力糸のおすすめ人気8選!使い方や結び方、自作方法もご紹介!

力糸を釣具屋で見ると、高いなと思いませんか?リールに似ているし、何の役に立つのでしょうか?今回、釣りラボでは、そんな疑問にお答えします。力糸の役割、選び方を学んだ上で、おすすめの商品を紹介していきますね。

結び方
スポンサーリンク

力糸の役目とは?

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ナイロンライン サーフファイター ちから糸 急流仕様 11m×5 2-8号 イエロー

投げ釣りでは、投げ釣り専用の竿やリールを使いますが、力糸と呼ばれるラインも必要です。

力糸とは、道糸が切れにくくする効果のあるラインで、道糸と仕掛けの間に取り付けます
読み方は「ちからいと」または「テーパーライン」と読みます。

力糸はシロギスやカレイなどを狙った投げ釣りで使われたり、シーバスをターゲットとする釣りでも使用されることがあります。
メタルジグを使用するジギングでも、投げ釣りをする場合には力糸を使うとよいでしょう。
なお、ぶっこみ釣りでは力糸を使う意味はないとされています。

道糸(ライン)が切れるのを防ぐ

投げ釣りの場合、重いオモリを投げることが多いです。
重いオモリを投げると道糸に大きな負荷がかかりますが、力糸を間に取り付けることでクッションとなり、道糸が切れるのを防ぐことができます。
また、オモリが沈んだとき絡まるのを防ぐ役割もあります。

「力糸はいらない」との意見もありますが、ライントラブルを防ぐためにも投げ釣りのタックルには必要不可欠であると考えた方がよいでしょう。

オモリが飛んでいくのを防ぐ

上でもお伝えした通り、投げ釣りでは大きいサイズのオモリを投げることがあります。
もし道糸に直接オモリを取り付けたら、投げた瞬間に道糸が切れてオモリが飛んでいってしまいます。
特にビッグサイズのオモリの場合、人に当たったらケガをする危険があります。

高切れ防ぐため、力糸を使って道糸が切れないようにする必要があります。

スポンサーリンク

力糸の結び方・使い方

ダイワ(DAIWA) ナイロンライン サーフキャスターちから糸(R) 3-12号 15m×5 イエロー

力糸の付け方には向きがあります。
力糸は徐々に先が細くなっていく形状をしているので、太い方をオモリに、細い方を道糸に接続します。
結ぶときは、結び目が大きなコブになりガイドにぶつかってしまうこともあるので注意しましょう。

ここでは、簡単な結び方をご紹介します。
こちらの動画も参考にしてみてください。

初めての釣りPart5 道糸と力糸(テーパーライン)を結ぶ

ナイロン同士の結び方

力糸と道糸の結び方は、糸の素材によって結び方を変えるのがおすすめです。
道糸と力糸がどちらもナイロン同士の場合、ブラッドノットがよいでしょう。

ブラッドノットの結び方

ブラッドノットは、アメリカ結びとも呼ばれ、投げ釣りでは最もよく使われている結び方です。

結び方は次の通りです。

  • 力糸と道糸を交差させた状態で持ち、力糸を道糸に3~5回巻きつけ、先端を交差部分に通します。
  • 道糸も1と同様に力糸に巻きつけた後交差部分に逆向きに通します。
  • ゆっくり締めていけば完成です。

力糸と道糸がナイロンとPEラインの場合は、次にご紹介するfgノットという方法がおすすめです。

ナイロンとPEラインの結び方

ナイロンとPEラインの場合やPEライン同士の場合は、fgノットがよいでしょう。
fgノットは、ルアーフィッシングでも人気のある結び方です。

結び方は次の通りです。

  1. 道糸を力糸に15回ほど編むように巻きつけます。
  2. 巻きつけた部分を締め、寄せていきます。
  3. 1回ハーフヒッチをし、道糸と力糸をゆっくり締めこみます。
  4. 先端側の道糸で、道糸と力糸を2本まとめてハーフピッチをします(3回程繰り返す)。
  5. エンディングノットを決めれば完成です。

fgノットの結び方を難しいと感じる人には、比較的簡単にできる電車結びがあります。
ただし、電車結びはガイドの抵抗を受けやすく、やや強度に難があるという点に注意しましょう。

スポンサーリンク

力糸の選び方

ゴーセン(GOSEN) ライン テクミーPEテーパー 力糸 13m×2本継 赤 レッド 0.8号~6号 GT-490R~

ここからは、力糸の選び方についてご説明します。

素材で選ぶ

力糸の素材はPEとナイロンの2種類あります。
特にPEの力糸は、飛距離が出やすいので遠投をしたい人に向いています

なお、フロロカーボンは比重が重いので水中で沈みやすく、根がかりの危険があるため、投げ釣りには適していません。

号数で選ぶ

力糸の号数は、使用する道糸の太さによって決まります。
目安としては、道糸の号数と同じか、1~2号太い力糸を選ぶとよいです。
例えば、道糸が6号なら、力糸は8号程度のものが適しています。

