【2021年】サワラにおすすめの人気ルアー11選!釣り方のコツやアクションも解説

サワラ(サゴシ)は釣り初心者でも釣りやすい魚です。その時重要なのは、ルアー。飛距離やアクションの種類に合わせて選べば、釣果を上げることができます。今回、釣りラボでは、サワラ釣りにおすすめのルアーの選び方や、人気商品を紹介していきます。

ルアー
スポンサーリンク

サワラのルアーの選び方

シマノ(SHIMANO) メタルジグ コルトスナイパー サゴシジグ 42g JW-L42T 002 キョウリンBP

サワラは、味も良く、とても人気のある魚で、成長すると名前が変わる出世魚としても知られており、サゴシ→サワラと名前が変わるおめでたい魚です。
サゴシ→ヤナギ→サワラと呼んでいる地方もあります。

サワラはエサ釣りで狙うこともできますが、ルアーフィッシングも人気で、サワラ(サゴシ)用のルアーも多く販売されています。

サワラ(サゴシ)のルアーの選び方について解説します。
飛距離や、カラー、アクションなどの視点で解説しますので参考にしてみてください。

飛距離で選ぶ

サワラルアーの選び方のひとつめは飛距離で選ぶというものです。
サワラ(サゴシ)は、サーフや堤防などのショアや、船などのオフショアから狙うことができるルアーフィッシングのターゲットですが、ショアからは飛距離が必要です。

飛距離を稼げるサワラルアーとしては、重量のあるシンキングミノーやシンキングペンシル、ジギングに用いるメタルジグ等がおすすめです。

カラーで選ぶ

サワラルアーの選び方のふたつめはカラー(色)で選ぶというものです。
サワラ(サゴシ)用のルアーのカラーは、小魚のイワシの色を模したナチュラルカラーと、金色やピンク等の他にケイムラ等を組み合わせたアピールカラーになります。

サワラは目立つ色を好む傾向がある魚ですが、ルアーのカラーもナチュラルカラーとアピールカラーを複数持ち、状況に応じて使い分けることをおすすめします。

アクションに合わせて選ぶ

サワラルアーの選び方のみっつめはアクションに合わせて選ぶというものです。
ただ巻きはルアーフィッシングのアクションの基本です。

ミノーやワーム、メタルジグ、バイブレーションなどはただ巻きのみでも、サワラを誘うことができます。

ロッドを大きく動かすアクションのジャークにはメタルジグやワーム、ジャークベイトと呼ばれるミノーなどが用いられます。

ロッドをちょんちょんと動かすトゥイッチも、ミノーやシンキングペンシル、ワームなどに有効なアクションです。

スポンサーリンク

サワラにおすすめのルアー9選

タックルハウス(TackleHouse) ミノー コンタクト フリッツ 90mm 42g イワシ・レッドベリー #08 FLITZ.42 ルアー

サワラにおすすめのルアー9選をご紹介します。
初心者からベテランのアングラーまで、おすすめのものもありますので参考にしてみてください。

【飛距離が出る!】サワラにおすすめのルアー3選

サワラにおすすめの飛距離が出るルアー3選をご紹介します。
参考にしてみてください。

【シマノ】コルトスナイパー サゴシジグ

細身の形状で空気抵抗を少なくし、飛距離を稼ぐことができ、逆風の状態でも狙ったポイントに確実にキャストすることができます。

フックはフロントにシングルフック、リアにはトリプルフックが配置され、リアから噛みつくことがあるサワラの習性に対応しました。

ただ巻きからダートまで幅広いアクションでサワラにアピールするメタルジグでサイズも3種類提供されています。

【タックルハウス】コンタクトフリッツ

25g~75gまでのバリエーションがあるタックルハウスのコンタクトフリッツですが、小さなボディのわりに重量があり空気抵抗が少なく飛距離を稼ぐことができます。

対象は青物からシーバス、サワラまで広い範囲の魚種に効果があるミノーです。
特にボディサイドの平面が広く、フラッシング効果によってターゲットにアピールします。

アクションは、リトリーブをメインとしハイスピードからスローリトリーブまで対応し、大型の魚に効果を発揮します。

【ジャッカル】ビッグバッカージグ スライドスティック

スリムなボディで空気抵抗を抑え、キャスティングの際の飛距離を稼ぐことができるジャッカルのメタルジグです。

スリムな形状はダートの際にも、水の抵抗が少なくきびきびとしたアクションを実現することができます。

リトリーブの際にも一定のレンジをキープし、またフォールの際にはヒラヒラと落ちることで魚にアピールします。

【バイブレーション】サワラにおすすめのルアー3選

サワラにおすすめのバイブレーションのおすすめ3選をご紹介します。

【ジャクソン】テッパンロング

テッパンロングは全長が110mmと115mmの2種類あり、均等に配置されたオモリが驚異的な飛びを実現しています。

バランサースリットと呼ばれる切れ目をステンレスの板に配置することで、キャストやフォールそして、リトリーブの際の姿勢をコントロールしています。
3つのフックを配置できるので高いフッキング率を実現できます。

【ジャッカル】ビッグバッカー107

長い本体に3つのフックを持つバイブレーションルアーで、ミノーのように深い層をリトリーブすることができます。

ミノーに似たナチュラルな動きは、大型の魚にも強烈にアピールする特徴となっています。
26種類のカラーを持ち、天候やポイントなど状況に応じて使い分けることも可能です。

【ダイワ】サムライ メタルバイブ

ライントラブルの少ないセンターバランスになっており初心者にもおすすめの、高いコストパフォーマンスルアーです。

リールでルアーを巻く際の抵抗が少なく、複数回のキャスティングでも疲れが少なくなっています。

【コスパ優先】サワラにおすすめのルアー3選

コスパ優先のサワラにおすすめのルアー3選をご紹介します。

【タカミヤ】H.Bコンセプト ライトステップジグ

飛距離が稼げるセンターバランスタイプのメタルジグで、フォールの際にヒラヒラと揺れることでサワラを誘います。

フロントのシングルフックにはフラッシャーを配置し、ベイトを模すことでアピール力を高めています

【メジャークラフト】ジグパラショート

とてもよく飛びターゲットを選ばないメジャークラフトのメタルジグです。
ベイトにとてもよく似た外観でサワラにアピールします。

フロントにシングルフック、リアにトリプルフックを配置し、左右非対称ボディもサワラのバイトを呼び込みます。

【ベイシックジャパン】メタルマスター

ベイシックジャパンのバイブレーションルアーで、トリプルフックを前後に配置し、サワラのバイトを確実なものにします。

アイが3ケ所あり、ラインの位置を変えることでバイブレーションの強さを変えることができます。

スポンサーリンク

【2021年最新】サワラにおすすめのルアー2選

JACKALL(ジャッカル) メタルジグ ビッグバッカー JIG/SLIDE STICK 40g ピンクキャンディ/グロードット

2021年最新のサワラにおすすめのルアー2選をご紹介します。

【ダイワ】ダーティンZ140S

シンキングタイプのミノーで、細身のボディと比較的大きな重量に合わせ飛行時の姿勢も安定し飛距離を稼ぐことができるルアーで2020年以降に発売されました。

アクションは、ジャークに向いており、ジャークしやすいリップの形状で、軽いロッドアクションで、右や左に大きくジャークさせることができます。

サワラの他に、シーバスやタチウオなども狙うことができるルアーで、カラーはナチュラルカーに加え、ケイムラやグロー系なども提供されています。

【シマノ】オシア シュートジャーク 125SP AR-C

ボートでのサワラ(サゴシ)のキャスティングを行なう専用のジャークベイトで、サスペンドタイプのルアーになります。

基本的なアクションはただ巻きですが、ただ巻きだけでも、大きなローリングを行ないサワラに強烈にアピールします。

ボート専用ながら、姿勢を安定させる重心移動システムにより飛距離を確保しました。
ボディは一定の幅を持ち、濁った海中でもきちんと光を反射し、光に良く反応するサワラの習性に対応し、2021年シーズン必携のルアーです。

スポンサーリンク

サワラ釣りにおすすめのタックル

Jackson(ジャクソン) メタルバイブ 鉄板ロング 110mm 28g オールシルバー OSV ルアー

サワラ釣りにおすすめのタックルをご紹介していきます。

サワラにおすすめのロッド

サワラ釣りにおすすめのロッドの長さは、ショアとオフショアで異なりますが、ショアであれば飛距離を考慮し9ft程度、オフショアであれば船内での取り回しなども考え7ft程度あればよく、8ft程度を選んで共用することも可能です。

ショア用であればシーバス用やヒラメ用、ショアプラッキングや、ショアジギング用ロッドが活用でき、10~30g程度のルアー重量に対応したものを選びましょう。

オフショア用も同様にシーバス用やプラッキング、ジギング用が活用できます。
ルアー重量は少し重めの30~50g程度の重量に対応したものが良いでしょう。
硬さは、ML~MHまで使用するルアーの重さに応じて選択すればよいでしょう。

ショアでのサワラ釣りにおすすめのロッドをご紹介します。

【ダイワ】ショアジギングロッド ジグキャスターMX 96M

飛距離を稼ぐ性能と、しゃくりのしやすさを追求したショアジギングロッドで扱いやすさが特徴です。

ショアでの使用を考慮した96Mはメタルジグの他に、ジグの他にミノーなどのロングキャストも想定しています。
ルアー重量10g~60gと範囲も広いロッドです。

サワラにおすすめのリール

ルアーフィッシングに使用するリールは、必要な太さのラインが必要な長さ巻けるものが必要です。

巻取り速度を考慮し、3000番~4000番台のハイギア仕様のものをおすすめします。
初心者でもキャスティングがしやすいスピニングタイプが良いでしょう。

サワラのルアーフィッシングにおすすめのリールをご紹介します。

【シマノ】ヴァンフォード4000MHG

高い感度と軽さで扱いやすさを追求したヴァンフォードは巻き始めを軽く始められるスピニングリールです。

4000MHGはスタンダードなハイギア仕様のモデルで、多くの魚種に対応でき、サーフなどからのライトジギング等にも向いています。

サワラにおすすめのライン

サワラのルアーフィッシングにおすすめのラインは強度が高く、細いのが特徴のPEラインで、太さは1~2号程度で良いでしょう。

サワラのルアーフィッシングにおすすめのラインをご紹介します。

【シマノ】オシアEX8 PE8

シマノのPEラインで8本編なので強度もあり、おすすめのラインで、2号は200mと300mのふたつの長さを準備しています。
感度も高く設定されており、伸びも少ないBraid製法を採用しています。

サワラ釣りにおすすめの仕掛け

サワラのルアーフィッシングで必要な仕掛けは、ロッド、リール、ルアー、ラインなどですが、他にはリーダーが必要です。
またルアーのアイとリーダーやラインをつなぐスプリットリングがあると良いでしょう。

おすすめの仕掛けとして、というよりも必須に近い仕掛けとしてはリーダーがありますが、サワラは歯が鋭いのでラインをかみ切られてしまうことがあり、リーダーが必要です。
サワラ釣りに用いるリーダーとしては強度の高いフロロカーボン製がおすすめです。

おすすめの仕掛けとしてリーダーをご紹介します。

【デュエル】TBカーボンショックリーダー

多くの試験を経て開発されたとても高い性能を有するショックリーダーです。
摩耗性、耐ショック性、耐久性などを兼ね備えており、長い時間使用しても白濁などの変質が少なくなっています。

