【2021年最新】おすすめのジギングリーダー8選!選び方のポイントや結び方も解説

ジギングリーダー選びは種類がいっぱいありすぎて迷ってしまいますよね。そこで今回、釣りラボでは、選び方のポイントやラインの結び方もわかりやすく解説します。リーダーは釣果を左右する重要なポイントなのでしっかりおさえてくださいね。

リーダー
スポンサーリンク

ジギングに使うリーダー(ショックリーダー)について

ダイワ(Daiwa) ショックリーダー アジング メバリング 月下美人 フロロカーボン 30m 1.0号 4lb クリアー 747103

ジギングやエギングに使うショックリーダーはラインの根ズレやキャスティング時のルアーのすっぽ抜けから守ってくれる大切な役割を担っています。
特にPEラインを使ったジギングにおいては、PEラインの泣き所をきっちりとカバーしてくれる意味がありますので、毎回お世話になるほど必要な仕掛けです。

フロロカーボンやナイロンラインをメインラインにしている場合はショックリーダーはいらないので、ルアー直結で大丈夫です。

ショックリーダーは岩礁帯などで使用することが多いため、リーダーの消耗具合にも気を配りたいものです。
交換時期は毎回とは言いませんが、ラインの損傷具合や道糸との結束部のゆるみをチェックしながらこまめに交換することをおすすめします。

スポンサーリンク

ジギングで使うショックリーダーの選び方

VARIVAS(バリバス) ショックリーダー ライトゲーム フロロカーボン 30m 0.8号 3lb ナチュラル

ここでジギングで使用するショックリーダーの選び方について紹介したいと思います。
ショアジギングとオフショアジギングで選び方が変わりますので、それぞれに分けながら選び方を紹介していきます。

選び方①素材で選ぶ

まずはショックリーダーの素材で選ぶ方法です。
素材についてはショアジギングもオフショアジギングも同じです。

根ズレに強く、タチウオなど歯の鋭い魚に対しても切られることのない強い素材を選びましょう。
ショックリーダーはナイロンかフロロカーボンを使うのが一般的です。

フロロナイロンの特徴はそれぞれ、ナイロンリーダーは安価で扱いやすい反面吸水性が高く劣化しやすいという特徴があります。
フロロカーボンリーダーは損傷にとても強いですが、柔軟性が劣るため結束に慣れが必要になります。

選び方②太さで選ぶ

リーダーの太さを何号にするかもリーダー選びには重要なポイントです。
狙うターゲットや場所によって太さは変わります

太すぎず、細すぎずのショックリーダーの基本はPEラインの号数によって変えると良いでしょう。
ショアジギングでアジを狙う際のように極細PEラインを使う場合はリーダーも細めの4号程度が良いでしょう。

オフショアジギングで大物狙いの場合はしっかりと太いリーダーを選ぶ必要があります。
2号ラインには8号リーダーなどPEラインの4倍~5倍程度の太さのリーダーが基準となります。

選び方③長さで選ぶ

ショックリーダーはメインラインとは違い、使用する長さが限られます。
主流は30m巻きから50m巻きが主流となっています。

オフショアジギングでは持ち運ぶタックルの総量が限られますので携行しやすい短めのリーダーを選ぶと良いでしょう。
ショアジギング、特にロックフィッシュを狙うような釣りであれば長めのリーダを選ぶことをおすすめします。

選び方④強度で選ぶ

リーダーもしっかりと強度が必要になります。
前述の太さと同じように、PEラインとの組み合わせが重要なポイントです。

アジングのようなライトショアジギングでは0.8号のPEラインに3lb程度の強度が良いでしょう。
オフショアジギングでは2~3号PEラインに48lb~60lbが基準となってくるでしょう。

大物狙いの場合は100lbを超えるようなしショックリーダーもありますので、そちらを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

ジギングにおすすめのショックリーダー6選

サンヨーナイロン ショックリーダー アプロード ナノダックスリーダー ナノダックス 50m 4号 20lb アクアクリアー

ジギングにおすすめのショックリーダーを紹介していきます。
ショアジギング向けのショックリーダーと、オフショアジギング向けのショックリーダーに分けて紹介します。

行う釣りに合わせて参考にしてみてください。

【ショアジギング向け】おすすめのショックリーダー3選

まずはショアジギング向けのショックリーダーを紹介します。
近年アジングなどのライトショアジギングを始める方も増えていますので是非参考にしてください。

【ダイワ】月下美人 フロロカーボン

ダイワのアジング向けブランドである月下美人のフロロカーボンショックリーダーです。
根ズレに強く、どんな場面でもしっかりと攻めることができます

【モーリス】バリバス ライトゲームショックリーダー

手軽に始めることができるライトジギングゲームにおすすめなのがバリバスライトゲームショックリーダーです。
オーバーポンドスペックを謳っており、青物や急な大物にもしっかりと対応することができるショックリーダーです。

【サンヨーナイロン】APPLOUD ナノダックス

しなやかで強いナイロンの特徴を活かしたショックリーダーです。
0.6号から5号までラインナップされているのでシーバス釣りやサーフからの投げ釣りなどにも使え、幅広い釣りに使えるナイロンショックリーダーと言えるでしょう。

【オフショアジギング向け】おすすめのショックリーダー3選

次にオフショアジギングにおすすめのショックリーダーを2つ紹介します。
大物狙いのジギングを楽しめるオフショアジギングではしっかりと強度のあるものを選ぶ必要があります。

【クレハ】シーガー 船ハリス

コスパのよいPEラインとして有名なクレハのシーガーから、オフショア専用のフロロカーボンリーダー発売されています。
吸水性が低く、長時間の釣りでもしっかりと強度を保つショックリーダーです。

【モーリス】バリバス オーシャンレコードショックリーダー

オフショアでのヒラマサやキハダマグロ・ブリ・カンパチなどの大型魚狙いのジギングゲーム向けに開発されたナイロンショックリーダーです。
抜群の強度でしっかりと魚とファイトしたい方向けの最強ショックリーダーです。

【シマノ】オシアEX

シマノから発売されているオシアシリーズのフロロカーボンショックリーダーです。
硬いコアフロロを内部に、柔らかい外装フロロを外側にした二層構造を採用しており、フロロカーボンながらもナイロンと比較しても扱いやすいショックリーダーに仕上がっています。

スポンサーリンク

【2021年最新】ジギングにおすすめのショックリーダー2選

クレハ(KUREHA) ハリス シーガー 船ハリス 3号

最後に2020年以降に発売された新作ショックリーダーを紹介します。
釣り道具は年々進化しますので最新ショックリーダーを使って、2021年シーズンもジギングを楽しみましょう。

【モーリス】バリバス アジングマスターフロロカーボンブルームーン

バリバスの新作ショックリーダーは高比重タイプのフロロカーボンショックリーダーです。
耐摩耗性も強化されており、中~低層狙いののライトジギングゲームにぴったりのショックリーダーです。

【よつあみ】エックスブレイド キャストマンアブソーバー

よつあみの新作ナイロンショックリーダーはそのしなやかさが特徴で、糸よれの心配がありません。
色もスーパーファインクリアで、水なじみがとても良いカラーリングです。

スポンサーリンク

ショックリーダーの結び方

モーリス VARIVAS(バリバス) リーダー オーシャンレコードショックリーダー ナイロン 50m 12号 50lb ミスティーパープル

ショックリーダーはメインラインに付ける必要があります。
結束方法によって強度が変わってくるので、しっかりと付け方を身に着ける必要があります。

ショックリーダーの結束によく使われるFGノットとPRノットについて簡単に紹介します。
初心者の方はしっかりと身につけましょう。
他に電車結びなどの結束方法もありますので、気になる方はライン結び方やpe結び方で検索してみてください。

FGノット

定番の結び方と言えばFGノットです。
安定して高い強度が出るのでおすすめの結び方です。

少しコツがいりますが、慣れると簡単ですので動画を見ながら身につけましょう。

PEラインとリーダーの結び方 FGノット編 【最強ノットマニュアル】(566)

PRノット

ジギングや大物釣りで使われるのがPRノットです。
専用道具を使って結束する方法ですが、結束強度がとても高いのが特徴です。

SHIMANO ボビンワインダーでPRノット(ボビンノット)

スポンサーリンク

ジギングで使うリーダーについてまとめ

シマノ(SHIMANO) ショックリーダー オシア EX フロロカーボン 50m 12号 40lb クリア CL-O36L 釣り糸

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2021年最新】おすすめのジギングリーダー8選!選び方のポイントや結び方も解説」というテーマに沿って、「ジギングに使うリーダー(ショックリーダー)について」「ジギングで使うショックリーダーの選び方」「ジギングにおすすめのショックリーダー6選」「【2021年最新】ジギングにおすすめのショックリーダー2選」「ショックリーダーの結び方」といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2021年】ショアジギングにおすすめのショックリーダー7選!選び方・結び方
ショアジギングとは陸(ショア)から大物を狙うことができ、初心者にも人気の釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなショアジギ…
【2021年】オフショアジギングにおすすめなショックリーダー7選!選び方や結び方もご紹介
オフショアジギングとは船の上から大物を狙うことができ、初心者にも人気の釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなオフショアジ…
【2021年】コスパ最強のショックリーダーおすすめ10選!長さ・太さ・号数の選び方もご紹介
PEラインを使用する際には必要不可欠とも言えるショックリーダー。今回、釣りラボでは、ショックリーダーの選び方や結び方に加…
【2021年】コスパ最強エギングリーダーおすすめ人気8選!選び方や結び方もご紹介
エギングをする際に活躍するエギングリーダー。今回、釣りラボでは、エギングリーダーの必要性、選び方、ラインの種類、リーダー…
【2021年】おすすめのアジング用ショックリーダー8選!選び方や結び方もご紹介
初心者でも手軽に釣れることから近年人気のアジングですが、そもそもアジングにリーダーは必要なのでしょうか?今回、釣りラボで…