ジグヘッドワッキーとは?おすすめのフック・ルアーや作り方を徹底解説

バスフィッシングにおいて重宝するジグヘッドワッキーというリグをご存じでしょうか?独特なアクションで魚を誘き寄せることができます。今回釣りラボでは、そんジグヘッドワッキーについて作り方や使い方などを詳しく解説していきます。

ワーム
スポンサーリンク

ジグヘッドワッキーとは?

ジグヘッド

出典:写真AC

ジグヘッドワッキーとは、ワームを用いたルアー釣りで使われるリグ(仕掛け)のひとつです。
フックをワームの頭に刺す他の多くのリグと異なり、ジグヘッドワッキーではワームの中央にフックを刺します。
また、ジグヘッドワッキー専用のジグヘッドを用いることが一般的です。

フォールやシェイクでくねくねと動き、短い距離で魚にアピールできます。

スポンサーリンク

ジグヘッドワッキーがおすすめの釣り

ジグヘッド

出典:写真AC

ジグヘッドワッキーが使われるのは主にバス釣りです。
縦のストラクチャーに着くバスをフォールやシェイクなどで誘うことが多いです。

また、あまり知られていませんが、北海道・東北エリアでのロックフィッシュにも有効なリグです。
常夜灯の下や護岸際などに着くメバルやクロソイを狙う際に使ってみると面白いのでおすすめです。

上に挙げたブラックバスや根魚の他にも様々な魚に有効であると考えられます。

スポンサーリンク

ジグヘッドワッキーの作り方

ジグヘッド

出典:写真AC

初心者の方にはジグヘッドワッキーと言ってもどんなリグなのか想像も付かないのではないでしょうか。
ここではジグヘッドワッキーの作り方について解説していきます。

ジグヘッドワッキーに必要な道具

ジグヘッドワッキーに必要なのはジグヘッドとワームのみです。
必須ではありませんが、ワームの身切れ防止に熱収縮チューブがあると便利です。

ワームはストレートタイプを選ぶのが一般的で、狙う魚のサイズに合わせて大きさを変えましょう。
バス釣りの場合には4~5インチが一般的です。
ジグヘッドの重さは釣り場の水深に応じて3/64~1/18ozの間で臨機応変に選択しましょう。

ジグヘッドワッキーの仕掛けの付け方

ジグヘッドワッキーの作り方は簡単です。
ワームの途中にジグヘッドの針を刺すだけで完成です。
フックを刺す位置はワームによって変えると良いでしょう。

また、針の刺し方は縦刺しと横刺しがあります。
ストラクチャーが多く、スナッグレス性を重視する場合には縦刺し、オープンウォーター等での使用でワームの動きをより大きく出したい場合には横刺しがおすすめです。

スポンサーリンク

ジグヘッドワッキーにおすすめのワーム5選!

O.S.P(オーエスピー) ルアー DoLive Crawler 4.5インチ W027 DSM・ブルー&ペッパ

では、実際にジグヘッドワッキーを作るのに最適なワームを5つご紹介します。

【ジャッカル】フリックシェイク

ジグヘッドワッキーの立役者的なワームです。
ストレートワームに分類されますが、ややS字のカーブを描いているためロールしながらフォールして魚を誘います。
4.8インチがおすすめです。

【OSP】ドライブクローラー

くねくねと動きながらフォールし、比重が大きいため軽いジグヘッドを用いても飛距離が出せます。
4.5インチをメインに使うと良いでしょう。

【ゲーリーヤマモト】カットテール

様々なリグで有効なカットテールもジグヘッドワッキーで使うことができます。
4~5インチをメインに使うといいでしょう。

【ゲーリーヤマモト】スリムヤマセンコー

名作ストレートワーム、ヤマセンコーより細身に作られています。
ヤマセンコーもジグヘッドワッキーに有効ですが、スリムヤマセンコーの方が細かく動くためおすすめです。

【ズーム】スワンプクローラー

ネコリグのワームとして有名なスワンプクローラーもジグヘッドワッキーで使うことができます。
シンプルな形状ですが、ハリのある素材のため、シェイクでの動きが絶妙に魚を誘います。

スポンサーリンク

ジグヘッドワッキーで使うフック3選

ダイワ ジグヘッド バザーズ ジグヘッドSS ガード付 ワッキー 1/16oz #1

ジグヘッドワッキー用のジグヘッドは各社から様々な製品が販売されています。
ここでは、おすすめのジグヘッド(フック)を紹介していきます。

【ZAPPU】インチワッキー

ジグヘッドワッキー用ジグヘッドにはガードのあるものとないものがありますが、このインチワッキーはガードなしのものです。
オープンウォーターではフッキング向上のためにガードなしのものを使うと良いでしょう。

【ZAPPU】インチワッキープラス アイガード

上記に挙げたインチワッキーのガードありのものです。
根掛かりの多い場所では、スナッグレス性の高いこちらを使うと良いでしょう。

【ダイワ】バザース ジグヘッド SS ガード付きワッキー

ダイワが誇るSaqSasフックのため、刺さりが非常に良いです。
また、ガードが2本付いているためスナッグレス性も抜群です。

スポンサーリンク

ジグヘッドワッキーの使い方・アクション

出典:写真AC

さて、ジグヘッドワッキーの作り方・適したワームについて解説してきましたが、ここからは使い方について説明します。
ジグヘッドワッキーの主なアクション方法として、フォール、シェイキング、中層スウィングが挙げられます。
ここからはフォール、シェイキング、中層スウィングの解説をしていきます。

フォール

ジグヘッドワッキーのアクションの大本命です。
フリーフォールの際はラインの動きでアタリをとりますが、テンションをかけたままフォールさせるカーブフォール(テンションフォール)の際にはティップでアタリをとります。

シェイキング

ここぞというポイントではシェイキングで魚を誘うのも有効です。
文字通り震えるようにティップを動かします。

中層スウィング

魚が中層に浮いているときなどにはロッドをスウィングするように煽るのも有効です。
フォールで魚を誘うこともできる上、ロッドを煽る際の速い動きでリアクションバイトも誘発できます。

以下の動画でもジグヘッドワッキーでのバスの釣り方が解説されています。
参考にしてみてください。

【バス釣り】初心者オススメ!ジグヘッドワッキーを雑に解説してみた。【スワンプクローラー】

スポンサーリンク

ジグヘッドワッキーのまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「ジグヘッドワッキーとは?おすすめのフック・ルアーや作り方を徹底解説」というテーマに沿って、「ジグヘッドワッキーとは?」「ジグヘッドワッキーがおすすめの釣り」「ジグヘッドワッキーの作り方」「ジグヘッドワッキーにおすすめのワーム5選!」「ジグヘッドワッキーで使うフック3選」「ジグヘッドワッキーの使い方・アクション」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼ネットで釣具を買うならAmazonプライム

Amazonプライム会員なら

釣具の配送料が無料になるだけでなく、動画や音楽も利用し放題になります。

初回30日間は無料で試すことができます。
釣具を通販でよく買うという方は、一度体験してみてはいかがでしょうか?

▼「釣具の高価買取」で「新しい釣具の購入資金」をGETするなら【JUST BUY】

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2020年】ジグヘッドおすすめ10選!選び方・付け方・結び方・自作方法もご紹介
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。今回、釣りラボでは、ジグヘッドの選び方、自作の可否、ラインとの結び方、ワームへ…
【2020年】アジングにおすすめの最強ジグヘッド人気ランキング7選!選び方や結び方もご紹介
アジングの際、欠かせないのがジグヘッドです。今回、釣りラボでは、そんなアジングで使うジグヘッドについて、釣果への影響、選…
メバリングにおすすめのジグヘッド人気ランキング6選!選び方・結び方
メバリングの際、ジグヘッドを使った仕掛けが人気です。今回、釣りラボでは、そんなメバリングで使うジグヘッドについて、釣果へ…
ジグヘッドに餌を付けると釣り効果があがる?おすすめの虫餌や付け方を解説
アジングなどをする際に活躍するジグヘッド。そんなジグヘッドに餌を付けると釣果が上がることをご存じでしょうか?今回、釣りラ…
ネコリグとは?作り方やおすすめのパーツ、使い方・アクションを徹底解説
バス釣りやロックフィッシュにおすすめのネコリグ。今回、釣りラボでは、そんなネコリグについて、リグの特徴、作り方、使い方、…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Facebook・Twitterにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン