【2022年】オモリグ用リーダーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も

最近話題のオモリグ。リーダーは何を選べばいいのか。そんなあなたの疑問にお答えします!今回、釣りラボでは、オモリグ用リーダーの特徴、おすすめのオモリグ用リーダー、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のオモリグ用リーダーをご紹介します。

ショックリーダー リグ
スポンサーリンク

オモリグ用リーダーの選び方

VARIVAS(バリバス) ショックリーダー フロロカーボン 30m 5号 20lb ナチュラル

オモリグ仕掛けは、潮の流れが速い状況でも対応できるので、非常に使い勝手が良いです。
また、大型のイカが効率良く釣れるため、多くのアングラーが多用します。

一方で、オモリグ仕掛けで使用するリーダーが適していなければ、安定した釣果を出すことはできません。

そこで今回は、オモリグ用シンカーの選び方や、おすすめの商品をご紹介していきます。
まずは、リーダーの選び方を簡単にご説明します。

選ぶポイント1:リーダーの種類

オモリグで使用するリーダーは「エステル」か「フロロカーボン」素材が適しています。
この二つのタイプは、伸びが少なく感度が良い特徴があります。
また、耐摩擦性にも優れ強度が高いので、オモリグに最適なリーダーと言えます。

選ぶポイント2:太さ

リーダーの太さ(号数)は、エギ側は「4号〜6号」を使用し、リール側は「2号〜4号」が適しています。

PEライン側のリーダーは、細めのラインを使用して、ガイドのすり抜けをスムーズにさせましょう。

スポンサーリンク

オモリグ用リーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) リーダー フロロショックリーダー フロロカーボン 30m 3号 12lb クリア

ここからはおすすめの「オモリグ用リーダー」をご紹介します。
人気ランキング上位のモデルから、コスパに優れたものを6つ厳選しました。
購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

バリバス(VARIVAS)

【バリバス】ショックリーダー

高耐久性を持つオモリグリーダーです。
根ズレにとても強く、ボトム付近のアプローチに最適と言えます。

号数の種類も豊富なので、幅広いシーンに対応することができます。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO)

【ヤマトヨテグス】フロロショックリーダー

コスパに優れたオモリグリーダーです。
フロロショックリーダーとしての機能を十分に備えているので、安心して使用することができます。

また、バリエーションが豊富な点も魅力の一つです。

シマノ(SHIMANO)

【シマノ】エクスセンス EX

強度としなやかさの特徴を持つオモリグリーダーです。
しないかなので、結束しやすくスムーズに作業を行うことができます。

また、結束強度も保たれるため、大型のイカに対しても安心してランディングに持ち込むことができます。

サンライン(SUNLINE)

【サンライン】エステル仕掛ハリス

エステル素材を採用したオモリグリーダーです。
硬度があり、感度が良いためオモリグに最適なリーダーと言えます。
系ヨレも少なく、ストレスフリーで釣りをすることができます。

クレハ(KUREHA)

【クレハ】シーガーR18 フロロリミテッド/ハードタイプ

バスフィッシングで実績があるラインですが、オモリグにも最適なアイテムです。
他に類を見ないライン強度を持ち、また感度が非常に良いため、手元にしっかりアタリを伝達してくれます。

操作性に優れている点から、初心者の方におすすめのアイテムです。

クレハ(KUREHA)

【クレハ】シーガー船ハリス

大容量100m巻きで安価なオモリグリーダーです。
フロロ素材なので、ハリやコシがあり非常に扱いやすいアイテムです。

値段が安いので、仕掛けの交換を頻繁にすることができ、ライントラブルを軽減させ高い釣果を出すことができます。

スポンサーリンク

【2022年新作】おすすめのオモリグ用リーダー2選

シマノ(SHIMANO) ショックリーダー エクスセンス EX フロロカーボン 30m 5.0号 クリア CL-S23L 釣り糸

最後に2021年以降に発売された「オモリグ用リーダー」を2つご紹介します。
新製品を使い、2022年の釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
ぜひ参考にしてみてください。

ヤマシタ(YAMASHITA)

【ヤマシタ】ヤマリア オモリグリーダー

エステル素材を採用したオモリグリーダーです。
エステル素材は強度と感度に優れているので、大型狙いに最適なリーダーです。

また、スプール仕様なので、夜の船上でもワンタッチで取り出すことができる点も魅力の一つです。

ハリミツ(HARIMITSU)

【ハリミツ】墨族 オモリグリーダー

ライントラブルが非常に少ないオモリグリーダーです。
伸びが少なくハリがあるホンテロン素材を採用しているため、系絡みを軽減して快適に釣りをすることができます。

感度も抜群なので僅かなアタリも見逃さず、安定した釣果を出すことができます。

スポンサーリンク

オモリグ用リーダーについてまとめ

サンライン(SUNLINE) ハリス エステル仕掛ハリス ポリエステル 60m 5号 クリア

いかがでしたでしょうか?

今回、釣りラボでは、「【2022年】オモリグ用リーダーおすすめ人気ランキング8選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • オモリグ用リーダーの選び方
  • オモリグ用リーダーおすすめ人気6選【コスパ最強】
  • 【2022年新作】おすすめのオモリグ用リーダー2選

といったことをご紹介してきました。

他にも、釣りラボでは、釣りに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、釣りに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

▼Amazon釣具・釣り用品ストアはこちら

▼全国の潮汐情報を知りたい方はこちら

全国の潮見表・潮汐表

関連するまとめ記事

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】コスパ最強のショックリーダーおすすめ13選!長さ・太さ・号数の選び方もご紹介
PEラインを使用する際には必要不可欠とも言えるショックリーダー。今回、釣りラボでは、ショックリーダーの選び方や結び方に加...
【2022年】コスパ最強エギングリーダーおすすめ人気11選!選び方(太さ・長さ)や結び方も
エギングをする際に活躍するエギングリーダー。今回、釣りラボでは、エギングリーダーの必要性、選び方、ラインの種類、リーダー...
【2022年】おすすめのアジング用ショックリーダー11選!選び方や結び方もご紹介
初心者でも手軽に釣れることから近年人気のアジングですが、そもそもアジングにリーダーは必要なのでしょうか?今回、釣りラボで...
【2022年】タイラバにおすすめなショックリーダー7選を紹介!ラインとの結び方や選び方も
真鯛をメインターゲットとするタイラバは近年人気の釣りのひとつです。今回、釣りラボでは、タイラバ用のショックリーダーに着目...
【2022年】ショアジギングにおすすめのショックリーダー11選!選び方・結び方
ショアジギングとは陸(ショア)から大物を狙うことができ、初心者にも人気の釣り方です。今回、釣りラボでは、そんなショアジギ...

監修者:釣りラボ編集部

「釣りラボマガジン」は、釣りをもっと楽しく豊かにをテーマにした、釣りの総合情報ポータルサイト。ロッド、リール、ルアー、ワーム、ライン、釣り餌といった釣具・タックルから、エギング、アジング、ジギング、タイラバのような釣り方までを幅広くご紹介。人気商品や最新グッズ、釣りの面白コラムも配信。

釣りラボマガジンをフォロー

SNSはじめました!
Twitter・Facebookにて釣りラボマガジンの新着記事をいち早くお届けしています。
始めたばかりなのでフォローしていただけると大変励みになります!
ぜひ、「いいね!」「フォロー」をお願いします!!

\この記事をシェアする/

この記事に関連するキーワード

ショックリーダー
釣りラボマガジン