【2022年】中オモリおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も

釣り師さん必見です!色々なジャンルの釣りに使える!今年度激推しの中オモリはこちら!今回、釣りラボでは、中オモリの特徴、おすすめの中オモリ、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の中オモリをご紹介します。

オモリ・シンカー
スポンサーリンク

中オモリの特徴

第一精工 釣り用オモリ 中オモリ 10号 22202 シルバー

カワハギ釣りや胴突き仕掛け、深場狙いの釣りにおいて必要不可欠とされるのが中オモリです。
中オモリとは、道糸と仕掛けの間や仕掛けの上部に設置するオモリのことを指します。

中オモリがあることで仕掛けが潮の流れに乗り、ふわふわと浮くことで自然に誘うことができるようになります。
特に活性が低い場面において効果を発揮するオモリ仕掛けです。

まずは中オモリの特徴について簡単に説明します。

  • 自然に誘うことができる
  • 状況に合わせてオモリの位置を変更できる
  • 活性の低い魚にアプローチすることができる
スポンサーリンク

中オモリの選び方

フジワラ(FUJIWARA) イカ中オモリ チメ付 20号 ブラック

カワハギ釣りや深場狙いの釣りにおいて効果が高い中オモリですが、適当に選んでいたのでは、狙った通りの効果は出ません。
中オモリの効果をしっかりと出すためには、釣りやフィールドに合った中オモリを選ぶ必要があります。

次は中オモリの選び方について簡単に紹介します。

選ぶポイント1:中オモリの設置方法を選ぶ

まずは中オモリの設置方法を選ぶことがポイントとなります。
一般的には道糸と仕掛けの間に、サルカンを両側につけたタル型(ナツメ型)オモリを挟むのが一般的です。

しかし、最近は仕掛け上部にガン玉のように挟み込むタイプの中オモリも発売されています。
特にライトな釣りにおいては状況に合わせて素早く位置を変えることもできて便利なアイテムとなっています。

まずはどんな釣りをするのかを考え、中オモリの設置方法を決めましょう。

選ぶポイント2:号数を選ぶ

中オモリを使った釣りは、ライトなカワハギ釣りから、船の深場狙いの釣りまで多くの釣り方があります。
当然、ライトな釣りには軽い号数のオモリを使いますし、深場狙いには重い号数の中オモリを使います。

釣りに合わせた中オモリの号数をチョイスするようにしましょう。

選ぶポイント3:素材を選ぶ

オモリの素材として一般的なものは、安価に製造ができる鉛です。
しかし、最近は抵抗を小さくするためにより比重の高いタングステンなどを使った中オモリも発売されています。

価格は上がってしまいますが、コンパクトに仕掛けを作ることができるので自然に誘うことができるというメリットがあります。
お財布と相談しながら中オモリの素材を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

【2022年最新版】中オモリおすすめ人気6選

第一精工 おもり タル付オモリ 7号 釣り シルバー

それでは実際におすすめの中オモリを6つ紹介します。
ランキング上位の人気中オモリはもちろん、性能重視やコスパ重視など、幅広い面から評価した6つを選んでいます。

2022年発売など、新製品の中オモリも紹介していきます。
これから釣りを始める方も、新しく中オモリを購入して快適な釣りを楽しみたい方も、ぜひ参考にしてみて下さい。

第一精工

【第一精工】中オモリ

ステンレス製のパワースイベルをオモリの両端に設置した中オモリです。
動きの激しいイカ釣りのシャクリに対応しているので、船釣りのヤリイカ、アオリイカエギング釣りにも使えます。

8号と10号のラインナップとなっています。

フジワラ(FUJIWARA)

【フジワラ】イカ中オモリ チメ付き 20号

中オモリの両端部にはナイロンやフロロと言ったラインではなく、繊維系の紐を使ってスイベルを固定している中オモリです。
ラインで固定しているタイプに比べ強度が高いので、激しいアクションを使うイカ釣りにおいてもしっかりと効果を発揮します。

第一精工

【第一精工】タル付きオモリ

シンプルで使いやすい、一般的な中オモリです。
特別これといった点はありませんが、購入しやすい価格帯であることと、幅広い号数のラインナップで多くの釣り人に指示されている中オモリです。

迷ったらとりあえずこの商品を選んでおくと良いでしょう。

第一精工

【第一精工】クッションシンカー

オモリの両端にウレタンゴム製のクッションがあることで、衝撃をしっかりと吸収する中オモリです。
アワセ切れの心配がなく、安心してしっかりと合わせることができます。

チヌ釣りにおいて抜群の効果を発揮する中オモリです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】ワンタッチシンカー

ダイワが発売する中オモリは、ガン玉のようにラインに対して挟み込むタイプの中オモリです。
仕掛けの上部にセッティングすることで動きが大きくなり、活性の低いターゲットに対しても強くアピールすることができます。

脱着や位置の変更が容易にできるので、まずはこれを使って状況を把握することができます。

イッセイ海太郎(Issei Umitaro)

【イッセイ海太郎】ヌケガケロケット 30号

軽く投げたり、落とすだけのようなバーチカルな釣りに有効な中オモリですが、時には遠投が必要な場面もあります。
そんな時にこの中オモリを持っているとしっかりと遠投できるうえに、狙った深度まで素早く落とすことができます。

船釣りのタックルボックスに一つ忍ばせておくと武器になる中オモリです。

スポンサーリンク

中オモリについてまとめ

第一精工 釣り用オモリ クッションシンカー 2号 22078 シルバー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】中オモリおすすめ人気ランキング6選!メリットやコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 中オモリの特徴
  • 中オモリの選び方
  • 【2022年最新版】中オモリおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

釣りのオモリの必要性と選び方は?種類ごとの使い分けや付け方もご紹介!
釣りにオモリは必須。けれど、その種類は豊富すぎて、なにを選べばいいのかわからないのが本音ですよね。今回、釣りラボでは、釣...
オモックの作り方や釣れる魚を徹底解説!シーバス・ヒラメ・トラウト・青物
オモリとフックという簡単な材料で作れてしまうオモック。今回、釣りラボでは、オモックで釣れる魚や自作方法、なぜオモックで魚...
【2022年】ジグヘッドおすすめ13選!選び方・付け方・結び方・自作方法もご紹介
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。今回、釣りラボでは、ジグヘッドの選び方、自作の可否、ラインとの結び方、ワームへ...
【2022年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング9選!選び方や結び方もご紹介
アジングの際、欠かせないのがジグヘッドです。今回、釣りラボでは、そんなアジングで使うジグヘッドについて、釣果への影響、選...
【2022年】メバリングにおすすめのジグヘッド人気ランキング8選!選び方・結び方
メバリングの際、ジグヘッドを使った仕掛けが人気です。今回、釣りラボでは、そんなメバリングで使うジグヘッドについて、釣果へ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

オモリ・シンカー
釣りラボマガジン