オモリの重さをグラムやオンスに変換すると?計算方法を紹介!

オモリの重さをグラム(g)やオンス(oz)に直すと、一体どれくらいなのか、分かる人は少ないですよね。換算方法が分かれば仕掛け作りがとっても楽になります。今回、釣りラボでは、その変換方法とルアーごとの一覧表を紹介していきますね。

ルアー
スポンサーリンク

オモリはメーカーによって重さにバラつきがある

出典:写真AC

釣りをする時に、オモリがないとせっかくの仕掛けが安定せず、食いつきが悪くなってしまいます。

狙う魚によってもオモリを変えますが、釣り場が堤防などの海釣りか、それとも深さのある船釣りかによってもオモリが変わってきます。

また各種の竿や釣具のメーカーがオモリを販売していますが、重さの表記や形が異なります

メーカーが製造した時に、オモリの重さ自体に多少のバラつきが生じるので、使いやすいものを選びましょう。

スポンサーリンク

オモリの号数の意味

出典:写真AC

オモリは号数の単位が使用されている場合があります。
号数は普段見かけない重さの単位なので、慣れるまでわかりづらいかもしれませんが難しくはないのですぐに慣れることが出来ます。

号数によって重さが異なります
重さがグラム(g)やオンス(oz)で表示されている場合もあります。

号の意味

日本の古い匁(もんめ)という重さを表す単位を、終戦後に号と呼び変えたのが号数のはじまりです。
1号あたり、3.75グラムと決まっています。

グラム(g)・オンス(oz)の意味

グラム、オンスはそれぞれ重さを表す単位です。
グラムは国際単位(SI)として日本でも世界でも広く使用されています。

オンスはヤード・ポンド法の単位で、液体に使用されていることがよくあります。
1ポンドの16分の1をオンスとしていて、グラムで表そうとして正確に計算すると端数が小数点以下が多くなってしまいます。
グラムに直すと1オンスの重さは大体28gです。

スポンサーリンク

オモリの重さのグラム・オンス換算

オンス

出典:写真AC

オモリの重さは、使用するオモリの種類によって重さの表記がさまざまに分かれています。
オモリは号数で表記されていたり、オンスで表記されている場合があり、おもり計算が必要になります。

ナス型や中通しといったサビキや投げ釣り、ちょい投げ釣り等でよく使われるオモリは号数で表記されていることが多いです。
テンヤ釣りの仕掛けも同様です。

重さがグラムで表記されている場合はすぐにわかりますが、号数やオンスの場合は若干混乱しやすいです。
慣れてくるとなんとなくイメージがついてきますが、いちいち覚える必要はないので、下の重さの換算表を参考にしてください。

ルアーフィッシング用のオモリの換算表

ルアーフィッシングではオモリをシンカーと呼ぶ場合があります。
バス釣りなど大型の魚を狙う場合には重めのオモリを使用します。

ルアーフィッシング用のオモリは、号数が使用されている場合と、オンスが使用されている場合があります。
それぞれの重さの換算表を以下に記します。

号数グラム(g)
2号7.5
3号11.25
4号15
5号18.75
6号22.5
7号26.25
8号30
10号37.5
30号112.5
40号150
50号187.5
200号750
400号1500
オンス(oz)グラム(g)
1/320.9
1/181.6
1/161.8
1/83.5
1/47
3/818
3/421
128

ガン玉のグラム換算表

ガン玉は、泳がせ釣りの中でもウキ釣りをする際によく使用されているオモリです。
中央に割れ目が入っているので、釣り糸にはさんでつぶして使用します。

ガン玉の重さを変えてみるとウキ具合を調整することができます。
ガン玉の重さはBで表記されていることが多いです。

Bグラム(g)
1B0.55
2B0.8
3B1
4B1.25
5B1.75
6B2.65

ジンタンのグラム換算表

ジンタンは丸くてガン玉と同じくウキ釣りで使用されています。
号やG、Jといった重さの表記が使用されています
号数の数字が大きいほうが重さが軽くなっており、通常と逆でまちがえやすいので注意してください。

号数グラム(g)
G80.07
G70.09
G60.12
G50.17
G40.2
G30.25
G20.35
G10.45

割ビシのグラム換算表

割ビシもガン玉やジンタンと同じくウキ釣りでよく利用されているオモリです。

大きさグラム(g)
極小0.2
小小0.25
0.4
0.75
0.9
大大1.35
特大2.1
スポンサーリンク

オモリの重さのまとめ

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「オモリの重さをグラムやオンスに変換すると?計算方法を紹介!」というテーマに沿って、

  • オモリはメーカーによって重さにバラつきがある
  • オモリの号数の意味
  • オモリの重さのグラム・オンス換算

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

釣りのオモリの必要性と選び方は?種類ごとの使い分けや付け方もご紹介!
釣りにオモリは必須。けれど、その種類は豊富すぎて、なにを選べばいいのかわからないのが本音ですよね。今回、釣りラボでは、釣…
【2021年】オモリグ専用ロッドおすすめ13選!選び方や代用ロッドもご紹介
スピニングタックルでのイカメタルを釣る方法、オモリグ。オモリグで釣果を上げるには、専用ロッドがおすすめです。今回、釣りラ…
オモリグのおすすめ仕掛けを解説!使い方やおすすめのタックルも紹介します!
オモリグとは、エギを使った仕掛けととスピニングタックルでの釣り方で、イカがよく釣れます。とはいえ、仕掛けの作り方は慣れる…
エギの重さの選び方|サイズと重さの対応表、おすすめの号数、調整方法をご紹介
どのような重さのエギを選ぶかによってエギングの釣果は大きく左右されます。今回、釣りラボでは、そんなエギの重さについて重さ…
【2021年】釣りウキおすすめ11選を種類ごとにご紹介!選び方や号数・浮力による違い、付け方も
釣りをするなら必要不可欠とも言えるウキ(浮き)。ウキに関する基礎知識はぜひ押さえておきたいところです。今回、釣りラボでは…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン