タイラバの簡単な結び方を分かりやすく解説!8の字結び・漁師結びなど

鯛をターゲットとし、比較的初心者でも釣りやすいことから人気のタイラバですが、タイラバの正しい結び方をご存じでしょうか?今回釣りラボでは、タイラバに関する結び方についてタイラバとリーダー・リーダーとラインの簡単な結び方を詳しく解説します。

タイラバ
スポンサーリンク

タイラバとは?

タイラバ

出典:写真AC

タイラバとは、真鯛を釣ることに特化したルアーのことで、タイカブラとも言われています。
主に船上から狙うオフショアの釣りに使用し、真鯛以外にも青物や根魚も釣ることができます。

タイラバの各部位の特徴

タイラバは、主に4つのパーツに分かれていて、それぞれに役割や特徴があります。
また、カラーや形状、組み合わせによってアピールが変化するので、その日の状況に合わせて調整できれば、釣果アップにつながります。

ヘッド

タイラバのヘッドは、最も釣果を左右する重要なパーツです。
特に形状の違いは、アクションが大きく変わるので、数種類用意して使い分けると良いでしょう。

ハリス

フックに付けるラインで、真鯛の鋭い歯でも切れない強度が必要です。
自作する場合などは、フロロ芯入りのものが適度なコシもありおすすめです。

スカート

着底した時や、水中で止まった時にフワッと開き、巻き上げて水の抵抗を受けると収束します。
このボリュームの切り替えによって、真鯛にアピールする効果があります。

ネクタイ

水の抵抗を受けてヒラヒラと揺れることで、視覚的と波動によるアピール効果があります。
おすすめは、シリコン製素材のネクタイです。
天然ゴム製よりも切れにくく、劣化しづらい特徴があります。

基本的な釣り方

タイラバを底まで落としたら、ただ巻きするだけの簡易な操作が基本的な釣り方となります。
水面まで巻き上げる必要もなく、海底から10m~15mまで巻き上げ、また底までフォールさせます。

おすすめのタイラバ

様々なメーカーから販売されているタイラバですが、釣れると評判のおすすめのタイラバを3つご紹介します。

【ダイワ】紅牙 ベイラバー フリーα

優れた貫通力を誇る、ダイワ独自の紅牙フック(サクサス)を採用し、わずかなバイトも逃しません。

【ウミノ】ガチDEイカ 2セット入

真鯛の好物であるイカの、見た目と挙動を忠実に再現した、ワーム&フック一体型のルアーです。

【シマノ】炎月 タイガーバクバク

王道のスタンダードモデルで、真鯛の生態や捕食状況を研究したカラーバリエーションが揃っています。

スポンサーリンク

タイラバとリーダーの結び方

タイラバ

出典:写真AC

タイラバとリーダーを正しく結べていないと、せっかくヒットした真鯛をバラしてしまい兼ねません。
そこで、正しいリーダー選びと結び方についてご紹介します。

タイラバにおすすめのリーダー

タイラバに使用するリーダーは、ナイロン製とフロロカーボン製があります。
おすすめはフロロカーボン製で、太さが3~4号のリーダーです。

【タカミヤ】REALMETHOD 鯛ラバ ショックリーダー 30m

水中でラインが見えないカモフラージュカラーを採用した、国内生産の品質高いリーダーです。

【ダイワ】紅牙リーダーEX タイプF

平行巻きにより、糸癖を激減させた強力フロロカーボン100%のリーダーです。

【シマノ】炎月 真鯛リーダー EX CL-G26P

結びやすくバレにくい、抜群のノット性能を誇るタイラバ専用のリーダーです。

リーダーとの基本的な結び方

リーダーと道糸を結ぶ、基本的な方法について、4つの結び方をご紹介します。

ユニノット

ユニノットは、簡単で早く結べるので、初心者の方にもまずはこの方法をおすすめします。

  • タイラバのハリスにリーダーを通し、15cmほど折り返します。
  • 再び折り返し、ループを作りながら2重になったリーダーを束ねるように交差します。
  • 2重になったラインを束ねながら、ループの中に3回くぐらせます。
  • リーダーの先端を引いて結び、本線を引き結び目をハリス側に移動させます。
【初心者に】ユニノット結び方解説【おすすめ】

クリンチノット

クリンチノットも簡単な結び方で、強度もあります。
ただし、太いリーダーを使用する場合は、結び目がほどけやすいので注意が必要です。

  • タイラバのハリスにリーダーを通し、15cmほど折り返します。
  • 少しだけループを残し、リーダーの先端側を本線に5~6回巻き付けます。
  • 先ほどのループにリーダーの先端を通し、先端と本線を引いて結びます。
【簡単強力!】クリンチノット(サルカン結び)結び方解説

漁師結び(完全結び)

プロの方が良く使う結び方で、強度は抜群です。
こちらも簡単なので、すぐに覚えられます。

  • リーダーを二つ折りにして、折り目側をタイラバのハリスに通します。
  • 折り返し本線と束ねて、リーダーの先端部分で本線と二つ折りリーダーを一緒に、4~5回巻き付けます。
  • 先端を折り目のループの中に通し、本線を引き締めて結びます。
漁師結び(完全結び)の結び方!簡単に強度を上げる方法 Fishing Knot

8の字結び

汎用性が高い結び方で、後に紹介する「箱掛け」の基本にもなります。
ライン同士の結束にも使えて、強度も充分です。

  • タイラバのハリスにリーダーを通し、折り返してループを作り、本線の上に重ねます。
  • 交わったリーダー部分を束ねるようにして、8の字を作るようにループに通します。
  • 本線と先端を引き締めて結びます。
VARIVAS TV 「8の字結び」
スポンサーリンク

遊動式タイラバとリーダーの結び方

タイラバリール

出典:写真AC

遊動式タイラバでは、各パーツを交換する際に一度、リーダーとの結束を外さなければなりません。
そこで、リーダーを切断しなくても結束を外せる方法をご紹介します。

「箱掛け」という方法で、まずリーダーの先端に輪を作ります。
先ほど紹介した、8の字結びを2重にして輪を作ります。

  • リーダーを15cmほど折り返し束ねます。
  • 2重にした状態で、8の字結びを行います(先の輪が少し大きめになるよう結びます)。
  • 先に出来た輪と、本線を引き締めて結びます。
  • リーダーの輪をタイラバのハリスに通し、輪の中にタイラバ全体をくぐらせます。

この方法で結束すると、本線を緩めるだけで結束が外せるので非常に便利です。

スポンサーリンク

タイラバで使うラインとリーダーの結び方

タイラバ

出典:写真AC

タイラバで使用するライン(道糸)と、リーダーの結び方として、「FGノット」という方法が最もポピュラーで、強度もあるのでおすすめです。

ラインを編み込む準備

左手の人差し指と薬指に、ライン(道糸)を巻き付け、間に3cmほどのループができるようにします。

ラインとリーダーの編み込み作業

  • 右手でリーダーを持ち、左手のループに下から上へと通します。
  • 右手でループのラインを押さえ、左手をひねります。
  • その状態からリーダーを上から下へ通し、また左手をひねります(戻します)。
  • この手順を10回ほど繰り返し、強く締め込みます。

リーダーにライン本線を締め込む作業

  • 左手に巻きつけたラインをほどき、右手の結束部分に持ち変えます。
  • リーダーとライン本線を抱き合せ、支線で外掛け結びをします。
  • 編み込んだラインを湿らせ、支線を口にくわえて、本線とリーダー3方向均等に締め付けます。

ライン本線とリーダーを結び込む作業

  • さらに2回外掛け結びを行い、リーダーを3~5mm残しカットします。
  • リーダーの先をライターで炙り、コブが出来るように溶かします。
  • リーダーのコブと編み込んだラインの隙間を埋めるように、支線で外掛け結びをします。

ライン本線を結び込む作業

  • ライン本線とリーダーを張った状態にして、本線に支線をハーフヒッチで7~8回結びます。
  • 最後に2回潜らせて締め込み、余分な支線をカットします。
PEラインとリーダーの結び方 FGノット編 【最強ノットマニュアル】(566)
スポンサーリンク

タイラバの結び方のまとめ

タイラバ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「タイラバの簡単な結び方を分かりやすく解説!8の字結び・漁師結びなど」というテーマに沿って、「タイラバとは?」「タイラバとリーダーの結び方」「遊動式タイラバとリーダーの結び方」「タイラバで使うラインとリーダーの結び方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

タイラバとは?釣り方のコツやおすすめの仕掛け・タックル・時期をご紹介
鯛ラバ(タイラバ)は、初心者でも挑戦できる真鯛の釣り方の一つです。今回、釣りラボでは、そんなタイラバについて、おすすめの…
【結び方の基礎知識】釣りで活躍するノット一覧!最強かつ簡単なのはどれ?
釣り糸の結び方には、実に様々な種類があり、それぞれ異なる特徴(強度・難易度)を持ちます。今回、釣りラボでは、釣り糸の結び…
【初心者必見】釣り針の結び方を徹底解説|簡単かつ強度が最強の結び方とは?
釣り針の結び方には、様々な種類があり、それぞれ異なる特徴があります。今回、釣りラボでは、釣り針の結び方についてそのコツや…
ルアーとラインの結び方を徹底解説!簡単かつ最強のノットをご紹介!
ルアーとラインの結び方には、実に様々な種類があり、それぞれ異なる特徴を持ちます。今回、釣りラボでは、ルアーの結び方につい…
テグスの結び方を徹底解説!釣りで活躍する簡単かつ最強のノットは?
テグス(釣り糸)の結び方は、釣りをするのであれば最低限知っておく必要があります。今回、釣りラボでは、そんなテグスの結び方…