【2022年】ジカリグシンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

ジカリグは、韓国発祥のリグで、日本ではその他ゼロダンとも呼ばれています。今回、釣りラボでは、ジカリグシンカーの特徴、おすすめのジカリグシンカー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のジカリグシンカーをご紹介します。

リグ
スポンサーリンク

ジカリグシンカーの選び方

オーナー(OWNER) SK-51 一手TGシンカー 1.8g 12335

直リグはスリ抜け性能の高さを活かし、カバー攻略で有効なリグです。
また、オープンエリアでも使用して広範囲をテンポよく探ることにも適しています。

非常に使い勝手が良いリグなので、シーズンを通して多くのアングラーが多用しています。
今回は、直リグで使用するシンカーの選び方や、おすすめの商品をご紹介していきます。
まずは、シンカーの選び方を見ていきましょう。

選ぶポイント1:形状で選ぶ

ジカリグで使用されるシンカー形状は大きく分けて2タイプです。
それぞれの特徴を理解して、状況やポイントに合ったものを選択しましょう。

まず一つ目が「スティックタイプ」です。
棒状の形をしているので、スリ抜け性能が抜群に良いです。
複雑なカバーに対して積極的にアプローチすることができます。

二つ目が「ティアドロップタイプ」です。
スティックタイプよりも、やや広い形状をしているので、スナッグレス性能はやや落ちますが、接触面が広いため感知能力に優れています。

選ぶポイント2:素材で選ぶ

ジカリグシンカーのを選ぶ上で素材も重要なポイントです。
大きく分けて「鉛」と「タングステン」の2種類が使用されています。

鉛は、タングステンに比べ安価で手に入りやすい特徴があります。
強度があまりないので、破損したり、形状が変化しやすいですが、そこはコスパの良さでカバーできます。

タングステンは、比重が大きいため、シンカーのサイズをコンパクトにすることができます。

シンカーが小さいと、魚からの違和感を軽減させるほか、スナッグレス性能を向上させます。
また、感知能力の高さも魅力の一つで、ボトムの変化をしっかりと手元に伝えてくれます。

タングステンは、さまざまなメリットがありますが唯一の欠点と言えば、値段が高いことです。

スポンサーリンク

ジカリグシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】

スタジオ100 FECO タングステン ドロップショットシンカー カバー リング 10.5g (3/8oz).

ここからはおすすめの「ジカリグシンカー」をご紹介していきます。
人気ランキング上位のものから、コスパに優れた商品を6つ厳選しました。
購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

オーナー(OWNER)

【オーナー】SK-51 一手TGシンカー

タングステン素材を採用したジカリグシンカーです。
直リグ以外にもフリーリグとも相性が良いです。

ワンタッチでシンカーの脱着ができるのでスムーズに交換ができます。
初心者の方におすすめしたいモデルです。

スタジオ100

【スタジオ100】タングステン ドロップショットシンカー

高比重なレアメタルを採用していますが、リーズナブルな値段で販売しているため、多くのアングラーから愛用されているジカリグシンカーです。

シンプルな形状ですが、スリ抜け性能は抜群で、非常に使い勝手の良いアイテムです。

モーリス(MORRIS)

【バリバス】TGグレネードシンカー クイックチェンジャー

少し投手な手榴弾の形状を採用したジカリグシンカーです。
シンカーの表面がデコボコしているので、ボトムや障害物にわざとスタックさせるようになっています。

カンジインターナショナル

【カンジインターナショナル】カンジ スルスタシンカー

スティック型のジカリグシンカーです。
シンカーにスリットが入っているので、喰わせのポイントとなる適度なスタック感を生み出すことができます。

オープンエリアで活躍してくれるシンカーです。

ダイワ(DAIWA)

【ダイワ】バザーズワームシンカーTG スリムゼロ

ジカリグ専用に開発されたシンカーです。
高比重タングステンを採用しているので、スリムでコンパクトなシンカーです。

カラーは水馴染みが良いモスグリーンを採用しているので、水中でギラつきを抑え魚の視認的違和感を軽減させます。

カツイチ(KATSUICHI)

【カツイチ】デコイシンカー タイプスティック

ウィード攻略に特化したスリ抜け抜群のジカリグシンカーです。
シンカーにブラックカラーを塗装しているので、シンカーの違和感を軽減させます。

また、スイベルも搭載しているので、系ヨレを予防し釣りに集中することができます。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのジカリグシンカー2選

VARIVAS(バリバス) ノガレス シンカー TGグレネード クイックチェンジャー 3.5g(約1/8oz) 3個 タングステン

最後に2021年以降に発売された「ジカリグシンカー」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【nako.】タングステン スキニー ドロップショットウェイト

ブラックに塗装されたジカリグシンカーです。
水中で目立たない色なので、スレた魚でも違和感なく口を使ってくれるでしょう。

またタングステン素材を採用しているので、ボトム感知能力に優れています。

ノーブランド品

【D.craft Japan】タングステンシンカー

スイベルを搭載したジカリグシンカーです。
360度回転してくれるため、ラインの系ヨレを防ぎます。

高い集中力を要するボトム攻略において、トラブルレスは大きなアドバンテージになるでしょう。

スポンサーリンク

ジカリグシンカーについてまとめ

カンジ スルスタシンカー 3/8oz

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】ジカリグシンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ジカリグシンカーの選び方
  • ジカリグシンカーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのジカリグシンカー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ジカリグ・ゼロダンの自作方法をご紹介!使い方・アクションやおすすめワームも
バスやロックフィッシュで使われることの多いジカリグ(直リグ・ゼロダン)。今回、釣りラボでは、そんなジカリグについて、おす...
【2022年】アジング用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
鯵を狙うならこちら!今年度激推しのアジング用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、アジング用シンカーの特徴、おすすめのア...
【2022年】ロックフィッシュ用シンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
ロックフィッシュゲームに挑戦したい方必見!今年度激推しのロックフィッシュ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、ロックフ...
【2022年】テキサスリグ用シンカーおすすめ人気ランキング9選!選び方やコスパ最強製品も
初心者さんも必見!今知ってほしいテキサスリグ用シンカーはこちら!今回、釣りラボでは、テキサスリグ用シンカーの特徴、おすす...
【2022年】ネコリグシンカーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も
ネコリグシンカーは、根こそぎ取れてしまうからという意味でその名が付きました。今回、釣りラボでは、ネコリグシンカーの特徴、...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

オモリ・シンカー
釣りラボマガジン