スポンサーリンク

サワラ釣りの釣り方・コツ

JACKALL(ジャッカル) メタルバイブ ビッグバッカー107 ヘビーウエイト 107mm 35g 超イワシグローベリー

サワラ釣りの釣り方・コツについて解説していきます。

おすすめの時期

サワラにおすすめのシーズンは、関東地方と関西地方で若干異なります。
関西地方では、概ね3月から5月、関東地方では12月から2月がおすすめのシーズンとなります。

ただしそれ以外の時期でも釣れないというわけでは無く、特にサゴシクラスになると場所などによっては一年中狙うことができます。
夏場のサワラは食味が悪くおすすめではありません。

おすすめの時間帯

サワラのルアーフィッシングにおすすめの時間帯は、朝と夕のマズメ時です。
夜になり完全に暗くなると釣れにくくなりますので、夜釣りにはあまり向かないようです。

おすすめの地域

サワラ釣りにおすすめの地域をご紹介します。
サワラ(サゴシ)は北海道の南部から九州沖縄までの日本沿岸に棲息している魚で、日本の沿岸で釣りを楽しむことができます。

関東地方では、千葉県の外房や東京湾、横浜近郊、相模湾などで釣ることができます。
日本海側の新潟では、10月から12月の秋から冬、3月、4月の早春に狙うことができます。
関西では瀬戸内海沿岸や岡山などで春先のサワラ釣りが人気です。

おすすめのポイント

サワラ釣りにおすすめのポイントをご紹介します。
サワラ釣りはショア、オフショアともに楽しめますが、季節によっておすすめのポイントは変わってきます。

サワラが産卵のために接岸する春先はサーフや堤防から、サワラが岸から離れる冬場は船などからのルアーフィッシングが良いでしょう。

おすすめの釣り方・アクション

サワラのルアーフィッシングにおすすめの釣り方・アクションをご紹介します。
サワラのルーフィッシングで比較的よく使われるアクションは、リールでルアーを巻き取るただ巻き、ロッドをチョンチョンと動かすトゥイッチなどがあります。

他にはロッドを大きく動かすジャーク、ルアーを浮き上がらせた後に沈めるリフト&フォールなどが使われます。

参考となるyoutube動画のURLを添付します。

ルアーのアクション【動かし方】【トィッチ】【ジャーク】【リフト&フォール】【ストップ&ゴー】

スポンサーリンク

サワラのルアーについてまとめ

ダイワ(DAIWA) サムライ メタルバイブ 25g PHイワシグローベリー ルアー

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年】サワラにおすすめの人気ルアー11選!釣り方のコツやアクションも解説」というテーマに沿って、「サワラのルアーの選び方」「サワラにおすすめのルアー9選」「【2021年最新】サワラにおすすめのルアー2選」「サワラ釣りにおすすめのタックル」「サワラ釣りの釣り方・コツ」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年最新】サゴシ用ルアーおすすめ10選!タックルや仕掛けについても解説!
サゴシ釣りは初心者でも楽しめるため人気の釣りです。ただ、使用するルアーが合っていないと釣果が下がってしまうので、ルアー選…
サワラは3つの呼び名を持つ出世魚!出世魚としてのサワラの呼び方と特徴を紹介!
近年釣り人気が高まるサワラには、違う呼び名があることを知っていますか?釣っても食べても楽しめると評判高い「サワラ」は実は…
【サゴシ(サワラ)の基本知識】レシピ・旬な時期・釣り方・さばき方を解説
【人気の魚図鑑】今回、釣りラボでは、サゴシの特徴、生態、呼び名、生息地、値段相場を徹底解説した上で、サゴシのおすすめレシ…
【2021年】おすすめのルアー17選を種類別に紹介!選び方・結び方・付け方も解説
ルアーとは、簡単に言えば擬似餌のことです。このルアーを使ったルアーフィッシングはとても人気があります。今回、釣りラボでは…
ルアー釣りのやり方を徹底解説!おすすめの仕掛け・タックル・ルアーもご紹介
様々な種類の魚を釣ることができ、釣り初心者にも人気のあるルアー釣り。今回、釣りラボでは、そんなルアー釣りについて、初心者…

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

釣具(釣り道具)
釣りラボマガジン