【2022年】ロッドキーパーおすすめ人気ランキング10選!選び方やコスパ最強製品も

2022年度!今、釣り大好きさんに知って欲しいロッドキーパーの超厳選まとめ!今回、釣りラボでは、ロッドキーパーの特徴、おすすめのロッドキーパー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のロッドキーパーをご紹介します。

ロッド・釣り竿 仕掛け
スポンサーリンク

ロッドキーパーの選び方

第一精工ロッドホルダー(竿受け) チビラークロングタイプ S 01052 釣り ブラック

船釣りをする際、竿を船に固定する道具をロッドキーパーと言います。
ロッドキーパーを使用することにより、ロッドの穂先が常に海側にある状態を保つことができるため、穂先の破損を防ぐことも出来ます。

こちらでは、ロッドキーパーを選ぶ際に気をつけたいポイントを3つご紹介します。

【2022年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣...

選ぶポイント1:適合ハリス

ロッドキーパーの強度によって適合ハリスは異なります。
ハリスは号数によって示され、数字が大きくなるほど強度が大きくなります。
ロッドキーパーの破損や竿受けの故障、船べりからの落下を防ぐためにも狙う魚に応じたハリスを選ぶことが大切です。

選ぶポイント2:船べりに応じた型

ロッドキーパーを固定するのは船べりです。
釣り船によって船べりの形状は異なるため、対応するサイズの確認が必要です。
船べりや釣り方、狙う魚とロッドキーパーの相性が良いと釣果も出やすくなります。

しっかりフィットするように、幅広いサイズに対応したロッドキーパーを選ぶと安心ですが、形が合わない場合は添え木等で調整する方法があります。

選ぶポイント3:ヘッドの大きさ

ロッド側のヘッドの大きさも選ぶポイントの一つです。
ヘッドが大きすぎると邪魔になる場合があるため、小型~中型までの魚を狙う釣りをする場合は、小型で軽量化されているモデルを選ぶと使いやすくなります。

スポンサーリンク

ロッドキーパーおすすめ人気7選【コスパ最強】

ダイワ(Daiwa) ロッドホルダー ライトホルダーメタル 160CH メタルシルバー

それでは、おすすめのロッドキーパーをご紹介します。
ロッドキーパーを自作される方もいらっしゃいますが、ここではAmazonで購入することができる人気のロッドキーパーを6点掲載します。

第一精工

【第一精工】チビラーク ロング タイプS

ラークシリーズの人気主力モデルです。
初心者にも使いやすいロッドキーパーですが、ベテランの方からも多く支持されています。
小型~中型狙いの釣りにおすすめです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ライトホルダーメタル160CH

ダイワから発売されている、軽量で使い勝手の良いロッドキーパーです。
さまざまな取り付け位置で使用が可能であるため、初めての船釣り用にも人気です。

第一精工

【第一精工】ハイラーク18

150kgの引きにも耐えることが出来るので大物狙いでも安心です。
魚がヒットすると竿の角度をキープする機能が付いているのも魅力的です。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】パワーホルダー速攻160R

高速の仕掛け落下を可能にした速攻システム付きで獲物を逃がしません。
取り付けも簡単で、多種多様な船べりの形状に対応可能であることも人気の理由です。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】Vホルダー(ゲキハヤサポート付)

シマノから発売されているロッドキーパーです。
船べりへの固定がしやすく、安定感に優れています。
シマノ独自のゲキハヤサポート機能がついているため、ロッドの着脱をスムーズに行うことができます。

第一精工

【第一精工】ライトラーク

ラークシリーズで人気のミニラークサイズにスーパーラークの機能をプラスしたロッドキーパーです。
折りたたむと手のひらサイズになるコンパクトさでありながら、130kgの引きに耐える力強さがあります。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのロッドキーパー3選

第一精工 ロッドホルダー 竿受け ハイラーク 16 01029 ブラック

続いて、2022年シーズンに向けて、新製品のロッドキーパーを2点紹介します。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ライトホルダーメタルα160CH

2022年に販売されたダイワの最新作モデル。
ロッドキーパーがより強く軽く、スタイリッシュなデザインになりました
適合ハリスは10号までで、さまざまな釣りを楽しむことができます。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ライトホルダー90αCH

船べりを選ばず、よりスムーズな着脱が可能になった新製品のロッドキーパー
小型軽量で持ち運びも簡単に行うことができます。

スノーピーク(snow peak)

【スノーピーク】ロッドパートナー VI P-087

ロッドパートナー VI P-087は、2016年にスノーピークから発売になった、取り付け場所の幅広いロッドホルダーになります。

ステン材質での製作品されていますので強度も申し分なく、取り付け寸法も30cmまで可能です。

オフショアでの船べりや、防波堤の車止め、小型のクーラーボックスにも締め込みで取り付けられます。

第一精工

【第一精工】マルチスタンド130

2022年に第一精工から発売されたマルチスタンド130は、ボートゲームやライトタックルでの船釣りで、多用に渡って便利に扱えるロッドキーパーです。

スピニングリール、両軸リールどちらもセット出来る竿受けが採用されていますので、タックル別の購入に拘らなくてもよく、竿受け角度も自在に角度変更を調整できます

スポンサーリンク

ロッドキーパーについてまとめ

ダイワ(Daiwa) ロッドホルダー パワーホルダー 速攻160R 396615

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ロッドキーパーおすすめ人気ランキング10選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ロッドキーパーの選び方
  • ロッドキーパーおすすめ人気7選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのロッドキーパー3選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ロッドおすすめ人気ランキング25選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、釣...
【2022年】おすすめコスパ最強のエギングロッド22選|ダイワ・シマノの人気商品は?【初心者必見】
エギングに必須の万能竿であるエギングロッド。初心者から上級者まで幅広いユーザーに利用されています。今回、釣りラボでは、エ...
【2022年】シマノのロッドおすすめ人気ランキング15選!特徴や新製品もご紹介
シマノのロッドは、多くの釣り好きに愛される釣具であり、非常に人気・評判が高いです。今回、釣りラボでは、シマノのロッドの特...
【2022年】シーバスロッドおすすめ人気17選!コスパ最強の製品から万能竿まで
近年大人気のシーバス釣りには欠かせないシーバスロッド。初心者向けの釣竿としても人気です。今回、釣りラボでは、シーバスロッ...
【2022年】アジングロッドおすすめ人気ランキング21選!コスパ最強の商品からハイエンドまで
アジングロッドを使えば、アジングだけでなく様々な釣りに挑戦できます。今回、釣りラボでは、アジングロッドで釣れる魚、選び方...
【2022年】ガーデン用チェアおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
さまざまな素材や様式があるガーデン用チェア。どれにしようか迷っている方必見!今回、ツルマガでは、ガーデン用チェアの特徴、...
【2022年】エンジンカッターおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も
エンジンカッターにはさまざまな種類があるので、どれにするか悩む方も多いかと思います。今回、ツルマガでは、エンジンカッター...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ロッド・釣り竿
釣りラボマガジン