また、力糸は形状が先細りなので、号数の表記が「3<15」となっています。
これは3号が力糸の細い部分で、15号が太い部分という意味になります。
力糸を選ぶときは、細い部分の号数で選びましょう。

価格帯で選ぶ

力糸の価格で選ぶのもおすすめです。
ナイロン製の力糸は安いものが多いので、これから投げ釣りを始める人などに向いています。
また、百均でも力糸を購入することもできます。

人気メーカーから選ぶ

どの力糸がよいのか迷ったときは、人気メーカーから販売されているものを選ぶと間違いがないでしょう。
シマノなどからも力糸は販売されています。

スポンサーリンク

力糸のおすすめ人気商品4選

サンライン(SUNLINE) PEライン CASTEST PEテーパーちから糸 投 13m×3 2-7号 レッド

それでは、力糸のおすすめ商品をご紹介します。
ご紹介する商品は、釣具屋まで行かなくてもamazonなどネットで購入できます。

ナイロンのおすすめ2選

ナイロンおすすめの力糸は次の2点です。
ナイロンはリーズナブルな価格で購入できるので、コスパがよいです。

【山豊テグス】サーフファイターちから糸

空気抵抗を軽くし、飛距離が出やすくなっています
キス釣りやメゴチ釣りで使用できます。

【ダイワ】ハリスサーフキャスターちから糸

釣具の大手メーカーから販売されている力糸です。
糸癖がスムーズにとれる設計で、結びやすいです。

PEラインのおすすめ2選

PEおすすめの力糸は次の2点です。
PEはナイロンに比べ高額ですが、遠投に向いています。

【ゴーセン】テクミーテーパーちから糸

PEラインの力糸の中では比較的手に入れやすい値段の商品です。
号数のラインナップは9種類あります。

【サンライン】PEテーパーちから糸投

ガイドとの抵抗が軽減される特殊加工により、飛距離も出しやすいです。
色はレッドで、見やすくなっています

スポンサーリンク

力糸の代用品

出典:写真AC

力糸の必要性は上でご紹介した通りですが、「わざわざ力糸を買うと高いから使わない」と考える人もいるでしょう。
その場合には、代用品を使う方法があります。
ライトな投げ釣りのちょい投げ程度でしたら、代用品でも特に問題はないでしょう。

代用品は、一段太い道糸を使ったり、道糸でチチワを作って代用する方法があります。

道糸と一体化した商品を使う

力糸を購入する代わりに、道糸と力糸が一体化した商品を使う方法もあります。
道糸と力糸を結束する手間が省けるのでおすすめです。

ラインを使って自作する

力糸は自分で作る方法もあります。
力糸を自作する場合は、ナイロンよりもPEラインを使った方がよいでしょう。

作り方は、8本どりの道糸をほぐしていく方法が一般的です。
色々な方法があるので、自分に合った方法を試してみてください。

スポンサーリンク

力糸についてまとめ

投げ釣り

出典:写真AC

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「力糸のおすすめ人気8選!使い方や結び方、自作方法もご紹介!」というテーマに沿って、

  • 力糸の役目とは?
  • 力糸の結び方・使い方
  • 力糸の選び方
  • 力糸のおすすめ人気商品4選
  • 力糸の代用品

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

釣り糸にはどんな種類がある?選び方やおすすめのライン6選、結び方をご紹介!
釣りをする上で絶対に欠かせない釣り糸。ナイロンやPEラインなど色々な種類があり、どれを選べば良いか迷ってしまう初心者の方…
【2021年】コスパ抜群のPEラインおすすめ8選!強度の強い結び方や巻き方もご紹介
PEラインは、釣りでよく使われるラインの一種です。今回、釣りラボでは、そんなPEラインの選び方、フロロカーボンラインやナ…
【2021年】アジングラインおすすめ12選とその選び方|PE・フロロ・ナイロン・エステル
アジングをする際に活躍するアジングライン。今回、釣りラボでは、アジングラインの特徴、種類、選び方、リーダーとの結び方、初…
リールの糸巻きの方法・ポイントをご紹介!結び方・自作方法・量の計算方法も
リールの糸巻きは、購入時やラインの交換時に必ず必要となる作業になります。今回、釣りラボでは、糸巻きについて、方法・ポイン…
ルアー釣りにはどんな釣り糸が最適?ラインの種類や選び方、2021年の新製品、結び方をご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りに必要不可欠な釣…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン