【2022年】船用泳がせ釣りロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も

船からの泳がせ釣りに挑戦したい方必見!船用泳がせ釣りロッド厳選集はこちら!今回、釣りラボでは、船用泳がせ釣りロッドの特徴、おすすめの船用泳がせ釣りロッド、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の船用泳がせ釣りロッドをご紹介します。

ロッド・釣り竿 リール

船用泳がせ釣りロッドの選び方

ダイワ(DAIWA) 船竿 落とし込みX MH-240 釣り竿

生きたアジやイワシをエサとして、大物を狙っていく釣りとして人気の釣りが泳がせ釣りです。
ショア・オフショア問わず人気の釣りですが、船から行う泳がせ釣りの方が釣果・サイズ共に大型を狙うことができます。

主に大きな魚を狙うことが多い釣りになるので、ロッドも専用のものを揃えるようにしましょう。
船用泳がせ釣りロッドの選び方を簡単に紹介します。

選ぶポイント1:リール種別

船から行う泳がせ釣りは遠くにキャストする必要がないため、ベイトリールを使用するのが基本となります。
船用泳がせ釣りロッドとしてはベイトリール用のロッドを選ぶようにしましょう

選ぶポイント2:ターゲットに合わせたバットパワー

船から行う泳がせ釣りのメインターゲットは、時に10㎏を越える青物となることもある釣りです。
また、深場狙いで100号のオモリを使用することもあります。

多魚種が狙える船からの泳がせ釣り用ロッドは、ターゲットに合わせたバットパワーを選ぶようにしましょう

船用泳がせ釣りロッドおすすめ人気7選【コスパ最強】

ダイワ(DAIWA) 船竿 ゴウイン アオモノ M-215・E 釣り竿

それでは実際におすすめの船用泳がせ釣りロッドを6本紹介します。
ランキング上位の人気ロッドはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6本を選んでいます。

これから釣りを始める方も、新しい船用泳がせ釣りロッドを購入してレベルアップした釣りを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

【ダイワ】落とし込みX MH-240

これから船の泳がせ釣りを始めようという方におすすめしたいのが、落とし込みXです。
一万円台という価格設定ながらブレーディングXを採用し、ヒラメなどのライト泳がせ釣りはもちろん、青物にもしっかり対応します

【ダイワ】ゴウイン アオモノ

その名の通り、船の泳がせ釣りにおいてメインターゲットである青物を釣り上げるために開発されたロッドです。
肉厚設計のチューブラーマキシマム設計をすることで、ロッドは細身ながらも桁外れなパワーで、良型青物とのファイトをしっかりと行うことができます。

【ダイワ】マッドバイパー落とし込み H/HH-245SMT

船の泳がせ釣りにおいて、大物を本気で狙っていく方におすすめしたいのが、ダイワのマッドバイパー落とし込みです。
超弾性チタン合金の穂先SMTを採用しでしなやかで高感度になっており、ベイトのサイズが小さくてもしっかりと手元に感じながらも、大型とも余裕でファイトできるパワーがあります。

【シマノ】ヒラメBB M270

泳がせ釣りでヒラメを狙っていく方におすすめしたい船用泳がせ釣りロッドが、シマノのヒラメBBです。
しなやかなブランクスでエサを弱らせずに、ヒラメに違和感なく喰い込ますことができます。

【シマノ】アルシエラBG MH180

スパイラルXコアとハイパワーXで締めあげた肉厚ブランクスは、スタンディングスタイルの船泳がせ釣り専用のロッドです。
強靭に補強したブランクスながらもその使用感はとてもしなやかで、特に大型サイズのターゲットがかかった際には、トルクフルな曲がりを見せてくれるロッドです。

【シマノ】チェルマーレBG M165

船の泳がせ釣りでカンパチやマグロを狙っていく方におすすめなのが、シマノのチェルマーレBGです。
軽量かつ強靭、しかも粘りのあるという、大物狙いに必要なスペックを全て兼ね備えているハイエンド船用泳がせ釣りロッドです。

【2022年新作】おすすめの船用泳がせ釣りロッド2選

ダイワ(DAIWA) 船竿 マッドバイパー落とし込み SMT H/HH-245SMT 釣り竿

次に2021年以降に発売された最新の船用泳がせ釣りロッドを2本紹介します。
船用泳がせ釣りロッドは各メーカーが新製品開発に力を入れているジャンルです。

新作の船用泳がせ釣りロッドを使って、快適な釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【ダイワ】ゴウイン落とし込み・R MH-243

1ピースロッドが良いとされてきた船の泳がせ釣りですが、同等もしくはそれ以上の性能を維持したままセンターカット2ピースとした高性能ロッドです。
穂先AGSを採用し、泳がせたエサの状況をしっかりと把握し、大型青物にもしっかり対応するブランクスを持ったハイエンド船用泳がせ釣りロッドです。

【シマノ】ビーストマスターBG 165

高強度グラス無垢材をカーボンテープで強化したハイパワーXフルソリッドで、粘りとパワーを両立した船用泳がせ釣りロッドです。
記録サイズがかかった時に、グラスの粘り強さを活かしながら、カーボン補強のねじれに強い特性も活かすことで、どの方向に走られても安心してファイトできます。

【がまかつ】がま船 シーファング落し込み ライト235M

2019年に発売になったがま船 シーファング落し込み ライト235Mは、オフショア用エサ釣りロッドを数多ラインナップする、がまかつブランドのロッドです。

チューブラーティップを採用したことで、泳がせや生餌釣りに欠かせないベリーからティップの弾力性が活かせ、生餌にストレスを与えない待ちの釣りが可能になっています。

船用泳がせ釣りロッドについてまとめ

シマノ(SHIMANO) 船竿 ロッド 20 ヒラメ BB M270 ヒラメ釣り専用設計 エントリーモデル 違和感なく喰い込ませる6:4調子

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】船用泳がせ釣りロッドおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 船用泳がせ釣りロッドの選び方
  • 船用泳がせ釣りロッドおすすめ人気7選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめの船用泳がせ釣りロッド2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

船用泳がせ釣りロッド
さらに探すならこちら!

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】シマノのリールおすすめ人気ランキング11選!特徴やコスパ最強の新製品も
シマノのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、ダイワのリールに並んで非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、...
【2022年】ダイワのリールおすすめ人気ランキング12選!特徴やコスパ最強の新製品も
ダイワのリールは、多くの釣り好きに愛されるリールであり、非常に人気が高いです。今回、釣りラボでは、ダイワのリールの特徴、...
【2022年】リールおすすめ人気ランキング17選|選び方・使い方・糸巻きのやり方
リールは、釣りをするに当たって必要不可欠な釣具です。今回、釣りラボでは、リールの選び方・種類・使い方・糸の巻き方・下巻き...
【2022年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッド・釣り竿
釣りラボマガジン