタルジグです。
特に飛距離性能に特化したメタルジグで、30gで100mと圧倒的な飛距離を誇ります。

Goture

【ゴチュール】メタルジグ

コストパフォーマンスに優れたサーフ用メタルジグを探している方におすすめしたいのが、ゴチュールのメタルジグセットです。
3色セットで千円台で購入できる価格設定で、ロストや根掛かりを気にせず使うことができます。

ジャッカル(JACKALL)

【ジャッカル】ビッグバッカー

かっ飛び系メタルジグとして多くの釣り人に人気のビッグバッカーは、サーフゲームでも活躍してくれるメタルジグです。
アクションはオンオフがはっきり分かれるキビキビとしたアクションが特徴で、特に青物には有効となります。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのサーフ用メタルジグ3選

ダイワ(DAIWA) メタルジグ サムライ 暴れん棒侍 30g MGピンクバック 暴れん棒侍30g ルアー

次に2021年、2022年に発売された最新のサーフ用メタルジグを2つ紹介します。
サーフ用メタルジグは各メーカーが新製品開発に力を入れているジャンルです。

新作のサーフ用メタルジグを使って、快適なサーフゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ジージーエヌ(G.G.N.)

【ジージーエヌ】メタルジグ

アマゾン限定ブランドで、ルアーケース付き・5色セットで発売されているサーフ用メタルジグです。
7g~30gまで幅広い重量・サイズ展開をしているので、サーフの状況に合わせて使い分けることができるのがポイントです。

JUYANG

【JUYANG】スリーブフィッシュ

今までのメタルジグのイメージを一変させる、小イカ形状+ラバースカートという異色のメタルジグです。
軽比重素材の為、潮の流れに漂うようにアクションすることができるサーフ用メタルジグです。

JACKALL(ジャッカル)

【ジャッカル】フラッグトラップ 40g

フラッグトラップ 40gは、ジャッカルから2020年に発売された、大遠投を可能にするメタルジグです。

リアウェイト形状となり、飛距離が大幅に嵩みますので、サーフやゴロタ浜のブレイク狙いのゲームに適し、同時にフォールでアピール出来るフラッタリングで、食わせの間を与えることが出来る、オールマイティーなメタルジグです。

スポンサーリンク

サーフ用メタルジグについてまとめ

シマノ(SHIMANO) メタルジグ コルトスナイパー イワシロケット 40g JM-C40R 02T ブルピンイワシ

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】サーフ用メタルジグおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • サーフ用メタルジグの選び方
  • サーフ用メタルジグおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのサーフ用メタルジグ3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】釣れるおすすめのメタルジグ9選!選び方・付け方・自作方法もご紹介
メタルジグは海釣りのルアーとして欠かすことのできないアイテムの一つです。今回、釣りラボでは、メタルジグの種類や選び方につ...
【2023年】アジング用メタルジグおすすめ8選!選び方・タックル・仕掛け・アクションも解説
メタルジグは、アジングにおいて欠かせない仕掛けの一つです。今回、釣りラボでは、アジング用のメタルジグを使うメリットや選び...
メタルジグを簡単に自作する方法とは?やり方や収納ケースの自作方法もご紹介
釣りをする際にメタルジグを愛用している人も多いのではないでしょうか?実はメタルジグは自作することができます。オリジナルの...
【2023年】おすすめのメタルジグケース14選!選び方・自作方法も解説!
メタルジグをそのまま持ち歩いては、コーティングや塗装が剥げる原因になります。それを防ぐには、メタルジグのケースを購入する...
【2023年最新】シーバス用メタルジグおすすめ9選!使い方やアクションも解説!
シーバス釣りで飛距離を出したいときに便利なメタルジグですが、まだまだ他にもメリットがあります。そこで今回、釣りラボでは、...
【2022年】サウナハットおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
近年はやっているサウナ。サウナハットを被ることで、のぼせや頭髪が傷むのを防げます。今回、ベストハックでは、サウナハットの...
【2022年】いわしの缶詰おすすめ人気ランキング6選!人気の商品やレシピも
そのままでもよし、アレンジして食べても美味しくて保存に便利ないわしの缶詰はどんな世代にも人気です。今回、ベストハックでは...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

メタルジグ
釣りラボマガジン