釣りウキの基礎知識|種類・選び方・号数・浮力・付け方【初心者必見】

釣りをするなら必要不可欠とも言えるウキ(浮き)。ウキに関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回、釣りラボでは、釣りウキの種類や選び方を解説した上で、初心者におすすめの釣りウキを8選ご紹介します。

初心者
スポンサーリンク

釣りウキ(浮き)の基礎知識

ウキ

出典:写真AC

ウキは基本的な釣り道具の一つです。
もちろん釣りはウキが無くても楽しむ事ができます。
しかし風や波、釣り場の状況によっては思うように魚を釣り上げられない場合があります。

そんな時はウキを正しい知識で取り扱うと、今までできなかった事ができるようになり、釣りをよりいっそう楽しむ事ができます。

釣りウキとは?

釣りウキは、魚の食いつきを知らせてくれるとても便利な釣り道具です。
仕掛けと共に水面に浮かせて使い、ハリの位置を固定したり、エサを任意の水深に沈めたりすることができます。

これらは見やすいように鮮やかな色をしており、魚の動きを目視からでも伝えてくれます。

釣りウキの選び方

ウキには様々な種類のものがあり、場所や天候、狙う魚の種類によって細かく使い分けをします。
いきなりたくさんのウキを所有することは大変ですが、中古市場でも多く出回っているので収集の手助けになってくれます。

ウキの種類

ウキの形状は大きく分けて、細長い棒状の「棒ウキ」と丸い形をした「円錐ウキ」の2つがあります。
棒ウキは遠距離からの視認性が高く、水の抵抗を受けにくいため魚の食いつきに敏感です。
一方円錐ウキは、上方からの視認性に優れており風や波に流されにくいという特徴があります。

浮力・号数(オモリ負荷)

ウキの号数は0号を基準として、仕掛けの重みやガン玉の大きさによって分類されています。
エサを深い場所まで沈めるには重いオモリが必要です。
ウキはオモリと仕掛け、そして釣り上げる魚の重量のを支えるだけの浮力が必要になってきます。

色・カラー

ウキの色は視認性が高い黄色やオレンジ色が多く一般的です。
他にもピンクやグリーン、スカーレットなどカラーもあるので、自分が見やすいものを選びましょう。

重さ・自重

自重とはウキ自体の重さのことです。
ウキの重量はグラムで表記されています。

自重が重いほど風の影響は受けにくくなり、より遠方へ飛ばしやすくなります。
しかし、自重に比例してウキの体積は大きくなり、竿を伝わる感度は弱くなります。

スポンサーリンク

初心者におすすめの釣りウキ8選

ウキ

出典:写真AC

初心者にもおすすめの釣りウキを、Amazon・楽天で販売されているものからご紹介していきます。

遠投ウキ

【ハピソン】高感度遠投ウキ

安定した飛行性で、投げ釣りのしやすい遠投タイプのウキです。
とても明るくて視認性は良好。
メジナ、イサキ、アジなどのカゴ遠投釣法に向いています。

【ウメズ】棒ウキカン付きウキ

耐久性の高い、棒ウキタイプの遠投ウキです。
使い手を選ばず、初心者から上級者まで扱いやすい定番の売れ筋商品です。

電気ウキ

【ルミカ】チャップ オン

狙う魚の種類によって色をレッドモードとグリーンモードの2種類から選べ、電池は自分で変える事ができるようになっています。
ライトは着水すると自動で点灯するように設計されており、水気が完全になくなると消灯します。
夜間の視認性がとても高いため、メバル仕掛けをするのに最適です。

【冨士灯器】超高感度電気ウキFF

夜だけでなく昼間にも使用できるように工夫が施されている電気ウキです。
創業100年を誇る冨士灯器が開発・生産をしており、メイドインジャパンなので安心して使用ができます。
アジ、サバ、メジナ、メバル、クロダイ、サバなど幅広い魚を狙う事ができます。

サビキウキ

【釣研】遠投カゴサビキ

有名メーカーが開発した、遠投に優れ夜釣りに適したウキです。
丈夫な素材でできており、波止際への衝撃や着水時のショックに強いので長く愛用できます。
夜釣り用のアイテム、ケミホタル50に対応しておりそのまま装着が可能です。

棒ウキ

【釣研】ウキ釣り超入門セット 棒ウキ

釣り経験のない初心者にもおすすめの入門セットです。
付け方も詳しく書いておりすぐに使用ができます。
また、指定のチューブをセットする事で夜釣りにも対応できます。

円錐ウキ

【DUEL】フカセウキ TGウェーブマスター

コストパフォーマンスが高く、幅広い層に長く親しまれている使いやすい円錐ウキです。
視認性に優れた色をしており、感度も良好です。

南ウキ 競技スペシャル

プロが監修し、大手メーカーが手掛けた円錐ウキです。
艶消し塗装がしてあり視認性が良く、糸スベリも良好です。
ウキの姿勢が崩れにくく、驚異の安定感が特徴的です。

スポンサーリンク

ウキ釣りのやり方・使い方

ウキ

出典:写真AC

ウキ釣りの仕掛けには、固定ウキ仕掛けと遊動ウキ仕掛けというものがあり、狙う魚の種類や釣りの環境によって仕掛けを使い分けます。
それぞれ特徴的な強みがあるので、2つの違いを覚えていきましょう。

ウキの付け方

ウキをつけるには以下のような手順が必要です。

  1. ウキ止め糸を結ぶ
  2. なるほどウキ止めを結ぶ
  3. スイベルを結ぶ
  4. 道糸とハリスを結ぶ
  5. ハリを結ぶ

それぞれ糸の結び方が違いますが、慣れればすぐにできるようになります。

固定ウキ仕掛け

固定ウキ仕掛けは、道糸にウキを固定するシンプルな仕掛けです。
一定の場所を攻めやすく、魚のいるタナを効率よく狙う事ができます。
ウキを固定するため水深が深い場所などの、ウキから針までの長さが釣竿よりも長く必要な場面では使えません。

魚の感触を感じ取りやすく、すぐに釣り上げられるのが特徴です。
ヘラブナやメバル、アジ、ハゼ、メジナなどが代表的な獲物です。
少し意外な獲物として、手長海老もこの固定ウキを使い釣り上げることができます。

遊動ウキ仕掛け

遊動ウキ仕掛けを行う際は、ウキを動かすための糸を余分に確保します。
確保した糸の量だけ仕掛けを任意で動かす事ができるので、水深の深い層を狙う事ができます。

仕掛けがオモリによって深い場所に到達するまでには時間がかかるため、糸を送り出す場合はウキ止めの位置を意識するようにしましょう。
フカセ釣りを行う際もこの遊動ウキ仕掛けを良く利用します。
クロダイ、メジナ、メバル、スズキなどが代表的な獲物です。

スポンサーリンク

釣りウキの基礎知識まとめ

ウキ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「釣りウキの基礎知識|種類・選び方・号数・浮力・付け方【初心者必見】」というテーマに沿って、「釣りウキ(浮き)の基礎知識」「初心者におすすめの釣りウキ8選」「ウキ釣りのやり方・使い方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

おすすめの電気ウキ5選と選び方|仕掛けや自作方法も解説【初心者必見】
夜釣りに欠かせないアイテムの一つである電気ウキ。今回、釣りラボでは、そんな電気ウキの特徴や選び方、おすすめの商品を5つ紹…
釣り糸の基礎知識【初心者必見】|種類・選び方・結び方・おすすめ6選
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方…
初心者が絶対に持っておきたいコスパ最強の釣り道具まとめ|おすすめ・便利
釣り道具は様々な種類があり、どれから揃えればいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、そんな…
ロッドおすすめ人気ランキング23選|釣りスタイル・ターゲット別にご紹介
ロッド・釣竿には様々な種類があり、どうやって選べば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?今回、釣りラボでは、…
釣り用スイベルの種類と選び方|おすすめの釣り用スイベルも5つ紹介!
釣り糸同士を結ぶために必要なスイベルは、釣りに欠かせないアイテムの一つです。今回釣りラボでは、そんな釣り用のスイベルにつ…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン